つながる*noyama

紅葉の立山 '16 autumn -part 3-

e0307372_18060287.jpg

※これは昨年 2016年9月25〜27日の山行記録です




9/27 tue

am 5:00


夜明け前に目覚めてテントから顔を出すと
いい天気になりそうな予感の空の色。
今日はテント場でゆっくりすごすだけなのに
なんだかいそいそソワソワ。
お天気がいいと思うとおちおち眠ってもいられない。










e0307372_17533530.jpg






e0307372_22083431.jpg






e0307372_18060287.jpg





群青色の空が少しづつ赤みを帯びて
その赤みが薄れていくと鴇色に

こんな素晴らしい朝に立ち会うことが出来て
やっぱり来てよかったんだ。って確信する。
靴履けないくらい濡れてるけど
そんなことどうでもいいくらいに感動的な朝。





e0307372_22083431.jpg





e0307372_22140638.jpg





e0307372_22143122.jpg





e0307372_22153436.jpg





e0307372_22180900.jpg


太陽の光は稜線を覆って
稜線から山肌へと乗り越えてくる
すっかり谷あいまで陽に包まれるのももう少し




e0307372_22193410.jpg





e0307372_22195711.jpg





でも昨日濡れてしまった靴がすぐ乾く訳もなく…
そんな訳で今日は洗濯?日和


昨日はいてたロングパンツ、ロングTシャツ、あれやこれも
テントの上、あっちのベンチに広げて。


柔らかな秋の陽射しに包まれてると
上質なカシミアの毛布に包まってるみたいに心地いい。




e0307372_22280413.jpg







e0307372_22305359.jpg





e0307372_22314822.jpg



時間はたっぷりあるから
珈琲淹れて、その次にはミルクティも淹れて緑茶も淹れて
テントの中に寝転んで
本を読んだりうつらうつら微睡んだり。
ノンビリ過ごす雷鳥沢キャンプ場

何もしないで山を眺めるだけの
なんて贅沢な時間。




e0307372_22461662.jpg




e0307372_22575293.jpg





e0307372_22583988.jpg






一昨日は室堂に着いたーと思ったら目の前真っ白で
あーぁとガッカリしてたら晴れてきて一喜一憂な一日。
昨日は予報通りの雨で
雨が降るのは想定内だったけど、予想以上の雨の量で
登山靴までずぶ濡れになって
それなのに山は相変わらず綺麗で
そして今日、秋晴れと言ったらこんな空
と見本にしたいくらい、青空は高く澄み渡り 
吹く風は心地よい冷たさで陽は燦々と降り注いでいる。


三日間全然違う風景が見られて
これはこれでよかったのかもなぁと思うばかり。


陽がだいぶ高くなった頃
撤営も済ませ、思い出も詰め込んだザックを背負って雷鳥沢を後にする。




e0307372_23010958.jpg






e0307372_20495065.jpg









去年の写真をこうやって見返していると
この秋も立山方面行きたいなぁ
なんて思うけれど
この連休も潰れちゃったし、どうしたもんか。
行きたい山は山ほどあるのに 
休みも財力も少ないのが悲しいリアル。



秋山もいよいよ本番
みんなはどんな山を楽しむんだろう



おしまい…。*:゚



※ 黒部アルペンルート 扇沢⇄室堂往復 大人料金 9,050円/一人
  雷鳥沢キャンプ場  500円/一人
  雷鳥沢ヒュッテ お風呂代 700円/一人
  


by mt_kawamin | 2017-09-17 21:00 | 山登り | Comments(6)
Commented by ほたか at 2017-09-18 22:34 x
かわみんさん、こんばんは。
連休最終日、ゆっくりできる時間ができたので、ブログ読んでます。

二日目は雨、朝方だけで良かったですね。
後は、大変な山行だったのですね。

別山乗越からの剣は、曇天の下ではの近寄りがたい威容のように思えました。

山上から尾根やカールの紅葉の眺めもスケール感がとってもあって素晴らしかったです。

三日目は青空の下、贅沢な時間が過ごせて、山に登れなくても十分に秋の山が楽しめたようですね。

私も尾根や山頂まで行けなくても、下からでもコーヒーでも淹れて、ゆっくり眺めたいなーって思いました。

そろそろ、秋の山シーズンですね。
今年の紅葉の写真も楽しみにしています♪
Commented by mt_kawamin at 2017-09-19 21:49
* ほたかさん

わたしも金曜からの4連休、ずっと家でお菓子作り三昧でした(笑)

立山での三日間は、毎日全く違う天気で
だからそそ毎日、時間ごとに、数分毎に
一喜一憂して、それがなんだか面白かったです。
山の天気に振り回されてるのが、
まったくもぉ…と思いつつ
ウフフ なんて笑ったり。
そうは言っても2日目のザーザー降りには参りましたけど(笑)
最終日、ホントは奥大日岳登りたくて仕方なかったですが
さすがに登山靴濡れてたら履けないですよね。
(帰る時まで完全には乾きませんでしたw)
でも気持ち切り替えると、珈琲や紅茶を何度も淹れて
ゆっくり飲んで…山を眺めて…
ほーんとに贅沢で素敵な時間で
とっても素晴らしい時を過ごしたなって思えます(^^)
山は別に登らなくてもいいと思うんです。
勿論、登らなければ見えない景色って言うのはあるけれど
室堂から眺めたって、雷鳥沢から眺めたってきて良かったぁ
と思う事間違いなしです

今年の秋。立山行きたくなったでしょう?(笑)
紅葉の山はまだこれからですよ〜🍁
Commented by ほたか at 2017-09-20 23:43 x
かわみんさん、こんばんは。
お返事有難うございました。

とっても立山の紅葉を眺めたくなったので、室堂辺りで1泊出来ないかと思いあたってみたところ、
週末なのに、30日の土曜日に、雷鳥沢ヒュッテに空きがあったので、思わず予約してしまいました〜🎵

ムツさんのツイだと、一昨日の室堂はまだ紅葉には少し早そうだったので、来週末まで紅葉残ってたらなーって思いつつ、楽しみです。

大町から?富山から?入って、どちらから降りるか? 車か電車か、今から考えます…

あとは、お天気ですね…
山小屋にはご迷惑おかけしまいますが、三日前の予報でザーザーの雨予報であれば、またの機会に紹介と思ってます。

足の調子も良くなりつつあるので、今週末に近くの山にトライして完登できれば、来月1日に、かわみんさんのように夜明け前に出発して、別山か真砂岳くらいの稜線まで登れたらなーって思ってます。雄山まで行けると更に良いのですが、あとは脚との相談になりそうです。
Commented by zbjsower at 2017-09-24 14:37
かわみんさんの登山は、いつも何かハプニングがあるようなイメージがありますね^^
話が進んで行くうちに、ああ~~やっぱり・・・って感じでした。
でもホント、笑い話じゃなくて大変でしたよね。
いつか私もここへ行ってみたいですが、まだまだ子どもが小さなうちは難しそうですね^^;
Commented by mt_kawamin at 2017-09-25 15:30
*ほたかさん

21日夜からの山行の準備やらで
ゆっくりコメント拝見出来ず、お返事遅くなってしまいました。
すみません。

ところで…
30日に雷鳥ヒュッテの予約が取れただなんて!なんとラッキーな!
高山の紅葉は例年9月末頃が見頃なので
30日ならきっと素晴らしい秋山を満喫出来ますよ!
しかも、今週末は土日ともお天気良さそうなので
きっと心から充たされるんじゃないかな?って思います(^^)

立山は別山までなら問題なく行けるでしょうし、そこまで歩けたら
真砂岳へも大変なルートではないので楽しく歩けるのでは?
真砂沢や内蔵助カール方面もとっても綺麗です。
今から楽しみでワクワクしちゃいますよね〜いいなぁ〜

山崎カールの美しさや劔岳や剣沢の美しさにも
きっと魅了されること間違いなしです。
楽しい立山の休日が送れますように♪
わたしからも神様にお願いしておきましょう(笑)
Commented by mt_kawamin at 2017-09-25 15:46
*Hideさん

あらら、私ハプニング女王ですか?笑
本人的には凡そ想定内のことなので
特別ガッカリも落ち込みもしないんですが
ブログにはネタとしても包み隠さずマイナス要素も入れ込みます(笑)
雨で登山靴がびしょ濡れには参りましたが
そのおかげで、半日、雷鳥沢でゆったりとした時間を楽しめたので
それはそれで雨に感謝です。
靴が濡れてなかったら奥大日岳へガツガツ歩きに行ってましたから(^^)
帰りの時間もあるし、朝も帰りもバタバタしたい違いないですから♪

立山は室堂で標高が約2400mほどです。
酷い高山病になるほどの高所ではないけれど
それも絶対とは言えないのですが
小さな子供もたくさん訪れている場所なので(ベビー連れも勿論)
いつか来れたらその壮大な美しさに触れられたらいいなって思います♪
山崎カールを眺めるだけでもズキュン❤︎ですよ
その日が早く訪れますように(^^)