つながる*noyama

海の日の連休は北アルプスへ  -part1-


西鎌尾根ってどんな尾根?
そこから眺める風景ってどんななの?


双六岳って・・・笠ヶ岳って・・・

e0307372_15535220.jpg



海の日の三連休の天気予報は全国的によくなかった。
予報がよくなくても
ザーザー降りでなければいいのだ。
嵐はこまるけれど、多少の雨くらい全くもって問題ない



かれこれ三年越しになった今回の行程
新穂高から槍平小屋へ
そして槍平小屋から西鎌尾根に乗り双六小屋へ
双六岳で槍へ向かう滑走路を走り
抜戸岳から笠ヶ岳へ歩く悠々3泊4日の山旅である。










長野道を松本ICで降り一路新穂高方面へ。
沢渡を抜け安房トンネル入る前までは雨は上がっていたのに



トンネルを抜けると
そこは土砂降りの雨だった。



7月15日 (金)

am 8:48 新穂高第三駐車場






e0307372_21462398.jpg





e0307372_09370055.jpg






e0307372_09371389.jpg

雨に煙る山を恨めしく見上げながら
レインウエアに身を包んで。
出発からレインウエア着る山行なんて何年振り?




e0307372_09592260.jpg




e0307372_09593977.jpg






e0307372_10014792.jpg





新穂高第三駐車場にはトイレがないから
ここで済ませておく。
登山届も忘れずに。



頭の中に双六岳と笠ヶ岳でいっぱいだったからか
左へ向かって歩き出してしまった。


そうそう、今日の目的地は槍平。
槍・穂高方面へ歩くんだった。


駐車場を出た時には降っていた雨も
センターを出る頃にはすっかりあがっていた。




e0307372_10032418.jpg





e0307372_10035218.jpg





e0307372_10040910.jpg





e0307372_10061216.jpg







e0307372_10134117.jpg






e0307372_10141627.jpg

歩き出して10分が過ぎる頃 
雲の切れ間から青空が 
やっぱり嬉しい!




e0307372_10212187.jpg






e0307372_10214147.jpg










































e0307372_10224338.jpg






ゲートから25分ほど過ぎると
別荘かと見間違うような芝生の上に立つ山小屋
穂高平小屋




e0307372_10405072.jpg




e0307372_10412916.jpg






e0307372_10415438.jpg

使っているのか?もう使われてないのか?
お庭の芝が綺麗に刈り取られ
きちんと管理されているようにみえる。
なかなか素敵に見える。


林道挟んで反対側には牧場跡?それとも幕営地?
広々芝生のサイトが広がっている。






e0307372_10422519.jpg





e0307372_10424711.jpg





e0307372_10491345.jpg





e0307372_10500034.jpg




平坦な林道が続く。
飽きてしまいそうな林道も
初めて歩く道は 次のカーヴの先には何があるんだろう
そう想像するだけで足も軽くなってしまう。




e0307372_10531654.jpg





e0307372_10533673.jpg

am11:57 白出沢出合(奥穂高登山口)



へぇ、そうかここが穂高への登山口なんだ。

地図でしか知りえなかった場所が
その場に立つと立体的に見えてくる。
尤もこの先は未踏なのだから相変わらず平面的なままだが。



ここの標高が1560m 穂高岳山荘の標高2,985m
標高差1,400mを標準CTで5時間半だというのだから
どれだけ急登かと、想像するに易しい。









e0307372_10573500.jpg









































e0307372_10535445.jpg







朝、たくさん食べれないわたしは
ここですこし栄養補給の焼きそばパン






e0307372_11171710.jpg






e0307372_11173094.jpg



ここで林道は終わりかと思ったら
先はまだもう少し続く


10分ほど歩くと
柄杓付きの水場に着いた。




e0307372_11232964.jpg





e0307372_11234596.jpg



岩で作られた洗面台に向かって
水は勢い良く流れていく


掌で掬って口に流し込むと
ひんやり冷たい水が喉から体の中を冷やしてくれるのがわかる



ここで林道はサヨナラだ。
白出沢を渡ればいよいよ登山道が始まる。




e0307372_11360476.jpg





e0307372_11365305.jpg




e0307372_11372241.jpg





e0307372_11403258.jpg





e0307372_11404775.jpg





e0307372_11410690.jpg





e0307372_11412183.jpg






靴紐をキュッと結び直して




e0307372_11413829.jpg




さぁ、行こうか



e0307372_11415958.jpg





つづく…。*:゚


















by mt_kawamin | 2016-07-28 18:30 | 山登り | Comments(4)
Commented by ゆき at 2016-07-28 21:40 x
わぁ、かわみんさん、出かけちゃったんですね。
私は双六から西鎌を登ろうと思って、お天気と睨めっこしてるんですよ。
かわみんさんみたく、
「ザーザー降りでなければいいのだ。
嵐はこまるけれど、多少の雨くらい全くもって問題ない」
なんて言えない弱虫だから。

私が出かける前にレポ出来上がるといいな。
Commented by mt_kawamin at 2016-07-29 16:01
*ゆきさ〜ん♪

ご無沙汰しています
自分のBlogすら毎回書けなくて
そんななのでゆきさんやみなさんのところへも
全然遊びにいくことも出来ず・・
でも忘れないでいてくださってるの、
とーーっても嬉しいです(^^)

ところで、先日の海の日の連休
一日前倒しで金曜から歩いたんですけれど
日曜日だけはどうやっても予報悪くって
実際には金曜日も朝のうちは雨でしたから。
ゆきさんは今週末?
それとも来週末ですか?
私は来週も山なので
去年、ゆきさんとpalletさんの歩いた一部も歩きます
なので、晴れて欲しいですよね

来週出かける前には全編書こう(写真貼るだけ?笑)
と思っとりますのでまた遊びに来てください(^^)


Commented by zbjsower at 2016-08-08 16:04
そういえば、今年は梅雨明けが遅くなって、まだかまだかという感じの日が続きましたよね。
しかし、出発からレインウェアですか・・・
そして、標高差1400mとか、かなりキツそうな登りなんですね。
Commented by mt_kawamin at 2016-08-10 15:48
*zbjsowerさん

梅雨明けが遅かったせいか
今がめちゃくちゃ暑くて倒れそうですよね
下界にいると、その暑さが耐えられないです(笑)

出発からレインウエアを着るって久しぶりなんですよね
うちの相方がスーパー雨男なもので・・・
わたしがスーパー晴れ女なので
お互いのせめぎ合いで出発はわたしが負けました(笑)

標高差1400mなんて聞くと歩けない〜
って気がしますが。
丹沢の大倉と塔ノ岳間の標高差が1200mなので
頑張れば歩けそうです♪