つながる*noyama

初夏の八ヶ岳へ part 3

e0307372_23201009.jpg


ここまでの話 part 2は→こちらから♪


可愛らしいツクモグサに逢えたことで今回の山行、complete
このまま地蔵の頭へ戻り行者小屋へ下たって何の悔いもない。
それほど満ち足りていた。

…とは言っても杣添尾根への分岐はあと少しだし
そこまで歩けば横岳、奥ノ院はその先である。
Mちゃんは横岳は未踏だ。
仕方ない、Mちゃんの為に横岳まで行こうかしら?
決してわたしの為ではない。えぇ、決してね。汗












ツクモグサが可愛らしい姿を見せている岩場
後ろから歩いてくる方々にも

「こっちに可愛い子が咲いてますよーー❤︎」


こういった情報はみんなで共有しないとね♪
キョロキョロ…もっと可愛い子はいるかしらん
そんな時、後ろから声を掛けられた



「あの、、、、ブログやってませんか?」



声を掛けてくれた方は以前からわたしのblogを読んでくださってるらしく
ザックとザックに付けているチャリてるを見てわたしかもしれない・・
と、声をかけてくださったのだ。
こんな素敵な出逢い。あまりの嬉しさに小躍りしそうだった。
だって

「お会いできて嬉しい」

なんて言われちゃうんだもん。
出来ることなら

きゃーー嬉しいーー!hughug❤︎(ノシ・ω・)ノシ バンバン


と背中を叩きたかったくらいだ。
しかもその時わたしが
「お名前は?」
と聞いたら


「K田というものです」

とおっしゃったのだ!
「……というものです」
だ。
このフレーズどこかで読んだ覚えがある方いませんか?
昔のわたしのblogを読んだ方なら覚えてる方も数人いるだろう
そう、わたしが発した雲取山でのあの名言(迷言?)


「ただの通りすがりのものです!」


である。
この発言を聞いて
焦ってしまうと突然変なことを口走ってしまうわたしと似てるんじゃない?
そう思ったら更に嬉しくなってしまって
「おぉぉ、同志よーーー♪」
と、またhugしたかったほどだ。

※K田さん、すみません。勝手なこと書いております。
気に触るようなことがありましたら何なりと☺︎



おっと話がそれてしまった。
元に戻しましょう。
*
*
*


e0307372_15501474.jpg

石尊峰から三叉峰へ向かうと岩場の隅にウルップソウを見つけた。
本州では白馬岳と八ヶ岳の横岳でしか見られないウルップソウ。


e0307372_15563930.jpg


それは咲いているとはまだ言えない程の
やっと花芽が出たところ。
ギュギュッと詰まった花びらの一つ一つの縁が
薄っすら紫色になっているのがわかるくらいなのだ。



この蕾のウルップソウに逢えただけでも嬉しかったのに
岩場から少し進んだ砂礫帯まで行くと
つやつやな緑の葉を沢山つけた株があっちにもこっちにも。




e0307372_15585992.jpg






e0307372_15591945.jpg





咲いてるよ…ウルップソウ。



なんてラッキーな日なんだろう
今日は逢いたかった花にも逢えて
逢いたかった人にも逢えて
思いがけない方にも逢えて



あぁ…これ以上何かを望んだら罰が当たる…




e0307372_15512715.jpg





e0307372_16020086.jpg







am9:00 横岳




e0307372_16025205.jpg






e0307372_16100260.jpg



そうは言っても予定通りの横岳へ。



そう言えば今朝、硫黄岳〜横岳と歩いて地蔵尾根を降りる
と言っていたSちゃんとKちゃんにまだすれ違ってない。



「Kちゃん、今どこ?」


「硫黄岳山荘でるとこ」


わたしたちはここから赤岳へ行くわけだから
この稜線上で逢えることはないんだろうと少し残念だったが。
もしかしたら下山後の小屋で逢えるかもしれない


「取りあえず、◎▽まで来たらまた連絡するね」

そうメールして私たちは赤岳へと向かうことにした。




横岳から赤岳へ歩いてる途中、
日ノ出岳辺りから赤岳を眺めると
西側からガスが物凄い勢いで湧いてきて山頂はすっぽりと覆われてしまった





e0307372_16240723.jpg

そのガスの沸き方も流れ方も早くて
それはそれで素敵な風景だった。

地蔵の頭から赤岳展望荘へ






e0307372_16223407.jpg





さて、ここから赤岳頂上までは40分ほど
あと一登りだ。



e0307372_16354065.jpg






e0307372_16360977.jpg



赤岳展望荘の裏をぐるっと回ると
西側は白山一花とオヤマノエンドウのお花畑が。




花達に励まされてもう一登り。








e0307372_21201076.jpg










e0307372_21194279.jpg





登っては振り返る登っては振り返り
自分の足跡を確かめるように。






e0307372_21215078.jpg








e0307372_21222063.jpg

am11:21 赤岳頂上山荘へ



ちょっと山バッチを見るだけに寄ったつもりだけど
小腹も空いたし、なによりも食堂からの眺めが素晴らしく
スルスルと引き寄せられるように小屋の中へ。



e0307372_21254359.jpg






e0307372_21261166.jpg








e0307372_21365826.jpg








思った通りに窓からは素晴らしい景色が。
ここでお昼を食べることにしてよかった
だっていつもなら、ここはさっと通り過ぎちゃうから。



景色を堪能しながらのんびり食べていたら12時近く。
さて、、、行こうか。




e0307372_21384847.jpg






e0307372_21394867.jpg







e0307372_21510537.jpg




pm 12:03 赤岳



この時間になると空はすっかり雲に覆われ
青空の下での登頂とはいかなかったけれど
Mちゃん、とっても嬉しそうだ。
おめでとう♪ヨカッたね♪




後ろ髪を引かれながら文三郎尾根の方へ。






e0307372_21590989.jpg















e0307372_21570038.jpg







e0307372_22002766.jpg






e0307372_21561857.jpg



森の中に引き込まれるように階段を下りていく













e0307372_21595470.jpg





e0307372_22035704.jpg








e0307372_22042063.jpg







e0307372_22070906.jpg






e0307372_22562878.jpg








真新しい赤いリボンに促され、行者小屋へ。



am13:46 行者小屋



SちゃんとKちゃん、、、もう帰っちゃったかなぁ…


テン場から小屋の方へ回ると見覚えのある黄色いデカザックが見えた
待っててくれた…
と思ったら嬉しくって再開の喜びの気持ちを込めて二人にhughug❤︎
それからしばし3人でtalktime


よくわたしがいるってわかったね!!

って話から其の時のSちゃんとKちゃんのやり取りを聞かされたら
もう面白くておかしくて嬉しくてキャッキャ言いながら笑いっぱなし
メールも送ってくれたらしかったが、小屋前はアンテナ立つものの
テント場へ行くと圏外になってしまい、連絡取れなかったこと
其の後は、小屋の方へ来る人をチェックしたり、側を通る女性には小声で

「かわみん、かわみん・・・♪」と呼んでいたそうな。

こういうの、嬉しいね❤︎
このまま延々と喋り続けたいけれどSちゃん&Kちゃんはそろそろ…だし
わたしも撤営がまだ済んでいない。
話は尽きないけれど・・・・

「今度は一緒に山へ行こうね」


再開を誓ってSちゃんとKちゃんを見送る。
そして撤営だ。


pm15:15 行者小屋 出発





e0307372_21303408.jpg






e0307372_21305244.jpg






e0307372_21311257.jpg






e0307372_21312703.jpg






e0307372_21331970.jpg






美濃戸へ急ぎ足で下っていく。
途中、大きなお花畑を作っていた黄花の駒の爪


Mちゃんは歩きながら
独り言のような訴えるような口調で


あぁーまだ帰りたくなーーい帰りたくない〜



まるで駄々っ子の子供のように呟いている。笑



もうだいぶ美濃戸へ近くなってきた頃 Hさんが

「ホテイランがまだ咲いてるといいんだけど」


e0307372_21371679.jpg







e0307372_21385980.jpg


ほぼ終わりだったけれど数株残っていた布袋蘭。
ここが荒らされることなく株が増えていくといいな…






pm17:08 美濃戸 着




e0307372_21432087.jpg






二日間の八ヶ岳の旅ももう終点。


e0307372_21505678.jpg






e0307372_21525205.jpg




高山や麓にさく沢山の花たちとの出逢い。
SaちゃんとKeちゃんから歯磨き中の出逢い。
blogを読んでる方との出逢い…
そして二日間一緒に過ごしてくれたMちゃんとHさんとの素敵な出逢い。


人との繋がり、
人との縁ってとても不思議で、とても甘酸っぱくて、
夢見心地になるようなものだなってキュンキュンした二日間。



e0307372_21533715.jpg



また逢おう
また来るね。




おしまい…。.:*・゜




by mt_kawamin | 2016-07-01 21:55 | 山登り | Comments(4)
Commented by ゆず at 2016-07-01 22:45 x
かわみんさんこんにちは♪
たくさんの嬉しい出会いあった山でしたね(*^^*)♪

ウルップソウは八ヶ岳と白馬にしかないんですね!

私、白馬で見たのは覚えているんですけど他でも見たことあるってずっと思ってました。
でも、それは夢だったのかデジャヴだったのか不確かで…

今、やっと記憶が繋がりました。
その時の風、咲いていた場所、空の色も全部...♪*゚

まだ花の名前も知らないときにその紫色の可愛らしい花を横岳をまわった時に私見たんですよ~♪

そうだったんだ、あれは夢じゃなかったんですね♪

かわみんさんの魔法で感動が蘇っちゃいました(*^^*)♪

今日もステキな物語をありがとうございます♪
Commented by mt_kawamin at 2016-07-06 07:33
*ゆずさん こんにちは〜♪

ウルップソウ、本州では白馬岳と横岳で北海道にも咲いてるんだよ♪

そして、そうそう!
風や雲や空気の冷たさや緩さで
急に記憶が…って
とってもステキな感覚だね
「あっ…」って思った瞬間の映像が霧がすぅっと引いていった感じ
私が魔法をかけたおかげだよ(笑)

季節はそろそろ雲の間から
眩しい太陽が覗くようになりそう?
今年の夏山はどこいくのかな?
今からワクワクだよね❤︎
いつも来てくれてありがとう(*^^)
Commented by tooticky-s at 2016-07-07 21:57
こんばんは。
6/12八ヶ岳で声を掛けさせていただいたK田です。
予期せぬ出来事にテンパってしまい、もう少し気の利いた名乗り方ができなかったのかと反省しておりました。なので、ブログに書いていただいて嬉しいのやら恥ずかしいのやらです。
これからもブログ楽しみにしてますね。
Commented by mt_kawamin at 2016-07-07 22:15
*tooticky-sさん♪
いえいえ、、、K田さん!わー嬉しいっっ♪
先日は声を掛けてくださりありがとうございました(^^)
突然の事でしたからわたしも気の利いた事も聞けませんでしたよ〜
でも「K田というものです」はインパクトあってよかったです♪わたしは好きです笑
そしてK田さんもexciteのblogやってたなんて!
もしかしてその辺りから私のblogを見てくださってたのかな?
あの日声を掛けて頂けなかったら再びこうして会話もすることなかったでしょうから
本当に、声を掛けて頂いて嬉しいなぁと思ってます(^^)
私もそちらへお邪魔しにいきますね
今後ともどうぞ宜しくです(*´ー`*)