つながる*noyama

晩秋の赤岳へ -part 3-

e0307372_21573189.jpg
photo by kayo




地蔵の頭から目の前に聳える赤岳とその左側には
雲海にぽっかり浮いた富士山が望める。
その空にはまるで演出するかのような飛行機雲












e0307372_22032924.jpg



ふぁぁ…気っ持ちイイ!


e0307372_22041661.jpg







e0307372_22113402.jpg


綿菓子作る時に飛んでるフワフワの綿菓子みたいな雲



e0307372_22120449.jpg





e0307372_12012649.jpg




e0307372_12020942.jpg


am9:45 赤岳山頂




e0307372_12044968.jpg








e0307372_12054651.jpg




雲海の上にぽっかり浮かんでるような富士山
一直線に伸びていく飛行機雲
風は穏やかで陽射しはこの上なく優しくポカポカ



e0307372_12080885.jpg


まるで春の陽気な山頂でのひととき
パンで簡単に腹ごしらえ。
写真撮りあいっこしたり
のんびり休憩していたら山頂の滞在時間は45分。
テントの撤営もあるのでそろそろ下山の時間



下山は中岳を経由して行者小屋へ。



e0307372_12113522.jpg






e0307372_12120866.jpg





e0307372_12123984.jpg




阿弥陀岳が凛々しい






e0307372_12141344.jpg




中岳に向かって。






e0307372_12155830.jpg




歩いてきた道を振り返って。







e0307372_12170842.jpg





中岳山頂から阿弥陀岳方面へ一旦下って行者小屋方面へ





e0307372_12240590.jpg





e0307372_12265137.jpg

見納めに阿弥陀岳を見上げて
横岳から硫黄岳、遠く天狗岳を眺めて。






e0307372_12262662.jpg






e0307372_12243583.jpg

道標は手書きの物あり、ドクロにハートのリボンあり、赤いシューレースもあり。






e0307372_12245054.jpg





文三郎道との分岐と合流して


e0307372_12285735.jpg






e0307372_12291750.jpg





e0307372_12302006.jpg


トイレ休憩だけして赤岳鉱泉へ



この間は写真も撮らず一目散に歩く歩く。
テン場へ戻ったら糖分の補給



e0307372_12333742.jpg

ぜんざい作ります。

クツクツ
  クツクツ…

と、美味しい音と香りが静かに広がる。



e0307372_12331939.jpg



ぷっくり膨らんだお餅を入れて



e0307372_12342151.jpg


ハフハフ言いながら食す、幸せな時間。


食べること、山を愛でること
青空と出逢うことでお腹はもういっぱい膨らんでパンパンだ


さてさて
ここに滞在する理由がもうなくなっちゃった。
名残惜しいけれどサヨナラの時間。



e0307372_12371222.jpg


家財道具一式ザックに詰め込んで
日が傾き始めた14時過ぎ
ひっそりとし始めた赤岳鉱泉をあとにする


e0307372_12373302.jpg






e0307372_12380687.jpg





e0307372_12391155.jpg






e0307372_12393099.jpg




晩秋の楽しい八ヶ岳の山遊びも終点。
次ここを訪れる時は真っ白な世界かな。



おわり…。








by mt_kawamin | 2016-01-10 12:49 | 山登り | Comments(4)
Commented by ゆず at 2016-01-10 18:26 x
かわみんさん、こんにちは♪

青い空に高い雲ががとてもとても綺麗ですね!!
秋の朝、空気は冷たくとても澄んでいて…

この日は凄く天気が良かったんですよね♪

わたしは西澤渓谷に行っていて青い空にいくつもの
飛行機雲が描かれていたのを思い出しました。

八ヶ岳はとても好きな山域ですが赤岳は今年初めて
登りました。

何度も訪れても楽しい山、ちょっとずつですけど
あとすこしで北から南まで歩ききれます。

なんて思いながら読ませていただきました(^^♪

今日もまた素敵なひと時をありがとうございます♪
Commented by ほたか at 2016-01-11 00:40 x
かわみんさん、こんばんは。
ハイペースのアップ、楽しく読ませて貰いました。

Part2、Part3でも使われている赤岳の写真をはじめ、内容も素敵でしたよ~(*^-^*)
稜線での写真、難しいんですね…
でも、青空や雲と山の稜線の競演、綺麗でしたよ。

山頂は暖かかったんですね。
ハイマツが青々してるので、服装見てたら晩秋には思えないですよね。

ぜんざい、焼餅も美味しそう♪
今度、山で作ってみます。

今回も素敵な山行を有難うございました(*^□^*♪)

Commented by mt_kawamin at 2016-01-11 11:11
*ゆずさん こんにちは♪

そうそう、この日は空が高くて風も穏やかで
本当に過ごしやすい休日だったよね。
飛行機雲も「あっ!」と見つけてしばらくすると
また新しいものがすぅ・・・・っと出来ていて
飛行機雲が似合う空だった♪

そっか、ゆずさんは赤岳は去年が初登頂でしたか
かっこいい山でしょ?な〜んて私の物じゃないけど(笑)
南から北へ…
私もまだ繋がってないんですよ。赤岳からキレット超えの権現が。
そこだけ残っちゃってるの。
毎年毎年歩こうと思いながら毎年宿題になってる(笑)
しかも、同じ山ばかり歩くものだからなかなかだよね♪

これで山の記事は一旦終わりかな
ネタ切れですw山行けてないの。
本当は今日行く予定だったんだけど…行けなくなっちゃった。ションボリ

またの更新を待っててね♪
いつもありがとう(*´ー`*)ノ



Commented by mt_kawamin at 2016-01-11 11:18
*ほたかさん こんにちは♪

ハイペースですがこれでネタ切れです。(笑)
山のネタがなくなっちゃいましたよ〜
本当は今日歩く予定でいたんですが(その為にペース上げて書いたのにw)
行けなくなってしまってションボリな休日であります。


「内容も素敵」
ありがとうございます♪
お世辞でもそう言って貰えると励みになりますね。
ブログを書いてる時、ノッテルと次から次へと言葉が浮かぶんです。
書いてても面白い。勿論それは独りよがりなものなんですが
だから、苦し紛れに捻って出す言葉は
自分にとってはなんとな〜く面白くなく思ってしまうんですよね。

稜線からの写真、腕のある方が撮ればなんてことないと思うんですが
技術も知識もない私が撮ってるので
なかなか思い描いた写真には程遠くて(笑)
まだまだ沢山修行が必要ですね♪

ぜんざいは缶詰の小豆を使って水を少し足し
煮詰めました♪ほんまもんの味ですよ(*´罒`*)♡
お餅もやっぱり焼いた方が香ばしく美味しいんです!
ほたかさんも是非是非試してみてください♪

しばらく山へ行けないので
ネタがありませんが
くだらないネタで登場するかも?しれませんw
その時はどうぞ宜しくです。
いつもありがとうございました(*´ー`*)ノ