つながる*noyama

山で遊ぼう 山小屋に泊まろう  -PART 1-

e0307372_18133933.jpg
2015年8月1ー2日  霧ヶ峰〜北八ヶ岳(縞枯山)


わたしたちはある目的があってこの地へきた。
西は名古屋から。東は神奈川から
集結したのは総勢・・・3名。。。💧


その目的とは
① 牧歌的な風景を堪能する。

② コロボックルヒュッテでボルシチを食べる

③ 縞枯山で山caféをする

④ 兎にも角にものんびりする










8月1日(土) 早朝

Kaちゃんを遅刻してピックアップ
中央道 調布ICからIN

インター入るや否やの大渋滞。
早朝だっていうのにさすが、夏休だね
なんて呑気な話をしながら本線へ入ってみると
バイク、トラック、乗用車の合計5台の大事故だった。


気をつけなくちゃね…。


逸る気持ちを抑えつつ、法令遵守で飛ばし一路Kuちゃんの待つ茅野駅へ。
約束の時間には10分遅れで到着。
やっとKuちゃんと合流だ。(というか、私は遅刻の常習犯みたいだ)


さあ、霧ヶ峰へ❤︎



ナビは白樺湖経由を示すけれど
二人に見せたい景色は国道20号から県40号を経て行くルートなので
ここは敢えて遠回りでもそちらから。




見て欲しい風景とは
霧ヶ峰スキー場から車山方面へ進み
八島ヶ原湿原への分岐から車山方面へ進んで行く風景。

緩やかにどこまでも続く草原
緩やかな起伏の大地
そこで風を感じたら
たちまちここの虜になってしまう程の美しい牧歌的な風景なのである。




この地に相応しい爽やかな曲に乗せてドライブすれば
車内はたちまち♡の嵐である。



興奮冷めやらぬまま車山肩の駐車場に到着。
中身をほぼ空にしたザックを背負い、さぁ行こう





e0307372_18354744.jpg







e0307372_18531179.jpg

先ず目に入ってくるのは車山の気象台レーダーだが、
それよりもKuちゃんとKaちゃんが気になるのはここ、コロボックルヒュッテ。
二人ともここに来るのが楽しみだったのだ。

KaちゃんもKuちゃんもこの地にぴったりな佇まいのコロボックルヒュッテを
どうやら気に入ってくれたようだ。
ここは後でランチにくるので撮影はそこそこにして
ぐるりと回り車山湿原へ行こう。






コロボックルヒュッテの先まで歩けばこの景色
ここから眺める蝶々深山と湿原の風景が私は大好き。


二人も口々に歓声をあげる。


e0307372_18541242.jpg








e0307372_18543693.jpg


私のものではないのは当たり前だが
大好きなこの地を案内して喜んで貰えると
まるで自分の手柄のように嬉しくなってしまうのだ。






e0307372_18594598.jpg




e0307372_19001788.jpg


8月になったばかりのこの日だけれど
秋の足音がそこまで聞こえ始めていた車山湿原。


湿原の中で一番の勢力はヨツバヒヨドリ
緑の中で薄桃色の花が優しく揺れている。




e0307372_19002957.jpg


高山ではお馴染みのハクサンフウロ
エゾカワラナデシコ
ハナニガナに似ているコウゾリナ
そして秋の花 吾亦紅。





e0307372_19011855.jpg



私たちがこの山を選んだのは遊ぶため。
カメラを首から提げ
思い思いの風景を好きなように切り撮る。




e0307372_13370313.jpg





e0307372_13374460.jpg






好きなところで立ち止まり、思う存分風景を楽しむ。

写真撮りすぎてみんなから遅れたって
ボーッとして立ち止まって遅れたって
振り返ればちゃんと視界に入ってくる。
そんな山だからここを選んだのだ。




e0307372_13481678.jpg





深田久弥の日本百名山には霧ヶ峰をこんな風に綴っている。


『 妙な言い方だが、山には登る山と遊ぶ山がある。
  前者は息を切らし汗を流し、
  ようやくその頂上に辿り着いて快哉を叫ぶという風であり、
  後者は、歌でもうたいながら気ままに歩く。
  もちろん山だから登りはあるが、ただ一つの目標に固執しない。
  気持ちのいい場所があれば寝転んで雲を眺め、わざと脇道へ入って迷ったりもする。
  当然それは豊かな地の起伏と広濶な展望を持った高原状の山であらねばならない。
  霧ヶ峰はその代表的なものの一つである。』



e0307372_13483109.jpg




e0307372_13484513.jpg




正にわたしたちはその通り
歌を口ずさみながらのんびり歩き






e0307372_13503935.jpg





e0307372_13505097.jpg



何も捉われず自由気ままに
この時間を楽しんでいるのである。




e0307372_13563120.jpg





e0307372_13565103.jpg





11時52分 蝶々深山





e0307372_13574787.jpg








e0307372_13580021.jpg









e0307372_14123728.jpg






遠くに北アルプスが臨める。槍ヶ岳の穂先もちゃんと視界に入る。
すくそこの八島ヶ原湿原と鷲ヶ峰もすっきり見渡せる。

そんな風景を眺めがら
すぅ・・・・っと深く息を吸い込み
爽やかな空気を身体中に沁み渡すと
身体に溜まっていた色んな物がすっかりなくなっていた。

e0307372_14395670.jpg





e0307372_14411159.jpg





e0307372_14445776.jpg




お腹すいたーーっ


と言う私の言葉を合図に
今歩いて来た道をまた戻って行く。


誰が急ぐ風でもなく
来た時と同じようにノンビリと戻って行く。




e0307372_14413445.jpg










e0307372_14464516.jpg


12時32分 コロボックルヒュッテ






外のテラスでランチ。
と思っていたが、パラソルの下の席はあいにく先客がいて満席。
この陽射しだし・・・と、テラスの席は諦めて店内へ。




e0307372_14494979.jpg




e0307372_14500543.jpg



よく手入れをされたアイアン製のストーヴやランプ、
使い込まれ艶々な木製のテーブルと椅子。





e0307372_14510949.jpg





e0307372_14525303.jpg
どれもこれもが素敵で絵になるヒュッテは
行ったこともないが、まるでスイスの山小屋にいる気分で
そよ風に吹かれながらのLunch timeは至福の時。




e0307372_14530764.jpg


ボルシチを口に入れ
焼きたてパンを頬張る。

カランコロンと氷を揺すりながら飲むミルクアイスコーヒー
素敵なLunch timeにみんなご満悦❤︎



食欲が収まると次は物欲だ。
ヒュッテで売っている小物がこれまた可愛らしくて
どれもこれも欲しくなってしまう。
欲しかった手ぬぐいは、欲しい色が在庫切れで残念だったけれど

e0307372_15000503.jpg



ずーーっと欲しかったのにケチって買わなかった
この木彫りの登山靴のキーホルダーを
3人で会えた記念に購入。
3人おソロでザックに括りつけて
ザックを左右に振って鈴の鳴り具合を確かめたりして。笑



e0307372_14573464.jpg







e0307372_15455898.jpg


カメラ女子
あっちもこっちも可愛くて撮るのに忙しい





e0307372_15461569.jpg



さぁ、そろそろ次の目的地へ行こうか。
今日のわたしたちの寝床
縞枯山荘へ。



e0307372_15472755.jpg



車山肩から車山〜白樺湖を経て北八ヶ岳ロープーウェイへの
うっとりするような高原の風景を眺めつつ
爽やかな曲を流せてドライブすれば
今日のあんなことやこんなこと
それぞれが心に抱いている色んなことが溢れてくる。








にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2015-08-15 15:55 | 山登り | Comments(4)
Commented by hiro_1957 at 2015-08-15 18:29 x
お疲れ!かわみん♡

お盆なのに仕事?稼ぐねぇ〜〜笑

やっと登場したね、霧ヶ峰!
でも、よく道を知ってるから感心します。
山に関しても、知識も経験もスキルも皆かわみんには敵わないね????
俺も山をやる前にバイクで何回もビーナスラインを走ったって言ったよね。
長い距離を走りたいから
いつも茅野から美ヶ原高原美術館まで一気に走り、帰りに霧ヶ峰から40号で上諏訪の真澄の酒蔵に降ってたよ。
霧ヶ峰から八代湿原に車山肩へ、
走ってる大型バスがチョロQみたいで
いま思い出しても広々とした緑の草原が感動モノでした。

縞枯山に行くのも、上諏訪から右回りしたのも、
きっと、かわみんが皆んなに見せたかった景色と
コロボックルヒュッテのlunch、そして山小屋泊が
全て繋がっていく様にルート選択したんだろうとなぁと思ったよ??

Part2も楽しみにしてるよ〜!
お盆に出掛けずアップしちゃえば?(爆笑)
Commented by mt_kawamin at 2015-08-15 22:48
*ヒロさん こんばんは♪

アップ早々に見つけてくれてありがとう♪
仰せの通り、お盆は出かけずにBlogが書けそうよ笑

山の知識もスキルも、ヒロさんの方が断然上に決まってるじゃなーい!
私のスキルなんてへなちょこだってば。笑

そうそう。
確かにあの広大な草原の中では
緩やかにカーブしながら延びる道路の上を走っていく車なんて
ほんと、チョロQみたいに見えるよね
それも童話の世界に思える一つなのかもしれない。

高原を走る道路は
ずっとずっと走っていたくなる、そんなところ。
バイクで風を切りながら走ったら、スッと童話の世界へ入り込んでしまいそう。

本当はね、コロボックルヒュッテに泊まろうかと計画したんだけど
満室で予約取れなくて
日帰りにしようって話になったんだけど
折角1泊で計画したんだから、他の候補地探そうって
霧ヶ峰からのアクセス、霧ヶ峰とリンクしてしまいそうな山。小屋。
そしたら北八ヶ岳しかないでしょう
そしたら縞枯山荘しかないでしょう❤︎

と、言うことでPART2もお楽しみに♪
Commented by mikko at 2015-08-17 19:58 x
高原の爽やかな風を感じるような素敵なレポを楽しませて頂きました。
そうそう車山までのあのルートは走っていても気持ちいいですよね~
「このままドライブだけでもいいかな~」なんて思ってしまうほど(笑)
コロボックルヒュッテは毎回テラス席が空いていたら立ち寄ろうと思っているのですが、いつも満席!
でも建物内も素敵なんですね。
今度のんびり出来る時はテラス席に限らずボルシチをゲットしたいと思います。
パート2も楽しみ~♪
Commented by mt_kawamin at 2015-08-18 23:00
*mikkoさ〜ん わーい!こんばんは♪

>車山までのあのルートは走っていても気持ちいいですよね~

ですよね?
八ヶ岳ロープーウェイへ行くのには白樺湖方面からなんですが
実は、あの景色をまた見たくて車山肩の駐車場から
霧ヶ峰インターチェンジ?までわざわざ戻ってから白樺湖方面へ行ったんです笑
どれだけあの景色が好きなんだ?って話ですが笑
一人で霧ヶ峰へ行く時は
一人で感動して一人でウルウルしてます。(爆)

夏の強い陽射しの下ではさすがにパラソルないと厳しいですよね
でも店内もとっても素敵で、逆光で撮る写真もなかなかいい感じなのでオススメです。
けど、高原なので、エアコンはついてません。
霧ヶ峰〜〜♪の風は自然の風なので、やはり外の方が気持ちいいと思ったのは
内緒の話です。(*´ー`*)

そうそうmikkoさんは「山道具」の手ぬぐい持ってます?
一人で来るとお土産買うまで行かなくて
今までお土産買ったことなかったんですが
「山道具」手拭い、可愛いんですよね。あ、色はピンクと水色があるんですが
水色が欲しい・・・この時は売り切れでした。
コロボックルヒュッテはお土産買うのも楽しいです❤︎