つながる*noyama

裏銀座縦走 -part 4- 水晶小屋~三俣山荘


e0307372_17073970.jpg



水晶小屋からワリモ北分岐まで
ごくごく…緩やかにupdownするトレイルと木道のあるお花畑の中を歩いていく
遠くには雲に隠れた薬師岳と太郎平の稜線も
あの稜線を歩いてからたった1年しか経ってないのに、
もうずっと昔に歩いたような気持ちになってしまう。











e0307372_17174908.jpg






e0307372_17191307.jpg







e0307372_17184189.jpg




さて、ワリモ北分岐に到着。
普通ならワリモ岳〜鷲羽と越えて三俣山荘へいくところだが
今日は黒部源流へ下りていこうと思う。
黒部川の最初の一滴はどんなんだろう?




e0307372_21164477.jpg






e0307372_21171455.jpg

ワリモ北分岐を岩苔乗越方面へ九十九折を下りていく
鞍部からは左へ折れて黒部源流へ。
どんどん、どんどん下る。
これでもか!ってくらい下る。
祖父岳とワリモ・鷲羽岳の谷あいを
小さな沢と寄り添いながら。





e0307372_21181282.jpg






e0307372_21204112.jpg







e0307372_21250738.jpg





e0307372_21271030.jpg
虫取り菫







この沢沿いのトレイルは雪解けも遅いせいからなのか
稜線では見られなかった花々が色とりどりに咲きほころんでいる
虫取り菫と黒百合の大群生にはキャッキャ言ってしまうほど。




ところで花の写真を撮るのに勤しんでいる訳だが
足が痛い。
実はインソールを登山靴に入れてくるのを忘れてしまい、登山口からインソールなしで歩いている。
1日目はインソールなしでもさほど影響あるようには思えず
「全然平気なんじゃない??」と思っていたものも
それがこの急下りを延々と歩いてる内に足が悲鳴をあげだした。
間違って岩に爪先をぶつけようものなら怪物の呻きのような声を出してしまう位痛いのだ。






e0307372_21432125.jpg







足をかばいつつ下って下ってやっと祖父岳からのトレイルと合流
そこから少し登ると墓石のようなものが建っていた。
それは黒部源流の記念碑らしきもの。


私の勝手な想像では黒部川の一滴が最初に落ちてくるところ
ポタリ・・・💧
と湧き水が岩の間から滲み出てくるような場所を想像していただけに
ちょっぴりガッカリだった。
尤も疲れもピークに近づいて感動など感じられる余裕がなかったのかもしれない。




さて、あとは三俣山荘への登り返すだけだ。
水晶小屋への登り返しが
この四日間の山行の中で一番つらかったけれど
黒部源流から三俣山荘への登り返しが2番目に辛い登り返しだった。





e0307372_21513106.jpg


pm 3:27 三俣山荘



平日だから少しは空いてるかなぁ?と期待したけれど
着いたのが遅かったせいもあってテン場はかなり埋まっていた。
テント張れるスペースを確保して 
設営後は少し早いけれど夕飯の支度を始める。


今回の山ごはんのメインテーマは

『フリーズドライ食品を美味しく食べたよう』


最近体力に自信がないから(全然鍛えてない)
縦走の時の食料はできるだけ軽くしようと思った。
それにはやはりフリーズドライ食品は外せない。メインにしたい。
でもフリーズドライばかりだと味気ないし、食も進まない。

そんな訳で美味しくできるメニューを考えてみた。
今夜のご飯は1日目に作れなかった
マカロニグラタン&ポテトサラダを。

《フライパンで作るマカロニグラタン》

材料* ママ〜マカロニグラタン(二人用)
    フリーズドライのほうれん草・フリーズドライの大豆のお肉・ドライパセリ
    常温保存可能牛乳200ml・とけるチーズ
中に入れる具はお好みで

作り方*

①乾燥ほうれん草、大豆のお肉をそれぞれ戻す。(残ったお湯は捨てずに後ほどスープや味噌汁に使う)

②大豆のお肉に塩胡椒で味付けをしてマカロニグラタンの作り方を参照しながらマカロニ、粉末ルウ、牛乳をフライパンへ入れマカロニが柔らかくなるまで指定の火加減より少し弱火にして煮る。


③マカロニが柔らかくなったら(水分を飛ばし過ぎないように)ほうれん草、チーズを乗せ蓋をして(アルミ箔を被せるやり方もあり)チーズが溶けたらドライパセリを乗せて出来上がり。


《ポテトサラダ》

材料* カルビーポテトじゃがマッシュ1袋・胡瓜・乾燥人参・ハム・マヨネーズ

作り方*

①乾燥野菜はお湯で戻し、胡瓜など、そのまま使う物は適当な大きさに切る。

②マッシュポテトをお湯で戻し(指定の量より多く入れないこと)粗熱が取れたら
具材、マヨネーズ入れて混ぜたら出来上がり。




e0307372_22095606.jpg






e0307372_22101976.jpg





チーズの焦げ目をライターで付けようとしたら
火傷しそうになった( ˙◊˙◞)◞
焦げ目を付けるにはチャッカマンは必須アイテム。


グラタンがすぅぅぅぅごく美味しかった!
ポテトサラダも普通に家で作ったようなサラダになった。
疲れてると惰性で夕食摂ったりするけど、
(友人との和気あいあいご飯は別だろうけど☺︎)
やっぱり美味しいと食欲も増すのが嬉しかったりする。




いい1日だった
って、
疲れてヘトヘトだったけれど、充実した山歩き。
とってもいい1日だったなぁ…と
一日を振り返りながら食後は顆粒で作れるほうじ茶啜る。
ズズズ… …


そして今日も早々と寝袋に潜り込み夢の世界へ…zzz





8/5 sat

am3:00 起床


台風5号の影響はそろそろでるんだろうか?
雨がテントを叩いてないかな?
そんな思いで目覚める縦走3日目の朝。


外はまだ暗いけれど
テントの外へ出てうっすらシルエットを浮かび上がらせている鷲羽岳が目に入る。

鷲はまだ眠りの中
目覚めはもう少しあとのようだった。




e0307372_22322685.jpg



今日は晴れそう


そんな予感にワクワクしてくる
今日は槍ヶ岳への滑走路が待っている。






by mt_kawamin | 2017-09-05 22:56 | 山登り | Comments(2)
Commented by zbjsower at 2017-09-06 00:06
インソールが無い登山靴!!
ええええ~~っ!!って思っちゃいました@@
歩けるものなんですか?
それもこんな大縦走を・・・;;
マカロニグラタン、きっと美味しかったんだろうなあ~
こういうところが凄いなあ~と思います。
Commented by mt_kawamin at 2017-09-06 13:33
* Hideさん

歩けますが、全然大丈夫じゃないです(笑)
いつもは靴下1枚履きなんですが
この日は偶然に、たまたまなんですが
冬靴履く時用の五本指ソックスを持っていて
それを中に履いて2枚履きで歩いてました。
一日目は登り一辺倒だったし感じなかったんですが
二日目の黒部源流へ下りる時、靴の中で足が滑っていくのが
顕著に出始めまして・・・つま先が当たると痛いんですよね
まぁ、それでも二日目はまだまだ大丈夫な方で・・・
4日目は酷かったです。
因みに、シューレースは何度結び直しても
もともとインソールを入れて履くこと前提にオーダーしてるので
いくら結び直しても滑っちゃってダメなんですよね。
そしてただいま、足の指の爪3本が真っ黒です!
あはははははは
その内取れますね(≖ᴗ≖ )クスッ

マカロニグラタン、とっても美味しかったですよ♪
家で作れば、当然、手作りのグラタンの方が美味しいに決まってるけれど
山の中では抜群に美味しかった!
これからも食べたいメニューの一つになりました(*´︶`*)