つながる*noyama

裏銀座縦走 -part 3- 野口五郎小屋~水晶小屋

e0307372_21394166.jpg
真砂岳分岐から東沢乗越への美しい稜線が続く
 その向こうにはワリモ岳~鷲羽岳





野口五郎小屋でトイレ休憩。
ついでに行動食もちょっとお腹に入れよう。

小屋の前にはブナ立尾根を歩いてる時から抜きつ抜かれつしていた男子学生グループとまたバッタリ。
毎度挨拶を交わすだけだけど、
なんだか不思議な連帯感みたいなものを感じる。
笑顔で

お疲れ様でーーす!

そんな一言が嬉しいものだ。






*
*
*



山小屋のトイレと言えば、
「小屋のトイレはどんな?」
とみんなも気になるところだろう。


昨日泊まった烏帽子小屋もここ、野口五郎小屋のトイレも
俗に言う、ワイルド系である。そう、ぽっとん方式だ。
だが不思議と臭くない。そして虫がいない。
そして・・・とても綺麗である。
小屋の方があれこれ考えて手入れして掃除してくれているからに違いない。
ありがたいことである。頭が下がる思いなのである。
使う側もマナーを守って使わせていただこう。




さて、
今日の行程はまだまだ長い
そろそろ行こうか。




am 8:32 野口五郎小屋 発






e0307372_10182984.jpg






e0307372_10185709.jpg






e0307372_10365966.jpg






e0307372_10383717.jpg






e0307372_10390625.jpg






e0307372_10394338.jpg






e0307372_10401117.jpg
墓標に見えなくもない山頂板







e0307372_10402859.jpg



何を見ても
どこを眺めても全てが心に沁みてくる。


なんでだろう?
初めて歩く道だから?


空は真っ白
地面も真っ白
そして見える山肌は夏の緑色


青空だったらどんな風に見えるんだろ



時折雲が切れて
その合間から覗く水色の空を見てまだ見ぬ夏の青空を夢見る。





e0307372_10405177.jpg








e0307372_11071994.jpg





e0307372_11075628.jpg
水晶岳からの読売新道






e0307372_11082693.jpg





e0307372_11094291.jpg





キレイだな
どこを向いてもどの山も美しい
ここを歩いているってことにこの上ない喜びを感じる一時。





稜線の東側を見ると東へと延びていく稜線、
真砂岳分岐から湯俣温泉方面へと延びる竹村新道だ。


なかなかのupdownが続いている
この辺りの縦走路は一筋縄ではいかない どこもタフなルートばかり。






e0307372_11102148.jpg



am 9:28 真砂分岐




e0307372_11185500.jpg






e0307372_11203131.jpg




東へと進む竹村新道
そしてわたし達が進む水晶岳方面への裏銀座縦走路





e0307372_11212925.jpg






e0307372_11241136.jpg





e0307372_11250822.jpg



真砂分岐から東沢乗越までの区間が
今回、四日間の山行の中で一番好きになったところ



360度ぐるりと山に囲まれて
山の奥深い懐に抱かれてる
それを心から感じられる場所だったから。







e0307372_11253017.jpg





e0307372_11255653.jpg





e0307372_11265010.jpg





e0307372_11281047.jpg




メジャールートであっても
喧騒とは無縁な静かな山歩きが楽しめる、そんなトレイル。


夏空が恋しくもあったけれど
このくらいの、ちらりと水色の空が覗くくらいの方が
素敵に思えた。







e0307372_11282673.jpg





e0307372_11302472.jpg




東沢乗越へと延びる稜線の美しいこと




e0307372_11304734.jpg






e0307372_11400988.jpg




am 11:10  東沢乗越



ここから水晶小屋までが今日イチでタフな登りとなる。
ふぅ。。。






e0307372_11415757.jpg





e0307372_11433054.jpg






e0307372_11442271.jpg




遠くに水晶小屋が見える
でも見えてからが遠い、、、、山小屋あるある。





e0307372_11445351.jpg








e0307372_11453266.jpg
四葉塩釜(ヨツバシオガマ)





e0307372_11455512.jpg
雲間菫(クモマスミレ)





e0307372_11463245.jpg
深山苧環(ミヤマオダマキ)




e0307372_11473169.jpg




いいなぁ、前行く人はあと少しで小屋に着くよ
あそこへワープしたいなぁ。


歩きたくなくて休みたくて
むやみやたらと写真撮って休憩。

振り返って眺めてまた一休み、
そしてのろのろ歩き出す。






e0307372_11480516.jpg




pm 12:21 水晶小屋 着




こんな写真しかなくてごめんなさい。
人が切れるのを待ってられるほどの余裕はなし。





e0307372_11484060.jpg






荷揚げのヘリが来るとかで
どれだけの時間を要するかわからないけれど
その間、小屋から鷲羽方面へは通れなくなると言うので
休憩もせずに通過。


そして水晶岳も当たり前のように


また今度で



今度はいつなんだ?!




e0307372_11512058.jpg






e0307372_11514913.jpg




小屋から裏手へ回り込んで降りていこうとすると
西側には雲ノ平の台地が広がっていた。




あんなに広い。
1年前の縦走を思い出すと感慨深いものだ。




つづく…。*:゚



by mt_kawamin | 2017-08-31 20:25 | 山登り | Comments(8)
Commented by cyu2 at 2017-08-31 22:22 x
いいですね~~~
かわみんさんの写真を見ているだけで、あの日歩いたことを昨日のように思い出します。
描写が細やかでイイネ!
あんなことこんなこと、その日感じたままを書き残すのは
後で読み直すとホント、想いが蘇るからいいよね!
最近怠けてばかりなので、見習わなければと思いました!

ワイルドトイレ(笑)そうそう、すごく懐かしい感じでしたよね。
ポケットのものを落とさないように、何も身につけずはいったわ、ホントきちんと掃除されてて頭が下がりますよね。

アルファ米に塩昆布!
私、普段からですが白米がイマイチ苦手で、山に行くと夕飯以外の朝昼はほとんど食べれないんですよ。
お腹は空くのに喉をとおらない、で、お菓子とか水物しか取れなくて空腹で弱るの繰り返し。
アルファ米塩昆布なら私も食べれるかも!良いアイデアをありがとう~(・∀・)

Commented by mt_kawamin at 2017-08-31 23:01
* cyu2さん

描写細かいかな?そーぉ?
その時感じてたこととか、写真見返して
その時こと思い出したりして書いてます。
でも、見習うって、私も4カ月ぶりの更新(笑)
最近、描くのが面倒臭くて…
写真選んで、言葉選んでって…。
instaちゃちゃっとあげる方が簡単だから、ついinstaで満足しちゃう。汗

それからトイレだけど、烏帽子小屋のトイレなんて
トイレの前に目隠しの塀まであったでしょ?
その心配りがステキだなって思っちゃいました。
キレイに使わなくちゃって。
裏銀座の数週間前に火打山行った時
驚くほど酷くて。それでもトイレ使わせて貰えるんだから「有難いと思え」と思う人もいるんだろうけど、
あれだけ人気のエリアで、外トイレ一個よ?男女で1つ。
長蛇の列な上に、ブツがそこまできてて
『していいんですか?これ?』
と、問いたかったよ(笑)それがあったものだから、入る時は意を決したようにして入ったけど
あれあれ?キレイ!臭くない!って感動ものだったわ(≖ᴗ≖ )

で、アルファ米だけど…私はご飯大好きだけど
普段の朝がヨーグルトとバナナだけの朝食で、朝、ご飯ガッツリ食べれなくて
だからアルファ米半分を永◎園の海苔茶漬け。お茶漬けはほーーんと喉を通る!
そして半分にあったかいうちに塩昆布入れて混ぜとくの。すっごく美味しいから、今度試してみて!
本当は焼き海苔持って行って海苔混ぜておむすび風味にしたかったの(^^)
山のご飯も何でも良いわけじゃないから、考えちゃうよね。
参考になったら嬉しいな♪
また来てくれてありがとう♡
毎度小躍りしてます♪ふふふ
Commented by zbjsower at 2017-09-01 16:52
私もこの山中で、稜線を歩いている気分になりました。
夏の高山いいですねぇ~
こんな光景、やっぱり生で見て身体全身で感じたいです!
ただ、まだ台風が抜けるちょい前に・・・そういう時って天気は急転したりしないものなのですか?
きっとkawaminさんたちは、しっかりと天候もチェックして行ってるんだと思いますが、私にはそんな勇気が無いかも~;;
Commented by mt_kawamin at 2017-09-02 14:04
* Hideさん

この山の稜線を歩いてる気分になっただなんて、
それは嬉しいです♩¨̮ *

ところで、そうですね、台風が控えてると思うと
それは勿論気になるところですよ。
この時は台風5号だったんですが、南の沖をグルグル回ってたあの時です。
北アルプスの奥はさほどではないかも?
との予想で山へ入りました。
勿論、予報では「雨のち曇り」とか「曇り時々雨」でしたが。
山へ入ってからは小屋の方、遭対協の方から話を伺って翌日からのことを考えれば問題はなかったです。
『もう明日、近くに上陸』なんて予報なら
中止とか1日ずしたりしますが
この時は月曜日に上陸の予報でしたので
日曜日の内に帰れば大丈夫かな?って。山での停滞も視野に入れて。

でも帰り…っと、ここからは後の話のネタバレになるのでまた後日に(*´꒳`*)

Commented by ゆず at 2017-09-03 18:03 x
かわみんさん、こんにちは~♪
いつの間に~!な感じで一気に3話まで読ませて頂いちゃいましたよぉw
旦那さまの芸人並みのボケを求めていましたけど、十分なツッコミがあるようで読んでいて笑ってしまいましたw

ブナ立尾根もいつか歩いてみたいし、読売新道も歩いてみたいトレイルが繋がってるから夢もどんどん繋がっていきますね!

タフな登りでもお花があると和みますね!
がんばれがんばれとは言わないけどそっといてくれるだけで頑張れる。
そんな人になりたいな♡と言うのは置いておいて、水晶への登りはキツイでしょうね~(^▽^;)
水晶小屋から見たけど繋がってないじゃんって思うほどでした。

高瀬ダムから水晶への道、私の歩いた道ではないのにワクワクドキドキでした♪

この先も楽しみにしていまーす(*^^*)
Commented by ほたか at 2017-09-04 23:16 x
かわみんさん、こんばんは。
コメに対する丁寧なお返事も楽しく読ませて貰ってます。
高山植物の名前の表記、なるほどです。文字に意味のある漢字の方がイメージ湧きますよね。
立山の続編も楽しみにしています。

Part3も楽しく読ませて貰いました♪
訪れたことのない裏銀座ですが、読売新道、竹村新道に雲の平と、山深さがとても良く感じられました。雲が多くてあまり眺望がないのが、壮大さをより想い抱かせるようにも思いました。

二重?の紫のお花(水晶小屋を見上げてワープしたいなって写真の一つ前の写真のお花)、とても綺麗ですね。お花の名前に疎いので、良かったら漢字で教えてください。m(_ _)m

続編も楽しみにしています(^.^)/~~



Commented by mt_kawamin at 2017-09-05 08:01
* ゆずさん

来てくれてありがとう〜(^^)
ところで夫のボケだけど、これが付き合って間もない彼&彼女の関係なら
くだらないボケも『うふ♡』となるところでしょうけど
さすがに付き合い長いから、つい
「ツッコむのも疲れんだよっっ」
と言ってしまいます(笑)

ブナ立尾根からの裏銀座縦走路は
山の中を歩いてるってシミジミ思えるルート。
右を向いても左を向いても名だたる山ばかり
それに囲まれて…抱かれてその中を歩けるなんて
贅沢この上ない。って思えちゃう♪

それから水晶小屋から眺めると道が繋がってないように見えた?
なんかもう私、何の余裕もなくて
水晶小屋への登り返しがもうツラくてツラくて(笑)
目の前に小屋があるのに一気に行けずに何度も休むくらいなヘタレっぷりでしたよ〜
あの登りが四日間で1番ツラかったー
(けど読売新道はもっとツライらしいw)

ゆずさんにも同じ気持ち…もとい…
このステキな縦走路を歩いて貰って
「あるあるあるー」と共感しましょ(笑)

続きもお楽しみに(^^)
Commented by mt_kawamin at 2017-09-05 17:15
* ほたかさん


あれもこれも伝えたくて、ついつい長文になってしまいます(笑)
呆れずにお付き合いくださいね(^^)

ところで花の名前、blogの方へ追記しておきましたが
ほたかさんの知りたい花は「深山苧環(ミヤマオダマキ)」です。
色違いで違うオダマキもあります。

裏銀座縦走路は、さすが「銀座」と銘打つだけあって
どこを向いても名だたる山
そして何処を向いても街が見えない、素晴らしい縦走路でした。
特に高瀬ダムから水晶岳までは(^^)
行程長くて大変でしたが、また歩きたいなぁ。と思わせてくれる縦走路でした♪

続きも立山編も頑張りますね╭( ・ᄇ・)̑ﻭ ̑