つながる*noyama

雲上の花園へ 平標山 PART 1

e0307372_17301339.jpg






雲上の一本道の両側は
溢れんばかりのお花畑だった。


2015.6.14 sun


雨のち曇り 時々晴れ 
    そしてまた雨。









群馬と新潟の県境にあるその山
平標山は、いわずもがな花で有名な山である。
この山を知ったのはかれこれ4〜5年前。
Blogを通じて知り合った方が登った時のBlogの記事で知った。

たおやかな稜線をもち、花が咲き乱れる。
それはそれは美しい花の名山で
牧歌的な雰囲気をもつ、わたしの大好物な山容の山だ。




5月も終わろうとしてる週末から
SNSのフォロワーさんやBlogの友から平標山の花便り。
そう、平標山へ行ってきたって話を
目に耳にするようになってきた。



あぁ・・・私も行きたい!お花畑見たい!

・・・・・  
     ・・・・・。






6月10日 水曜日
今年一緒にスノーシューへ行ったKちゃんから一通のLINE。

「かわみんちゃん  今度の日曜は予定ありかな?」

『もし空いてるなら一緒にどこかの山へ行かない?』
という内容だった。
実は日曜日は 相方と平標山へ行こうと思っていた。

「日曜はゴメン・・・」

と一旦は断ったけれど、
翌日になり運良く?今週も相方は忙しいらしく1日家を空けられないと言う。
ってことは?




そんなこんなでKちゃんを連れて平標山へいくことに。

「この山はね、お花の山でね・・・」

登ったこともないのに耳年増的知識をひけらかし
どんなに素敵なお花の山かを熱弁する私。
そして妄想が膨らむKちゃん。期待で鼻血が出そうだったらしい(笑)

その日の行程、行くまでのルートなど考えてたら
いつもの飲みのメンバーSちゃんちの近くを通ることを思い出す。

『そうだ、Sちゃんも誘おう』

そうだ、京都へ行こう・・・的な謳い文句が脳裏をよぎると同時に
すぐさまSちゃんへLINEを入れてみる。


「Sちゃん、日曜日仕事? 休みだったら平標山行かない?」

先日の尾瀬に引き続きまたしても突然の誘いではあるが Sちゃんの返事は
「休み!行きたひーーー♪」
であった。
急な誘いでもパパパッと決まってGo!となるのが私は好きだ。




かくしてKちゃん、Sちゃん、私との
『平標山へお花に会いに行こう』が決行となった。



2015.6.13 sat



まずはKちゃんを。それからSちゃんをピックアップして
一路、平標山登山口を目指してGo♪
湯沢ICでout
コンビニに寄って朝食、昼食のご飯も買い込み
登山口の駐車場へ着いたのは2時半少し前。
cargoスペースに寝袋を二つ敷き、一人は助手席で3時間ほどお休みなさい。zzzz


「そろそろ5時半だよ」

Sちゃんに起こされ車の中でモリモリ朝ごはん
身支度を済ませ・・・。


6時45分

出発


e0307372_22062088.jpg




e0307372_22063706.jpg




歩き始めは雨。

でも稜線に出たら雨があがってればいいし。
きっと雨はあがる
なんの根拠もないけれどそれを信じて森の中への一歩を踏み出す。
先ずの目標は鉄塔。
1時間10分のCT




e0307372_23461247.jpg

1時間弱で鉄塔に着く頃には雨はほとんどあがった
空はまだ灰色をしてるけれど
わたしたちの心は晴れ模様。




e0307372_23503169.jpg









e0307372_22193416.jpg

だって
わたしたち





e0307372_23515008.jpg






e0307372_22164641.jpg


雨降りには雨降りの
雨上がりには雨上がりの





e0307372_23542462.jpg

楽しみ方を知っているから・・・。






e0307372_23551254.jpg

鉄塔から30分も歩くと目の前が広がり
白い霧の向こう側には稜線が長く続いているのがうっすらと。





e0307372_00034908.jpg
霧でよく見えないけど






e0307372_00055347.jpg
わたしたちにはわかるんだ。
それがどんなに素敵なところかが。









e0307372_00072776.jpg

後ろを振り返り
歩いてきた道がどんなに素敵だったか





e0307372_00082199.jpg

そしてその素敵はこの先ずっと続いてく



e0307372_00102061.jpg




e0307372_00141192.jpg





笹野原の真ん中を一本の道がクネクネと伸びる





e0307372_16420738.jpg




e0307372_16430493.jpg



木の階段に代わり
ポコポコ言わせながら歩いて行くと
斜面にヨツバシオガマの赤紫色が鮮やかだ。



e0307372_16460994.jpg





e0307372_16470377.jpg






e0307372_16473299.jpg



イイねイイね
ここってすごぉーーーくイイね



e0307372_16500958.jpg
それぞれの口から溢れるのは嬉しい言葉

ポコポコと階段を登っていくと






e0307372_16504650.jpg





e0307372_16522395.jpg
ハクサンイチゲの群生地がドカーーンと飛び込んできた
そりゃもうみんな大興奮!
子供の様にはしゃいじゃう。







e0307372_16550928.jpg






e0307372_16554020.jpg





e0307372_16572394.jpg




牧歌的な景色に雲が流れてく
灰色の空の下に
若草色の草原が広がって
雲が優しく流れてく・・・
まるで映画のワンシーンのように。





e0307372_17023679.jpg







e0307372_16581666.jpg


のぼったりくだったり




e0307372_16593471.jpg










e0307372_17001881.jpg


のぼったりくだったりを繰り返し





e0307372_17005579.jpg


10時25分 平標山 登頂


e0307372_17011063.jpg




つづく








by mt_kawamin | 2015-06-18 20:15 | 山登り | Comments(6)
Commented by hiro_1957 at 2015-06-18 21:49 x
今晩は、かわみん!

花の百名山、平標山から仙ノ倉山!
まるで花の宝石箱だったみたいじゃん??
此処に来ればサラサドウダンにアカモノ、
それにイチゲもシオガマも
ぜーんぶ一度に見れちゃうんだから凄い!??


今度行く時は、俺もピックアップしてよ!
後の運転は任せといて*\(^o^)/*
Commented by 矢車草 at 2015-06-19 12:11 x
わみ姉、平標山は初めてだったのね。
わみ姉の大好きそうな山だよね(#^.^#)

一週間で花の様子もまた違う。
私が行った時はつぼみだったアカモノは
わみ姉を待っていたみたいに可愛いね❤
女子三人の山歩き、山に花が咲きますねー♪
Commented by mt_kawamin at 2015-06-19 20:53
*hiroさん こんばんは♪

花の宝石箱⭐︎まさにそんな感じ♪平標山〜仙ノ倉山へ行く間
もう〜お花畑が可愛くってキレイで
標準CTの倍の時間使ってたと思うよ(笑)
いつもいつもお花を見に行っては時期がうまくいかなくて
終わりかけでかわいそうな状態ばっかりみてたけど
今回ばかりはぴちぴちの可愛こちゃんに会えてニンマリだったよ♡

ん?で?ヒロさんをピックアップ?
やだー遠回りだもん(。-∀-)ニヤニヤ

Commented by mt_kawamin at 2015-06-19 21:00
*矢車草さーん こんばんは♪

毎度の事ながら、「矢車草さん」って呼ぶと
なんだか照れくさい(笑)

で・・・平標山は未踏だったの〜
みんなが行くの、いつも指をくわえて見てたよ〜
だからこないだ歩けた時は登山口から大興奮!(笑)
ところで・・・アカモノ、まだ蕾だったの?
日曜はアカモノはばっちり咲いてたよ〜♪
ほんとほんと。まるでわたしたちが行くのを待ってたかの様にぴちぴちな姿を見せてくれたよ〜

女子だけで行くお花の山はまずいよね
だって全然進まないんだもん!
進むどころか後退しちゃう(笑)
それにしても
斜面に咲く、ハクサンイチゲ・ハクサンコザクラ・ミヤマキンンポウゲ・チングルマも美しいことって言ったらない♡
行ってよかったな〜って思うよ♪

Commented by しまこ at 2015-06-29 17:22 x
かみさまがくれた休日は
こんな世界があるのかと思うような
穏やかで
たおやかで
素敵なお花畑の広がる山を
のんびり眺めながら歩ける素晴らしい時間でした^^

そして
どれだけ立ち止まってシャッターを押してても
後ろめたくない(笑)天国のような山歩き♪

私の写真はいつも
その時、あ♪ と思ったものをサササっと切り取るだけの印象を残すだけの写真だから
今回のお花たちみたいに、どーお?撮って♫ と言われるような
撮り方は本当に難しいね 汗
だからかみさまみたいに
これ♫という対象を上手に見つけられるのが
すごいな〜と思いながら撮る様子を見ていたんだよ。
かみさまのすごいところは
そうかと思えば、本当にバッサリと潔く
要らないものをカットできたり…それはもうね、センスだから…

最初の方の
ツユを纏う葉っぱや花の写真も大好き♪
うん、そう、楽しみ方を知ってるからなんだろうな〜

・・・やっぱり、かみさま、だね(^_-)
Commented by mt_kawamin at 2015-06-30 18:40
*しまちゃん いらっしゃい♡

かみさまはね、よ〜っく知ってるの
いつ、どこのどの山へ行けば
その子達に逢えるかってこと。

なんてね(笑)
毎年この時期、いつ行こうか?と狙ってたんだけど
なかなかそのチャンスに恵まれなかったの。
そう、わたしと行けばどれだけ立ち止まっても
なーんにも言わないよ、
だって、「あと一枚ね」っていつも言われる方だし(笑)

写真はわたしだって同じだよ。
稜線でたりとか樹林帯とか「記録」とは思ってないけれど
あまり考えずにパシャパシャ撮ってること多いもん。
人と一緒だとなかなか難しいよね。
前にソロで縦走した時は好きなだけ止まって写真撮って
好きなだけ山を眺められてよかったな〜って思う。
だって、時間決めるの自分だし(笑)
相方と歩いてる時だって
「いい加減にして」とか言われるからさ
じっくり撮るってなかなか許されないよねw

今回はお花畑に行こう
牧歌的な稜線を歩こう
テーマだったから
これはキチンと撮ってあげないと♪
と言っても、わたしにとってもやっぱり難しいよ
カメラ使いこなせてないし・・・。
でもさ、可愛く撮れた時は本当に嬉しいよね
この子を可愛く撮りたい!の一心で撮ってるんだもん(*´ー`*)b

しまちゃんの写真だってとってもステキだとわたしは思ってるよ!
その時々の空気感とか息遣いだとか
そんなのを感じる写真もあるし。
隣の芝生は青く見えるものさ♪

山は・・・いろんな楽しみ方があるから面白い
ガッツリ歩く山もお散歩するみたいな山も
花を愛でる山も・・・全部好きだな。
今度はがっつりにしてみる?(笑)
また歩こうね♡