つながる*noyama

裏銀座縦走 -part 2- 烏帽子小屋~野口五郎小屋

e0307372_00113565.jpg




8/4 Fri


am2:00 起床


今回の山行の中で一番長い行程の1日が始まる。

お天気に恵まれればいいな

そんな思いが通じたのか
辺りが明るくなってくると空は青かった











am 4:50 烏帽子小屋キャンプ場 発


毎度のことだが出発時間が30分遅れ。
どうしたもんか、パッキングが苦手なのは何年経っても変わらない。
そう夫に弁解したら

パッキングが鈍いことを念頭におき、起床時間早くしてください

と言われる。・・・・ご尤も。



さて、大急ぎでパッキングを済ませ
幕営地を出るのが最後の組にならずに済んだ。(と言っても半分は出発済み)
ひょうたん池辺りまで緩く下りていくと東の空がじんわりと赤く滲んできた。




e0307372_21523965.jpg




e0307372_21560592.jpg






e0307372_21563057.jpg




朝露をまとう稚児車
太陽という照明係りを味方につけて
滴の一粒一粒がキラキラ




晴れる?
それとも曇り?
どっちにころんでもおかしくないような不安定な空だ。





e0307372_21564881.jpg





e0307372_21580556.jpg





e0307372_22000107.jpg




でも
そんな大気が不安定な時の空が一番美しかったりする。




e0307372_22002373.jpg





e0307372_22004566.jpg





e0307372_22010999.jpg




まるで光の中を靄が踊ってるみたい







e0307372_22130824.jpg



烏帽子岳はもうあんなに遠く。





三ツ岳へ向かう稜線は次第に砂礫帯へと変わる
こういうところに咲いてるんだよね
ひとりごちてぼうっと歩いてると
あれあれ?女王さま!




e0307372_22161636.jpg




よくよく見ればあっちにもこっちに
足元の脇にも
いわずもがな高山植物の女王、駒草さまだ。




ここの駒草の大群落ったらほんとにすごい
「すごい」って言葉を簡単に言っちゃうのが悪いくらい「すごい」のだ_
今まで数ある山に登り、駒草も何度も見てきたが
ここのは他の山とは、比較にならないくらい大群生しているんだから。
駒草ファンのあなたには是が非でも盛りの頃に来てもらいたい。




e0307372_22183526.jpg





e0307372_22200207.jpg





e0307372_22202313.jpg



幾ら撮っても撮り足りない。
それでもまだまだ先は長い。
これくらいにして先へ進もう。


と、すこ〜し登って振り返ると
高瀬ダムを挟んで向こう側に大きな山となだらかな稜線が見えた。
平らな稜線にピカッと何かが光っている
目を凝らしてもよくわからないから
レンズを最大限の望遠にして覗いてみると
輝いていたのは朝陽を浴びている船窪小屋だった。



ちょうど1年前、あっち側からこっちを羨望の眼差しで眺めてたっけ。








e0307372_22210835.jpg






e0307372_22403430.jpg





e0307372_22405822.jpg



憧れにもにた想いで眺めていた1年前
その場所を今は足で踏みしめている
この足で歩いている。
そんな想いだけでもなんだか胸がいっぱいになる。



砂礫帯から離れて三ツ岳へと登っていく。
それまで見えていた水色の空から一変
今にも空から雨粒が落ちてきそうな空模様だ。









e0307372_22415552.jpg




そんな山の様子を偵察しているのか
岩ヒバリが這松の枝の上で偵察中。







e0307372_22421654.jpg





e0307372_22423302.jpg




次第に空はモノトーンの世界に。


雲の隙間を狙って
光が差し込む




e0307372_22435473.jpg





e0307372_22442444.jpg





e0307372_22470352.jpg





e0307372_22473389.jpg




三ツ岳のピークは西側を巻いて向こう側へ。
ピークを過ぎたあたりで小休止。



朝、アルファ米の半分だけをお茶漬けにして食べて
残りには塩昆布を混ぜ込んでおいた。
小腹が空いてきたのでその塩昆布ご飯を食べると、これが美味い!
塩分補給、昆布でミネラルも摂れる。
見た目はとっても地味だけれど、すっごく美味しかったから
これは定番メニューになること間違いなしだ。






e0307372_22505872.jpg





e0307372_22511521.jpg
      



e0307372_22525521.jpg
       





e0307372_22532842.jpg





e0307372_22535602.jpg





e0307372_22550649.jpg





e0307372_22555693.jpg


烏帽子小屋のキャンプ場で私たちのテントの側で幕営していた方とは
ずっと抜きつ抜かれつしていたが
ここで一緒に休憩をとり少し話をすると、

高瀬ダムから歩いてきたとばっかり思っていたのに
なんと、扇沢から歩いてきたとか!

「船窪岳からの激下りと登り返しにヨレヨレでした」

と仰っていた。
船窪岳から烏帽子へのルートはかなりタフなルートだと噂には聞いていたけれど
いやはや、そっちから回らなくてよかった。
身の程知らずなやつになるところだった。笑
当たり前だけれど、世の中には健脚な人っていっぱいいるんだな・・・







e0307372_21065573.jpg






e0307372_21073261.jpg






広い広い尾根が続く
ゆったりとした稜線が延びていく
野口五郎岳がどのピークなのかわからなくて
野口五郎小屋を探すが、これも見当たらない。
GPSで位置を確認するとあと少しなんだけど



まだかまだかと思いつつ西側には憧れの読売新道
Instagramのフォロワーさんの話では
ブナ立尾根の辛さを忘れ去るほど辛いと言っていた。笑
赤牛岳からの下りがもう、説明できないくらい凄いとか・・・


でもこうして遠く眺めている分には
とても美しい稜線。



e0307372_21094856.jpg






e0307372_21104636.jpg






e0307372_21111339.jpg






e0307372_21113549.jpg



そして私たちが進む尾根。
広く緩やかに見える尾根はパッと見サッと歩けてサッと辿り着きそうに思えるけれど
実際歩くと、見えても見えても辿り着かなくて
緩やかに見えるup downもだんだんを身体に疲労の鞭を打ってくる。



休憩したい。ザック、下ろしたい。
小屋・・・まだ?!



こんちくちょうな気持ちで一歩一歩進む
緩やかに登って
緩やかに下りていく。



水色の屋根がチラリ。




e0307372_21121379.jpg




野口五郎小屋だ





e0307372_21173426.jpg





e0307372_21175791.jpg






北アルプスのど真ん中
人々の喧騒とは無縁の山小屋、
白砂の中に佇む野口五郎小屋
ここに小屋があってよかった。




さて、少し休憩しようか。













by mt_kawamin | 2017-08-30 21:20 | 山登り | Comments(4)
Commented by zbjsower at 2017-08-31 16:18
kawaminさんお久しぶりです!

私には到底無理なハードな登山に、ただただ圧倒されてしまいます。
早朝のキラキラした世界は、本当に素晴らしく、こんな光景を見る事が出来るのは、苦しい頑張りがあってこそですよね。
私もようやく、子どもたちと山歩きを始めましたが、再発しているヘルニアもあり、もう以前のようにガムシャラには歩けなくなっているのが悲しいです。
夫婦で仲良く山歩きというのもいいなあ~
うらやましく思います^^
Commented by mt_kawamin at 2017-08-31 16:59
Hideさん 

お久しぶりです(^^)
やっとPCに向かう勇気が出ました(笑)
四ヶ月ぶりの更新です。


快晴の朝も眩しくて素敵なんですが
靄がかかったり消えたりを繰り返す時は
なんとも言えない神々しさがあって私は好きです。

体力的には特別持病はないんですが
もう年?重いザックが辛くて辛くて・・・
体力と若さが欲しいです!切実ですっっww
Hideさんのところはお子さんがまだ小さいですもんね
中々高山を歩くのは難しいでしょうけれど
ロープーウェイとかケーブルでワープできる山もありますし
ゆったりした山を楽しむのもいいかもですよ
木曽駒ケ岳なんて、Hideさんの撮って貰いたいな〜
紅葉の千畳敷、よろしくお願いします(笑)

夫婦で仲良く・・・うーん?w
一回の山行で
「もう二度と一緒に歩かない!」
と毎回言ってます(≖ᴗ≖ )クスッ

Commented by ほたか at 2017-08-31 23:39 x
かわみんさん、こんばんは。
ブログ、ハイペースですね。
じっくり読ませて頂いているので、こちらが追いつきません…(笑)

雲海の日の出、朝日を浴びてる稚児車、とっても綺麗ですね。
烏帽子小屋付近からは、東の方向は、高瀬川が流れてて、ちょうど開けているのでしょうか?

岩桔梗の次は駒草の群落で、次々とお花が出てくると疲れも和らぎますね。ここも、行くことができれば是非行ってみたくなりました。

山の花の名前、ちまたではカタカナ表記がほとんどですが、かわみんさんは漢字表記を多く使ってますが、何かこだわりとかありますか??
岩鏡なんて、以前のかわみんさんのブログで初めて読んだの思い出しました。

山肌が白いと、余計に遠近感がなくなって、なかなか辿りつけない感じなのでしょうか…
タフな縦走だということが伝わってきました...

続きも楽しみにしています(もうアップされてますが、明日以降にとっておきます(笑))
Commented by mt_kawamin at 2017-09-02 07:53
* ほたかさん

blogハイペースですか?(笑)
記事を書くまでがかなりスローペースなので(既に1カ月になろうと...w)
少し頑張ってます(*•̀ᴗ•́*)و


山の朝は格別ですね。
快晴には快晴の爽やかな朝が、
雲が湧いてる時には雲の美しさの
それぞれ違った美しさがありますが
スカッと晴れ渡っていると
『よぉーし!行くぞ!』な気分になりますが
この位のフワンとした空模様だと
そのままそこに佇んで、景色をずっと眺めていたくなります。
そのくらい、光と影の織りなす風景にウットリしました。

駒草の群落はそれは見事でした。
駒草で有名な名だたる山を幾つか登ってますが
これ程の群生してる山は他になかったです。ロープで遮ってる訳でもなく
ごく自然に。
自然のままの姿で愛でれるなんて嬉しいことです(^^)

そして花の漢字表示ですが
これは「あえて」漢字で書いてます。
難しい漢字表記の場合はカナふりますが
例えば…「深山苧環 ミヤマオダマキ」
なんて深い山の中に咲いてる花ってイメージ湧くし
「白山小桜」って漢字で書けば
『白山で見つかった花なのかな?』
ってイメージ出来るでしょ?
そんな小さな理由からです。そんな風に感じて貰える事がないかもですが
まー自己満です(笑)

そして、健脚で体力ある方ならどうってことないんでしょうが
重いザックがもう辛いです…
鍛えろ!って話ですね♪

続きも頑張ります!
秋用に、昨年の立山も書くつもり!つもり!です(笑)
また読んで頂けたら嬉しいです(^^)