つながる*noyama

タグ:上州 ( 16 ) タグの人気記事

紅葉の谷川岳へ -後編-

e0307372_14341873.jpg




振り返って肩の小屋から始まる仙ノ倉山方面への山並みを眺めると
稜線上の紅葉はもう終わりなのだろう
すっかり色褪せた稜線がどこまでも延びていく。




More
by mt_kawamin | 2017-10-17 19:00 | 山登り | Comments(7)

紅葉の谷川岳へ -前編-

e0307372_09481767.jpg

秋山始めました。



と言いつつ、休みと天気と家のことなどがうまい具合に調整できず
悶々とした日々を過ごすこと数週間。
やっと山へ行ける〜
10月も二週目に入った休日
秋の山への期待にワクワクしながら車を飛ばす。



More
by mt_kawamin | 2017-10-16 19:00 | 山登り | Comments(0)

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走 -part6-

e0307372_15453032.jpg




心にうったえるのに
言葉なんていらない。






あまりの美しい風景に
未だ嘗てないような感動に
全身に鳥肌が立ったほど。


それほどここは素晴らしい

みんなに教えたい
でも本当は
みんなに知られたくないという
複雑な乙女心なワケですが…


北アルプスに負けない感動の景色がここにあるぅーーー!


と叫びたい。



More
by mt_kawamin | 2016-08-21 20:30 | 山登り | Comments(6)

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走 -part5-






e0307372_12024819.jpg










































茂倉岳から朝露に光る笹原のど真ん中を
埋もれながら高度を下げていく





笹平と呼ばれる最低鞍部から
小ピークを登り返すと
いよいよ という感じで
目の前には渦を巻くような稜線が延びていた







More
by mt_kawamin | 2016-08-19 19:05 | 山登り | Comments(0)

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走 -part4-

e0307372_17224388.jpg



朝露に濡れる花達を掻き分けながら登っていく
ほんの少し歩いただけなのに
足は膝まで濡れてしまうほどだ。


全く晴れそうもない空なのに
花を掻き分けて歩くことが楽しくて
気持ちはウキウキするばかり。




More
by mt_kawamin | 2016-08-17 22:33 | 山登り | Comments(2)

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走 -part3-



e0307372_11052587.jpg


オキの耳の山頂直下から
一ノ倉へと向かう稜線上には
ここをお昼の目的地にしていたのか
ズラッと並んで大勢の方が休憩中。


前を失礼・・・
これからわたしたち、静かな山歩きをすることろなんです


と言わんばかりに
颯爽と一ノ倉へ向かって歩き出す。
それはちょっぴり優越感にも似て
そして誇らしさにも似て。




More
by mt_kawamin | 2016-08-16 19:05 | 山登り | Comments(2)

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走 -part2-


濃い白色の空が
透明感のある白色に。


e0307372_09165574.jpg


それらは少しづつ風に乗り
千切れていくと水色の空が見え
喜んでいると
また風に乗って新たな雲が辺りを覆う





More
by mt_kawamin | 2016-08-11 19:00 | 山登り | Comments(0)

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走  -part1-


山行候補の山は

越百小屋泊で南駒ケ岳
それから茂倉岳〜武能岳〜蓬ヒュッテ

あとはね・・・

e0307372_22185604.jpg

友人から届いたメールには
私の未踏の山が多かった。
越百小屋は可愛らしい名前が印象でなんとなくだけど記憶にあった。
そして茂倉岳から武能岳?・・・武能なんて聞いたことがないなぁ。


晴れ有りきで決めようと思っていた今回の山行も
知っている(歩いたことがある)山の方が少なく
そして心のどこかには

『 夏はやっぱり北アルプス 』

そんな想いがあったに違いない。
だからこそ、茂倉岳から武能岳とか、越百小屋泊で南駒ケ岳
と言われても、イマイチ
「ピン!」と来なかったんだろう。




More
by mt_kawamin | 2016-08-10 19:00 | 山登り | Comments(2)

緑そよぐ天空の湿原へ@苗場山 -part 3-





e0307372_21181681.jpg



ここまでの話part 2は→こちらから♪


神楽ヶ峰から富士見坂をググッとおりていく
いつもながら「せっかく登ったのにな」と残念な気持ちになるが
そこは仕方ない。
逢いたい景色に逢うためにはどんな努力もしなくてはならないのである。





More
by mt_kawamin | 2016-07-25 19:00 | 山登り | Comments(0)

緑そよぐ天空の湿原へ@苗場山 -part 2-






光に誘われ森の中を飛び出すと
振り返れば白い雲の海がそこに広がっている



e0307372_15474049.jpg



ここまでの話 part1は→こちらから♪


刷毛でサッと掃いて描いたような雲の絵は
さながらオオハクチョウが羽を広げてるようだった。







More
by mt_kawamin | 2016-07-18 19:05 | 山登り | Comments(0)