つながる*noyama

雨のち晴れの尾瀬ヶ原 PART 2

e0307372_20462050.jpg

PART 1 はこちらから

降り続けていた雨もだいぶ弱くなってきた
レインウエア着なくても歩けるかも。








e0307372_21595887.jpg





e0307372_22001696.jpg



e0307372_22204430.jpg

4人の中で3人は上下レインウエア
わたし一人が上だけレインウエア、ザックカバー無し。
どう見てもレインウエアを忘れたのがバレバレ。


そう言えば鳩待峠を出る時、
ザックにビニールを掛けて歩き出そうとしている人がいた。
それを見て「カバー忘れたんだわね」
と笑ったわたしは、カバーどころか代わりになるものすら持ってないというオチ。

「人の振り見て我が振り直せ」

とはよく言ったもんだ。



逆さ燧ヶ岳か見える池塘までやってくると
ほぼ雨はあがったようで、これから天気も回復するだろう
いや、する筈だ
いや、するに違いない。
いや!しないと困るんです・・・。






e0307372_22422979.jpg






e0307372_22424991.jpg


逆さ燧ヶ岳が見える池塘まで歩いてくると
わたしの必死な祈りが天に通じたのか
雨はだいぶ小降りになってきた。




e0307372_16410558.jpg






e0307372_16434051.jpg




e0307372_16381490.jpg
「ここがね逆さ燧ヶ岳が撮れる池塘なの」

ガイドの仕事を全うする私。
言うまでもなく、木道に案内が貼ってあるけども。


そんな有名撮影ポイントも
今日は生憎の雨、風も若干吹いてて水面に映るのは
小さなさざ波だけだった。





e0307372_16383596.jpg




e0307372_16471618.jpg




e0307372_16503491.jpg


09:27 牛首分岐



e0307372_16473753.jpg



東電小屋方面への分かれ道を左に見て
今日の私たちはズンズン真っ直ぐ
木道をポコポコと




e0307372_16503491.jpg




e0307372_17165812.jpg




e0307372_17171536.jpg




e0307372_17173481.jpg




e0307372_17214164.jpg


あともう少しで
尾瀬ヶ原と言ったらココ!
という撮影ポイント。
下ノ大堀までもう少しのところで
Sちゃんがお花を摘みに行きたいと。
本人、10分で着くって言うけど
尾瀬ヶ原はね、思うより距離があるんだよ。頑張れ♪笑




e0307372_07060451.jpg




e0307372_07064240.jpg




水芭蕉の時期に晴れなかったのは今回だけ




e0307372_20542075.jpg







e0307372_22001650.jpg







e0307372_21062272.jpg
至仏山は相変わらずどんより重い雲の中。
ちょっと待ったくらいじゃどいてくれなさそう
それでもカメラに収めようと
バチバチ撮りまくる私たち。
右を向いたり左を向いたり、天を仰いだり忙しったらない


けど、何か忘れてやしないか?

そうだ。
Sちゃんが竜宮小屋で待ってるんだ。







e0307372_21240253.jpg




e0307372_21244315.jpg
下ノ大堀をあとにしようとしたら

あらっ
頭の上には水色の空が。






e0307372_21273909.jpg









e0307372_21300221.jpg






e0307372_21333456.jpg

あっちの山の上にもそっちの空にも






e0307372_21410106.jpg


やっと青空が広がってきた





e0307372_22113359.jpg




e0307372_22161716.jpg









e0307372_22204828.jpg








e0307372_22284589.jpg




10時25分 竜宮小屋 著


Sちゃんと合流したら見晴へGo
今日のお昼は喫茶ひげくまでとる予定。




e0307372_22320646.jpg







竜宮小屋の裏に流れる沼尻川を渡ればそこは東北地方
福島県。



沼尻川を渡ると
頭の中に流れるメロディは決まっていきものがかりの
「風が吹いている」

なんで?
って聞かないでください。笑








e0307372_23063233.jpg
photo by Si...






e0307372_23073200.jpg



あの拠水林を越えれば見晴の山小屋群が見えてくる




PART 3へ続く







by mt_kawamin | 2015-06-11 23:12 | 山登り | Comments(4)
Commented by hiro_1957 at 2015-06-12 00:53 x
今晩は〜☆
晴れ女の執念を感じたPart2??
かわみん、恐れ入りました????

マットホワイトの水芭蕉に黄色のリュウキンカも
尾瀬ならでは光景だね。とても綺麗です!
まさにスケールの大きな湿性花園を歩いてる感じなんだろうなぁ。

そうだ!花を摘みに行ったSちゃん、
間に合ったのか心配になりました(爆笑)
Commented by ゆず at 2015-06-12 12:40 x
Part1からまとめ読み♪
かわみんさんの大規模な忘れ物に思わずニンマリ
でも、ホント忘れちゃうんですよね(笑)
わたしも必ず何かは忘れるので出来るだけ被害の
小さいものをお願いしています(誰に!)
それにしても雨上がりの水芭蕉が綺麗ですね!
かわみんさん、少し遅いから…って言ってたけど
わたしはこの時期行ったことないからすごくすごく
感動です(๑°꒵°๑)・*♡
Part3楽しみにしています♪
Commented by mt_kawamin at 2015-06-13 15:34
*hiroさん こんにちは♪

「晴れを呼ぶ女」の異名を持つかわみんです(爆)
そりゃ執念の炎メラメラですよww
いや〜でも晴れてくれて良かった。
何故ならね、この時期、原は枯れたくさだらけで茶色いの。
色彩と言えば、森の広葉樹の萌黄色。
水芭蕉の白と緑、そしてリュウキンカの黄色。
だから、青い空がないとそれはそれは寂しいもので。。。

雨が似合うのは緑の絨毯に包まれてからなんだ。

あ、Sちゃん、無事間に合いました(爆)
っていうか、実は私も行きたかったんだよーー(˶‾ ⁻̫ ‾˵)テヘッ

Commented by mt_kawamin at 2015-06-13 15:39
*ゆずさ〜〜ん こんにちは♪
まとめ読み、ありがとう♪笑

大規模な忘れ物ね。。。でも、実はこれは中規模(爆)
いつだったか言ったかも?ブログで読んでかもしれないけど
鳳凰三山へ行った時の
ヘッデン、靴下、2日目からの全ての食料
を忘れたという前科者(爆)
そう、ほんとに小規模でお願いしたいです
誰にって。。。神様に?w

そっか。ゆずさんは水芭蕉の時期は未踏だったのね。
見頃・・・と言われる頃よりほんのちょっと早い時期
それが私にとっての見頃。
緑の葉は小さく、仏炎苞(白い部分)が純白
それはほんとになんていうか
silkというか、柔らかい純白。
茶色いぶぶんなんてどこにもない
それはそれは美しいんだよ。
ゆずさんも季節を変えて是非♡

PART3はこのあとすぐ♪夕方に♪