つながる*noyama

冬枯れの鍋割山稜

e0307372_00485043.jpg
久しぶりに鍋焼きうどん山へ。

2015.12.20 sun


鍋焼きうどんを食べに行こう♪
と鍋割山稜を歩くことに。






小田急線 渋沢駅発大倉行き

am6:48の始発のバスに乗り大倉へ。
途中、バスの車窓からチラッと見えた富士山は
ほんのり色づいたモルゲンロートに。

大倉へ着き、バスを降りると
東の空が朝陽で紅く染まっている


e0307372_00512418.jpg



ここで日の出が見れるなんて
冬至も近い、陽が短いこの時期ならではのお楽しみだ。



e0307372_00573457.jpg
どんぐりハウスの前で支度して
朝ごはんのおむすびをお腹に入れ



e0307372_00574596.jpg



さて、では参りますか。


本日のルート
大倉〜二俣〜後沢乗越〜鍋割山〜金冷し〜大倉尾根〜大倉
のグルリップの予定である。
途中、鍋割山荘では鍋焼きうどんを
そして花山荘ではお汁粉を食べようという、美味しい計画である。



大倉を出発して住宅地と畑の間を歩き




e0307372_01014749.jpg








西山林道へ

…にしても…にしてもだ。
西山林道の長いこと長いこと。
そうだった、二俣までの距離が長いんだった。



e0307372_16425532.jpg

(。゚ω゚) ハッ
又しても伐採中注意の看板!!!

e0307372_16430662.jpg


県民の森駐車場からの林道と合流して
やっとスタート地点にたったような気分で。




e0307372_16503391.jpg





e0307372_16504692.jpg






二俣から何度か渡渉し


e0307372_16512304.jpg



e0307372_16520442.jpg





e0307372_12132015.jpg


広い林道を緩く登り
歩荷ポイントで軽そうなペットボトルを1本だけ選んで
ザックへいれて渡渉すると急登の始まり始まり。





e0307372_12133976.jpg







e0307372_12175632.jpg






e0307372_12180666.jpg






e0307372_12181877.jpg
ふうふう言いながら木々の向こうに青空が広がると後沢乗越





e0307372_16440170.jpg





e0307372_16434622.jpg

富士山チラッと見えるかと思ったら
ん?あれ?ここから見えなかったっけ?




e0307372_16441642.jpg




休憩無しで
「富士山見えるところまで歩こう」



e0307372_16451433.jpg





e0307372_16452723.jpg


おっ!
チラリズムにそそられちゃう
頭だけひょっこり富士山





e0307372_16454008.jpg






e0307372_16470118.jpg





e0307372_17143046.jpg


陽が射してきて霜柱が溶けて
登山道はところどころグチャグチャで

「靴がおもーい」

まいったな〜
な言葉もなんだかニヤニヤ
階段をよいしょっと登っていくと

いきなり富士山ドーーン♪


e0307372_16473253.jpg





e0307372_16475081.jpg


やっぱり富士山が見えると嬉しいね
なんでだろね?


e0307372_16482083.jpg


富士山と槍ヶ岳はいつも探しちゃう



二度ほど山頂かと、何度登ってても騙されてしまうニセピークに
木道をポコポコ歩いていけば見覚えのある山小屋



e0307372_16515147.jpg



am 10:36 鍋割山荘 到着


早速おうどんを注文しに。
小屋の中には鍋焼きうどん待ってる人でわんさか。
20分程待ってやっと私たちもご相伴に預かるって訳。




e0307372_16524978.jpg



フゥフゥフゥ
頂きます♪



e0307372_16530224.jpg




e0307372_16531772.jpg

ポカポカ陽気のこの日
山頂には老若男女大勢の人たち

ソロの人、高校生くらいのグループ
会社の同僚同士?のグループ、ファミリーなどなど
芝生に腰を下ろしてのんびりな時間。

そんな陽気だったけれど
うどんを食べ終わる頃には富士山も雲に隠れてしまって
寒くなりそうだからそろそろ。





e0307372_16543214.jpg






e0307372_16545303.jpg



大好きな鍋割山稜を金冷しまで。




e0307372_16553581.jpg






e0307372_16554720.jpg






e0307372_16582289.jpg






e0307372_16583784.jpg






金冷しからは右へ折れて大倉尾根へ。

馬の背辺りは日陰のせいで
木の階段にも雪が沢山残っててびっくり。
気をつけて登りましょ





e0307372_16591744.jpg



pm 12:40 花立山荘



e0307372_17021138.jpg


北海道十勝産小豆しようのお汁粉

¥400なり♪




e0307372_17012509.jpg





さっきまで雪が降りそうなグレーな雲が空を覆っていてけれど
東側だけなんだかうっすら水色の空。
三ノ塔の避難小屋も烏尾山荘もよく見えるよ。
久しく歩いてないな〜表尾根






e0307372_17033961.jpg







e0307372_17031475.jpg




なんて懐かしく表尾根のトレイルを思い出しながら
大倉尾根を下って行くよ。


e0307372_17041405.jpg






e0307372_17044379.jpg



冬枯れの
ふかふかな落ち葉の絨毯をザクザクいわせながら
どんどん下って行く







e0307372_17054618.jpg







e0307372_17054618.jpg



大倉の登山口まで降りてくると
秋の名残がまだ其処彼処に残っていて
紅葉の紅い色にうっとりしていたら



e0307372_17060521.jpg




e0307372_17062270.jpg



もう少し下っていくと

もう蠟梅?




晩秋と冬と初春の彩りに触れて
なんだか不思議な一日に。


e0307372_17063416.jpg


これから里も寒くなって
いよいよ冬到来だけれど
今年はあったかいんだからね…
雪、もうちょっと降ってくれないかな
なんて思いつつ
無人販売所で人参を一袋(100円)を買い
今日の美味しい山の一日は終了。



渋沢駅へ戻ったら
糖分補給


e0307372_17442303.jpg

お疲れ様でした♪



おしまい

by mt_kawamin | 2016-01-01 19:30 | 山登り | Comments(10)
Commented by pallet-sorairo at 2016-01-01 20:53
あけましておめでとうございます。
かわみんさんも昨年の山納めは鍋割山だったのね。
なんだか嬉しい(^^ゞ
コメントパスしてばっかりだけど
いつも拝見しています。
今年もどうぞよろしく♪
Commented by ゆず at 2016-01-01 22:15 x
こんにちは♪
ついこの間歩いた鍋割山稜なのに懐かしく思います。
大倉からの林道歩きはほんと長いですよね~

後沢乗越からの急登、偽ピークの繰り返し、下りの階段
いつもウワー!!なのに鍋焼きうどんに釣られちゃう…

それにしても同じところに行ったのにこんなに素敵な
景色を切り取るかわみんさんは魔法使いですね✧*。

今年もよろしくお願いします♪




Commented by しまこ at 2016-01-02 09:21 x
ぬぬぬ・・・佐藤林業・・
高尾から丹沢まで手広いのね(笑)
しかもこっちの方がバランスいいし^^

アルプスや八ヶ岳もいいけれど
近くにある高尾や丹沢の何気ない道もやっぱりいいよね。
かわみんちゃんの写真たちを見ながらそんなことを思ってました。
 
今年も楽しい記事と素敵な写真を期待してるね♪
Commented by mt_kawamin at 2016-01-02 17:20
*palletさん こんにちは♪
新年明けましてUPした記事に来ていただいて嬉しいです(^o^)
因みに山納めは鍋割ではなく、
実はこの後に三ツ峠山へ行ってきました。
palletさんの記事で行きたいな〜と思ってた三ツ峠です♪
この記事の前の新年のご挨拶の記事の富士山は
三ツ峠から撮ったものですよ♪
さすがに近いだけあって、富士山の迫力が凄かったです
コメントパスでも、見ていただいてるだけでも嬉しいです
こちらこそ今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

追伸:梅太郎のBookカバーは使いまくってよれよれですw
Commented by mt_kawamin at 2016-01-02 17:27
*ゆずさん こちらにも来ていただいてありがとう♪

ついこないだ歩いたばかりでも
1日でも過ぎて振り返ると、それは遠い過去の話のように感じちゃいますね
あるあるある(笑)

山友とではない山だと、丹沢は車で行くので
鍋割の場合は東丹沢県民の森の駐車場へ停めると
二俣までもアッと言う間なんだけれど
西山林道、長いよね〜〜w
で、偽ピーク!
後沢乗越しから歩いてる時も
偽ピークに騙されるって笑いながら歩いていたにも関わらず
毎度騙されてしまうwふふふ
みんな一緒でよかった〜

こんなに素敵な景色をって
彩りもなくて地味〜〜な写真ばっかりなのに、
そんな風に言って貰えると恐縮しちゃう(≧∇≦)

魔法使いになるにはまだまだ修行が必要なので
今年も精進するね

こちらこそ今年もどうぞよろしくです❤︎
Commented by mt_kawamin at 2016-01-02 17:42
*しまちゃん 

ね?すごいでしょ?佐藤林業、手広くやってますw
で、そうなのよ、手ヘンもこっちの方がいいし、字のバランスもw
違う人が書いたのかね?w
看板見つけた時、かよちゃんに説明しちゃったわ

この時期、丹沢も奥多摩も高尾の辺りも
絵になる風景ってそうそう見つけられないけれど
それでも季節感は充分味わえて
低山ならではの雰囲気は結構いいなって思ってるよ。

今年は雪が本当に遅くて
三つ峠行った時も、前日ギリギリまで北アにするかどうか
悩んだんだけど。
出来るなら高い山の雪道を歩きたいのが本音ですw

山自粛しなければならないのに
11月の立山も中止で、12月中に考えてた雪山もダメだったもんで
正月明けに歩きたいな〜なんて・・・コソコソ

相も変わらない私だとは思いますが
呆れないでお付き合い頂けたら嬉しいなって思ってます。
今年も珍道中ご一緒に❤︎を合言葉によろしくお願いします♪

しまちゃんの美しい文章の記事も楽しみしてるね(*´ー`*)ノ


Commented by cyu2 at 2016-01-02 17:46 x
新しい年になりましたね〜今年も宜しくです!

鍋割山と言えば絶対に忘れられません、
貧血状態だったあの日のこと(笑)懐かしい!
今日久々金冷シ通って驚いたのですが、あのハシゴできたとこ、
以前の階段の下完全崩落してるんですね!
新しいハシゴのとこも時間の問題じゃないの?と思って、
はて、そこも崩れたらどこに道作るんだろ?と真面目に考えてしまいました。

新年早々くだらなくてすいません(ーー;)
かわみんさんのハッとする素敵な写真、今年も楽しみにしています。

Commented by tahara_t2 at 2016-01-02 23:13 x
おめでとうございます。

記事が見えるようになって良かった。(^_-)-☆

しまちゃんとセットで見ています。
文章のしまちゃんに画のかわみんさん、それぞれ捉え方が面白い。

今年もお邪魔します。 
       よろしく。
Commented by mt_kawamin at 2016-01-03 22:55
*cyu2さん こんばんは♪

ふふふ、懐かしいですね〜
そっか、あの時、貧血だったんでしたっけ。
うどんがそろそろ出来そうなのに来ないから
トイレ長いのかなぁ?とか思ったんでしたよ笑

ところで、金冷やしからの馬ノ背。
そうなんです、すっごい崩落してるでしょ?
あれと同じようなの、あっちでもこっちでもあるんです。
鍋割山から雨山峠方面へのルートなんて
その道自体がいつなくなってもおかしくない程。
崩落したら…道造れないよね?金冷やしから花立方面・・・ない。。。。
登山自粛なんて話になるのかしら。

ぜーんぜんくだらなくないですって。
だって、歩くたびに同じこと思ってますもん(((;´•ω•`;)))

ハッとするような写真…
またハードルあげてますね?ww
cyu2さんの写真も楽しみにしてますよ〜
今年もどうぞよろしくお願いしまーす❤︎

Commented by mt_kawamin at 2016-01-03 22:58
*taharaさん こんばんは♪

年明け早々に来てくださって嬉しいです♪
ありがとうございます。

ところで、文章のしまちゃんに画のわたし。
な〜るほど、確かに、わたし文章めちゃくちゃだもんなww
あ〜〜いえいえ、いじけてるのではありません
文才ないのはわかっておりますですw
ボキャブラリーが乏しいんですよね、私。ちょっと勉強しなければ!

そんな訳で、しっちゃかめっちゃかな文章で綴っておりますが
それとな〜く雰囲気を感じていただければ幸いです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします(*´ー`*)ノ