つながる*noyama

白い世界〜唐松岳 - 後編 -

e0307372_16212392.jpg


写真は唐松岳山頂から。
中央右側には白き頂の剱岳が。

前編は→ こちらから




2015.3.8 ( 日 )


丸山ケルンから・・・。




*- - - - - - - - - - - - - - - - - - *- - - - - - - - - - - - - - - - - - -*- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -*




丸山ケルンからはそう遠く無い山頂なのに
まだまだ辺りはガスに包まれたままだ。

あと少しあと少し


e0307372_17053067.jpg






e0307372_15122912.jpg





e0307372_17025433.jpg



広い稜線から細い稜線へ変わっていく
見える頂の向こう側に辿り着けば
唐松岳頂上山荘が左手に。
その分岐を左に見ながら山頂へ行くには
真っ直ぐ一旦下って登り返す。





e0307372_15215283.jpg


頂上山荘からのトレイルと合流すると
山頂は近い。
いよいよ最後の急登だ
急登へ取り付く手前で山友が

「雷鳥がいる」

と囁く。

e0307372_15282689.jpg



指差す方には
真っ白な綿毛の雷鳥が。






e0307372_15300650.jpg





e0307372_15304064.jpg






e0307372_15350212.jpg
逃げる風でもなく、気にする風でもない。
雷鳥にすればいつもの暮らし通りなんだろう


雷鳥に会う直前まで
一瞬でも晴れたらいいな。と思いながら歩いてきた。
でも吹く風は微風で雲を飛ばす勢いは全くない。
厚い雲が切れることはないだろうな
と晴天は諦めていた。正直テンションは低かった。

でも
雷鳥に逢えた途端やたら元気になる。
もう晴れなくてもいいや〜♪
とまで思ってしまう。
さすが山のアイドル。
雷鳥の影響力ったら素晴らしい。



さて 雷鳥に別れを告げるとあと一登り
山頂はもう目の前だ。
足取りも軽やかに登っていく






e0307372_15364527.jpg



急登を歩き始めると
さっきまでほとんんどなかった風がそよぐ。


見上げると雲が流れ出す
それはゆっくりと
まるで大河の流れのように。




e0307372_15394335.jpg


歩く雪面に影が伸びる。


きっと晴れる。


きっとガスは切れる。





e0307372_15422357.jpg






e0307372_15425396.jpg


白い雲は風に乗り
ゆっくりゆっくり流れ
刷毛で描いたような青い空が
広がっていく





e0307372_15461754.jpg





e0307372_16182053.jpg




e0307372_15554643.jpg

10:46 唐松岳 登頂


ここへ辿りつくまで
何も見えなかった
黙々と登ってきた事へのご褒美が待っていた


碧い空と白い雲のリレー
一瞬も気の抜けないレース
そんなスライドショーをみているようだった。



e0307372_16002006.jpg




e0307372_16003559.jpg




e0307372_16012791.jpg







e0307372_16035494.jpg




e0307372_16054304.jpg







水色の空から青空。そして紺碧の空へ
これほど美しい碧い色ってあるだろうか。


そして山頂へ居合わせた皆んなが歓喜の声を上げる
だって見つめる先には真っ白な衣に身を包んだ剱岳が。
かっこ良すぎるでしょう?





e0307372_16072908.jpg





気づけば山頂には30分以上もいた
だって景色はこの上なく美しく
しかも
風はほとんどなく寒さを感じない程だったのだから。


まだまだ撮りたい写真はいっぱい
まだまだ愛しい山を眺めていたい。
けどキリがない。
このままだと夜まで居座ってしまいそうだから。

帰りの電車の時間は決まっているのだ
もう時間いっぱい
下山しなければ。



後ろ髪引かれつつ
剱に五竜に、見えない白馬三山に別れを告げ下山。



e0307372_16321965.jpg







e0307372_16324418.jpg





e0307372_16334218.jpg

気温が上がってきてたからか
下れば下るほど又辺りは真っ白
真っ白ならば景色を堪能することもないとばかりに
サクサクモフモフバフバフさせながら一気に下っていく


アイゼンに付く 団子状の雪の塊がひどくて
歯が効かず転ぶこと数回。
上の樺を過ぎたところでアイゼンを外したけれど
途中、ちょっと怖かったなぁ。と外した事を後悔。



e0307372_16353352.jpg




e0307372_16413471.jpg



e0307372_16415775.jpg






八方池ケルンまで下りてくると
また少しづつ青空が見え始める
そして冷たかった周りの空気も一気にかわり
気温が上がってきたことを知る。
つまり・・・
それは麓が近くなってきたということ。







e0307372_16435817.jpg





e0307372_16444347.jpg





e0307372_16450911.jpg


振り返ると
もうそこには優しい丸い斜面が見えるだけ
とうとう下りてきちゃったな





e0307372_16465051.jpg






e0307372_16471041.jpg


遠くに見える青空は優しく
それはもう春の空だった


これで厳冬期の雪山シーズンは終わりなんだろうと思うと
なんだかとても寂しい思いでいっぱいになる。



e0307372_16520472.jpg





e0307372_16524164.jpg


初めての後立山の山、唐松岳。
八方へ着いた日は晴れのち曇り後雪
唐松岳へ向かっている時は眺望無しの真っ白な世界


ちょっぴり残念な気持ちでずっと歩いていたけれど
強風で有名な稜線歩きは
後立山が初めてな私に優しくほぼ無風
真っ白い雷鳥にも逢わせてくれた。
そしてその頂に立った時には
憧れの君 真っ白い剱岳まで逢わせてくれた


出来過ぎの山行にワッショイ♪
Thank you 唐松岳




最後に・・・
Love 剱岳


e0307372_17023990.jpg
photo by Ko...





おしまい

by mt_kawamin | 2015-04-12 20:00 | 山登り | Comments(8)
Commented by pallet-sorairo at 2015-04-12 20:11
かわみんさん すごい!素敵!
こんな世界、なかなか見られるものではないでしょう!
まっ白な雷鳥までって素晴らしすぎる。
羨ましいです。
Commented by ゆず at 2015-04-12 20:38 x
やっぱり厳しい世界なのでしょうけど綺麗ですね!
いえいえ、綺麗過ぎですよ~!
わたしもこの世界に行きたいなぁ…行けるかなぁ、うん、行く
いつも、素敵な景色をありがとうございます♪
Commented by mt_kawamin at 2015-04-12 22:17
*palletさん こんばんは♪

ありがとうございます(*´ー`*)
やっと唐松岳をUP出来ました。
初めての後立山の山
がっかり肩を落としながら
それでも雪山を歩く嬉しさと・・・
究極のツンデレな唐松岳に魅せられましたよ♡
ドラマチックな空模様に
心臓はどきどき・・・素晴らしい世界に心は鷲掴みされました♪
白い雷鳥さんは、本当に目の前までちょこちょこ歩いてきて
警戒心のない純粋な心の雷鳥さんにもドキドキでした。
出来過ぎな山行に、色んなもの、こと、人に感謝です♪

Commented by mt_kawamin at 2015-04-12 22:21
*ゆずさん こんばんは♪

こちらで会うのはお久しぶり♪
そしていつもありがとう(*´︶`*)

唐松岳の稜線に吹く風は強いと知っていたので
お天気もだけれど、風が弱いことが条件に入ってました。
風が強かったらもっともっと厳しくて
泣きが入ったところ、風は穏やかで気温も低くなく
山頂直下までの真っ白けな眺望無しは仕方ないとして
歩く条件としては悪くなかったの。
最後には青空も見せてくれて素晴らしかったよ〜
夢の世界へ入り込んだかのような気持ちだった
私でも歩けたんだから、ゆずさんもきっと行けるはず。
いつかきっとその目で素晴らしい世界を堪能してね♡

Commented by hiro_1957 at 2015-04-13 00:36 x
かわみん、今晩は♡

素敵すぎる山行!
感動するね。

標高2500m超で見る雲海は素晴らしいの一言。
登ってる時のテンションは天気の変化と同期するから
かわみんの気持ち、分かる気がします。

純白の雷鳥や雲海に碧い空、そして最後の写真の剱岳。
いいものを見せてくれてありがとう!

Thank you かわみん
Love 紺碧の空

Commented by mt_kawamin at 2015-04-13 07:46
*ヒロさん おはよう♪
いつも飛んできてくれて?ありがとう◡̈♡

この山行は私にとって
とっても価値のあるというか
心に残る山行になったよ。
厳冬期の北アという事もあるけれど
分厚いつくて、読むのを躊躇っていた本の
1ページをめくってしまった時の
思いがけない言葉に時間を忘れて読み更けてしまう
みたいな?
この山には度々登らせて貰うような気がする
と言うか、登りたい!(笑)

いつも来てくれてありがとね♪
Thank you Hiroさん
Love mountains!


Commented by cyu2 at 2015-04-13 07:52 x
これは凄い景色!
真っ白な雷鳥さんも憧れです。
こんな一期一会があるから、また行きたくなっちゃうんですよね。
素晴らしい雪山納めになって良かったですね^ ^

そうそう、長野線は利用者が多いせいか?良い車両にあたる率が高いですよ。結構乗り心地が違うんですよね〜
たまにはバス旅も悪くないでしょ(笑)
Commented by mt_kawamin at 2015-04-13 22:43
*cyu2さん こんばんは♪

そう、そうなんです!
お天気や眺望の期待出来ないのが確信に変わった後にこんな景色見せられたら
も〜〜たまりません♡
真っ青な空のしたの景色ももちろん嬉しいんだけど
青空の下を白い雲が川のように流れていくなんて
ドラマチックな景色でしたよ

後立山の山はこれが初めてだったんだけれど
くせになりそうです。
劔をうっとり眺めるには最高ですね(笑)
蝶が岳から眺める槍穂のように足繁く通いたい!!

本当・・・人とも景色とも一期一会。
大切にしないとなぁ〜と心から思う今日この頃です。

ところで!全く!その通りで
バスの旅もいい!
椅子と椅子の間隔が広くて、あずさより広いかも?(笑)
中央道を走る時も、いつもの目線より高い位置にあるので
まるで知らないところを走ってる感覚だし
今年は初体験が多い幕開けでしたよ(*´ー`*)
さわ信も乗りたいな〜とか思っとります♪
「これがお得!」なんて情報あったら色々伺いたい!
ご教授お願いします♡

今日は来てくれてありがとう
嬉しかった〜♪