つながる*noyama

<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初夏の八ヶ岳へ part 2

e0307372_22552313.jpg


前回の話 part 1は→こちらから



赤岳踏むのは明日にして、腹ごしらえも兼ねて乾杯することに。
Mちゃん差し入れのビールを頂きながら
席を小屋の前のテーブルへ移して再度乾杯♪




More
by mt_kawamin | 2016-06-26 21:22 | 山登り | Comments(0)

初夏の八ヶ岳へ part 1

e0307372_23002962.jpg



「赤岳へテント泊、一緒に行かない?」

ある日
Twitter兼InstagramのフォロワーMさんからメッセージが届く。




私に白羽の矢を放ったのは何故だろう。と実は不思議な気持ちでいた。
私よりもっと仲良い人がいるのになぁ。と思ったからだ。
彼女曰わく
「自分でテント担いで高山歩ける人が他にいないの」
と言うことだった。
わたし、結構ヘタレなんだけどいいのかなぁ?
と思いつつ…
まぁいいや
今年こそツクモグサを見に行きたいと思っていたし
八ヶ岳は「ホーム」とこっそり思ってるほど好きな山域である。
一人で運転していくのにも慣れている山。さほど大変でもない距離だ。


「いいよ、行く♪」








More
by mt_kawamin | 2016-06-24 18:30 | 山登り | Comments(0)

MY GORO part2

e0307372_14094952.jpg




goroユーザーのみなさん、
goroの登山靴が欲しいなぁと思っているみなさん
ご機嫌いかがですか?


以前、ブーティエルの記事を書きましたが
今回は新しくわたしの相棒になったS−8をご紹介いたします。


ブーティエルは今年で5年目になりすっかり私の足の一部。
一昨年にはソールも張り替えしてこの靴がなければ山へ登りたいとも思いません。
あの山この山あっちの山と わたしをずっと支えてくれています。


欠点をあげるとしたら
テン泊縦走で三日目、四日目の下山時になると
足裏が痛くなるのです。疲れももちろんあるでしょうが
石や岩の感触を足裏に感じてしまうのです。
それが以前から気になっていて、もう少し硬い靴がいいかなぁ?という想いがムクムクと。

あともう一つ言うのであれば
この一足だけだと、早く寿命がきてしまうんじゃないかという不安。
長くブーティを履き続ける為にももう一足買おうと思った次第です。




More
by mt_kawamin | 2016-06-22 19:15 | 山道具 | Comments(0)

天空の草原へ  - 平標山 part4-

e0307372_13555845.jpg

ここまでの話
part1は →こちらから♪
part2は →こちらから♪
part3は →こちらから♪




心もお腹も満たされて
優しい大きな山の上にいたら
これより先へ歩こうなんて気持ちはなくなって
本当は仙ノ倉山まで歩く予定だったけれど
これ以上素敵な風景に出会うなんて…そんなのモッタイなくて
それは又次回のお楽しみだよね。




来年は谷川岳からずっと歩いてこよう




重い登山靴に再び足を入れ
キュっと紐を結んで

さぁ、行こうか






More
by mt_kawamin | 2016-06-19 19:20 | 山登り | Comments(4)

天空の草原へ  - 平標山 part3-

e0307372_10571418.jpg


これまでの話 part2は→こちらから♪


土樽方面へと延びる平標新道を歩き
その牧歌的風景の中に佇んでいただけで今日の山行は◎(上出来)
幸せいっぱいな気持ちで心はまんぷく


と…言ってもお腹はまだ満たされてないし
せっかく用意してきたLunchもsweetsもまだ食べてないので
平標山から仙ノ倉山への稜線まで戻ってお昼にしよう




More
by mt_kawamin | 2016-06-19 14:09 | 山登り | Comments(0)

天空の草原へ  - 平標山 part2- 

e0307372_22160733.jpg




part1は→こちらから♪



白山一花に見送られ、稜線の一本道を登っていく
じつはもうここまででも充分に心は満たされている

それでも欲張りなわたしたちは先の風景もまだ見たい
だから 山頂へ向かって一歩づつ近づいていく







More
by mt_kawamin | 2016-06-18 20:33 | 山登り | Comments(0)

天空の草原へ  - 平標山 part1-

e0307372_22100293.jpg
そうだ、平標山へ行こう



なんだかどこかで聞いたCMのセリフみたいだけれど
花の名山を今年も歩こうと話に出たのは4月の終わり頃だったろうか。
例年より花の移り変わりが早い今年、
昨年歩いた日より約2週間早いこの日をshimaちゃんと選んだ。
どんな風景に会えるんだろう





More
by mt_kawamin | 2016-06-17 22:01 | 山登り | Comments(2)

丹沢主稜縦走

e0307372_22215371.jpg

山へ行く目的って少なからず何かあると思う。

例えば…
「あの花に逢うために」
とか
「◯△岳のピークに立ちたい!」
とか
「兎にも角にも山の中に入って癒されたい!」
とか。
*
*
*
私もいつもそんな風で、というか
大層な目的って感じでもなく、ゆるゆるっとしたものばかり


そんな私でもちょっぴりドキドキするようなそんな山行をしたいと思ってたりして。
尤も、大きなチャレンジはいつも諸事情によって次年度へ繰り越しがほとんどだけれど
大キレット、唐松岳〜白馬三山、馬蹄形、黒戸尾根日帰りなど幾つかある中
そんな中で一番チャレンジしやすい縦走を今年こそ!
と鼻息荒く決行した訳である。

日帰り丹沢主稜縦走である


More
by mt_kawamin | 2016-06-04 20:02 | 山登り | Comments(8)

春を過ぎた尾瀬ヶ原から -後編-

e0307372_11552497.jpg


前編は→こちらから♪


研究見本園から原へと。
いつもの週末ほどではないけれど
今日もツアーのグループが幾つも。
その後ろをのんびりと
木道をポコポコと歩いていく。




More
by mt_kawamin | 2016-06-02 22:13 | 山登り | Comments(4)