つながる*noyama

残雪の立山へ  - part 2-

e0307372_13463774.jpg


Part 1は→こちらから♪

みくりが池温泉に着いたのは丁度12時の時報の頃。
チェックインには少し早く お部屋の準備がまだできてません
とのこと。
それならば外のテラスにてお疲れ様の・・?






e0307372_14375191.jpg




e0307372_14380657.jpg



e0307372_14383388.jpg



喫茶みくりを通り過ぎるとレストラン
宿泊者の食堂もこちら。
その窓際にザックを置かせて貰い
外のテラスへ行きましょう



e0307372_14494449.jpg
立山へ乾杯です♪
カンパーーーーイ♪



外で飲むビールは格別に美味しい!
しかも立山三山を眺めながらだなんて。。。幸せです♡


さてお昼を回って少し風と雲が出てきた立山。
それでもまだお日様は味方してくれていて
それほど寒くない午後。
ビールを飲み干し一息ついたところでお部屋の準備ができたとアナウンス。


e0307372_14410796.jpg




私たちの部屋は 片側に二段ベットが付いている8人部屋。
1階部分の窓際が寝床だ。
障子を開けると目の高さに登山道が。
そしてその向こうには立山三山がドーーンと見える。
狭いけれど中々いいじゃないのぉ〜なんて思う。


さて・・・荷物を置いたら
時間もある。折角のこの時期ですから雪の大谷を見学に行きましょう。

e0307372_14512833.jpg




e0307372_14514950.jpg





相変わらずの人でごった返してるターミナルを通り越して反対側へ。





バスの降車場の周りも高い雪の壁。
丁度ショベルカーが雪の壁を削っているところ

e0307372_11542798.jpg


これは中々大変な作業のよう。
それを横目で見ながら車道の脇を通り雪の大谷へ。




e0307372_12005962.jpg





e0307372_12012462.jpg

今年の最高高さが19mとかで
これほどの雪が積もるなんて…
立山の雪深さが伺い知る事が出来る。
見上げると首が痛くなってしまう程なんだから。

って言うか・・・雪の大谷の情報はさほどいりませんね。汗



と言うことで歩いている内に雲が大分増え
気温もさがってきたようです。
そろそろお宿へ帰るとしましょう。



e0307372_12020264.jpg





e0307372_12034840.jpg




宿に戻ったら小腹も空いてきたけれど
この後少しすると夕飯だし
という事で、喫茶みくりでチーズケーキ&ソフトクリームで


e0307372_12042399.jpg






e0307372_15080521.jpg




e0307372_15073185.jpg

お茶…ではなく
又してもビールで2回目の乾杯です。
今回はジョッキではなく、ピッチャーで
こちらの方が断然お得ちゃん(笑)
今回同行の山友がすぐビールテロするもので
ピッチャーでも足りるのかどうか⁉︎

飲むもの飲んだし、それではお風呂で温まってから夕飯にしましょ。
写真撮るのを失念してしまったけれど
みくりが池温泉のお風呂は源泉掛け流し
熱い浴槽と丁度の湯加減のと二つにわかれてます。
もちろん、石鹸類は使えませんので気をつけましょう。



私たちの夕食の時間は17時30分から
少し早いけれど、明朝は早発ちなのでビールなんぞをまた飲むことを考えると(まだ飲んかい)
早めの食事が正解です。





e0307372_15245216.jpg



e0307372_15250859.jpg



ちなみに、記されていたミルフィーユカツはどこを探してもなかったです。
お隣さんにもなかったから間違ってたのかなぁ?
そうそう、白海老の唐揚げを追加で注文しましたら
これがビールに合うんです!
サクサクっとした食感も香ばしい味もビールが進むったら♪


・・・にしても飲んでばっかりの1日目
山のレポはどうした!なんて言われそうですね。


e0307372_15361681.jpg

星の写真でも・・・
と外に出ましたがすっかり酔っ払いです。
カメラを操作するなんて無理無理無理。
そろそろ就寝にして明日に備えましょうか。




Part 3 へ続く













by mt_kawamin | 2015-05-06 18:30 | 山登り | Comments(0)