つながる*noyama

ほんとうの空へ  - Part 1 -

e0307372_17265986.jpg




2015.3.29~30

3月最後の日曜日。
今シーズンの雪山の仕上げは
「ほんとうの空」に逢うため安達太良山へ。








先週に引き続き、今回も新幹線利用の贅沢山行
東京駅発のやまびこ152号で郡山まで。


e0307372_14573549.jpg





e0307372_14581574.jpg

いつも朝ごはんは沢山食べれない私だけれど
一際目を惹く桜の包み紙と季節限定の文字に惹かれ
今日は朝から贅沢お弁当。
筍ご飯のお米は有機認定米の秋田県産秋田小町だとか
お野菜もたっぷりで山では野菜摂りにくいので嬉しいおかずの品々。



車窓から外を眺めつつお弁当に舌鼓をうつ。
お腹がいい感じになったら
ゆっくり旅情を楽しもう・・・と、いきたいところだが
さすが新幹線。
1時間程で郡山へ。
新幹線に後ろ髪を引かれつつ
郡山からは安達太良山スキー場へのシャトルバスにて約1時間でスキー場到着。


e0307372_15170054.jpg






e0307372_15173658.jpg

レンタル棟の更衣室をお借りして、着替えを済ませ、登山届けをだしたら
くろがね小屋を目指して さぁ、歩こうか。



e0307372_15191344.jpg


スキー場の気温は13℃ほど。
春の陽気で雪も大分少ないだろうと思っていたら
森の中へ足を踏み入れればまだまだ雪はたっぷりと。



e0307372_15213675.jpg




e0307372_15220260.jpg

見上げれば春めいた薄青色の空が眩しい





e0307372_15225007.jpg





樹の幹の周りにある雪は大分溶けている
東北の雪山にもそこから春が始まろうとしてるんだ。






e0307372_15251857.jpg




九十九折の林道を幾つかショートカットで直登すると
高い木が次第になくなって
頭の上は空が広がるばかり





e0307372_15255639.jpg


e0307372_15273342.jpg



e0307372_15280377.jpg

視界が広がる北側を眺めてみると
そちらの山はカラマツ林らしく
綺麗に刈ったかのようなカラマツが整然と並んでいる。
紅葉の季節には黄金色に染まってさぞかし美しいだろう。




e0307372_15295668.jpg

勢至平(セイシタイラ)の辺りまで歩いてくると
遠くに甘食のような山が見えてきたのは箕輪山





e0307372_15400885.jpg


更に進んでいくと山頂が平なゴツゴツ山、鉄山が。





e0307372_15420578.jpg







e0307372_15423308.jpg




e0307372_15431245.jpg







e0307372_17314000.jpg




奥岳登山口から約1時間半
勢至平分岐に。
安達太良山のTOP 乳首は一番左側に。

ここを左に折れると峰の辻を経て安達太良山へ。
今日はくろがね小屋泊の私達は直進




e0307372_21112723.jpg




e0307372_21135002.jpg



北側の尾根が近づいて





e0307372_21142456.jpg




e0307372_21144896.jpg


トラバースするように歩き




e0307372_21153355.jpg



ここを過ぎると




e0307372_21163072.jpg

今日の終点、遠くにくろがね小屋が。






e0307372_21173219.jpg




e0307372_21175957.jpg


13:35 くろがね小屋 到着




e0307372_21190037.jpg




e0307372_21191597.jpg



くろがね♪




e0307372_21194562.jpg


こじんまりとした小屋は
階段を登り2階が宿泊するところ。
私たちの今宵の寝床は8号室だ。





e0307372_21211927.jpg




e0307372_21215652.jpg

2階部分は階段を中心に廊下が回廊状に。








e0307372_21292753.jpg








e0307372_21295624.jpg








e0307372_21301926.jpg




中心部分はドーーンと吹き抜けになっていて
開放的で気持ちよい空間が広がっている




e0307372_21321638.jpg







e0307372_21221415.jpg






さて身の回りの整理したら
小屋の探検だ



e0307372_21363684.jpg

整然と並べられたスリッパ




e0307372_21365240.jpg




昭和の香りがする火災報知器




e0307372_21371164.jpg





まるで小屋の主人かのような存在感の石炭ストーブ




e0307372_21381278.jpg








e0307372_21372790.jpg









e0307372_22125955.jpg










e0307372_21383152.jpg










e0307372_21385429.jpg










e0307372_21391133.jpg












e0307372_21392627.jpg


点くことのなかった
薄緑色のガラスが美しいアルコールLamp





さて
小屋の探検を一通り済ませたら
ご飯の前にひとっ風呂浴びてこよう




e0307372_21333543.jpg

源泉掛け流し
酸性湯はまったりな白濁の湯
いい〜〜気持ち♪








そしてお待ちかねの夕食は6時から


e0307372_21394507.jpg


ご存知、くろがね小屋特製のカレーライス
甘口なのかしら?
と思うと、後からピリリとスパイシーな辛味が追いかけてくる
これが後を引く美味しさなんだろう
ペロリと完食
ごちそうさまでした。




寝る前にまたお風呂で温まって・・・



e0307372_21400385.jpg




そろそろ消灯時間。
石炭ストーブで十分に暖められた小屋で
夢の時間へとバトンタッチ




Part 2へ続く




by mt_kawamin | 2015-04-01 21:59 | 山登り | Comments(2)
Commented by hiro_1957 at 2015-04-02 11:53 x
かわみん、こんにちは☆

連チャンで新幹線、そして今回は小屋泊。
くろがね小屋には温泉があるんだね?
そんな山旅、羨ましい限りです(^_^)

阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空

そう、智恵子が見た空はどうだった?
今回もpart2が楽しみで仕方ないよ。

また寄らせてもらうね*\(^o^)/*
Commented by mt_kawamin at 2015-04-04 18:14
*ヒロさん こんばんは♪

くろがね小屋は小さくて素朴で
飾りっけも無い小屋だけれど
その分、下界から完全に切り離された空間に感じられた
とても素敵な小屋だったよ♡
お風呂は源泉掛け流し
白濁の酸性湯
気持ち良かったぁ〜


智恵子のほんとうの空と
私のほんとうの空と
少し違うのかもしれないけど
誰の心にもほんとうの空は必ずあるんだよね〜

いつもありがとー励みになるよ♡