つながる*noyama

雨のち曇り 陣馬山〜高尾山

e0307372_16573177.jpg
2015.6.21 sun

生憎のお天気の日曜日。
雨に降られることは承知の上で
私たちが向かったのはJR高尾駅





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -。



天気予報と睨めっこしていた先週。
唐松岳辺りが雨が無さそう。晴れ間も望めるかも?
そんな期待で北アの予定でいた。
が・・・。
イロイロあり直前になって中止。
あまりのガッカリにちょっと拗ねていたら
「近場だけど、高尾山とかどう?」
と友人Kさんが言ってくれた。


「高尾なら行ける・・・」


そう言えば今年は高尾方面は行ってなかったなぁ。
スミレの頃に行きたかったけれど
スミレの咲く季節、私は雪山に現を抜かしており
雪山 > お花
であった。

Kさんが薦めてくれたのは陣馬山から高尾山まで歩く
約7時間ほどの行程だと言う。
「これなら結構歩きがいあるでしょ?途中の茶屋でのお楽しみもあるし♪」

その案に乗ったら楽しそう。
ココは一つ、素直に乗っかろう。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 。



友人と待ち合わせたのは新宿駅。
早めに着いたつもりの私にKさんからLINEが届く。


「10番線、あずさ3号、◎号車に並んでます」


私たち、これから陣馬山へ向かうのだが
唐松岳に行けなくなり、ションボリしていた私を可哀想に思ったんだろう

「八王子までだけどあずさに乗って気分あげていこう♪」


と言う、Kさんの粋な計らいであった。
ほんの30分ほどしか乗らないあずさなのに
なんだか遠くへ旅をするかのような錯覚で、
いつもの八王子駅、高尾駅まで違って見えそれがとても楽しくて嬉しかった。
尤もKさんもノリノリで嬉しそうだったけれど。笑



高尾駅に着いたらバスの時間までは約5分。
猛ダッシュでバス停へ。
乗るや否やで出発したバスは急行で途中ほとんど停車することもなく
30分ほどバスに揺られると陣馬高原下バス停に到着。
小さいけれど綺麗なおトイレもあり、支度をしたら

さぁ、行こうか。



e0307372_17201154.jpg


バス2台分の人がおりた筈だけれど
満員じゃなかったのだろう、静かである。

10人程度のグループの方が歩き出す前に先へ行っておこうと
どこか懐かしい雰囲気を持つ集落を抜け
陣馬山への登山口へ向けて歩き出す。



e0307372_17211650.jpg


和田峠近くまでは舗装路が続いてるらしく
しばらくは車道歩き。





e0307372_17271545.jpg



道端に咲く紫陽花
これから色づいていくだろう若い紫陽花。
でも私はほんのり色づいているこのくらいの紫陽花が好き。




たわいもないお喋りをしながら歩いていると分岐に着く。



e0307372_23320390.jpg


「どっちがいい?」

Kさんが説明してくれる。
どちらも初めてのルートだけれど、舗装路を歩くのもなんだか味気ないので
山の中へ入るルートにした。
新ハイキングコースと言ってるが、道標は古い。笑




e0307372_23370852.jpg



e0307372_23374300.jpg




e0307372_23380452.jpg




e0307372_23385632.jpg




盛夏にはまだ遠いこの季節の緑はまだまだ優しく
光を通すと透けてキラキラ光って見える。
天気はイマイチだけれど、葉の間から射し込む光が優しい。





e0307372_23471430.jpg




e0307372_23473323.jpg

気温が上がってきたのか
辺りが霧に覆われ幻想的な雰囲気に変わる
分岐から50分。


10時17分 陣馬山 登頂





e0307372_23495323.jpg






e0307372_23501622.jpg

小学生の時以来の陣馬山。
なるほど・・
いつのまにか「かながわの景勝50選」なんてものに選ばれてたとは




e0307372_23515462.jpg


次の目的地は景信山。
ここで天婦羅を食べようと言う計画だ。
友人はビールをどれだけ飲んでやろうかと
歩くテンポに合わせて
『ビール ビール』
と頭の中でリズムを取っていたに違いない。



e0307372_23522781.jpg




e0307372_23541620.jpg


正直
これと言って珍しいものがある訳でもない。
華々しいアルプスの山にあるような花もない。



e0307372_23585873.jpg






e0307372_23592745.jpg
それでもここを心地よいと感じるのは
虫食いの葉っぱの重なり合いがまるでレースの生地みたいだったり







e0307372_00005431.jpg


カーヴしてる長い葉っぱに雨の滴が落ちそうで落ちないで先端で光ってたり




e0307372_00255775.jpg

掌サイズに見える都心の景色を見下ろせたり
ふかふかな土のトレイルがこの上なく歩き易かったり




e0307372_00262342.jpg


ゆっくり歩けることで発見出来るイロイロ
ここにしかない美しさに触れることが出来るからだろう。
高山も低山もそれぞれの良さ、楽しみがあるのだ。






e0307372_16390484.jpg
12時27分 景信山 登頂




さぁて、じゃここで天婦羅と・・・
と思ったら何か様子がおかしい。おかしいというより
静かだ。
だって茶屋のカウンターには段ボールがかぶせてある。



日曜日だが生憎のこんなお天気。
小屋は本日休業とのことだった。
ガックリ。



e0307372_16402546.jpg
そうだ、城山の茶屋ならきっとやってる。
あそこならきっと!
サクッと簡単にパンをお腹に入れ城山に期待だ。



e0307372_16464503.jpg





e0307372_16473003.jpg

飲めない、食べれないとなると
無性に欲してしまうのが悲しい人間の性。
こうなったら何が何でも飲んでやるぜ
な気持ちで城山までスタコラサッサ。





e0307372_16505501.jpg


悲しい事実again


これだけ大々的にのぼりがでているのに
おやすみって・・・やってないって・・・
ビール350ml ¥400 ビール500ml ¥550 びんビール ¥700
のメニューが物悲しい。


こうなったら残るは高尾山のみだ。
あそこならやってない訳がない。
いや、絶対に営業している。
最早今日の目的がなんだったのかわからなくなってきた。
さっきまで
「ここにしかない美しいものに触れることができる」
とかなんとか
キレイごと言ってたわたしはどうしたのだ?
唐松行けなくてしょんぼり?
もうそんなことすっかり忘れてるのだ。


そう、もう飲まずにはいられない・・・
No one can stop us!‼︎





e0307372_16540593.jpg




e0307372_16550618.jpg

さて・・・ビールのことはコッチへ置いておいて
城山から高尾山に向かうトレイルはすっかり整備されていてびっくりである。
広い尾根には木道が敷き詰められ
そりゃ歩きやすい事に間違いないが
広葉樹が日傘となり
ゆったりした気持ちであるける尾根歩き。
とは違ってしまった。


e0307372_16571999.jpg



去年、この辺りを歩いた時は
雨上がりでドロドロのトレイルだった記憶がある。
それはそれで自然の状態を楽しめて面白かった。


いま、木道があることで広く感じた尾根は狭く感じてしまい
トレイルと言うよりも
まるで公園の遊歩道のようで少々がっかりだった。




e0307372_16580794.jpg

驚いたのは他にもある
登山者よりもはるかに多いトレラン人口だ。
この日もすれ違うのはトレランの方ばかり。
人気ですなぁ。



e0307372_16594564.jpg





e0307372_17002831.jpg





と、いろんなことをぶつぶつ言いながら藪をかき分け、
今日一番の急登な階段が現れた
そこを登り切れば高尾山の山頂だ。
待ってました!




14時51分 無事、BEER GET

e0307372_17272845.jpg




冷やしトマトが乾いた喉にツゥルリン。
そしてやっとプシュッ♪

e0307372_17345675.jpg



グビグビっと一本空け、(友人は2本)
下山しようとなった。
だって、今日の目的は果たしたのだから。
山頂でビール・・・。(何か違う)



下山はわたしがまだ歩いたことのない4号路から
吊り橋があるらしい。


e0307372_17360641.jpg

うん、吊り橋だ。





e0307372_17380431.jpg
ここに出るのか〜帰りはどうする?
歩く?さっくりケーブル乗っちゃう?






e0307372_17502977.jpg
ここ、寄ってく?





e0307372_17525994.jpg


ビアマウントに来てみれば空に青空が戻ってきた
ついでに薄っすらと虹まで見れて
一番眺望のいい席にも座れ



そして乾杯



e0307372_17534597.jpg


本日の山行、complete♪




おわり。











by mt_kawamin | 2015-06-28 20:00 | 山登り | Comments(4)
Commented by しまこ at 2015-06-30 16:44 x
あらー、
この週末、本当は唐松だったなんて!
何も問題なければゴンドラ乗り場でバッタリ!
だったかもしれなかったんだね〜
ざんねん。


新宿駅からあずさで行く陣馬山…
なんて贅沢。
贅沢っていうのは本当はこういう事をいうのかな、
って考えさせられたよ(笑)

それにしても景信茶屋と城山の茶屋は
こんないいお客さんがこの日歩いてたのに休業なんて
一か月分損したよね^^


高尾山のビアマウントのフローズン生の写真が
一番気合い入ってたように見えるのは気のせいかしら♪



Commented by mt_kawamin at 2015-06-30 23:10
*しまちゃん こっちにもありがとう♪

そうなの、天気予報と睨めっこで
一番いいところを歩こうって
行ってればきっとどこかで会ってたはずだね(笑)
しまちゃんとは山のばったりないからいつかあるかなぁ?
バッタリより、一緒に行く方が断然多い気が。。。w


新宿からあずさで。
うん、贅沢だね。
心の贅沢だよ。それで山旅の感じ方も過ごし方も心も
ちょっぴりだけど変わるんだよね
同じところを歩くにもスパイス効いてるのと効いてないのでは
すこ〜し違ってくる。
ほんの少しの余裕であるとか遊び心だとか
そういうことを忘れたくないな〜と思う。

景信茶屋も城山の茶屋も、ほーんとに損してるよ!
あの方、夕方まで飲むつもりだったんじゃないかしら?笑
もちろん、わたしはそれに付き合えないけど(笑)
売り切れるまで飲むつもりでいたのに・・・勿体無いw

ビアマウントはわたしは未踏でw
それが故に力が入るってもんです!
白い頂を持つ、フローズン笑
そりゃ気合だって入れちゃうよ〜〜♪
ずっと飲めなかっただけに、フローズンの美味しさが格別に♪
あ・・・高尾山山頂?でも飲んだんでした(˶‾ ⁻̫ ‾˵)テヘッ

さ〜て。。。あと三日だよ♡うふっ


Commented by ゆず at 2015-07-05 10:31 x
またまた素敵なレポートですね〜♡

切り取られた風景と絶妙なコメント…
見ているだけでその場にいるみたい??
真っ赤なポストからエンディングのビールまでが
しっとりと、また瑞々しい感じでやられました(≧▽≦)

最近休みの度にお天気悪くて山から遠ざかってるので
かわみんさんのブログで元気もらおうなわたしの日曜日

来週は海の日の山行のために買い出ししたりパッキング
始めなくては!いつもギリギリなので忘れ物しちゃうんですよねぇ…

次のレポは秋田駒ヶ岳かな♪
わたしは全然知らない山なので楽しみ~o((*^▽^*))o
Commented by mt_kawamin at 2015-07-09 09:30
*ゆずさんおはようございます♪
お返事がものすごーーく遅くなりまして
すみません??

で・・
>切り取られた風景と絶妙なコメント

おぉ!ありがとう!!
実はこの記事に書いたstoryというか文章
とっても気に入っているんですよ
みんな興味なさげだけど(笑)
自分的にはリズムカルで上手くかけてる方だと思ったんだけど
そんなところへのゆずさんのこの御言葉!
めっちゃ嬉しいです(*´ー`*)

それにしても雨・・・続きますね。
山へ行っても晴れる気がしなくなってきました。
が!そんな風に思うとお日様から嫌われそうなので
そのうち晴れるさ〜といつも思ってますよ。
先日の秋田では思いっきり降られましたけど(笑)

ゆずさん、海の日の山行のパッキング、もうやるの?
すごーー!
私、そんなに早くから始めたら絶対忘れ物する!w
忘れもしない鳳凰三山。
1週間前から準備したら、二日目の朝からの食料全て、靴下、ヘッデッンを忘れた次第です。
ま、これはただのアホという噂もあります。(*´罒`*)♡
海の日はどちらへ行くんでしたっけ?
わたし、その連休は日帰りでちょこちょこっとしかいかないんですが
もしかしたら同じ山域にいたら会えたりして♡

秋田駒のレポ、書き始めてます。
PART1は今日アップできるかな?
お楽しみに♪