つながる*noyama

紅葉の尾瀬を歩く - epilogue -


e0307372_22151905.jpg
Top photoは翌朝の下田代


ここまでの話 part5は→こちらから♪


壮大な夕暮れのショーを見た後
燧小屋へお風呂へ入りに行く、お一人様500円也
テン泊の人の入れる時間は17:30~19:00
短い時間なので要注意♪











お風呂のお湯に浸かれるってほんとうにありがたい。
水が豊富な尾瀬ならでは。
ポカポカになったところで寝酒をぐびぐびっとあおったら
体が冷える前に寝袋へ入って今日の日にさようなら。





e0307372_22054713.jpg


10月13日(火)
AM 5:30 起床


今日は鳩待峠までの行程だからのんびりゆっくり。
そうは言っても曇りのち雨の予報だから
雨に降られない内にテントを撤営をしなければ。



朝焼けに緋く染まる雲が雨になることを知らせる。

手早く朝食を済ませ、
我が家を畳んで家財道具一式ザックに閉まうと
空からポツポツと


さぁ
キュッとベルトを締めて、峠へ向けていざ。




e0307372_22215816.jpg


下田代十字路へ来れば
朝陽はすっかり山の上。
ポツポツ降り出した雨も上がった。
尤も、一日中、降ったり止んだりなんだろう。



草紅葉の上を流れる朝靄も
今日はなんだか駆け足みたい。



e0307372_22005502.jpg






e0307372_22012337.jpg



霧雨が降ったり止んだり
太陽が顔を覗かせたり隠れたり
でもそのおかげで拠水林の上には七色のアーチ
草紅葉には雫がキラキラ煌る。


e0307372_22043169.jpg





e0307372_22045409.jpg







e0307372_22070519.jpg





e0307372_22143399.jpg


竜宮十字路を右へ折れ
ヨッピ橋方面へと進む。





e0307372_15582331.jpg



前方からくる方に
東電小屋とヨッピ橋の間で
クマらしき動物を見たので気をつけて
と言われる。


e0307372_15302929.jpg









e0307372_15310022.jpg


今年、森の木の実が豊作だと
1日目 鳩待から山ノ鼻へ向かう途中会った
尾瀬の調査してる方が言っていた。
クマは湿原まで美味しい水を飲みにきたのかな。


e0307372_15314864.jpg



ヨッピ橋からは牛首分岐方面へと左へ。
私の好きな池塘と浮島のえる風景が見られる場所だ。




e0307372_15321477.jpg








e0307372_15324552.jpg




青空と池塘と浮島の風景が撮りたかったけれど
中々思惑通りにはいかないものだ。





e0307372_15351630.jpg
太陽が顔を覗かせたり隠れたり
その度に七色のアーチが湿原の上に掛かる
これで晴れてくれればなぁ
と思うも、あっという間に太陽は厚い雲の中に隠れてしまい
ポツポツとまた雨を降らす。



e0307372_15375332.jpg








e0307372_15381689.jpg






まったく
ツンデレもいいとこだな



e0307372_15390333.jpg






e0307372_15394411.jpg


そんなことを思いながら歩いてると
本日4度目の虹





e0307372_15403514.jpg





いつだって晴れがいい
秋の色づいた森は特別青空が似合うもの


でも
尾瀬には雨もこれまたよく似合う。
背景がどんな色でもステキに魅せてしまう。



雨降りから雨上がりな尾瀬ヶ原の1日目
真っ青な空と紅葉が眩しかった尾瀬ヶ原から尾瀬沼を歩く二日目
そして…晴れたり曇ったり、雨が降り七色のアーチが湿原にかかった三日目


日々、それぞれ美しい風景を目の前にして
ステキな溜息をついてしまう。
どんな天気でも楽しめてしまう。

e0307372_15444863.jpg



今年は春と晩秋の2回しか訪れることが出来なかったけれど
美しい彩りのこの季節に歩けて幸せだったな。としみじみ。


e0307372_15450939.jpg


これから長い冬を迎え
雪の中に閉ざされる尾瀬。

また雪解けの季節に
ここに来よう。






e0307372_19181281.jpg



終わり…。

by mt_kawamin | 2015-11-24 16:03 | 山登り | Comments(8)
Commented by hiro_1957 at 2015-11-24 18:04 x
今晩は☆

epilogueと分かると写真全てが何か切なくて…
にっぽん百名山のような山番組のエンディングみたいで
込み上げて来るものがある、そんな感じの今回。

あの素晴らしい錦秋の景色や掛かっては消えた虹にも後ろ髪引かれながら帰路に向かう雰囲気がありありと感じました??

かわみん、ステキな山の記録ありがとう♡
やはり一度、気が狂いそうなくらいの絶景紅葉と
残雪の尾瀬をこの眼で見てみようと思ったよ!
次回も楽しみにしてるからさ〜(^O^)/
Commented by さく at 2015-11-24 22:19 x
かわみんこんばんは☆

北穂あきらめての尾瀬だったんだね
でもでもなんて素敵なの
山はさ 晴れがいいけど ここはほんと この天気が最高だったんじゃないのかな
好きだよ 大好き
行ったことないから 地名がピンとこないけど
いつか行く時はまたこのblog読み返すと思う。。。

かわみんの思いがすっごい伝わるよ

こうやってまとめられたらなぁって思うけど なかなかできないから
わかりやすい


秋がいっぱい詰まった 素敵な時間 おすそ分けほんとにありがとう

来年ほんと行ってみたいよ
(ο^-^ο)

Commented by ゆず at 2015-11-24 23:28 x
かわみんさん、こんにちは♪

すべての写真がフレームに収まった絵画のようであり
かわみんさんが綴る言葉と共にエンディングロールを
眺めているようです。

秋が終わってしまったんだなぁ…って思いました。
でも、季節はそういうものだから、また会えるよね!

ドラマチックな物語をありがとうございます♪
Commented by ほたか at 2015-11-25 00:03 x
かわみんさん、こんばんは。
超(長)大作の秋の尾瀬のブログ、楽しく読ませて貰いました。
有難うございました。

最終日、目まぐるしく天候が変わったんですね~
半日?で4度も虹見れるなんて、すごいですね。尾瀬だからでしょうか…

実際は見たことないですが…、いい感じで霧もでていたようですし、もう少し条件がよければ、白い虹も見れたかもなんですか?

羊草と雨粒による波紋の競演が、すごくいい瞬間が切り取られてる感じで、とっても素敵に思いました。

次の秋の山行は、何でしたっけ?(^-^)

楽しみにしていまーす♪
Commented by mt_kawamin at 2015-11-25 21:26
*hiroさん こんばんは♪

UPして早々のご来店ありがとうございます♪w
…にしても、

>写真全てが何か切なくて…
にっぽん百名山のような山番組のエンディングみたいで
って、とっても嬉しい〜〜〜っ♪ありがと〜(*´ー`*)ノ

尾瀬の記事を書くときは
他の山とちょっと思い入れが違うのか、
写真の選び方も綺麗に撮れてるってだけじゃなくて、
後ろ髪引かれる気持ちが表れてる…とか
心に沁みるsceneに合う…とか
目を細めて眺めてる感じが出てる…とか。
そのときの感情に合わせて選んでるからかな?
勿論、他の山でも色々考えてはいるんだけど…。

どの山でも同じだけれど
同じ日にちに翌年行っても同じ景色を見ることってなくて
その時々の美しさだとか儚さだとか…お天気にも左右されるし
その日その時の新しいstoryが生まれるのが楽しみだよね。
ヒロさんの心に尾瀬のstoryが綴られますように♪
Commented by mt_kawamin at 2015-11-25 21:37
*サクちゃん こんばんは♪

そして初コメ、嬉しいっ❤︎ありがとうね(*´ー`*)ノ
Instagramのフォロワーさんで(Twitterもそう)
Blogにコメント残してくれる人って本当に希少で
だから、本当に嬉しいんだよ♪

ところでサクちゃんは尾瀬は未踏だったんだね
尾瀬はどの季節もとても素敵で
春には春の、夏には夏ならではの。それぞれの美しさがあって
そして、お天気は晴れるのが一番いいんだけれど
雨が降っても曇ってても絵になるのが尾瀬なの。
歩いてるぶんには、雨はちょっと嫌だけど(笑)

それから、私の想いがサクちゃんにも伝わったってことがとっても嬉しい♪
特別文才がある訳でもなく
拙い写真にのせて拙い言葉を紡いでいくんだけれど
人に心を伝えるって難しいなっていっつも思う。
だから、なかなかPCに向かえなかったりするよ。

それぞれの季節の山のステキをこれからも届けられたらいいな
また遊びにきてね♪今日はありがと〜❤︎

Commented by mt_kawamin at 2015-11-25 21:43
*ゆずさん こんばんは♪

>すべての写真がフレームに収まった絵画のよう

ってなんて嬉しい褒め言葉!照れちゃうなぁ(笑)
私の拙い写真をそんな風に言って貰えて嬉しい❤︎
しかもエンディングロールだなんて。
実はそんな気持ちで書いてたので、そう感じて貰えると
飛び上がるほど嬉しいです( *´꒳`*)੭⁾⁾
写真に乗せて、言葉を紡いでいくって
心の言葉を表すって中々難しくて、しかもボキャ貧なものだから
それでも伝わって貰えたならブロガー冥利に尽きます♪

秋という、鮮やかな季節が終わってしまったけれど
これからは真っ白で眩しい季節がやってくるよん♪
雪山も待ち遠しいね♪
ドラマチックな山での出来事、景色が見られますように♪

いつもありがと〜(*´ー`*)ノ


Commented by mt_kawamin at 2015-11-25 21:52
*ほたかさん こんばんは♪

超(長←こっちが◎ですねw)大作で六篇まで引っ張っちゃいました。
実際は引っ張ったというより、
小刻みに書か無いと、途中で書くのが嫌になっちゃうのと
切りたい箇所っていうのが自分の中にあって・・・
まぁ、そんな訳で長くなってしまいました。スミマセん??

私が尾瀬にいた3日間で、二日目の朝には中田代で白い虹がやはり出たそうですよ♪
そして七色の虹は4回も!
霧雨が降ったり止んだりしてる間も
太陽がパ〜〜っと出てきたり隠れたりを繰り返していたので
虹が見やすい環境だったんだと思います。
白い虹は、七色の虹の時の水分より、さらに細かい霧?じゃないと現れ無いそうです。

羊草と水紋、わぁ〜〜ありがとうございます(*´ー`*)ノ
秋の寂しげな感じや帰路についてる寂しさなんかを出したくて
この一枚を選びました。
雨の時も中々すてきな写真が撮れたので良かったです♪

えーっと、次の山行?
蝶ヶ岳ですよ。(笑)
もう1ヶ月以上も前だーー遅れすぎですね??スミマセン
頑張って書くので見捨て無いでうださいね(笑)