つながる*noyama

二輪草の頃   ~徳沢編~

e0307372_02092255.jpg

*これは2018.5.19-21のコト



四月の終わり、
GWに入ったばかりの季節に
友人と上高地から蝶ヶ岳を歩いた時
小梨平や明神あたりでは既に二輪草が咲き始めていた

今年は早すぎない?

五月の三週目辺りで
徳沢の二輪草を愛でに行こうと計画していたけれど
花は待っててくれるんだろうか






*

*

*




5/19 sat


二輪草に逢うために
そしてついでに蝶ヶ岳まで歩いて
また槍穂でも眺めようという計画をした。


久しぶりのソロだからのんびり行くつもりだ
いつもなら車を飛ばしていくところだけれど
ガソリン代はいつまで経っても高いままだし
1日目は徳沢までしか歩かないし
今回はお得なバスのチケットを使って上高地入りをすることにした。


バスタ新宿発松本行きのバスに乗り
乗り換え乗り換えて上高地入り。
陽がすっかり高くなった頃歩き出す。
GW後だからか、もう昼だからか
上高地BTの人はまばらだった。


人が少ないっていいな
気持ちまでゆったりしてくる。
いつもと同じように小梨平へ寄り
岳沢と穂高の写真を撮り、徳沢へと向かう
案の定、小梨平辺りの二輪草はもう満開だった
と言うより、
他の植物も大分育っていて
二輪草だけがふんわり咲いてると言う雰囲気ではなく
わたしの求めてるものとはちょっと違った。
それは明神辺りも同じだった。


それでも好きな花に会えるというのは嬉しいものだ。
特に、二輪草は一番好きな花だ
会えるだけで自然と笑みも溢れると言うもの。


徳沢はどうなんだろう…



*

*

*



徳沢へ向う途中、友人からメールが来る
二輪草の写真を撮りに徳沢まで来ている友人だ。
彼女たちは日帰りだからもう徳沢を出ると言う。
途中で会えるよね。
そんなやりとり。


明神を過ぎほどなくして彼女と会うことができた。
久しぶりのご挨拶と取り留めのない話
ソロで来ると、こうやって話ができるのがとても嬉しい
そうでないと「コンニチハ〜」だけで1日が終わってしまいそうだ。


彼女とは去年も同じ季節にここで会っていた
その時 「山で食べてね」とオヤツを貰った。
今年会えるならお土産を渡したいなぁと
クッキーをザックに忍ばせてきた。
彼女に手渡すと
彼女からも又オヤツを貰ってしまった


前に行動食忘れてシャリバテになって死にそうになったって言ってたから
いろいろ混ぜて入れてきた


そう言ってオヤツをくれた。
え?そんな前の話を覚えててくれたの?
だから去年も色んな種類のお菓子を袋に詰めてくれたんだ。
覚えてくれてることに感激した。
すごく嬉しかった。
そして…


荷物になるかもしれないけど、これ


一本のフィルムだった。


リバーサルは高いから使えないって言ってたから
試しに使ってみて

と手渡された。

フィルム一本、荷物になんてならないよ
しかもちょっとしたその会話を覚えててくれてたなんて
ありがとう!!!  本当にありがとう!!!
その心遣いに感激した。
それから他愛のないお喋りを楽しんで
マタネの挨拶をしてわたしたちはそれぞれの道を歩き出した。
心がポカポカあったかくなり、足取りが軽くなった。



*

*

*




pm 2:57 徳澤園


徳沢ロッジを過ぎる辺りから
遠目に花が咲いてるのがわかる
緑の芝生と真っ白いお花畑が見える
ドキドキする
ワクワクする
一歩ずつそろりそろり
逢える瞬間を焦らすかのように
ゆっくりと近づいていく






e0307372_16563886.jpg





わぁ……❤︎




出すつもりのない声が勝手に溢れてくる
なんて…
なんて美しいの?






e0307372_17352485.jpg










e0307372_16565436.jpg








e0307372_17105088.jpg







e0307372_17440347.jpg









e0307372_22520329.jpg










二輪草は草地一面に広がり
風がそよぐとフワリと揺れる
重たげな真っ白い花びらを支える細い茎が
風に吹かれて右へ左へと。



この素敵を
この素晴らしさを
どうやって言葉にしたらいいんだろう


わたしの拙い言葉では到底伝えることなんて出来ない
それほどの美しさ
素敵すぎて涙が溢れそうになる



今日ここへ行こうと決めたこと
今日ここに来れたこと
今日のこの青空、風、空気
すべての奇跡が重なって感動を生み出してくれる



e0307372_17330875.jpg






今年もアナタに逢えてワタシは幸せです…



二輪草の頃 蝶ヶ岳編① へ








by mt_kawamin | 2018-09-10 07:00 | 山登り | Comments(4)
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-10 09:03
>出すつもりのない声が勝手に溢れてくる
>なんて…
>なんて美しいの?
これって
かわみんさんのこの写真を見ていた私です。
話に聞く徳澤のニリンソウって、こんなに奇麗なんだ!
これは、歩けるうちに見に行かなくちゃ。

すてきなお友だちがいるのね。
嬉しいですね。
Commented by mt_kawamin at 2018-09-10 22:02
*palletさん

歩けるうちにって・・・
上高地から徳沢ですよー!
楽勝すぎてそのまま槍ヶ岳越して双六とかまで行っちゃうんじゃないですか?(笑)
palletさんは徳沢で二輪草を眺めたことなかったですね
もうね素敵すぎてどうにかなりそうです。
因みに、徳沢〜横尾間の林道も凄いんです
林道脇の土手から溢れるように咲くんですよ!それはもう
素晴らしいの一言なので
そちらも併せて是非♪

夫が言うには私は世界一、気遣いを知ら無い女だそうです。
世界一、人に気を使わ無いんですって!
酷すぎません?(笑)
上高地でフィルムをくれた友人にはびっくりしました。
オヤツにしてもそうなんですが
ちょっと話たことをちゃんと覚えててくれて
こういう気遣いの出来る人に私もなりたいなって
そう思いました。努力しなくちゃですね♪
Commented by zbjsower at 2018-09-13 00:01
二輪草の光景・・・
素晴らしいおとぎ話のような世界に見えますね!!
私もこの光景を目にしたら、きっと自然に感嘆の声がもれてきそうです。
Commented by mt_kawamin at 2018-09-13 21:30
*Hideさん

正に、そのおとぎ話のような世界は上高地にあります
徳沢の春は夢のような場所、
GWは山は登らず、ここへキャンプにくる子供連れの若いご夫婦とかもいらしてますよ♪
二輪草は、小梨平から咲き始めて明神、徳沢、横尾と繋がっていきます。
徳沢〜横尾間の林道の二輪草も圧巻ですので、
上高地の何処かに泊まって穂高と花を愛でる旅も楽しそうですよ♪