つながる*noyama

ほんとうの空へ  - Part 2 -

e0307372_17295806.jpg



2015.3.30 mon

二日目の深夜2時
唸るような風の音と喉の渇きで目覚める。
外をみると真っ暗
当たり前だ、夜明け前なんだから










水で喉を潤し
日の出の頃までもう少し寝よう



e0307372_22215910.jpg

目覚めたのは5時半近く
それでも今日の予定はゆっくりなので
布団の中でぬくぬく。
チラチラっと窓の外を覗いてみると
ガスで真っ白だった空に薄い水色の空が広がった。

晴れてきた!
と思ったら着替えるのは早い。
カメラを持ち、寒風吹き荒れる外へ。



e0307372_22245489.jpg



山の向こうから太陽が覗いてくるのもあと少し






e0307372_16330489.jpg




e0307372_16352359.jpg




小屋の東側から遠くを見たり
南側に回って風に対抗してみたり





e0307372_16373320.jpg






e0307372_16381001.jpg








e0307372_16394632.jpg



雲がすっかり取れた景色を期待していたけれど
それには風が強すぎたようで
雲がなくなってはまた運ばれてくるこをを繰り返すばかり。



いよいよ寒さに耐え切れず撤収。




e0307372_16425609.jpg

冷え切った身体を温めてるうちに
朝食の準備が完了したようだ。





e0307372_16434946.jpg




e0307372_16442247.jpg





ご飯にお味噌汁
温泉卵・牛肉のしぐれ煮(?)・味付け海苔・沢庵・花豆煮・梅干し
The 朝ごはん なおかずにご飯がすすむ。
お腹いっぱいで完食

ご馳走様でした。




ゆっくりパッキング
風が弱くなって晴れるのを待っていたけれど
どうやら朝の早時間の晴れ間はもうないようで
山頂での晴れを期待して小屋を後にする。



e0307372_16493798.jpg





e0307372_16504215.jpg




e0307372_16523188.jpg




e0307372_16530048.jpg




行先は真っ白でなんにも見えない。
どこが山頂なのか
どこまで行けば分岐なのか
ルートは合っているのか

トレースと赤いリボンを探しながら歩くこと約50分



e0307372_16542133.jpg


8:50
勢至平からの合流点、峰の辻に到着


このあと勢至平から登ってこられた方と少しの間お話させて頂く
最短時間ルートで歩くつもりだったが
一旦100m程下って150m程登り返すと言う。
地図をよくよく見てみると、なるほど、ほんとだ。
ところが牛の背経由で歩くと稜線歩きが続くので
風が強い今日はかなり影響を受ける上に距離も長くなると・・・
考えあぐねた結果、登り返しはやっぱり嫌なので稜線をぐるりと歩くことに。



e0307372_17071993.jpg

峰の辻からは20分程で牛の背
そこから山頂までは700mほど

サクッと着くつもりが
ルートを間違えたり
山頂近くなると雪がなくなり歩きにくかったりもして
峰の辻から歩く事約50分程



e0307372_17140429.jpg


9:45 安達太良山山頂 着


天気予報では9時過ぎから晴れの予報だった。
風も強いし、このガスは切れると思っていたが
なにしろ下界の春の陽気とは裏腹に
山頂の空気は冬そのものだ
じっと岩に隠れるようにしても耐えられる訳もなく
早々に下山を決める。



e0307372_17175687.jpg


下山は薬師岳を経由してスキー場方面から奥岳登山口へ。





e0307372_17193290.jpg

ガスが切れるような切れないような
気を持たせる空模様。






広い雪原のような斜面をザクザクおりていると
辺りを包んでいたガスが
まるで川の流れのように流れていき




e0307372_17233910.jpg



e0307372_17245535.jpg





振り返ると
帯状になって白く流れる雲の上には春の青空が。







e0307372_17292629.jpg






e0307372_17295806.jpg



雲は勢い良く斜面を駆け下りていく



e0307372_17334483.jpg




私たちの頭の上には もう青空しかない。









e0307372_17342677.jpg




e0307372_17345952.jpg




e0307372_17374618.jpg







e0307372_17381738.jpg







e0307372_17384964.jpg




安達太良山の山頂は
雲の中から顔を出すことはずっとなかった


けれど
その雲の向こうは必ず晴れている



e0307372_17401625.jpg



ほんとうの空は
いつだって雲の向こう側にあるんだから。




おしまい








by mt_kawamin | 2015-04-04 19:33 | 山登り | Comments(4)
Commented by ヒサ at 2015-04-04 20:05 x
かわみんさん、ただいまです。

ようやく復活気配であります!
体力が落ちてしまって山に戻れるのはしばらく先になりそうですけど、
かわみんさんに元気をもらいにまた伺います。
Commented by mt_kawamin at 2015-04-04 22:37
*ヒサさーーーーん!

お帰りなさーーーい♡
もぉーーーずっとずっと心配してたよ
でも帰ってきてくれて凄く嬉しい‼︎
数年前までのやり取りが
ついこないだの事のように思い出すよ♪

私は前ほど頑張って書いてなくて
サボり気味なブロガーだけれど
呆れず、またおつきあい頂けたら嬉しいなぁ

まて仲良くしてね♪

Commented by hiro_1957 at 2015-04-05 00:58 x
今晩は♡今回は早かったね!(笑)

ガスが切れそうで切れない情景がとても良く伝わってきました。
でも皆、素敵な写真ばかり(^_^)
あの雲が飛べば安達太良山の雄大な景色がドーンと現れて、ツンと立った乳首がお目見えしたはずなのになぁ〜!(笑)
ここは一年、四季を通して素敵な景色を楽しませてくれる山なんだろうね。

いつか行ってみたかった新幹線往復で小屋泊の山行。
かわみんのお陰で行った気分になれたよ!(笑)
是非また計画して大金使って来てください??✌️

Commented by mt_kawamin at 2015-04-11 07:31
*ヒロさん おはよう♪

返事が遅くなっちゃってごめんなさい(^^;;
中々PCに向かえなくて申し訳ないっっ

安達太良山。
車で行けば日帰りも可能な山を
くろがね小屋に泊まってゆったり過ごす山時間。
こんなに幸せな事はないよね
今まで、小屋泊まり自体しなかったので
新幹線使っての山行と言い今年は本当に贅沢してるなぁ
尤も、これが最後かもしれないけど♪
シーズン入ったらテント泊だもん。

そうそう、安達太良山は優しい山容の山
けど、噂に聞く風はやはり本物で
着いた日は奇跡的?に風が弱くて翌日も期待したけど
翌日は朝から唸る風にうなだれちゃいました(笑)

ツンとたった乳首〜が見えなくて
お見せ出来なくてざーんねん( ̄w ̄)
またいつか見せれるといいな。
いつもありがとネ(*´ー`*)ゞ