つながる*noyama

雲の上の一本道へ 白馬三山 PART 3

e0307372_10401504.jpg


白馬岳までくれば今日の残りの行程もあと半分。
白馬山荘のスカイプラザで休憩しながら
この先の行程をどうするかミーティング。






AM 9:45 白馬山荘 着

e0307372_19012938.jpg




e0307372_19015190.jpg


白馬山荘は富山県と長野県に跨るいわずもがな日本最大の収容人数を誇る山小屋である。
客室棟は1〜3号棟まであるらしい。
そして有名なスカイプラザ。
ここに来たかったんだよね〜♪



e0307372_19021450.jpg



スカイプラザへ着いてみるとランチは11時からとのこと。
それまでにはまだ1時間ちょっともあるので
10時からはケーキセット(とかビールとか)が頂けるそうなので
10時になるのを待ってケーキセットをオーダー



窓から見える外の景色にうっとりしながらスィーツタイム

e0307372_19023265.jpg



e0307372_19005435.jpg


そしてミーティングだ。
鑓温泉へのルートは、私にとっては勿論未踏のルート
無雪期の登山道の状況もわからないので、判断に困る。
山小屋のスタッフの方にも登山道状況などを伺ってみる。

『鑓温泉小屋は明後日からの営業なので、ルート上のマーキングもまだ無し。残雪も例年より多く
トレースがあるかどうかも不明。積雪期のルートファインディングスキルがある方以外は
通行をお止めしています』

との事だった。
もうこれは即決でここを通る行程は中止に。
今日は天狗山荘まで歩く予定だったが、鑓温泉へのルートを取らないならば
天狗山荘でテン泊も中止。白馬頂上宿舎のテン泊に変更することに。


e0307372_19301813.jpg




e0307372_19312944.jpg



午後の予定がポッカリなくなると
いきなりノンビリモードに。
白馬山荘でゆっくりしたら頂上宿舎へ
白馬山荘下の辺りもお花がいっぱい


e0307372_10354050.jpg




e0307372_10361546.jpg


雪渓を通り・・・白馬頂上宿舎へ。
テントの受付は14時から。先にテントを張ってくださいとのことなので
設営してお昼ご飯を先に済ませよう。



e0307372_10411368.jpg
窓から見える杓子岳に乾杯



e0307372_10420137.jpg





e0307372_10431058.jpg

コーヒー、サービスでいただきました♪
美味しかった❤︎



さてさて・・・午後の予定がなくなると
ただただ飲むだけの午後になりそうなので・・・
テン場近辺を散策





e0307372_10460869.jpg




e0307372_10463977.jpg


テン場の周りの斜面にもお花がいっぱい
ハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウ、イワツメクサ、ウルップソウetc



e0307372_10470497.jpg




e0307372_10473837.jpg


長い午後。
散策も終わり、今日これまで撮った写真を見直してると
やることなくなっちゃう。
それなら早めに夕飯の準備始めて飲んじゃおうかと
お昼を食べてから3時間も経たないうちに夕餉の準備。
結局ビールが飲みたいだけだったり。

e0307372_10505044.jpg

今夜はパスタ。
茄子のペンネポモドーロ

あとツマミの缶詰は「牛タンの塩レモン」という
ちょっとお高いけど、これまた美味しい缶詰シリーズ
ビールが進んで困ります。



さて・・・
お腹もいっぱいになったところで
またお散歩へ
稜線にあがったら富山湾に落ちていく夕陽が見れるかな?


稜線を丸山近くまで行くと、西に見えるのは
立山連峰と劔岳
ここから眺める劔がまた端正で
立山から臨む劔も凛々しいけれど、白馬からの劔もなかなかのイケメンぶり。



e0307372_10540016.jpg





e0307372_10591209.jpg






白馬山荘方面




e0307372_11000903.jpg





夕陽の逆光に照らされた広がる斜面
目に映る花たちはキラキラ光る
風になびいてユラユラと揺れる




e0307372_11013262.jpg





e0307372_11020560.jpg





e0307372_11031869.jpg


楽園だよ、ここは。






e0307372_11080613.jpg












e0307372_11084511.jpg


大好きな山の上で
お花畑に囲まれ
見渡せば 大好きな山々がそこここに聳えていて

 




e0307372_11133055.jpg






e0307372_11210034.jpg


こんな贅沢な時間の使い方
他にあるだろうか



e0307372_11230731.jpg







e0307372_11235394.jpg



いつの間にか丸山の山頂は10人程の賑わいになった。
見つめる先は皆一緒だ。


湾の向こうへ落ちていく夕陽



刻一刻と変化する空を見つめること数時間





e0307372_11263893.jpg






e0307372_11273938.jpg


今日もお疲れ様。


スッと太陽が静かに沈んでいく
線香花火の火の玉がポトっと落ちる時の様に。





e0307372_11294618.jpg








e0307372_12050223.jpg






e0307372_12032769.jpg


それにしても今日は風が強い


この日の夜。
私たちは風の谷の住人になった・・・







にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2015-07-31 19:00 | 山登り | Comments(4)
Commented by ゆず at 2015-07-31 21:53 x
こんにちは♪
昼のあいだの可愛い花たちから薄暮の劔まで…
まるでフォトブックをみているみたいですよ~
なんて、素敵な場所でしょうね♡
明日からその世界にはいってみようかと
わたしも出かけてまいりますヾ(*´∀`*)ノ
それでは、いってきまーす♪
Commented by hiro_1957 at 2015-08-04 17:56 x
かわみん、こんにちは♡

山も日本海が見えるところまで来ると
次元が違う!スケールが違う!
素晴らしい景色と色んな花たちにウットリだよ??

クールミントの様な青いオダマキも見てみたいなぁ。

ところで、線香花火の火の玉がポトっと……とか

この日の夜。
私たちは風の谷の住人になった・・・だなんて

ステキな言葉が次々と溢れてて……好きです????

俺だったら、
この日の夜、テントの中で獣になりました…
…かな???笑笑笑

じゃあね、チャオ????????????

Commented by mt_kawamin at 2015-08-05 21:28
*ゆずさん こんばんは♪
お返事が遅くなってしまってごめんなさい??
山から下りれば家の事で時間が中々取れなくて…

ところで・・フォトブック!
なんちゅう褒め言葉❤︎
そんな風に見て貰えるなんて嬉しいな〜♪
誰が撮っても素敵に写せる白馬だからこそ
夢のような世界になるんでしょうね
ここまで花に囲まれた山は初めてと言っても過言ではないくらい
それほど素敵な山でしたよ〜

ゆずさんの北アルプス山行、燕岳はどんな思い出できたかな?

Commented by mt_kawamin at 2015-08-05 21:34
*ヒロさんこんばんは♪

返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい??
中々時間取れなくて、PART4もやっとUP出来ました

白馬が花の名峰だって有名だしわかっていたけど
これ程までにお花が溢れるように咲いてるとは
想像すら出来なかったから
それを目の当たりにして感動は半端なかったよ

ふふふ、ステキな言葉を紡いでた?笑
だって、本当に陽が沈む時の太陽が雲の間で
じわじわじわぁ。。。っと線香花火みたいだったんだよ
そして、テン場は恐怖さえ覚える程の風の谷ww
ナウシカになっちゃったもん♪

獣になったヒロさん、見てみたいな〜
私、猛獣扱うの上手いんだよ(笑)
フッフッ♪
いつもありがとね♪