つながる*noyama

涸沢カールと二輪草  Part 2

e0307372_21274748.jpg

Part 1は→こちらから

写真は夕暮れの涸沢
紅く染まった雲が走るように流れた。








徳沢まで写真を撮るのに時間取りすぎたり
素敵な人たちとの偶然の出逢いがあったりで
驚くほどのCTで徳沢着

水分補充してここはすぐ横尾へと出発。



横尾までは約1時間の道程。
ちょっと巻き気味で歩きますか〜!
と思うのも束の間




e0307372_21345860.jpg




私達の足止めをするのは勿論、ニリンソウ。





e0307372_21345860.jpg



e0307372_06042054.jpg




e0307372_06053012.jpg




e0307372_06055469.jpg




小梨平から横尾に向かって少しづつ登ってるせいなのか
それとも日照条件なのか
徳沢から先に咲いているこの子達の美しさったら
どんな人をも笑顔にしてしまう程


・・・・
    ・・・・。



ここまででもだいぶCT押してる筈

「ごめん!あと1枚だけ」

何度あと1枚と言ってるんだろう。
1枚で終わってないことは明らかです。
辛抱強く待ってくれるKさん。。。ゴメン!




e0307372_06132376.jpg




e0307372_06134626.jpg
ニリンソウにさよならして
横尾までの道を急ぎ足





e0307372_06141486.jpg




e0307372_06143644.jpg




e0307372_06150182.jpg




e0307372_06152052.jpg
10:45 横尾 着


エナジー&水分補給
トイレが掃除中のため、ここでも若干の足止め




e0307372_06154053.jpg

11:00 横尾 出発




e0307372_06163629.jpg

頭の上の空はいよいよ青さを増してきた
陽射しは初夏のそれと同じように
そして風は爽やかで穏やかに。




本谷橋までのトレイル
山側の土手には今が盛りと菫が溢れんばかりに咲いている。
ここはまだ春なんだなぁ・・・




なぁんて呑気に思っていても
肩にかかるザックの重さは軽くなる訳もなく
寧ろずっしりと重みを増してるんじゃないかとさえ思ってしまう。
縦走の装備より軽い筈なんだけど。



e0307372_06165115.jpg




e0307372_06171095.jpg





e0307372_21002248.jpg




e0307372_21005275.jpg




本谷橋が確認出来るところまで来ると
さっきまでの様子とは打って変わって
いきなりの残雪の山。


e0307372_21011445.jpg




e0307372_21013558.jpg




この時、本谷橋は架けられてはいるけれど
まだ通れません。
沢筋の冬道を直登で登っていきます。





e0307372_21054201.jpg




e0307372_21060273.jpg




e0307372_21062794.jpg




パックリ口を開いた沢筋の冬道を
気をつけながら登っていく
お世辞にも綺麗だとは言えない
枯れ枝が散乱している重い雪の上をザクザクザック。




e0307372_21131105.jpg






e0307372_21134398.jpg
雪道になった途端
今までよりザックの重みがずっしり
足元も重い。
アイゼン付けてもざらざらの雪に鉄の爪は効かないようで

「あぁぁ・・・もうやだ。歩けない。」


毎度のヘタレな私の台詞。


Kさん、ここでも辛抱強く

「あの平らなところまで頑張ろう♪」


遠くにゴジラの背中が確認出来ると涸沢が近いことがわかる。




e0307372_21225925.jpg








e0307372_21170908.jpg

そんなことを何回も繰り返してるうちに
涸沢ヒュッテが遠くに確認。



e0307372_21195419.jpg

山小屋あるある。

見えてからが遠い・・・。





e0307372_21210145.jpg






e0307372_21212454.jpg
14:25 涸沢ヒュッテ 着




横尾まで初夏のような陽気だったのに
ここは雪がたっぷり
冬にタイムスリップしたかのようなてんこ盛りな雪


e0307372_21263600.jpg




e0307372_21270725.jpg

バタバタバタ
と大きな音を立てて県警?のヘリが飛んできた。
スルスルするっと誰かが降りてきたなぁと思ったら
誰かを連れて又ヘリの中へ。



渦巻くような風と大きな音と共にヘリが遠くに飛んでいく。
さて・・・設営の続きをしなくては。



この日、涸沢野営場は
いつもの位置よりもだいぶ高い位置に。
そう、雪がまだまだ数メートルも積もっていて
山岳救助隊の小屋の屋根がやっと掘り起こされたばかりだったのだ。
どおりでいつもよりカールが近く感じる筈だ。






テント場の先客は2張だけ
どこに張ろうか・・・
場所は幾らでもある。
が、整地してあるところを使えば無駄に労力使わずしてテントを建てられる。
人の褌で相撲を取る作戦である。
まず、Kさんが場所を決め、私はそのお隣に・・・
と、思ったらKさんの場所は雪の壁も出来ていてあと少し整地すれば設営可。




e0307372_22224141.jpg




e0307372_22231572.jpg




「先にこっち立てちゃうね」

テキパキと設営に取り掛かっている
私のところは?と言うとまだまだ掘らないといけない・・・
1から始める感じなのだ。


「私にだけ整地させてるってブログに書いちゃおっかなぁ」




e0307372_22145549.jpg


半ば脅しである。
いや、半ばというかまんまそれである。笑
その後、私の場所の整地をKさんにやって頂いたのは言うまでもない。
無事に設営完了。
(私もちょっとはやったさw)






さて、設営だけでだいぶ手間取ってしまった。
早く早く喉乾いた〜!
ビールぅぅ〜〜〜♪



e0307372_22254435.jpg




乾杯!お疲れ様、私たち♪


ここに来るまで出逢った人達のこと
出逢った花達のこと
雪の状態
ちょっと面白かった事、つらかったこと
ビールを飲み交わしながら話せば
どれもこれも素敵な思い出へと変身していく。






e0307372_22260130.jpg







e0307372_22280748.jpg






e0307372_22282906.jpg






e0307372_22310217.jpg




e0307372_22312823.jpg




夜が帳を下ろす準備をする前に
夕飯のしたくもしちゃおうと
売店横のテーブルに移動。こちらは火器使用可なのだ。



e0307372_22395759.jpg




e0307372_22403536.jpg






今夜はすき焼きだよ

大事に大事にザックの一番上にそ〜っと乗せてきた卵も無事
あったかいうちに召し上がれ♪



e0307372_22451760.jpg


山の中で着込んで鍋を囲んで
山の話や友達の話
次の山の話・・・etc

話は尽きないね。




e0307372_22481145.jpg




e0307372_22484134.jpg




e0307372_22492298.jpg



だいぶ陽が落ちてきたよ
寒くなったね



e0307372_22495293.jpg






飲み会はテントへ移動して
テントから顔を覗かせながらゴクリ・・・。





e0307372_22514172.jpg






e0307372_22543212.jpg






走る雲を眺めながら

尽きる事のない山の話をする。
贅沢な山時間。







e0307372_22504842.jpg





Part 3へ続く


by mt_kawamin | 2015-06-04 22:55 | 山登り | Comments(7)
Commented by hiro_1957 at 2015-06-05 01:59 x
かわみん、今晩は☆

トップの写真、夕方の涸沢に惚れました??
そして白いニリンソウの可愛さ、ピンクのイワカガミと続き
極め付けは何と言ってもスキヤキ??
さすが女子力が高いね〜♪

このブログにお邪魔する様になってから、
かわみんが行く一年間の山行に同行したいなぁと思ってるんだよ。
いつも何時も絶妙なタイミングを見計らって行く
素晴らしい山々。
其れを知り尽くしてるかわみんの弟子になりたいくらいさ(笑)
前にも云ったと思うけど、
かわみんはシーズン毎の山計画が素晴らしいです。
同行は無理でも、俺も時間が取れる様になったら
かわみんが行く一年間の山々を同じ様にトレース出来たらなぁと思っています。

Part3も心待ちしてるんだからぁ〜♪
(^_^)
Commented by mt_kawamin at 2015-06-06 12:05
*hiroさん ご機嫌よう♪

いつもいつも褒めてくれてありがと〜
照れるな〜〜f^_^;)

すき焼きはねずっと以前から作りたいと思っていて
でも、簡単だしってことで鳥塩味のいつものお鍋ばっかりだったんだけど
こないだの蝶ヶ岳でもそれ作ったし同じもちょっと・・・
だったので作ってみました
すっごく美味しかったよ♪

で、年間の山行計画
そうだなぁ。。。あってないような計画で
その時々でバタバタ変更もあって絶妙かは?だけど
そう言ってもらえると素直に嬉しい♪
それでも花の時期は難しくて遅かったり。。。ってのが多いよ。
私的にはぴったりよりも少し早めが好き♡

んで、私の弟子に?
ふっふっふっ
じゃ、最初は草履持ちからね(爆)

Part3頑張るんだからぁ〜♪w
Commented by しまこ at 2015-06-07 17:36 x

うんうん、山の楽しみ方は人それぞれだよね。

1から3まで読み通して
なんて素敵な山の時間の過ごし方だろう…って。

定番の早朝の上高地
目覚めた穂高に挨拶をしたら
今度はニリンソウに逢いに行ったらたくさんの山友にも逢えて♫

涸沢に着けばまだまだ雪の感触を楽しんで
おでんとビールの写真に
本当にヨダレが出そうだったよー(笑)

静かな涸沢で
穂高の山に囲まれて
気の合う山友としみじみ話しができるなんて
かけがえのない時間だし
そんなふうな時間を共有できる山友がいるって
本当に素敵な事だと思うなぁ^^


それに、なにあれ 、
おでんだけかと思いきや
あのすき焼きの写真さぁ、
今半のすき焼きより格段美味しそうに撮れてるし…
生卵あそこまで持ってくって
ちょっと気合いの入れ方違くないか?!と、その山友に嫉妬するわ 笑

もちろん
涸沢を上まで登ってピークを踏んだり
そこからの景色を楽しむのも素晴らしいけど
ゆったりそうやって時間を過ごしながら
暮れゆく、そして明けゆく穂高を眺めるなんてめったにできることじゃない…
かわみんちゃんのこのBlogでその貴重な体験を私もさせてもらえて
ありがとう。

今年はニリンソウに逢えなくて
それはそれで寂しかったから(^_-)


Commented by mt_kawamin at 2015-06-07 21:04
*しまたん♪
久々に来てくれてありがとー嬉しいな♡

IGで既に発信したことだけど
改めて同じ写真のところで言いたかった。
こういうのってどこにでもあることで、言葉にしないまでも
心の中でドロドロしてたりしてさ。
ま、みなまで言うまい(笑)

ところで、この二日間。本当に幸せだな〜って思った。
初めてのさわしんグリーンカー。
雨の予報を覆しての晴れ。
on-lineだけでしか知らなかった人にも会え
ずっと恋い焦がれていた二輪草のお花畑にも逢えた。
おでんに生ビールに目の前の穂高。
こんな贅沢をした上にピーク踏んだらバチがあたっちゃうw

で・・・はい、すき焼き。ぷぷぷ
気合い入れた訳じゃないって〜
その前の蝶ヶ岳でも鍋やっちゃっててさ、同じのもな〜
キムチ鍋にしてもよかったけど、お腹弱くなりやすいKさん
大丈夫かなぁ?とか思って。。。
↑言い訳くさいけどw
しまたんの為にだって、生卵持ってくよ〜
すき焼き、今半以上の美味しいのご馳走するってば(笑)
嫉妬、怖いわ(爆)

ピークを踏みたいってある種、征服欲を満たすような感覚?
私にはそれがあまりなくて
ピーク踏みたいっていうよりも
山の上からの景色がみたい!って気持ちなんだよね。
暮れゆく穂高を。明けてゆく穂高を
青い空の下のそれを見上げられるってすごい幸せだよね。

しまちゃんに少しでもお裾分けできてたらいいんだけど。
抜け駆けちっくでごめんよ♪

来月、すき焼きにする??むふふ♡
今日は来てくれて本当にありがとね♪ムギュ
Commented by mt_kawamin at 2015-06-07 21:09
*しまちゃん 追伸!

すき焼きの写真、最後の1枚はKさん撮影なの。
上手く撮れてるよね〜ちょいとびっくりw
最近、腕を上げてるっぽいね(レンズが良いともいうww)

それからしみじみ話をしたのかどうかは?だけど
楽しかったよ♪
そして穂高に囲まれ抱かれた気持ちで幸せだった♡
Commented by しまこ at 2015-06-08 09:47 x
うん♪
すき焼きの最後の写真はちょっと違うと思った(笑)
さすがKさん、だけどやっぱり先生がいいからだね〜♪それはもちろん(^_-)

う、、、
穂高に抱かれた気持ちで幸せ♡…って
もう、ほんと、どんなだよー、まったく(笑)
Commented by mt_kawamin at 2015-06-08 13:34
*しまちゃん いらっしゃいまし♡

カメラも違うし、撮り方も違うし
特にCANONで撮ると
パキっとした絵になるよね♪
私のはどっちかっていうと
ボケェェェ……( ˙ω˙ )
とした写真だしねw
それから私は先生じゃないよ〜
そんなこと言ったらKさんに悪い♪

穂高に抱かれた♡
フッフッフッ
しまちゃん、想像し過ぎたし(爆)

いつもよりテン場が高い位置にあって、
目の前の穂高がずっとそばに感じるの。
そした
いつもワイワイガヤガヤな涸沢のテン場が、シィーーンとしてて
独り占めじゃないけど
今この時、この瞬間を独り占めしてるみたいで
こんなに贅沢で幸せなことってないなぁって思ったよ(*´ー`*)
GW明けは狙い目だよん♡