つながる*noyama

白い尾根へ 丹沢 -part3- 

e0307372_11110518.jpg



1/16 mon am 4:00


眠る前、靴下も脱いでダウンも勿論脱いで
薄着で寝たら夜明け前の4時過ぎ 寒さで目覚める。
それは震えるほど寒いというものではなく
顔の周りにある空気が冷んやりしているていどのもの。



朝食は6時から。
あと一時間は眠れそうだ
布団に包まってゴロゴロしてるのが大好きな私にとって
この微睡みは至福の時である。





5時がまわり、しまちゃんがゴソゴソ動き出したのに合わせて私も起きる
決して自分から先に起きないのだ。笑
身の回りを少し片付けて、身支度していると
6時前、朝食の時間になった。



朝のメニューは炊き込み御飯にお味噌汁
金平牛蒡にオクラの和え物などなど
これまた美味しくってあっというまに平らげる。




e0307372_11315713.jpg






ご飯を食べ終わる頃、
ようやく東の空が紅く染まり始めてきた




am 6 : 12





e0307372_11373779.jpg






e0307372_11445676.jpg





e0307372_11455949.jpg



藍色が少しづつ紅味をおび
夜から朝への色が重なり合って複雑な色合いを作っていく。



心に沁み込む、そんな美しい風景だけれど
氷点下の外に出てまで写真を撮る気がない私たちは
こんなステキな夜明けのシーンを部屋から激写。
しまちゃんと交互に片付けしたり写真撮ったり。




そんなあっちもこっちもやりながらパッキングしてるものだから
出発の準備完了して部屋の扉を開けると
ガランとした大部屋には既に誰もいない。
階下へ降りてもそれは同じで
窓の外で、出発の準備をしている声が聞こえるだけだった。




e0307372_12172174.jpg






e0307372_12182121.jpg





e0307372_12183923.jpg





お世話になりました!



窓に朝陽が届く頃 小屋を後にした。



e0307372_12225128.jpg




am 6:58 みやま山荘





今日の行程は

行けるようなら蛭ヶ岳まで行こう


そんな大雑把な計画だった。
大雑把というと聞く人に依っては「なんていい加減な計画なんだ」
と思うところだろうが


決して無理はしない。



Have a good time!というところだ。
それでも最初に決めた『出来れば7時出発』に間に合っちゃうなんて
幸先良いではないか。
しかも山に歓迎されてるとしか思えないほど空は青く澄んでいる



さぁ、行こうか。




e0307372_14181026.jpg






e0307372_14230885.jpg



丹沢山から蛭ヶ岳までは約2時間弱の行程で
私が丹沢一好きなルートである
雪がたっぷりな冬も緑の美しい季節も
牧歌的な風景が心をくすぐる素晴らしいルートなのだ。
勿論、
updownを何度も繰り返す。ということを忘れてはならない。




e0307372_14330075.jpg






e0307372_14333868.jpg






e0307372_14350570.jpg





e0307372_14353080.jpg





振り返れば眩しいほどの太陽
キラキラ輝く雪面
この上ないほど高く澄み渡る青空
こんなステキな風景を前にして速く歩くなんて出来る筈もない
歩いては止まり、止まっては歩く
それを何度も何度も繰り返していく。






丹沢山から蛭ヶ岳間がぽっかり抜けてるというしまちゃんも
この風景が気に入ってくれたみたいだ。
喜んでもらえるとやっぱり嬉しい。




e0307372_15134259.jpg






e0307372_15143110.jpg





e0307372_15235409.jpg






e0307372_15242066.jpg






am 7: 58 不動ノ峰休憩所





e0307372_15284564.jpg





e0307372_15281769.jpg




黄金色に輝く相模湾があまりにも美しくて足を止める
朝陽を写してこれほど光るなんて
寒いこの季節だからこその風景



この上の不動ノ峰からの富士山もすごいんだよ



早くしまちゃんに見て欲しくて
何故だか自分が早歩きになっちゃう
青空に向かって駈け出さんばかりに勢い良く登ってゆく








e0307372_15333278.jpg






e0307372_15193321.jpg



不動ノ峰に辿り着くと
富士山はその姿をしっかりとわたしたちに見せつけてくれた







e0307372_15373873.jpg






e0307372_15384610.jpg






e0307372_15504923.jpg







e0307372_15402794.jpg





雲がスッキリ取れた姿ではなかったけれど
それでも充分に美しい姿の富士山を背景にして





e0307372_15471107.jpg






e0307372_15473355.jpg






e0307372_15480294.jpg




不動ノ峰から下って登り返し棚沢ノ頭へ
目の前に蛭ヶ岳山荘もしっかり見ることが出来る





e0307372_16053644.jpg






e0307372_16065309.jpg








e0307372_16080629.jpg






e0307372_16085585.jpg



棚沢ノ頭からゆるく下ってゆるく登り返す
雪深い木々の間を抜けていくと鬼ヶ岩だ。





みやま山荘へ予約を入れた際
鬼ヶ岩は状況に依ってはピッケルが必要かもしれません
と言われていた。
今回わたしたちは、軽アイゼンとストックで歩ける範囲
と決めていたのでピッケルは持っていないが
昨日、丹沢山へ向かう途中
蛭ヶ岳から大倉へ戻るという健脚女子から
しまちゃんがシッカリ情報を貰っていて
雪がしまってれば問題なく歩けますよ
とのことだった。
勿論、状況は時間とともに変わるから
歩いてみて大丈夫そうなら蛭ヶ岳まで行こうと決めていたのだった。





e0307372_16100928.jpg



いよいよ鬼ヶ岩だ




e0307372_16103874.jpg






e0307372_16130063.jpg






e0307372_16140880.jpg





鬼ヶ岩からの下りは
朝の早い時間だからか、雪はしっかり締まり
注意深く歩けばなんら問題なかった。



鬼ヶ岩から一つ目の急下りをこなしたところで新潟からの5人パーティーとすれ違う。
蛭ヶ岳のピーク踏んで大倉へと戻るところだった。
さすがに早い!下山後に高尾山まで歩こうと言うだけはあるね。
本当にいくのかなぁ
そんな話をしている内に蛭ヶ岳もあと少し。





e0307372_16171882.jpg






e0307372_16174184.jpg







e0307372_16193663.jpg






e0307372_16203423.jpg






e0307372_16205655.jpg





am 9:25  蛭ヶ岳 1672.7m



e0307372_16215571.jpg







e0307372_16244155.jpg







前回ここへ来た時はガスで真っ白だったというしまちゃんは
富士山もしっかり、黄金色に輝く海もしっかり眺めることが出来て
うん、ヨカッタね♪


風も強くないし、ここで休憩しよっか



甘いもの補給したーい!
というわたしのリクエストを受けて
しまちゃんが用意してくれたのはお汁粉だ。
雪に半分埋まったベンチに陣取ってお汁粉の準備をする。
インスタントの簡単なやつだよ
と言いながらも、そこへ雪見大福を投入するっていうのだから
もう〜やるなぁ〜♪
冬の寒いこの季節だからこそ叶う、アイスクリーム入りのお汁粉なのだ。




e0307372_16345994.jpg






e0307372_16461046.jpg






e0307372_16462193.jpg



あったか〜い!
冷た〜〜い!
美味し〜〜っい!!





つづく…。*:゚




by mt_kawamin | 2017-01-24 19:00 | 山登り | Comments(4)
Commented by zbjsower at 2017-01-24 21:07
丹沢の奥だとピッケルが必要な場合もあるのですね!!
知りませんでした@@
思ったより雪が深そうなんですね。

しかし・・・雪見大福まで持参しているとは・・・
保冷パックに入れたとしても、こんなに保つものなんですか!?
Commented by mt_kawamin at 2017-01-24 21:50
*Hideさん

余り多くの人が歩かないルートで鎖場も長くて
痩せてて危険な所も丹沢では結構あるんですよ、意外でしょ?
鬼ヶ岩は一般縦走路なんですが
短いけれど急な鎖場なので、例えば硬く凍ったりしたら
軽アイゼンでは歩けるルートじゃないんだと思います。
この日は雪がいい感じで踏まれていて
しかも全く凍って無かったので軽アイゼンでも大丈夫でした☺︎

この週末から、大寒波が来る予報だったので
友人はザックのポケットに入れておけば溶けないと思って持ってきたみたいです(笑)
1日目の登山口では思いの外あったかくて
「これはマズイ!」と焦ってました(^^)
Commented by ゆず at 2017-02-05 19:43 x
こんなに雪山なんですね~♪

おっと、かわみんさんこんにちは♪
驚きのあまり挨拶が遅れました(^^;

青空と雪とアップダウンがあるからでしょうか?
登る度に見上げる空がとても綺麗!
もう、うわっ綺麗のリフレインですね(^ω^)

どの写真もすてきなんですけど太陽と相模湾の写真がとても好きです。

行けるところまでいく、決して無理はしない。
私もそんな風に山と付き合いたいと思います。
Commented by mt_kawamin at 2017-02-06 22:14
*ゆずさん


丹沢でビックリ驚きの美しさでしょ?
数日前に降雪があった故の美しさだけど
こんな雪の風景が近くの山で見られるなんて
とっても嬉しいことだよね☺︎


前日の夕方まで雪雲は風に飛ばされたのか
翌朝は
真っ青なシーツを思い切り広げたような
青空が広がって
海面に燦々と光が降り注いで
キラキラキラキラ
宝石よりも輝いてるさまは
息を呑むほどの美しさだったよ♡


自然の美しさを目の前にすると
より一層ボキャ貧度が増して
キレーーイ!
しか言えなくなっちゃう(笑)

もっともっと
心が震えるような風景がみたいね
ゆずさんもこの冬はあとどこの山行くのかな?
楽しい報告待ってまーす(^^)
いつもありがとう♡