つながる*noyama

岳沢から前穂高岳へ -PART 2-

e0307372_19291825.jpg



PART 1は→こちらから♪

岳沢小屋までのトレイルは
西穂高岳とジャンダルムを見上げながら歩む道









e0307372_20292986.jpg



風穴から流れてくる天然クーラーでクールダウンしたのもつかぬ間
樹林帯から出てしまうと照りつける太陽が暑い。





e0307372_20305841.jpg









e0307372_20315509.jpg



岳沢への登山口から小屋までの間に
今、どの辺りにいるかを教えてくれる道標
ここは④番。
この番号を見て

「おぉーー!あと少し」

と感じるか

「まだかっっっ・・・」

と感じるかはアナタ次第。笑








e0307372_20321622.jpg












e0307372_20461436.jpg




e0307372_20463233.jpg







e0307372_20514741.jpg




岳沢小屋への道標が①になったのを確認すると
視線の先に赤い屋根の建物が見えてきた。






e0307372_21011735.jpg
PM 15:30 岳沢小屋 着


小屋に着くと爽やかな風が吹いてくる
かいた汗もスゥ〜っと引いていく。
テント泊の受付 1,000円/一人を支払ってテン場へ。


噂には聞いてたけど
テン場が小屋から遠い。




e0307372_11192668.jpg
到着と思っても
あとまだ100mも歩かなくてならないのだ。
今後、ここでテン泊予定の方。
小屋についても「着いたーー!」
なんて簡単に思ってはいけない。
100m歩く余力は残しておこう。




e0307372_11244159.jpg


テン場が涸れ沢の岩ゴロを渡った向こう側
しかも広々した幕営地ではなく、斜めの岩ゴロの上を
適当な場所を見つけて幕営する。
水場は沢(雪渓?)より引いたホースから溢れ出ている
これまた冷たくてうんまい。



涸れ沢を渡った水場近くには既に先客がいたので
その少し上へ登った雪渓の下の平らな所に我が家を建てた。



e0307372_06040638.jpg



テントを広げている最中、めまいでフラフラ。
よくよく考えてみると、バスに乗って朝ごはんを食べ
上高地へ着いたお昼にはコロッケ1個食べたっきりなのだから
これはもうただのシャリバテだった。


e0307372_11375273.jpg



ミニチキンラーメンをカップに入れ、お湯を注いで
ズルズルっと小腹に入れる。

ふぅ…。




e0307372_11390700.jpg

お腹が落ち着いた所で
周りを眺めてみると、岩峰に囲まれた谷間がここ岳沢で

明日、あんなところ登るのかぁ

なんてボンヤリ。

実はこうやって何もしないで
喋りもせず、ただただボンヤリと景色を眺めるのが好きだったりする。





e0307372_11395366.jpg





さて
17時も回ったことだし
夕餉の支度をしようか。


食材やらカメラやらを持って、小屋まで。




e0307372_11510870.jpg










e0307372_11433048.jpg


お疲れさま かんぱい♪




ぐびぐびっと喉を鳴らしながら生ビールを飲めば
やっと着いたってきがする。
ビールを飲みながらご飯の準備。

今宵はブロッコリーとアスパラのチーズパスタ。



e0307372_11455512.jpg






MSRのスキレット1個でパスタを作るのが楽でいい。
お湯は極力ギリギリにして
パスタと野菜を一緒に茹で、時間になったらコッヘルにあける。
残った水分は火で炙って飛ばしたんだけれど
いい加減な性格なもので、水分が残ってる内にオリーブオイル入れて
ガーリック炒め始めたら油が飛ぶ飛ぶ…。


そんな苦労して作ったのだが Kさんは大して感動もなく。笑
鰻とかすき焼きに比べるとインパクトは低かったようだ。
尤も…
感動する程の料理でないのは一目瞭然である。





e0307372_11525980.jpg







e0307372_11532966.jpg


ご飯を食べ終わる頃
山の向こう側へ陽が落ち
岩肌の山にはその名残がオレンジ色になって染まってた



e0307372_11535260.jpg


狼煙のように上がる雲が面白い。





e0307372_11540788.jpg


乗鞍が茜色に染まってきた。
明日も早い。
そろそろテントへ戻ろうか。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2015-08-09 12:19 | 山登り | Comments(0)