つながる*noyama

カテゴリ:山登り( 235 )

白い尾根へ 丹沢 -part2- 

e0307372_17020157.jpg



尊仏山荘から外へ出ると
塔ノ岳へ着いた頃に雲間から覗いていた青空は
すっかり雪雲に覆われ、灰色一色になっていた。
丹沢山へは一時間ちょっとの行程
ここからはスノートレッキングが楽しめそうだ。




More
by mt_kawamin | 2017-01-22 19:00 | 山登り | Comments(4)

白い尾根へ 丹沢 -part1- 

e0307372_15214572.jpg



1月の2週目辺りで唐松へ行かない?


昨年の11月の終わり頃しまちゃんを誘った。
よくよく考えてみれば1月の第2週って大学入試センター試験の日程。
毎年毎年雪がどーの、寒さがどーの
受験生の皆さんは時間に余裕をもってお出かけください
と、声を揃えるようにニュースが流れていたその時期である。


今年も御多分に洩れず、センター試験の土曜には
最大級の寒波が押し寄せてくるとかで
一週間以上前から日本海側から北海道にかけては雪マークが外れる日はないほど。
唐松岳の予報も標高3000m付近では風速20〜30mなんて当たり前
当然登山には向かない予報で
白馬方面の雪山は 最早諦めざるを得ない状況だった。


唐松無理でもせっかくだから泊まりで行かない?
丹沢とか?



それ、イイね


More
by mt_kawamin | 2017-01-20 19:15 | 山登り | Comments(0)

初冬の頃に -part 4- 蝶ヶ岳


e0307372_12405947.jpg



不思議なもので一度気になると
聞こえてくる音の主がなんなのか知りたくなってくる
姿のない人の話し声だったら余計に震え上がるんだろうけれど
でも、わからないままがどうしても嫌で
そっと耳を澄ませてなんの音なのか?声なのか?確かめてみた。
壁に耳を当ててみたりして・・・


More
by mt_kawamin | 2017-01-13 19:00 | 山登り | Comments(9)

初冬の頃に -part 3- 蝶ヶ岳

e0307372_23534183.jpg




お腹が満たされると、
頭の中を駆け巡っていた不安なこともすっかり消えていた
それよりも槍ヶ岳や穂高はどんな姿を見せてくれてるんだろう
ワクワクする気持ちの方が大きくなっていた





More
by mt_kawamin | 2017-01-11 19:00 | 山登り | Comments(2)

初冬の頃に -part 2- 蝶ヶ岳

e0307372_22244081.jpg



つい2週間前 一緒に焼岳を歩いたAさんに声をかけられ
知ってる人に逢えた喜びに、付かぬ間の間空腹感を忘れていた。


これだから山は面白いね


そう笑顔で言うAさんにホッコリした気持ちになる。
一緒に写真撮って、その写真を焼岳一緒だったshimaちゃんへ送っている
そんな他愛のない会話や行動が気持ちに余裕を生んでくれる

上は風が酷いから無理しないで気をつけてね


そう送り出され
やっと歩く元気がモリモリ出てきた。
でも別れてから気がついた
Aさんに何か行動食貰えばよかったなぁ。





More
by mt_kawamin | 2017-01-10 19:00 | 山登り | Comments(2)

初冬の頃に -part 1- 蝶ヶ岳

e0307372_12351497.jpg



穂高の展望台として有名な蝶ヶ岳。
私がこの山を好きになったのは
あるブロガーさんの撮った、夜空の瞑想の丘の写真を見てからだった。

『それと同じ写真が撮りたい』

そんな思いを胸にカメラを準備して山へ登ってきたけれど
暗くなると眠くなってしまう習性の私には
どうやら星空を撮影する機会とは中々ご縁がないようだった。



それから何度となくこの地を訪れて
気づけば北アルプスで一番多く歩いてる山になっていた。
想い出も沢山ありすぎて 箱の中から溢れて困るほどだ。


そしてシーズンが終わりを告げた北アルプス〆の山として
この日、この山を選んだ。




More
by mt_kawamin | 2017-01-09 21:58 | 山登り | Comments(4)

2016 晩秋の尾瀬へ -part 5-

e0307372_15273916.jpg

早朝の湿原の
鼻腔がツンとなる冷たい空気
身体にまとわりつく朝靄
舞台の早変わりのように変化していく
空と大地の色彩は
いつまで眺めてても飽きることがない。



降り注ぐ陽の光を存分に受ける頃になると
お腹が空いているのに気づく







More
by mt_kawamin | 2016-11-16 19:00 | 山登り | Comments(4)

2016 晩秋の尾瀬へ -part 4-

e0307372_23310178.jpg


朝を迎えた尾瀬ヶ原に朝陽が少しづつ射し込んでくる。
それは夏の力強い光とは違い、優しく
朝靄に包まれて尚優しく
湿原に山にと光を放つ




More
by mt_kawamin | 2016-11-03 19:00 | 山登り | Comments(0)

2016 晩秋の尾瀬へ -Part 3-

e0307372_22560649.jpg







テントの設営が済んだら
お気に入りの休憩所、檜枝岐小屋の喫茶ひげくまへ


ここは日帰りで来た時も
毎回お昼ご飯を食べに来るほどお気に入りの場所。
今日は泊まりなのだから当然生ビール♪
ビールのあてには味玉付きの玉こんにゃくを。
これを楽しみに今日は歩いてきたようなものだ。




More
by mt_kawamin | 2016-10-28 07:00 | 山登り | Comments(0)

2016 晩秋の尾瀬へ -part 2-

e0307372_21164027.jpg







長蔵小屋無料休憩所の裏手へ周り
そこから眺める風景は、尾瀬沼テッパンの風景。
近くに設置されているベンチは当然ながら満席で
その多くは三脚を立てている、ハイエンドカメラマンなのだろう
素人丸出しの私がカメラを構えるのは些か恥ずかしい気もするけれど
そんな事を気にしていたら好きな風景は切り取れない
そこは気にせず仁王立ちにて激写



More
by mt_kawamin | 2016-10-26 19:10 | 山登り | Comments(0)