つながる*noyama

OD缶カバー

e0307372_22320514.jpg



いつも付けたい訳ではないのですが
時々ガス缶にカバーを付けたくなります。
因みにカバーを付けたからといって
寒さから缶を守れるって訳ではないらしく
まぁその…見た目。ですかね





*

*

*


過去のカバーから


e0307372_22352464.jpg





e0307372_22474900.jpg


かぎ針で編んだカバー
モチーフは「蝶ヶ岳から眺める槍穂」のつもり。
でも数人からは某有名アウトドアウエアブランドのマークに似てると言われた一品。
250と110用と2サイズ。

編み図はなく、編みながら柄を作っていくので
何度も何度も解いたりしてやっと編めたカバー
そんな訳でこのカバーに対する思いはひとしお。






e0307372_22494941.jpg



こちらは北欧柄の編み込みを棒編みで
決まったパターンを編むだけなので簡単です。
あっという間に編み上がります。
因みにかぎ針の時は上部の狭い部分から
棒編みは底の部分から編んでいます。


寒い時期や冷える高山で使うと
気化熱により結露するのですが
それはしょうがないとしても
水滴が付くと底に砂や土が付き易く、それがとても嫌なのです。
そんな訳で裏側も一部編んでいます


一目ゴム編みで底の淵をグルリと3〜4段ほど。
棒針はミニ輪針を使用。




e0307372_22552552.jpg



今一番のお気に入りはこの柄(Top画像のと同じ)
三國万里子さんデザイン『編みものこもの』より。

この色合いがとっても可愛くて好き。
普段、暖色系の色を身につけることがないので
小物くらいは…ね♩



暑さが和らいでくると
そろそろ編み物がしたくなります
今年は何を編もうかなぁ
先ずは・・・縄編みのヘアバンドとかかなぁ。



おしまい





※ウール100%でも燃えることがあるので取り扱いには十分注意しましょう


by mt_kawamin | 2018-10-01 07:00 | 山道具 | Comments(0)