つながる*noyama

2016 晩秋の尾瀬へ -part 5-

e0307372_15273916.jpg

早朝の湿原の
鼻腔がツンとなる冷たい空気
身体にまとわりつく朝靄
舞台の早変わりのように変化していく
空と大地の色彩は
いつまで眺めてても飽きることがない。



降り注ぐ陽の光を存分に受ける頃になると
お腹が空いているのに気づく











e0307372_15332577.jpg





e0307372_15335669.jpg





e0307372_15343608.jpg





e0307372_15352568.jpg





テン場へ戻って朝食の準備
朝食と言っても、簡単にスープとパンを食べるだけ。
その代わりと言ってはなんだが、
珈琲だけは丁寧に入れよう。
その為に今日はちゃんと豆とミルを持参してきたのだ。




e0307372_15372719.jpg





e0307372_15381556.jpg


今日の豆は月と6ペンスさんの豆
ブラジル ブルボンアマレロだ。

ゴリゴリ…ゴリゴリ…
豆を挽き始めると途端に芳しい香りがそこはかとなく漂ってくる

珈琲用ポットは持ってこなかったので
コッヘルで湧いたお湯を注ぐのがなかなか難儀で
今度尾瀬に来る時はTAKAHIROのポット持ってこようかしらん?
なんて思ったり。

そんな楽しみを妄想出来るのも
尾瀬のようにゆっくり山の中の時間を楽しむことが出来る場所だからだろう。

周りではいそいそと帰る支度を始めてる人が多い中
2回目の珈琲を淹れて朝の時間を楽しんだ。


辺りの空気がすっかりポカポカになるころ
やっと撤営開始だ
すっかり空いたテント場で広々とテントを広げて
朝露に濡れたテントを乾かしながらパッキング。




e0307372_15461487.jpg




am 9:40 見晴キャンプ場 発


e0307372_15463466.jpg





e0307372_15564109.jpg




e0307372_15572734.jpg





e0307372_15583263.jpg





e0307372_15590111.jpg





e0307372_15593748.jpg






e0307372_16024667.jpg




e0307372_16030790.jpg




原の小屋も尾瀬小屋も窓や戸に板を嵌め始め
冬支度が始まっている
尾瀬ヶ原に冬がやってくるんだ
と思うとやはりいつも寂しい気持になる。
でも後ろ髪引かれる・・・という気持があまりない


すぐ逢える
春まで・・・またね


そんな気分だからだ。









e0307372_16070869.jpg






e0307372_16074323.jpg





e0307372_16101593.jpg





e0307372_16104591.jpg





e0307372_16192750.jpg





e0307372_16204991.jpg



下田代のど真ん中を突っ切るように伸びていく木道を
至仏山を前に進んでいく



e0307372_16241127.jpg





e0307372_16245432.jpg






e0307372_16383416.jpg





e0307372_16414809.jpg


六兵衛堀の拠水林を過ぎたころ
見晴の小屋たちが見えなくなるまで
何度も何度も振り返る
すっかり見えなくなったら
もう振り返らない。



e0307372_16440737.jpg





e0307372_16443855.jpg




e0307372_16465310.jpg






e0307372_16460524.jpg






e0307372_16480629.jpg







e0307372_16515106.jpg



沼尻川を再び渡って福島から群馬へ。




e0307372_16530139.jpg





e0307372_16535115.jpg





竜宮十字路はヨッピ橋方面へ
いつもと同じルートを辿っていこう






e0307372_16550795.jpg





e0307372_16560093.jpg





e0307372_16564458.jpg





e0307372_16584252.jpg





e0307372_16585745.jpg




池塘が増えてくると間もなくヨッピ橋との分岐へ
牛首方面へと左に折れる




e0307372_14250725.jpg





e0307372_14253670.jpg





風が吹くと
乾いた音を立てて草紅葉を揺らす




ヨッピ橋分岐から15分程歩くと
池塘が広がるお気に入りの場所だ



e0307372_14271691.jpg





e0307372_14274622.jpg



少しづつ鮮やかな色を失った湿原が
秋の終わりを告げているのが見て取れる


今一番の色彩は
未草の紅い色なのかな



e0307372_14383821.jpg





e0307372_14390460.jpg




木道に配置されたベンチに腰掛けて
ここでゆっくり休憩する
牛首まで行ってしまったら
人が多くてのんびりもしてられないからだ。


深く呼吸すると乾いた草の匂いがした



e0307372_14393885.jpg







声を掛けるでもなく
ザックのショルダーベルトに腕を通せば
どちらともなく腰を上げてまた歩き始める



e0307372_14444288.jpg





e0307372_14474394.jpg





e0307372_14481363.jpg





e0307372_14493467.jpg





e0307372_14495555.jpg





e0307372_14501736.jpg




牛首の分岐が近くなる場所で
木道の掛け替え工事が始まっていた


この時期になると
原のどこかで始まっている木道の掛け替え工事
去年はどこでやってたっけな?
記憶の糸から答えが出なかったけど、ま、いっか



e0307372_14543811.jpg






e0307372_14551641.jpg





e0307372_15004145.jpg





e0307372_15013152.jpg





e0307372_15020297.jpg





e0307372_15024294.jpg




牛首まで来てみると
この辺りの山肌には 秋の匂いの残り香がした



e0307372_15052115.jpg






e0307372_15064930.jpg







e0307372_15082169.jpg







e0307372_15162314.jpg






e0307372_15172421.jpg





e0307372_15192614.jpg




原の川川上橋を渡ると
尾瀬ヶ原の山歩きも終点に近づく
とは言っても
山の鼻から鳩待峠までの登りが待っているけれど




e0307372_15205660.jpg




山ノ鼻へ着いてみると
春までは確か変わりのなかった無料休憩所が
いつのまにか壁が新しく貼られ
窓までしっかりついていて
ここは何になるのかしら?
部屋に見えるようだから小屋になるのかしら?
まぁいいや
答えは来年のお楽しみにしよっと。


e0307372_15211977.jpg




*

*

*




e0307372_15241890.jpg



山ノ鼻から木道を登っていくと
鳩待峠までの森はまだまだ秋色が溢れていた




e0307372_15263341.jpg





e0307372_15264758.jpg





e0307372_15273074.jpg





e0307372_15275274.jpg





e0307372_15280908.jpg





時計の針を急いで逆回転させるように
初冬の湿原から秋深い森の中へ


光に導かれながら
あと少しの道程をゆっくり歩んでいく
山旅の終わりがもうそこだとわかると


やっぱり少し寂しいな。


e0307372_15282525.jpg






おしまい…。*:゚




by mt_kawamin | 2016-11-16 19:00 | 山登り | Comments(4)
Commented by hiro_1957 at 2016-11-17 00:48 x
かわみん、今晩は☆

とても素敵‼︎ 素敵過ぎるpart5😍
写真もさる事ながら、間あいだに差し込まれる言葉の一つひとつが素晴らしい。
読んでいると、此のブログの登場人物になりたくなるよ。
こんな綺麗な光景を共有してるお二人に嫉妬すら感じました。いいなぁ〜、羨ましい😊

未だ一度も訪れたことない尾瀬、いつも此のブログ読む度に
いつか行ってみたい場所ナンバーワンなんだよね。

中々コメント出来ないけど、何時も感動を有難う‼︎

このブログを毎回楽しみにしているファンのひとりより💕😍

Commented by mt_kawamin at 2016-11-18 18:51
*hiroさん こんばんは◡̈*❤︎

なんと言ったらいいか・・・

こちらこそありがとう♡

が一番合ってるのかな。
最近、Blog書く気に全然なれなくて
大好きな尾瀬だからきちんと書きたいと思ってても
言葉がスラスラ出て来ない
写真に思いを乗せたいと思っても上手い言葉が見つからなかったり・・・
そうなるとここに来る人だって大していないだろーしなー
とかネガチィブ思考になっちゃったりね笑
余計書くのが億劫になっちゃうんだよね。
人の為に書いている訳ではないけど
その山を、その場所を知って欲しくて
こんなに素敵だよ〜って教えたくて私は綴ってるから
上手く伝えられてるのかどうか・・・
それが気になったりもするんだよね。
そんな訳で、そんな折
hiroさんが「毎回楽しみにしている」ってくだりは
すごーーく嬉しかったよ。

もっと教養があって文才があればよかったんだけど
今の私にはこれで精一杯
それでも感動を・・・と言ってくれて
こちらこそありがとう♥︎︎∗︎*゚
不覚にもウルっときちゃったよ笑

またお待ちしてます(*´ー`*)ノ
Commented by ゆず at 2016-11-19 14:51 x
かわみんさんこんにちは♪
尾瀬はやっぱり素敵なところですね!
今年はどうも紅葉をしっかり見れた気がしなくて秋を逃した感があったので見せてもらえて嬉しいです。

訪れる私たちの気持ちに変化はあっても山はそこにいつもいてくれるんですね!

今年も行けなかった尾瀬…来年は逢えるかな...♪*゚
尾瀬への想いを思い出させてくれてありがとうございます🎵

そして、とても素敵なストーリーをありがとうございます(*ˊૢᵕˋૢ*)

Commented by mt_kawamin at 2016-11-19 16:24
*ゆずさん♪

いつも来てくれてありがとう♪
今年の紅葉は例年に比べてよくなくて
紅い葉、橙色の葉、黄色葉
綺麗なのを見つける方が大変な位
でもそれが今年の山の秋なんですよね。
秋色が少し褪せてても
枯れてる葉っぱが多くても
ガッカリはあんまりしないかな…

それでも鮮やかな色の秋の山を楽しめたら
それに越したことはないけど(笑)

気を遣ってここに来てくれてありがとうね
これからはどうか気を遣わないでね(^^)
ありがとう。