つながる*noyama

焼岳*上高地へ - part 5-

e0307372_23113383.jpg



真っ暗な釜トンネルへ


トンネルの中は照明がついていない。
非常口や非常用電話の明かりが灯るだけで
それがボォ…と遠くに光っている。
皆それぞれヘッデンの灯りを頼りに歩くのだ。
雪溶けの水が流れ込んで、アスファルトは所々凍りついて
広く凍っているところはさながらスケートリンクのようだ。









川端康成の小説じゃないけれど
釜トンネルを抜けるとそこは雪国。



e0307372_10150732.jpg






e0307372_10153052.jpg







e0307372_10165529.jpg





e0307372_10171819.jpg


釜トンネルを抜けると
さらにもう一つのトンネル
昨年の7月19日に開通した上高地トンネルだ。
このトンネルが出来たおかげで上高地への距離は125mも縮み
道路幅員も2m広くなったとか。
土石流や雪崩の心配も以前よりなくなるのだろう。





e0307372_10173653.jpg





光に包まれる出口が見える
その先には大正池、上高地、
穂高の山々が待っている






e0307372_12014546.jpg






e0307372_10182053.jpg






e0307372_12002643.jpg




トンネルの出口では
スノーシューやワカンを装着している人たちで大賑わい
トンネルの中を歩いていた時は
『入山者が100人だなんて、大げさなんじゃない?』
そんなこと思ったりしたけれど
上高地トンネル出たその場所だけで、ゆうに2〜30人はいるんだから
全体を思えば100人は楽勝でいるのだろう。




大賑わいの人たちを尻目に
私たちは先へ進む。
雪の状態は締まっていて、
スノーシューやワカンはまだ必要ないだろうとの判断である。
尤も、
ここにいる大勢の人たちと列をなして歩くのを避けたかった。
と言うのも先を急ぎたい理由の一つだった。





e0307372_11243626.jpg






e0307372_11234979.jpg






e0307372_11222376.jpg






e0307372_13003872.jpg






e0307372_13011106.jpg






e0307372_13015716.jpg




上高地トンネルから
大勢の人たちより一足先に辿り着いたおかげで
大正池には私たちだけだった。
静かな水面が穂高を映し出している。






大正池から望む穂高連峰は
圧倒的なその美しさに
ただただその場に立ち尽くしかない








e0307372_13440314.jpg






e0307372_13022390.jpg




e0307372_13515778.jpg

e0307372_13001157.jpg








e0307372_13450052.jpg







大正池から田代湿原へ






e0307372_13515778.jpg






e0307372_13522588.jpg






e0307372_13530844.jpg





e0307372_13534388.jpg





e0307372_13540526.jpg





静かに流れていく
白い雲と上高地の時間








by mt_kawamin | 2017-04-07 19:00 | 山登り | Comments(2)
Commented by zbjsower at 2017-04-09 08:30
だれもいない静かな湖畔。
先に行きたくなる気持ちわかります^^
特に雪山だと、足跡があるのとないのとでは全然違いますもんね^^
Commented by mt_kawamin at 2017-04-09 21:30
*Hideさん

上高地トンネルを抜けたところで
驚くほど人が大勢いたんです!
二組のツアーの団体さんとその他大勢w
その方達と大正池まで一緒だったとしたら
もう写真撮るどころじゃないじゃないですか!
それもあったので(勿論雪も締まってたし)
スノーシューなどはつけないで、そのまま歩きました。
おかげで誰一人いない静かな大正池の畔で
思う存分カメラを向けられました\( ˆoˆ )/♡