つながる*noyama

初冬の頃に -part 2- 蝶ヶ岳

e0307372_22244081.jpg



つい2週間前 一緒に焼岳を歩いたAさんに声をかけられ
知ってる人に逢えた喜びに、付かぬ間の間空腹感を忘れていた。


これだから山は面白いね


そう笑顔で言うAさんにホッコリした気持ちになる。
一緒に写真撮って、その写真を焼岳一緒だったshimaちゃんへ送っている
そんな他愛のない会話や行動が気持ちに余裕を生んでくれる

上は風が酷いから無理しないで気をつけてね


そう送り出され
やっと歩く元気がモリモリ出てきた。
でも別れてから気がついた
Aさんに何か行動食貰えばよかったなぁ。









e0307372_22312966.jpg






e0307372_22303878.jpg


pm 12:44  大滝山分岐


歩き出してから5時間半もかかってやっとここまできた
熊も怖いけど、シャリバテはもっと怖い。
だってシャリバテで動けなかったら
熊と遭遇しても逃げることすら出来ないのだから。
それどころか、行動不能に陥って低体温症とかとか…
全く、、、ソロなのに、
ソロだから準備は完璧じゃないといけないのに
そんな詰めの甘い自分に 山頂着く前から反省事項はてんこ盛りだ
行動食の有り難みを染み染み思い知るのである。







e0307372_22351527.jpg





e0307372_22354907.jpg



そんな腹ペコ状態でももう山頂はすぐそこだと思うと
不思議と足はグイグイと進んで行く



もうすぐ もうすぐ




テント一張りもないテン場のど真ん中にザックをドサッ
重荷から解放されて向かう先は稜線だ



待ってろよ!槍穂!!




さっきまでヨロヨロノロノロ歩いてたのに
ザックがなくなればダッシュだって出来ちゃうのだ。




e0307372_22442642.jpg





e0307372_22444813.jpg






e0307372_22455710.jpg





e0307372_22462242.jpg




来たよーーーっっっ



嬉しくって嬉しくって
久しぶりに逢えた槍さまも穂高も
雲一つない青空の下、真っ白な頂を抱いて美しいことこの上ない
色んな感情がごちゃ混ぜになって
泣きたいような…でも笑っちゃうような叫びたいような
なんだかわからないけど・・・けど・・・
やっぱりこの地は哀しくて嬉しくて  そして感動で涙が出た。





e0307372_22494650.jpg


色んな感情が嵐となって襲ってきて
その嵐が過ぎ去っていくと
稜線上の立っていられないほどの強風と寒さに我に返る。
風に耐え切れずテン場へと避難だ。
せっかく背負ってきたんだし・・・と、テントを張ろうか迷っていたけれど
それには風が強すぎて、設営する気力さえほとんどなかった。


今夜の宿は冬季小屋にしよっかな


ザックを背負って冬季小屋へと向かう。
重い重いスチールの扉を開けて閉まらないように
置いてあるコンクリートブロックとシャベルを噛ませる
しゃがみながら通路を進むとまた扉があってやっと小屋の中へ。


小屋の中は三和土と一段高くなっている部屋のようなところと
合わせて20畳程の広さだろうか
更に奥には小部屋があってそちらに冬季小屋用のトイレがある。


誰もいないガランとした室内はひんやり冷たくて
そして、少しばかり怖い気がする。
相変わらず外の風は強いようで唸るような音が聞こえて来る。


それでも風を遮る壁があるってすごいことだ
暖房がなにもなくたって外よりは数段
いや・・・何十倍も暖かいのだから。



e0307372_22503503.jpg





e0307372_22582948.jpg






e0307372_22590191.jpg





e0307372_22594817.jpg






誰もいない冬季小屋は正直怖い。
樋を流れる雪融け水の音なのか?
風が壁を叩く音なのか?
色んな音が聞こえて来る。
誰かと居ればお喋りの声でかき消されて気にならない音も
一人っきりだとそうはいかない。
それでもそのガランとした部屋にシートを敷き
アルミのマットを乗せ、更にテントマット
寝袋も広げて、火器を出して自分の陣地が出来上がってくると、
怖さが薄らいでいくから不思議だ
相変わらずどこからか絶えず音は聞こえて来るけれど。


自分の陣地が出来たらお昼ご飯にしよう。
今日はずっと食べてみたかったマルちゃん製麺 醤油味
寒い時はやっぱりスープものが◎
それに青梗菜投入して味玉子と焼豚も添えて。

大体的にCMで美味しさアピールしていたけれど、美味しいけど
個人的に味はサッポロ一番の方が好きだなぁ
インスタントはインスタンらしく!が良いと思う☺︎





e0307372_23534183.jpg

ラーメンを完食するともう15時過ぎだった
そろそろ陽も傾き始める時間だ
槍さまと穂高の様子を見に行かなくちゃ。




つづく…。



by mt_kawamin | 2017-01-10 19:00 | 山登り | Comments(2)
Commented by ゆず at 2017-01-10 23:18 x
かわみんさんこんにちは♪

第二幕を読みにさっそくお邪魔しに来ちゃいました(^^♪

Aさんから行動食を分けてもらって~と言う私の予想が早くもハズレました~(^-^;

蝶ヶ岳の稜線からの景色は圧巻、すごいの一言!
清水の舞台ってあるけど、ここはアルプス舞台。
槍穂高を眺めるために神様が作ってくれた最高の場所。

常念岳からも歩いてみたいし、徳沢からも登ってみたい。
そしてまた岩の上に腰掛けてずっと眺めていたい♪
何も考えずに…ちょっとは考えてます( ^^ )

そんな想いを胸に今年も山へ向かいます。

第三幕も楽しみにしています~♪

追伸:私も丸ちゃん製麺よりサッポロ一番の方が好きです。特に麺はインスタントらしいサッポロ一番が一番です(笑)ちなみに山では塩派です。







Commented by mt_kawamin at 2017-01-11 13:04
*ゆずさん

早々の訪問ありがとう♪嬉しいな☺︎

ふふふ、予想はハズレだったね
私がテキパキと色んなことを考えたり出来るわけないって(笑)
いっつも後から
『こうすればよかった〜』って後悔ばっかりよ♪

そしてそして…
「アルプス舞台」
いい表現!いいこと言うな〜♡
本当にそうだね、アルプスの大舞台
こんな凄い場所を作ってくれた神様に感謝しなくちゃね
そうなのよ、何も考えず・・・って中々難しい(笑)
確かにボーーーっと何も考えてない時間もあるんだけれど
『あぁ、寒いなぁ・・・もう、限界』
とか、そんなどうでもいいこととか頭にあったりね。

因みに常念岳からの蝶ヶ岳は地味〜〜〜にきつい
思った以上に体力使うので蝶ヶ岳のテン場に着いた時
というより
蝶槍の下では
ピークなんか踏みたくないんですけど
巻きたいんですけど!!って真剣に怒ってました(笑)

あ、やっぱりサッポロ一番派ね?
私は味噌味と塩味と決めかねて
いつも交互に食べてます。
味噌の次は塩、塩の次は味噌♪
そしてどっちも味玉子入れてます。
寒い時期なら、塩は塩バターコーンラーメンです(^^)

第三幕
今夜アップしまーす!待ちしてます♪