つながる*noyama

雲の上の一本道へ 白馬三山 PART 1

e0307372_21321632.jpg
2015.7/12~14

白馬は花が咲く季節に・・・。
ずっと機会を伺っていたこの数年。
高山植物が咲き乱れるこの季節に
念願だった白馬三山を縦走してきました。







7月11日 土

PM 11:30 新宿西口高速バスターミナル発
白馬方面行きの夜行バスにて 一路栂池高原へ。


バスに乗る前からワクワクが止まらない。ニヤニヤが止まらない。
ずっと楽しみにしていた白馬行きだ。
この分だと眠れないこと確定なので、寝付けにビールを一本飲んで。
それで熟睡出来れば儲けもんだが、眠れる筈もなく。
起きていたのか?夢を見てたのかさえよくわからない内に
梓川SAの休憩となった。
朝ごはんのパンやおむすびを買い込み
栂池高原まではまだ少しあるそうで、またウトウトと。
高速降りてからの方がよく寝たような朝。



見覚えのある 冬に訪れた白馬八方のバス停を過ぎると
白馬三山が臨めるとKさんが教えてくれる
「橋を渡る時がチャンス」
窓ガラスにカメラのレンズをくっつけて・・・。


e0307372_21432111.jpg

この時はどれがなんて山なのか全くわからない私だったが
『あの稜線を歩くんだ』
窓ガラスに顔をつけて一人ほくそ笑んでたのは内緒の話である。


間も無く国道を離れ、山道をクネクネと数分。
終点の栂池高原には6時前に到着。
ゴンドラが動くのは7時からだと言うので、1時間以上待つことに。



ゴンドラ乗り場の前のテーブルで朝ごはんを食べ
カメラを持ってプラプラ。


e0307372_21543850.jpg
今日から三日間、どんな風景を見られるのか
想像しただけで自然と口元も緩んでしまう。
ゲレンデの木々をみただけでも「スイスみたいだ。」
だなんて 行った事もないスイスを妄想する。
空を見上げれば真っ青な空 緑のゲレンデの向こうには
まだ雪の被る峰々が見え隠れしてるんだもの。





ようやくゴンドラへ。

e0307372_21575508.jpg







e0307372_21584217.jpg

見上げていた山が近づいてくる
鹿島槍から白馬三山までズラズラッと目の前に現れてくる。
山が近づき、自分も山の中の一部になる感覚。
栂の森で降りたら次はロープーウェイへ乗り換えて終点まで。





e0307372_22015963.jpg




e0307372_22510598.jpg


早く支度して歩き出したいのに
なんだかぐずぐずノロノロしてしまう。
面倒臭い変な性格だ。


水分補給した、トイレも済ませた。
さぁ、行こうか。


e0307372_10314796.jpg







e0307372_10343302.jpg






e0307372_10345790.jpg

登山道の周りにリュウキンカが咲いてるのがなんとなく不思議
だって、尾瀬ヶ原でしか見たことがなかったから。
湿地があれば咲くんだなぁ。と当たり前のことを思ったり・・・。





細い登山道を九十九折に歩いていくと何度か雪渓が現れる。

e0307372_10373125.jpg




e0307372_10375949.jpg



小さな雪渓を登って木々の間を抜けると
更に目の前が開け、木道と湿原と目の前には白馬乗鞍岳が。
天狗原に着いた。



e0307372_10401549.jpg
「天狗」と名のつくところが多いな〜とボンヤリ考えてた
北八ヶ岳の天狗の奥庭、火打山の天狗の庭、氷河公園の天狗池、不帰ノ嶮へ向かう途中の天狗平
そしてここの天狗原

で・・・何故に天狗なんでしょう?


そんなくだらないことを考えつつ、行動食をムシャムシャ。
ここ天狗原で休憩。
見上げる目の前の乗鞍岳はすぐそこに見える。
『あっという間に大池に着くな。』
なんてこの地点で浅はかな考えだったわたくしでございました。



e0307372_10494145.jpg





ここでもワタスゲがポワポワ
イワイチョウ、チングルマもちらほら。


目の前の白馬乗鞍岳。あそこの尾根に乗れば
いよいよ三山を巡る雲の上の一本道を歩くんだ。
と思うとテンションが上がる。



e0307372_10542135.jpg




e0307372_10544073.jpg




遠くの雪渓に人が米粒のように連なっているのが見える。

そうか、あの雪渓を登って行くんだ。

この時期の白馬を全く知らない無知な私はこれが普通なのかと思っていた。
木道が終わると目の前の木々の間には雪の地面しか見えない。
雪解けの水がジャブジャブ流れている。
足を抜かないように慎重に木々の間をすり抜けて岩が出ているところでアイゼン装着。



e0307372_11470850.jpg


ちょこっと登って振り返れば雨飾山、火打山〜妙高山がずらりと見えた。
(実はどれがどれだか同定できずw)
見たことない風景に感動しながら足を進める
が・・・ザラザラの雪はアイゼンがしっかり効く筈もなく
ズルズルっと滑ること数回。



e0307372_11494349.jpg





e0307372_11554562.jpg


大きな岩があるところで
やった着いたー!
と思うも、偽ピークならぬ、偽雪渓終了地点で(?)
その先更にトラバースするように進み、やっと雪渓から解放される。
この時初めてしったのだが、今年の残雪は例年以上だったとか。

赤土のようなトレイルを経てさらに登ると岩ゴロが見えてくる



e0307372_12095533.jpg

青い空とハイマツ。
今日のゴールが近くなってきたことを知る風景に
心に残っている澱んだ物も少しづつなくなってくる。





e0307372_12115324.jpg




e0307372_12120949.jpg
そして
あれ?もう??
という感じでいきなりの白馬乗鞍岳頂上。
とってつけたように「やったー」笑

ここへきてやっと明日から歩く予定の山々が見え始める
わぁ・・・ここが白馬なんだね。
長く連なっていく稜線を見て、知ったばかりの白馬の山々にちょっぴり感動。



e0307372_12175829.jpg


ハイマツの間の岩ゴロのトレイルを縫うように歩いていくと





e0307372_12185243.jpg




e0307372_12190459.jpg



突然目の前に現れた山の上の池、青空を写した白馬大池に息を飲む。
そうなんだよ、ここに来たかったんだ。





e0307372_12232674.jpg




e0307372_12240058.jpg



来てみたかった大池がどんどん大きくなってくる。
小屋も近づいてくると嬉しさがジワジワっと湧き上がってくる。
半周ぐるりと回るようにして・・・



12時33分 白馬大池山荘 着



e0307372_15314637.jpg







e0307372_12282884.jpg





受付を済ませ我が家を建て、やっと乾杯の時間。



e0307372_12292764.jpg


因みにこの日あった小屋で食べられる料理は
カルボナーラとミートソースパスタの2品。
寝不足と疲れで、ビール一缶で心地よくホロ酔い。



e0307372_12331555.jpg




e0307372_12333681.jpg




e0307372_12325263.jpg






e0307372_12261388.jpg







今回の白馬山行、私のリクエストの一つは
「チングルマの咲く白馬大池が見たい」
だった。
アプローチを栂池高原にした理由はその為だったのだ。
しかしそんな私の願いも空しく、今年の残雪の多さにチングルマの芽吹きにはまだ早いらしく
雪解けしている地面に小さな葉っぱがまだ芽生えてきたばかりの様子だった。




e0307372_15214696.jpg




e0307372_15220874.jpg






e0307372_15234368.jpg


咲いていたのは
咲き始めたばかりのハクサンイチゲと空に向かって整列しているハクサンコザクラ、ミヤマキンポウゲ
チングルマは小屋の前に少し咲いてるだけだった。




e0307372_15340344.jpg




e0307372_15334726.jpg




e0307372_15330355.jpg


チングルマに縁取られる大池を見る事は叶わなかったけれど
今年一番のハクサンコザクラの群生している姿を見れただけでも満足なのだ。



花たちにレンズを向けるのに満足したら急激に睡魔に襲われる
そりゃそうだよ、寝不足の夜行バスと思いの外多かった雪に少々お疲れ気味
フラフラっとテントになだれ込むとあっという間に夢の世界へ。
どうやら小一時間ほど寝ていたそうだ。



テントから這い出ると もう陽が傾いている
そろそろ夕餉の準備をしなくては。
って、飲んで寝て、今度は食欲で、人間の本能のままに過ごしてるな〜
なんて思ったり。
そう言えば、頭の片隅にあった膿のようなものは既にすっかりなくなっていた。




e0307372_15365425.jpg


さて、今宵は
ツマミの餅ピザと




e0307372_15412118.jpg









e0307372_15423437.jpg
酒蒸しにしてからタレをかけて出来上がりのうな丼


幸せだなぁ・・・




e0307372_15440596.jpg






e0307372_15481651.jpg



e0307372_15484038.jpg



宴は陽が沈んでも続き、気持ちよく酔ったまま寝袋の中へ・・・zzz




夜中、風が強いなぁ
とテントの外に出てみると綺麗な三日月が光を放っていた。
夜明けはもうすぐ。




e0307372_15490050.jpg




PART 2へ続く…。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2015-07-24 18:30 | 山登り | Comments(2)
Commented by hiro_1957 at 2015-07-24 20:47 x
今晩は☆
此れだよ!これ????

初っ端から白馬大池の素敵な写真でやられた〜〜!
沢山のチングルマを待ったら雪渓は物足らないから
ハクサンコザクラの群生で十分でしょう⁉︎
ホント、かわみんの花探しの山歩きが素敵過ぎる??

こうやって一年を花や景色を求めて山に行くBlogに出逢えてラッキーだと思ってます??
いつか檀れい似?の かわみんと山歩き出来る事を祈ってるよ!笑

素敵な写真をありがとう!??
Commented by mt_kawamin at 2015-07-25 18:10
*hiroさんこんにちは♪

白馬大池、ステキだよね〜
青い空と白い山肌、緑のハイマツと赤い屋根の白馬大池小屋。
この風景が見えた途端、変なテンションになったもの
って、いつもおかしなテンションだけど笑
チングルマは、全然全くまだで
さっきIGでポストされてた写真みたら
今週から咲いてた見たい!あぁ、悔しい
けど、ハクサンコザクラが凄かったから許そう。(笑)

いつもいつも花を求めている訳ではない。というより
いつも花期から少しずれた時にしか歩けなくて
今年は絶対にばっちりなタイミングで!
と狙っていたのですよ♪

檀れい・・・夢見ててね(爆)
あんな美人になりたいさー❤︎