つながる*noyama

花を巡る 秋田駒ヶ岳〜八幡平 PART2

e0307372_16180704.jpg




浄土平への斜面から阿弥陀池へ戻り
男女岳へは木製の階段を緩やかに登っていく。










e0307372_16210209.jpg



赤字で添削されていると思ったら
「男女岳(オナメダケ)」も「女目岳」も正解なようだ。






e0307372_16215411.jpg




ガスがかかる幻想的な阿弥陀池
霧が晴れたらどんなに美しいんだろうなぁ。。。
なんてことを思いつつ階段を登っていく。




e0307372_16252773.jpg







e0307372_16262374.jpg







e0307372_16264443.jpg



斜面に咲くミヤマダイコンソウと遠くに咲いているチングルマを眺めつつ
ポコポコと木の階段を登ること15分



13時32分 
男女岳(女目岳)1637m 登頂




e0307372_16294790.jpg


ここまで歩いてきたあいだ
雨が降ったり風が強くて寒かったり
『もしかしたらSちゃんの作ってくれる山頂デザート、今日は食べれないのかなぁ?』
なんて事を心配したり。
でも、辺りは真っ白で眺望ないけど
風もそれほどないし、ここで山頂デザートの時間にしよう。

そうと決まれば急いで準備だ。
Sちゃんはデザートを、私は珈琲を淹れる準備。





e0307372_16310910.jpg

ここ数年、山で飲むコーヒーは粉を用意して登ってたが
先日購入したナルゲンのcoffeebeans canisterを使いたくて本日は久しぶりに豆から♪

今日飲む豆は悩んで悩んで。。。
ブラジル イパネマ農園のコーヒー豆を。
芳醇な香りと濃厚なコク、柔らかな酸味と甘みが調和されたコーヒー豆
の謳い文句に誘われ、この豆をチョイス。


ミルが小さいので、三人分挽くには2回挽かなければならなくて…

ゴリゴリ
ガリガリ ガリゴリ…。

e0307372_16321509.jpg

と、Kさんに豆を挽いてもらう。w


沸かしたお湯でじっくり粉を膨らませて
ポトポトっとお湯を注ぐ。
フワァ・・・・と芳醇な良い香りに包まれる。



Sちゃんのデザートも出来上がった♪
幸せだね♡


e0307372_16595002.jpg
Pancake with the banana & chocolate siroop




coffeeもほんのり甘みがあり美味しゅうございました。


 
そうだ。
山頂着いたら登頂おめでとーの
乾杯用にビールを冷やして担いできたのに

e0307372_17081147.jpg


寒かったりして忘れちゃったね。
ビールは下山後のお楽しみとして…。
さて食べ終わったら撤収してムーミン谷へ向かおう。




e0307372_17101965.jpg







e0307372_17105254.jpg








e0307372_17114461.jpg


ムーミン谷へはさっき登ってきた木道を下りて阿弥陀池まで戻り、
池の畔を反対側まで歩き男岳方面へと登り返す。






e0307372_17133871.jpg







e0307372_17144209.jpg



時折、気まぐれな風によって雲が切れると
水面がキラキラと光り出す。
この一瞬が与えられただけでも感動してしまう不思議な空間。







e0307372_17165318.jpg

男女岳から阿弥陀池への斜面、その裾には咲き終わったチングルマの赤い果穂
ミヤマダイコンソウ、コイワカガミ、ハクサンチドリ、チングルマのお花畑。
今が盛りの花。盛りは過ぎた花も それでも充分に美しくて
二歩歩いては止まり振り返り
もう数歩歩いて立ち止まる
これじゃぁ何時間あっても足りるわけがない。




e0307372_17194635.jpg







e0307372_21221659.jpg








e0307372_17211322.jpg








e0307372_17214172.jpg






ここから男岳方面へと登り、登りきった向こう側がムーミン谷。
いよいよ…いよいよ憧れのムーミン谷へ。








e0307372_17292325.jpg







e0307372_17295505.jpg

かなり荒れているガレ場。
浮石も多く、岩を落とさないように慎重に一歩一歩。



e0307372_15373271.jpg




谷の下へ下り立つと
周りをぐるりと険しい山に囲まれたムーミン谷。



e0307372_14293909.jpg
photo by ko...



稜線を歩いてた時には
風さえなければ優しい山容の山だな〜
なんて呑気なこと思っていたのに
この谷あいがこんなにも深く険しい崖に囲まれてるとは想像すらしなかった。








e0307372_10431542.jpg



谷に下りてみると
噂のチングルマのお花畑はなかった。
尤も3週間前に平標山へ行っていた時、ムーミン谷のチングルマが見頃とTwitterで知っていたので
この日はあまり期待してなかった。
ふわふわの綿毛になった果穂と少しの花が見れればいいなと。


あ〜〜シラネアオイが咲いてるよ。
こっちにも。


それだけでも嬉しくて喜んでいた
一歩一歩歩いて行くと
白いガスの向こうに白いお花の群生が見えてきた



e0307372_10512300.jpg


目の前に突然現れたチングルマのお花畑








e0307372_15101242.jpg
photo by shima





e0307372_15111121.jpg







いや
お花畑と言うか
あたり一面チングルマで
私たちはその真ん中にポツンと佇んでいるのだ。




e0307372_10523706.jpg







e0307372_10525273.jpg



登山道の真ん中に、その両側に

右を向いても左を向いても前を向いても
チングルマだらけ




e0307372_10561106.jpg







e0307372_10564254.jpg








e0307372_10573891.jpg



雪解けと共に順序良く咲き出す花は
その順番ごとにお花チーム、黄色のシベチームと赤い果穂のチーム
そのそれぞれが違った姿でチングルマの可愛さを見せてくれてるのだ。






e0307372_14334961.jpg





期待してなかっただなんて言って
そんなこと思ってしまった自分が恥ずかしい。
ここは・・・
想像できないほど
広大なスケールのお花畑をもち
その花期の長さもまた予想できないほどの長期に渡っているんだろう。


言葉では伝えられないくらい
素晴らしい花の谷なのだ。




e0307372_14373914.jpg








e0307372_14282984.jpg
photo by shima...







e0307372_14421135.jpg







e0307372_14434410.jpg




一度ここを訪れてみれば
この谷がみんなに愛される理由が説明されなくても
きっとわかる筈。






e0307372_14444615.jpg







e0307372_14464407.jpg





期待してなかったのに
「ちょっと冗談じゃないわよ」
と言わんばかりの圧倒的な美しさを見せつけてくれたチングルマのお花畑
そして初見のヒナザクラ

もうもう。。。お腹いっぱい胸いっぱい。
待っててくれてありがとう
と思わずにはいられない貴重な時間



e0307372_14583345.jpg







e0307372_15021145.jpg


ここでどれだけの時間を費やしただろう
この木道が切れるところがムーミン谷とのお別れの場所である。









e0307372_15134615.jpg



木道が終わり藪の間をすり抜けながら行くと


e0307372_15150196.jpg


相変わらず眺望の効かないコマクサ女王のいる砂礫帯へと続いていった。
花に囲まれた谷とは世界が違う
異空間へ放り出されたような気がした。



そこから先は横長根を辿り、登山口へ。




e0307372_15162226.jpg
登山口へ向かう途中
目の前に広がった田沢湖
あぁ、そうか
行きに気になった第二展望台から見える景色ってこれだったんだ

夕陽の優しげな光が湖の上に落ちて なんとも幻想的
3人でしばしこの場から眺めていた。




e0307372_15211585.jpg





e0307372_15223750.jpg



また歩を進めていく。

ドロドロの登山道から木道に代われば
国見登山口はもうすぐである。



e0307372_15231704.jpg

17時14分  国見登山口 着


e0307372_15174852.jpg



国見温泉、森山荘の立ち寄り湯は午後8時まで。




e0307372_15065510.jpg
photo by ko...




駐車場に着くと既に陽は西へ傾いて
山の向こうへ夜の帳が下りようと待ち構えている。
さぁ、お風呂入りにいこう



秋田駒ヶ岳 番外編へ→つづく…♪








by mt_kawamin | 2015-07-17 16:00 | 山登り | Comments(2)
Commented by hiro_1957 at 2015-07-17 18:08 x
お疲れ、かわみん!
期待を裏切るほど素晴らしく沢山のチングルマに逢えて良かったじゃん!
よく 夢は見るものではなく叶えるもの
なんて云うけど
ここの夢のような花畑は見るべきものだね??

想像を遥かに超えたスケールの山様とその花畑は
目の前にしたら圧倒されるんだろうと
Blogを読んでても感じることができました。

ホント最近遠出が多い かわみん、
TwitterもBlogも大忙しだけどさ??
また何時ものように愉しみに覗かせて貰います??
ヨロシクね✌??️
Commented by mt_kawamin at 2015-07-17 23:39
*hiroさ〜ん こんばんは♪

秋田へ行く日は4月の頃から決まっていて
例年通りだと7月の第1週目がチングルマの見頃って話だったので
それに合わせてたら
今年はどこの山も花が早くて
平標山へ行った時、既にチングルマが見頃
って情報が入ってきてたの。
秋田駒は、その三週間後だったから普通で考えればもう終盤よね?
なので、そんなつもりで訪れたって訳。
そしたら・・・そしたらね
本当に。
圧倒されるほど大きなチングルマのお花畑。
それが山の裾野まで延々と広がっていて
本当にすごかったよ
花同士も密集していたし❤︎

いやぁ、今年はお花に囲まれた山歩きが出来て
幸せもんだよ〜♪