つながる*noyama

谷川連峰 プチ馬蹄形縦走 -part3-



e0307372_11052587.jpg


オキの耳の山頂直下から
一ノ倉へと向かう稜線上には
ここをお昼の目的地にしていたのか
ズラッと並んで大勢の方が休憩中。


前を失礼・・・
これからわたしたち、静かな山歩きをすることろなんです


と言わんばかりに
颯爽と一ノ倉へ向かって歩き出す。
それはちょっぴり優越感にも似て
そして誇らしさにも似て。







e0307372_14524594.jpg








富士浅間神社 奥の院の脇を通り過ぎ
鎖場を下り
稜線を歩いていく。



e0307372_14214385.jpg















































e0307372_14170820.jpg






e0307372_14541368.jpg





e0307372_15045930.jpg





e0307372_15054542.jpg





e0307372_15060718.jpg
一ノ倉


世界的にこれほど有名な壁は
他にないだろう




魔の山
e0307372_14172792.jpg


なんて不名誉?な異名を持つ山

上から覗くと黒い岩と
灰色の雲海が広がり
ギザギザな鋭い尾根を持っていて
雲海に邪魔をされ
その高度感こそわからないけれど
険しい壁がそこにあるのは容易に想像できる






e0307372_15063315.jpg





e0307372_15071185.jpg





e0307372_15073609.jpg

そんな異名なんてどこ吹く風…

その壁に、崖の際に咲く花たちの美しいこと
自然の中で生きる植物にとっては魔の山ではなく
楽園なのかもしれない。




e0307372_15082628.jpg




e0307372_18535795.jpg












e0307372_18545662.jpg











































e0307372_18552027.jpg








稜線を分けて
東側は険しい岩肌と切れ落ちる崖
西側は緑の美しい山肌がなだらかに裾を引く


その様子を楽しみながら進むと
一ノ倉岳山頂へ





pm1:45 一ノ倉岳


e0307372_18590500.jpg




e0307372_18592996.jpg

一ノ倉岳山頂には赤いかまぼこ型の避難小屋がある
それは3人も入れば満員になりそうな
背の低い小さな避難小屋だった。
その形と大きさで
この地の気象条件が厳しいことを理解するのは容易い




e0307372_19002315.jpg


一ノ倉岳山頂からは
それまでの険しい山容とは打って変わり
緑と花の溢れる広い尾根のトレイルが待っていた。



e0307372_15052747.jpg



e0307372_15055891.jpg




e0307372_15063971.jpg





e0307372_15124821.jpg


茂倉岳へ向かって
広い尾根を緩やかに登っていく


e0307372_15142267.jpg




e0307372_15152313.jpg




e0307372_15172009.jpg


pm 2:17 茂倉岳 山頂


誰もいない静かな山頂
真っ白な風景



e0307372_15174817.jpg
出迎えてくれたのは大勢のトンボ達



武能岳へ下る斜面には
少し盛りを過ぎた日光黄菅が
その黄色い花を咲かせていた。




「明日は向こうへおりていくよ」



その先にはどんなトレイルが待っているんだろう
今はまだその姿を垣間見ることは出来なかったけれど。



さぁ、避難小屋まであと少しだ



茂倉岳から土樽方面へと
狭いトレイルを花を掻き分けながら下って行く



e0307372_15254747.jpg



e0307372_15264393.jpg







































e0307372_15540604.jpg








e0307372_16420011.jpg










































e0307372_15521103.jpg








































e0307372_15512806.jpg







pm 2:46 茂倉岳避難小屋





e0307372_15545580.jpg







避難小屋に一番乗り

窓際の明るい特等席を陣取ったら
荷物を置いて5分ほど下った水場へ。


水量が今年は少ない。とshoさん
それでもプラティパスにいっぱいの水を汲み
手と顔を洗ってさっぱり。

さぁ、小屋に戻ったらお疲れ様の乾杯だね



e0307372_15593706.jpg



担ぎ上げてきたビールで


お疲れさま!


shoさんが作ってきてくれた
「野沢菜とジャコの胡麻油炒め」
私が持ってきただけのとkiriクリームチーズ&グリッシーニをあてに。
キンキンに冷えたビールが五臓六腑に染み渡る。



e0307372_16044607.jpg




e0307372_16061499.jpg




ビールを飲み終わったと思ったら
shoさん、やおらロックグラスとテルモスを取り出した
ロックグラスだけでも驚きなのに
『この暑いのになんでテルモス?』
とザックのサイドポケットに入っていたテルモスを不思議に思っていたけれど
その中にはロックアイスが…

うぅぅん…
さすが、できる男はやることが違う
センスのいい男はここまで拘るのだ。

kiriのクリームチーズを買ったまま
何の捻りもなくおもむろに出す私とは訳が違う。


こんなシャレオツな拘りを目の当たりにして
私はすっかり夢見心地。

いえ…
完全に寝不足と酒で意識朦朧。
お昼寝させてください…zzz


それから小一時間ほど寝たんだろうか
きっとshoさんは
『おぃおぃ、まだ寝る気?夕飯のメイン、君が担当だよね?』
なんてことは微塵も思って無かっただろう。多分。。。



そろそろ夕飯の準備する?



と優しく起こされ
shoさんはアテのソーセージを焼いてくれ
わたしは夕飯の準備を。


今夜のメニューは鰻丼。
日本酒で蒸してタレをかけて頂く。。。
のだが…
どこを探しても日本酒とタレが見当たらない

食べてる時まで

「おかしいなぁ・・・絶対入れたのにぃ…」

と、わたくし。
あぁ…出来る男と出来ない詰めの甘い女の違いをまざまざと見せられ
次回こそ完璧に!と心に誓う私であった…。




e0307372_16174145.jpg




e0307372_16222022.jpg




e0307372_16224917.jpg




e0307372_16231040.jpg

あてな夜はまだまだこれから…




少しづつ小屋の中も暗くなる頃
取り出して灯してくれたのはガスランタン
静かに炎がゆらゆらと揺れる。


お酒をバーボンのオンザロックに代えて。


e0307372_16243038.jpg








避難小屋泊が初めてなわたしだった。

どんなところなんだろう?

と少しだけ不安もあったのに
噂通りの綺麗な避難小屋に
そして、小屋で素敵に過ごすためのアイテムを
たくさん用意してくれて
アテもお酒もご飯も美味しくて

楽しい時間はゆっくり流れて…。



e0307372_16484051.jpg



明日はどんな一日が待っているんだろう



e0307372_16491334.jpg




am 4:00 起床


外を覗くと山は白いヴェールをかぶったままだった。

ご来光を茂倉山頂で拝む予定だったが
それが叶わないのなら・・・と
朝はゆっくりすることに。





e0307372_16530959.jpg





e0307372_16541914.jpg



胡桃とドライフルーツのパンに
チーズとハムとリーフレタスを挟んだだけの
簡単なサンドイッチと珈琲で。




e0307372_16572676.jpg




パッキングを済ませ
簡単に箒でお掃除をし
心許りの使用料をポストに入れて。






e0307372_16575647.jpg







































お世話になりました。





e0307372_16581715.jpg






e0307372_16584052.jpg






晴れたらいいな




朝露に濡れる花のトレイルへ







e0307372_16591159.jpg










































part 4へつづく…。*:゚

by mt_kawamin | 2016-08-16 19:05 | 山登り | Comments(2)
Commented by sho at 2016-08-18 18:11 x
その存在を悟られたくないかのように
山に寄り添うようにして建つ
板チョコみたいなちいさな小屋。

だけどその中では歓喜の祝杯が…

デキル男?とデキル女!の会話は…

タレはどこにあるの?
どこに入れたの?
ほんとに持って来たの?

…山で忘れ物はイノチ取りだぜ。

なんて会話が。な訳はなく。


今日の興奮感動を肴に、明日のトキメキの予習もしながら…
とここまででも十分にステキな山旅!みたいなのに
まだまだ続くなんてもうデキル女の宝箱は容量知らずだね(意味不明)。



さぁ
感動のフィナーレへはまだまだPartが幾つあっても足りない。だね。

って
早くこれ書き終えないともっと壮大な楽しかった北アの山旅が書けないよー^^



Commented by mt_kawamin at 2016-08-19 21:17
*shoちゃん

あぁぁ・・・
タレと日本酒
えぇ、そうよ
家にあったわ。
そう、入れ替えたの、保冷バック。
最初に入れた保冷バックの底にポツンとね・・・
山に鰻のタレを持っていかないなんて、
それほどの最重要アイテムだったのに。(´・д・`)
いいの。
わたしの辞書にはperfectなんて言葉はないんだから。

そう言えば、板チョコみたな小屋だったね。
ぜーんぶ焦げ茶色でさ♪
chocolate house
片っ端から食べてやりたいわ。
でも、隣に建つトイレを思うと
ちょっと食べるのは・・・ねぇ。笑


でも、ほんと、
あの避難小屋は中々よかった。
デビューを飾るにはうってつけの物件♪

ところで、感動のフィナーレは
もう間もなく
これから鳥肌トレイルが始まるんですもの。

思い出すでしょう?
鳥肌ゾワゾワなあのトレイルを♪

あぁ・・・思い出すな。
あの緑と花のトレイルを。

やわらかく君をつつむ あの風

なんちゃってね。
さて。
続きを書こうかな?

ではでは、次もDon't miss it♪