つながる*noyama

晩秋の赤岳へ -part 1-

e0307372_17491536.jpg

すっかりUPが遅くなってしまって、
これは昨年 2015年10月終わりの山行。


10月31日〜11月1日
八ヶ岳を歩いてきました。

kちゃんのテント泊山行第2弾は
八ヶ岳の赤岳へ。
美濃戸から入り赤岳鉱泉へテン泊して二日目に赤岳へ登ろうという計画である。


本当は稜線でテン泊してその朝夕を見せてあげたかったけれど
前の週の蝶ヶ岳山行の際、陽が落ちる頃からの寒さったら半端なく
初めての稜線上のテン泊にこの時期はチョット厳しいかな…
そして悩んで決めたのがココ、赤岳鉱泉だった。
テン場は森に囲まれてるしトイレも綺麗。
お風呂だって入れるし、赤岳山荘へ車を駐車して2時間半で着けるのも魅力なのである。








10/30 (金)
kちゃんを迎えに行き
いつものように調布ICから中央道へ。
ところがこの日は眠くて仕方ない。
高速入るや否や睡魔に襲われ、石川PAでまず仮眠。
その後も談合坂SA、双葉SAで仮眠。
それでも車を走らせるとすぐ睡魔に襲われ
八ヶ岳PAでは1時間以上のがっつり睡眠。
空も白々と明るくなる頃、ようやく頭がスッキリと。
東の空を見上げてみれば雲は少なく、今日は晴れるに違い無い。

睡魔にさよならを告げ、美濃戸へと車を走らせる。






e0307372_18372593.jpg



満車で駐車できなかったら上高地へ向かおうと心配だった赤岳山荘の駐車場も
紅葉も終わり、雪山にはまだ少し早い中途半端な時期だからか
山荘の駐車場は心配をよそにガラガラ
こんなことなら朝出発でもよかったな〜。


am07:30 赤岳山荘

赤岳鉱泉へ向かって 出発






e0307372_15525980.jpg






e0307372_15515950.jpg






砂利混じりの林道を緩やかに登ったり下ったり







e0307372_21171044.jpg
林道脇に生えているカラマツの松葉はすっかり落ち
八ヶ岳の麓も秋から冬への衣替えを終えようとしている。




e0307372_21174711.jpg





e0307372_21175880.jpg




オーガンジーのレースのカーテンを透かした光のような
この季節独特の柔らかな光が辺りを包む


e0307372_21182495.jpg

沢沿いで気温は低い筈なのに
優しい光に包まれているとそれほど寒さを感じないから不思議だ。






e0307372_21274000.jpg





e0307372_21310909.jpg





e0307372_21322147.jpg
幾つかの橋を渡り
山を見上げると、目の前の山は霧氷で真っ白。

一瞬、雪が積もってるかとワクワクしたり






e0307372_21323565.jpg



「凍ってないといいね」



山の状況、天候の変化が気になるけれど
今まで幾つかの山も一緒に歩いて、
kちゃんが赤岳は未踏とは言え、登るだけのスキルがあるのはわかっていたから
それほど心配はない。
尤も、雪が降るようなことがあったらアッサリ諦めて
硫黄岳を登ろうと最初から決めていた。



e0307372_21385668.jpg

ゆっくりゆっくり
沢沿いの道を楽しみながら歩いて。


am10:05 赤岳鉱泉 

ここまでのトレイルを楽しみながら2時間半かけて赤岳鉱泉到着。
幕営地のどこへ我が家を建てようか相談してから
小屋にテント泊の受付けへ



e0307372_17523888.jpg


我が家が建ったらお腹もペコペコ
さ〜てお昼にしようね


e0307372_21393025.jpg



私は味噌ラーメン、kちゃんはカレーライス。
赤岳鉱泉のカレーは有名で、カレーだけで数種類ある。
勿論、らーめんも美味しいよ。



e0307372_21401693.jpg




フゥフゥ
ズルズル…





ラーメン食べてお腹が膨れ
ちょっと休憩♪



e0307372_00411000.jpg






e0307372_00412546.jpg


陽射しをたっぷり浴びて温まってるテントの中へ入ってゴロン。
程よく暖まった羽毛の寝袋もフカフカで
その温もりに頬ずりしていると
あっという間に夢の世界へ。


どれくらい時間が経ったのだろうか
陽がだいぶ西へ傾き始めている
寝惚け眼で時計を見ると午後3時半過ぎ。
暖かかったテントの中も冷えだし
ブルッと身震いして起きる。






「陽が落ちる前に夕飯の準備しよっか」




食べてばっかりだね。笑

e0307372_17350946.jpg




e0307372_17352875.jpg


テント場からデッキのテーブルへと場所を移して。




e0307372_17361548.jpg




e0307372_17362656.jpg




今日の夜ご飯は
チキンときのこのクリーム煮とパン
寒いからパンも網で温めて♪






e0307372_17381011.jpg


クリーム煮がグツグツ

食欲をそそる音を立てる。
パンもほんわか湯気が立ち始めたよ。
イタダキマース❤︎


ハフハフもぐもぐ


クリームのこっくりした味わいで
お腹も心もホッカホカ




ご飯を食べながら周りの人たちの様子を伺うと
寒くなったってみなさん上機嫌
心通い合う仲間と山に居られる喜びだからかな。




e0307372_17404598.jpg


水色の空に赤味が差してくる






e0307372_17435063.jpg

西陽を浴びてオレンジ色になっていく雲と
影絵のようなシルエットを映す山と木々をうっとり眺めながら





e0307372_17455158.jpg










e0307372_17463352.jpg

夜の帳が降りようとしてる頃。
遠くの西の空は
線香花火の火が燃え尽きる時のように紅く光り
頭の上は群青色に包まれていく



e0307372_17474555.jpg

すっかり気温も下がって寒くなってきたけれど
星空撮影に励む二人。
技術も知識もないのに。(笑)
結果は…勿論…えぇ。


さて、諦めてそろそろ寝ようね
明日はお天気良さそうだよ。


オヤスミナサイ…zzz



つづく…。





by mt_kawamin | 2016-01-05 19:05 | 山登り | Comments(6)
Commented by ほたか at 2016-01-05 22:30 x
かわみんさん、こんばんは。ブログのコメ、ご無沙汰でした。
12月に入ってから忙しく、年末年始も家を空けていたので、久しぶりにPCでブログ読ませて貰いました(スマホでは読ませて貰ってました)。
順番が前後して、晩秋の登山の続きに戻るのか、少し心配していましたが…、漏れなく読めて、一ファンとしてはうれしいです♪
また、前置き長くなりました…(汗)
トップの写真で、頭の中で季節がちゃんとフィードバックできました(笑)。素敵な写真ですね~
雲も、秋の空らしくていい感じ♪
この季節には、赤岳鉱泉で一泊で、赤岳ピストンものんびりでいいねすね。
”オーガンジー” ファッションにうといので、グーグってしまいました。なるほど、的を射た表現と写真だなーって思いました。
紅葉も終わり、晩秋の静かな山ですが、光や美味しそうな料理に、温もりが伝わってきました~

翌朝の山行のアップも楽しみにしていますo(^-^)o
Commented by tahara_t2 at 2016-01-05 22:43 x
こんばんは。

やはり画のかわみんさん.!
イイネ!!

どれをとっても思い出に残るような写真、一枚目から惹きつけられる。(^^)
紅葉も終わり、色のない世界を上手に切り取って表現している。
何でもないラーメンや網の上のパン、斜めになったテントの入り口!!
ますますファンになってしまう。(;^_^A           

Commented by ゆず at 2016-01-05 23:46 x
かわみんさん、こんにちは♪

今日もトントンと読んじゃいましたよ(o^^o)
いつものようにテンポよく...♪*゚

差し込まれた写真もとても素敵なストーリー

わかってきましたよ~♪
この読みすすんでしまう心地よさは、まるで
小さい頃に夢中になった絵本のようです♡

だからなんですよ、私にとっては大好きなお話✧*。
夢中になるはずですよね(=^^=)

今日も素敵なリポートありがとうございます♪
Commented by mt_kawamin at 2016-01-09 08:47
*ほたかさん こんにちは♪
ホント、こちらではご無沙汰ですよね何気に心配してました♪
とは言え、IGもTwitterでもたまに見かけましたし
元気だろうと思ってましたよ♪

10月末の山行なので本当はもっと早くUPする予定だったんですが
日帰りの山行なら一日で書けるかな〜早くUP出来ると
皆さんのお役に立つかもな〜との思いで順番が前後しちゃいました。
ところで、秋も終わり冬の始まりの山行は
色彩もなく、雪が有る訳でもなく、寂しい絵図らなのですが
思いの外、素敵な写真なんて言われると飛びあがんばかりの嬉しさです(笑)
同行のKさんがテン泊用ザックを初おろしだったのと
テン泊がこれで二度目だし、季節も冬への移行時だったので
無理せず歩ける行程のユッタリプランでした。


パン、ほかほかの感じが伝えわりました?(*´罒`*)
続きもよろしくです♪
コメント嬉しかったです。ありがとう♪
Commented by mt_kawamin at 2016-01-09 09:03
*taharaさん こんにちは♪

コメント折角頂いたのに、諸事情に依ってしばしBlogを閉鎖していたので
お返事も遅くなってしまいました。すみません??

「画のかわみんさん」ありがとうございますw

この時期、色彩がなくどうしても寂しげな絵になってしまい
見てる方は面白くないと思うんですが
この季節ならではの空気感などが伝わればいいなと載せています。
1枚目の写真は秋から冬への移りゆく季節感出したくてこの写真に♪

ますますファンに、嬉しいですね♪ありがとうございます(^o^)
次もそこそこお楽しみに〜(笑)
Commented by mt_kawamin at 2016-01-09 09:12
*ゆずさん こんにちは♪

「トントントントン日野の2トン」
ってフレーズを思い出すのは私だけでしょうか(笑)

読み進んでいく心地よさ とか 子供の頃夢中で読んだ絵本
とか、も〜〜持ち上げるのうまーい!
ヨッ♪この褒め上手ぅーーっ(笑)

冗談さておきw
例えそれがお世辞であったとしても心から嬉しいですよ❤︎
よーし、次も楽しいお話になるようにちゃんと書こう〜と思っちゃう。

Blogは私にとってヤマレコじゃないので、
CTなど詳しいことは書かないけれど
『ここを歩きたいな』
って思って貰えたらそれで十分なんです。
その季節感やその場の空気感がお届け出来ればな〜って。
そうは言っても晩秋から冬のこの時期って
色彩乏しいし絵的にはあまり美しくないのよね(笑)
同行のKちゃんの服が鮮やかな色なので彼女がいい差し色になってます♪

続きもUPしとりますのでおヒマなら来てね♪
いつもありがとう(*´ー`*)ノ