つながる*noyama

天狗岳 1月 - 後編 -


e0307372_01323950.jpg


前編は→こちらから

2015. 1.18 sun


渋の湯から一時間半ほど歩くと
樹氷も立派なものに
枝は全て真っ白で青と白のメルヘンの世界にうっとり








e0307372_15350985.jpg





樹林帯をさらに30分程度歩くと目の前が開けて
左手には中山からの尾根が
そして振り返ると茅野の街が遠くに




e0307372_15360475.jpg







e0307372_15362126.jpg



雪面は更に白く
空の青さはより青く




e0307372_15412344.jpg





e0307372_15420800.jpg


青く
青く
碧く。

眩い雪面の上空は紺碧の空だけが広がっていた。





e0307372_15432315.jpg




e0307372_15434128.jpg


その碧い空から落とされる真冬の陽が
まるで足跡のように雪面に描かれる。






ここまで来ると黒百合平はもうすぐ
あと一息で黒百合ヒュッテ




e0307372_15481965.jpg




e0307372_15484040.jpg

白と青の世界の中にぽつんと佇むウッディーな山小屋
黒百合ヒュッテ
雪景色とのコラボレーションが抜群






e0307372_15545835.jpg
ガシガシ歩いてない訳で
勿論 疲れてはいないけれど
風が大分強く、様子を見ることにして
ここはちょっと小屋の中でココアでも飲みましょ






e0307372_15561837.jpg


ちょっとのんびりしすぎたかな
時間は11時。
そろそろ行かないと
帰りのバスの時間もあるし・・・。
風の強さは相変わらずだけれど
こんな景色を前に歩かない訳にはいきません

ザックはデポし
アイゼン付けて、ピッケル持って、いざ!



e0307372_15593157.jpg




黒百合ヒュッテから中山峠へ、
頭上の風の音は唸ってるけれど
樹々の間を歩きてる分には影響はない



e0307372_16004661.jpg



小屋から30分程歩くと樹林帯からポイッと放り出され
いよいよ風の攻撃を一気に受け始める




e0307372_16101874.jpg


e0307372_16103528.jpg


雲一つない空
北アルプスも綺麗に眺められるほどの快晴
問題は強風と時間。


「12時までに行けるところまで。」
と決めて、ピークハンターじゃない私たちは急ぐ風でもなく
この状況を楽しんで歩く。



e0307372_16133580.jpg





e0307372_16141485.jpg




e0307372_16143979.jpg








e0307372_16250296.jpg






稜線を見上げると顔に当たる風と吹き飛ばされた雪が痛い




e0307372_16260701.jpg




e0307372_16262901.jpg




真冬の嵐
そう、まるで嵐のようだ。
空には雲がなくたって
吹き荒れる風と、風に飛ばされる雪
雪面の雪が吹き上げられて
小屋から見上げた時の印象とはとは全く別の世界




e0307372_16285186.jpg





e0307372_16291233.jpg





e0307372_16294929.jpg



雪ニモマケズ
風ニモマケズ
飛ンデクル雪ニモ


真冬ノ寒サニモマケヌ
丈夫ナ身体ヲ持チ

欲ハナク
決シテ焦ラズ


e0307372_16330866.jpg




何時モ大笑イシテイル

ソンナ岳女二 ワタシハナリタイ。





e0307372_16461340.jpg




そんな訳で
time limitの12時です。
山頂直下の肩の辺りが今日のpeakとします。
あと少しで山頂だけれど
無理はしません。






e0307372_16483251.jpg






e0307372_16490134.jpg





雪煙があがる斜面を背にして
下山開始




e0307372_16500734.jpg







e0307372_16510339.jpg




中山側はうってかわって何て穏やかなんだろう





e0307372_16515658.jpg




e0307372_16521124.jpg







e0307372_16551013.jpg




e0307372_16553764.jpg


もう目の前は優しい景色が広がるばかり





e0307372_16580979.jpg




e0307372_16583093.jpg




e0307372_16590620.jpg





風に飛ばされることの無い雪は
緩めにホイップした生クリームのようで
この景色を見る度に
いつもケーキが食べたくなってしまう。





e0307372_16593106.jpg







e0307372_17191709.jpg






e0307372_17194849.jpg




12:32 黒百合ヒュッテ着




下りてきちゃったなぁ
と下山してくると毎度感じる寂しさだけれど
また来るからね。

って天狗岳にサヨナラだ。






e0307372_17262549.jpg







1日目の北横岳は-20℃の極寒の世界を楽しみ
二日目の今日
紺碧の空の下、強風に煽られながら歩いた雪山。
二日間通じて思ったことは
素敵な山友と歩けばいつだって楽しいってことだ。


また一緒に歩こう



e0307372_17292798.jpg





おしまい





by mt_kawamin | 2015-04-26 19:30 | 山登り | Comments(2)
Commented by hiro_1957 at 2015-04-26 23:14 x
今晩は♡
前宣に釣られてお邪魔しました(^o^)/

こんな素晴らしい景色の写真と素敵なキャプ&イーハトーブ、感激しちゃったよ??

欲ハナク
決シテ焦ラズ
カツテハ乙女
イマデハ太メ…(爆笑)

かわみんが今シーズン行った山行、みんな最高だったなぁ!

欲ハナク
決シテ怒ラズ
イツモ静カニ笑ッテル

そんなかわみん、
鎌倉まで迎えに来いだなんて云わないよね⁈??

また寄るよ!
じゃあ (。◕∀◕。)ノ⋆。оO(㋵㋺㋛㋗㋧♡
Commented by mt_kawamin at 2015-05-04 19:34
*ヒロさんこんばんは♪

コメント貰っていたのに
返事がムッチャ遅くなっちゃってゴメンなさい‼︎
ひゃぁぁ許してつかぁーさい??
山連チャンと仕事と諸々でPC開けれなかった!

ところで、今は太めって
多分、そんなに太くはないわ!
そりゃうん10年前と比べたら…
うん、まぁ、太ったことは否めないけど(笑)

今年の雪山はほんとに天気に恵まれて、
でも天気悪い日もあったんだけれど
全体的には良かったんだと思う。
クマちゃんと行った北八ヶ岳は
2人で初めての山行ってのもあったし
印象深い山になったよ。
雪深い事が、更に、深く心に刻まれるキッカケにもなったね。
先日の北アルプスで雪山は終わりだけれど
本当に幸せな山行ばっかりだった。

あ、鎌倉まで迎えに来い!
なんて、そんなの普通の事じゃなーい
(。-∀-)ニヤニヤ

そんな訳でお次は立山の記事でーす!

いつもありがとうね♪ヒロさん◡̈*❤︎