つながる*noyama

裏銀座縦走 -part 5- 三俣山荘~双六岳

e0307372_23050670.jpg
双六岳  槍ヶ岳への滑走路から




三俣山荘で迎えた朝。
テント場では色んな音がしている。

シューーっとバーナーでお湯を沸かしてる音
テントに付いた朝露を拭っている音
ガサッガサッと何かを仕舞っている音…
それらは全て旅立っていく為の音。






*
*
*



毎回同じ手順で同じようにパッキングして
テント場を後にする。



今日は三俣蓮華岳を経て双六岳、西鎌尾根を経て槍ヶ岳へと向かう
楽しみにしていた双六岳のまぁるい山が待っている。
究極を言うならば
この日の双六岳だけ晴れてくれれば他の日は雨でもいい!
それほど晴れて欲しかった。



山の神さまに祈りが届いたんだろう
見上げれば青空が広がっている。



三俣山荘を見下ろせるところまできて
初めて振り返って鷲羽岳と三俣山荘を眺める。
鞍部に陽が燦々と降り注ぎ始めていた。




e0307372_11140736.jpg






e0307372_11170632.jpg





e0307372_11200897.jpg






e0307372_11231436.jpg
三俣蓮華岳への斜面







e0307372_11234352.jpg





e0307372_11245700.jpg
言わずもがな穂高連峰と双六岳への稜線





e0307372_11252283.jpg





e0307372_11265275.jpg







e0307372_19304191.jpg







e0307372_11442851.jpg




三俣蓮華岳へと続く九十九折の斜面を登り
山頂からの景色を思う
どれだけ素敵かってこと、知ってるから待ち遠しい
一歩進むたびにその景色に近づいていく。



am 6:40 三俣蓮華岳 山頂





e0307372_11481902.jpg




さすが銀座と銘を打つだけある素晴らしい景色が広がっている。


北アルプスの女王、薬師岳は振り返ればいつもそこにいて
鷲羽岳からその向こうへと続く歩いてきた裏銀座縦走路
水晶岳から延びていく読売新道

双六を越えてつづく槍ヶ岳への道
綺麗な三角のとんがりを見せる笠ヶ岳



黒部五郎から太郎平へと繋ぐ美しい稜線
眺めても眺めても眺めたりないくらい美しい山々





e0307372_11451311.jpg





e0307372_11454973.jpg





e0307372_11470458.jpg





e0307372_11474329.jpg



後ろ髪を引かれて
何度も何度も振り返り
記憶の引き出しの中へ大切にしまっておく。






e0307372_14015471.jpg


大好きな黒部五郎小舎へは右へ
真っ直ぐ行けば双六岳へと繋がっていく







e0307372_20334063.jpg






e0307372_20343532.jpg






e0307372_20383825.jpg





e0307372_20392413.jpg





丸山へ向う途中の開けた稜線で
鳥の鳴き声を真似てる人たちがいて
なんだろなぁ・・・と近づいてみると・・・






e0307372_20411484.jpg


親子の雷鳥だ
最初はかあさん雷鳥だけしか見えてなかったのに
草の間から雛が低く飛んできたからみんな

おおおおおお!!


と驚いたり喜んだり。
雛は全部で4羽。
やっぱり雷鳥に逢えると嬉しいものだ。




e0307372_20475965.jpg






e0307372_20483182.jpg



丸山で塩昆布ご飯で腹ごしらえ。
とってもホッとする場所で
気をつけなくちゃ長居してしまいそう




e0307372_20490539.jpg





e0307372_20495181.jpg






e0307372_20521930.jpg





e0307372_20535807.jpg






e0307372_20541773.jpg


中道、山頂の分岐地点
わたしたちは勿論、山頂へ





e0307372_20552958.jpg



am 8:23 双六岳山頂




e0307372_20564403.jpg


山頂に立つと
ずっと歩きたかった
その場に立ちたかった丸くて広い稜線が目の前に続いている
駆け出してしまいたくなるような
優しくて丸くて広い尾根が広がっている





その真ん中を一本道が
槍ヶ岳へと続いている






e0307372_20580475.jpg







e0307372_21214566.jpg






e0307372_21035381.jpg






e0307372_21055067.jpg

急峻な頂をもつ槍ヶ岳とは対照的な
穏やかなこの尾根は
長く助走をつけて槍ヶ岳へと飛ぶための滑走路だ




e0307372_21061016.jpg






e0307372_21063580.jpg




e0307372_21080764.jpg





e0307372_21093027.jpg





e0307372_21100965.jpg



西鎌尾根が見えてくると
この丸い尾根とはさよならだ。
眼下には赤い屋根の双六小屋。





小屋に着いたら休憩にしよう。




e0307372_21102680.jpg



夏空はまだまだわたしたちの味方なのだ。




つづく…。*:゚










by mt_kawamin | 2017-09-06 21:30 | 山登り | Comments(2)
Commented by ほたか at 2017-09-07 08:23 x
かわみんさん、こんばんは。

深山苧環有難うございました。Blogへの追記もして貰って、参考になりました。苧環は流石に漢字だけでは意味が分からなかったので、由来をググってなるほどって思いました。

これだけの壮大な縦走路、簡単になんてまとめちゃったら勿体ないです。 余すところなく、写真とともにかわみんさん流に描写して貰えたらなーって思ってます。

三日目のクライマックス、晴れて良かったですね♪
双六岳からの槍ヶ岳への滑走路は、ここまで歩いてきた人へのご褒美ですね。
後ろ姿の写真、かっこいいです。

山や縦走路の名前は知っていますが、実際に行っていない場所なので、写真だけでは位置関係がわからず、具体的に行く予定もないのに北アルプスの山域全部をスマホにインストールしている昭文社の山と高原地図を片手に、ブログ読んでます(笑)。
北アルプスのど真ん中、どこを見ても延々と山が繋がってる感が伝わってきました。

Part4の内容ですが、黒部川の源流、想像したような源流でなくて残念でしたね。デレビの影響か、ポタポタと湧き出ているしずくを期待してしまいました。

美味しい山ごはんの内容も期待しています。レシピ参考にして、機会があればチャレンジしてみたいです。
Commented by mt_kawamin at 2017-09-08 08:00
* ほたかさん

深山苧環、「オダマキ」と言う漢字が読めません(笑)
それにしてもちゃんと調べるなんて、さすがです。
私もほたかさんに習ってググってみました。

blogはできるだけコンパクトに
後で自分が読んでもその時の風景がスウっと
目の前に流れるように…と書きたいのですが
文才がなく、起承転結が出来ないもので
ついついダラダラと長くなってしまいます。
写真も…省けないんですよね
これも載せたい!あれも載せたいと、欲張りです(笑)

縦走は長くなればなるほど、睡眠を充分にとっても疲労も溜まっていくし
体調はお天気にも左右されるので出来るだけ雨だけは勘弁して貰いたいものですが
今回の縦走はココイチ!な山で綺麗に晴れ渡ってくれて
本当に山の神様に感謝しきりでした(^^)
去年の双六は土砂降りでしたからね(笑)

そしてスマホに地図をDLしてるとのこと。イイですね☺︎
歩いた事のない場所だとイメージ湧きにくいし
私も未踏の場所の写真見たりblog読んだりする時は地図を眺めます
ただblogを眺めるよりもイメージ湧いてイイですよね♪
それから黒部源流ですが、そうなんですよー旅番組で紹介するみたいな『ポタッ…』と滴が落ちるところを想像してて(笑)
まぁ、源流と言ってて『始めの一滴』とは言ってないですからね(≖ᴗ≖ )

あ、そうそう!
マカロニグラタン&ポテサラのレシピを追記しておきました(笑)
余りに簡単なので作り方は割愛したんですが…
良かったら試してください。ふつーに美味しいですよ♪

いつもコメントありがとうございます(^^)
また遊びに来てください♪