つながる*noyama

11月の丹沢山へ

e0307372_23460581.jpg
2014.11.3 ( mon )

久しぶりの丹沢山を歩いてきました。
塔ノ岳から丹沢山への稜線歩きが気持ちいい






素敵な秋に会える鍋割北尾根がいいな〜と。
思っていたのに起きれば既に5時・・・
そこを歩くには行程が長いから朝一の出発でなくては
こりゃ無理だわってことで
そんな時はジタバタせずに、他のルートへ変更なのだ

よーし、今日は丹沢山へ行っちゃおー
と大倉へ着いたのは既に8時過ぎ。
丹沢山ピストンするにはちょっとタイトな時間になりそうだけど
タイムリミットになったところで引き返せばいいじゃない
相変わらずゆるっとした考えです。
いえ、無理はしない主義なのです。


e0307372_23585074.jpg
8時55分 出発


大倉を歩き出した頃空は真っ青
プカリプカリと浮かぶ白い雲が綿菓子のようで美味しそう
麓の大倉は紅葉にはまだ少し早く
柿の木の葉っぱが少しつづ色づき始めたくらいだ。


e0307372_10152147.jpg

お馴染みのこのルートも久しぶりに歩くと懐かしい気持ちで
朝陽が射し込む樹々の間を歩くのも楽しい


e0307372_10172873.jpg


e0307372_10183229.jpg



e0307372_10201839.jpg



e0307372_10221351.jpg

見晴茶屋を通り越し
一本松のベンチを過ぎた頃から紅葉した木々が見頃


e0307372_13543147.jpg


e0307372_13551145.jpg

雨が多かったせいか
紅葉した葉にポツポツと黒い点が多いのが残念だけど
遠目で見る分には 
ううん
そんな小さい点だって水玉模様だと思えば・・・笑


e0307372_20214563.jpg


e0307372_20220097.jpg


e0307372_20222281.jpg


色々な秋を探しながら空を仰いだり
地面を凝視したり
急がなくちゃ丹沢山まで辿り着かないのに
あっちにもこっちにも目がいってしまう



e0307372_20230474.jpg


e0307372_20232351.jpg


堀山の家で小休止
残りのおにぎりでエナジーチャージをして
塔ノ岳までの急登に備えよう


e0307372_20242981.jpg


e0307372_20244792.jpg


e0307372_20250962.jpg


e0307372_20253152.jpg



10時58分  花立山荘 着

e0307372_20303937.jpg


大倉から2時間ちょっと
我ながらよく頑張った
と、言うかこれ以上早く歩くことなんて私には出来ませーん

塔ノ岳まではノンビリ行こうっと。





e0307372_20384627.jpg


e0307372_20393832.jpg


花立山荘から金冷しの間の馬ノ背と
金冷しから塔ノ岳までの尾根歩きが好き



11時32分 塔ノ岳 着




e0307372_20444493.jpg

大倉出発した時 空は真っ青だったのに
塔ノ岳に着いてみればガスガスで真っ白
富士山は勿論、丹沢山へ稜線ですら見えないほど

まぁ、でもいいさ
こんな日もあるさ
そんな時は取り敢えずの腹ごしらえで


e0307372_20481395.jpg


e0307372_20483724.jpg

サッポロ一番 塩ら〜めん♪
半熟卵を添えて・・・**
と気取るほどの山ごはんじゃないけども。

30分程Lunch休憩したら いざ、丹沢山へ


12時05分 塔ノ岳 出発

相変わらず辺りはガスで真っ白
「いつかは晴れ間が出る」
と根拠なきポジティブシンキングで





e0307372_20542566.jpg

丹沢山へのトレイルは尊仏山荘脇から

丹沢山までの間、緩く登ったり下ったりが繰り返されるけれど
塔ノ岳から丹沢山へ向かう最初の下りが結構な具合で
一旦グググ・・・・っと鞍部まで約90m程下ります
『帰り ここ登るんだよなぁ』
と 分かりきってることを毎度憂鬱に思う訳です


e0307372_20545309.jpg


帰りの心配をしてる最中
時折 雲が切れ
その間から陽が射し込むと
白いヴェールに包まれた山肌に鮮やかな色彩が浮かび上がってくる
それが絵画のようでなかなか美しい
自然が創るソフトフォーカス♪




e0307372_21253188.jpg


e0307372_21255545.jpg

真っ赤に色づく葉 どこまでも高い青空
立ち枯れたブナの木 枯れた木を覆う潤った苔

どれもこれも
見ていて飽きることなんかない

e0307372_21261490.jpg
コルから緩く登って下って
緩く登って1461mの日高へ

e0307372_21264404.jpg



e0307372_21270012.jpg

強い風に飛ばされて雲が負けると
勝ち組の青空が空いっぱいに広がり
葉をピカピカと照らす





e0307372_21332864.jpg


e0307372_21335803.jpg

そして日高を過ぎると
いよいよ私のお気に入りの稜線歩きが楽しめるようになる
ここを一度でも歩いたことがあれば
どんなに素敵なトレイルかわかると思う
きっと誰もが大好きになる 気持ちよい牧歌的な稜線歩き




e0307372_21414483.jpg


e0307372_21421290.jpg


e0307372_21423217.jpg


e0307372_21433252.jpg

緩く登って緩く下ってを繰り返し
丹沢名物 木の階段をポコポコ登って行くと竜ヶ馬場に着く
ここも素敵な笹野原なんだけれど





e0307372_21443281.jpg
鹿柵が張り巡らされ、景観が今ひとつになってしまった
柵がなければもっと素敵な風景が目に入るのにな・・・
と思いつつ
丹沢山まであと少し!
頑張って登りつめちゃお



e0307372_21514110.jpg


e0307372_21520452.jpg


e0307372_21522512.jpg


e0307372_21524934.jpg

竜ヶ馬場から約20分

12時50分  丹沢山 1567.1m 登頂



e0307372_21531434.jpg



e0307372_21553599.jpg


e0307372_21555954.jpg


e0307372_21561785.jpg


e0307372_21564203.jpg

塔ノ岳山頂に比べて人も疎ら
だからこそ、ここまで歩きたいと思っちゃう
静かな丹沢を満喫するにはここまで足を伸ばさなきゃ!



e0307372_21570575.jpg

さぁて
お昼は塔ノ岳で済ませてある
丹沢山では写真撮ったらtouch&Goで下山なのである
ピストンだから同じトレイルを辿っていくだけだけど





e0307372_21574575.jpg


e0307372_21584291.jpg


背中に受けていた光を正面から受ける
逆光になって笹や草木が光っていて綺麗なんだ


e0307372_21585992.jpg


e0307372_21592865.jpg


e0307372_22030384.jpg


木道の間からひょっこり竜胆




e0307372_17212944.jpg


e0307372_17220610.jpg

見通しの効く稜線上の笹野原を縫うように歩き
次第に笹が少なくなって
枯れ葉の上を歩くようになって土が多くなって
丹沢山へ向かう時 帰りを思うと憂鬱になった急な階段が迫ってきたら
もう塔ノ岳だ。




e0307372_17230299.jpg

e0307372_17240332.jpg


e0307372_17245546.jpg




14:25 塔ノ岳 着



時間も時間なので
急いで日暮れまでに大倉へ着かなくちゃ
(日暮れにならないように早発ち早着しましょう)



e0307372_18180380.jpg


e0307372_18191321.jpg

表尾根を遠くに見て
大好きなルートなのに今年はまだ歩いてないな
いつ歩こうかなぁ・・・なんて思いながら
大倉尾根向かって階段を下りていこう



e0307372_18214544.jpg

16:28 大倉 戸川公園駐車場着


e0307372_18251637.jpg

秋の日は釣瓶落とし

秋の日は急に沈んでいく
本当なら塔ノ岳でピストンするべきだったなぁ
なんて反省しながらも
丹沢山までの稜線歩きはやっぱり素晴らしかったなぁ
としみじみ思う訳であります。

これから冬に入り
益々日も短くなり
益々丹沢山系の山々へ入ることも多くなるけれど
近場の山だからって気をぬくのは厳禁!
と反省する山歩きでした

彩の秋の山 サヨウナラ
真っ白な頂を抱く冬の山 ご機嫌よう♫



おしまい








by mt_kawamin | 2014-11-19 19:05 | 山登り | Comments(8)
Commented by hhaannaaiihh at 2014-11-19 22:50
かわみんさん、綺麗な写真一杯で、しかも遠景、中景、近景の写真をうまくちりばめてあるので、最後まで楽しく見れて、本当に登ったような感じになれました。
写真を見いて、自分も、かわみんさんと同じような視線で登ってるように思いました。だから共感するのかなって。一つ大きく違うのは、かわみんさんの歩くスピードが間違いなく早いこと。うらやましいです(^^)
これからもブログ楽しみにしています。
ありがとう(^^)v
Commented by mt_kawamin at 2014-11-20 17:32
*hiroさん こんばんは♪

この記事読んで、一緒に歩いてる感じになっただなんて
めちゃくちゃ嬉しい〜です(*^^*)
好きな山を分かってもらおうと
素敵なトレイルなんだって知って貰おうと
いつも四苦八苦してるんですよ(笑)

それから歩く速度ですが
いつもはもっと遅いです??
この日は出発も遅かったのに丹沢山まで歩きたい
って言う欲張り山行だったので
けっこう頑張っちゃいました!
テント泊装備の時なんて、抜かされまくりですよ(笑)

>これからもブログ楽しみにしています

ありがとうござます
飽きられないように頑張らなくちゃ♪



Commented by hiro_1957 at 2014-11-20 22:22 x
かわみん、今晩は☆

素敵な写真一杯の丹沢、ありがとう♡
冒頭1枚目の写真が俺が大好きな景色だと知ってた?(笑)
竜ヶ馬場の鹿柵の向こう側の景色も中々良いんだよ。
あちこちの山を登ってて経験豊富なかわみんが、大倉尾根を登ると懐かしく感じるだろう?

丹沢って、色んな人を初心に返させる山なのかな〜?って最近いつも思っているんだよ。

そうそう、塔ノ岳でカップルが間違ってユーシンに降りそうになったのを声掛けしたのは小屋番じゃなくオーナーでした??
ついでに、気付いたけど…
見晴と駒止茶屋だよ〜!\(^o^)/

じゃあ、また寄らして貰うね!

Commented by mt_kawamin at 2014-11-21 07:29
*hiro_1957さーん

テッッッッッ??
ほんとだーーー!
あははははは は は…

見晴茶屋、いっつも間違えるんだ
絶対一回は富士見小屋って言っちゃう。
富士山見えないのに(笑)
んで、何で駒寄?
関越道のPAじゃん‼︎(爆)
酷すぎーあたしったら??

それからTOPの写真がヒロさんの好きな場所?
わー一緒だよ
あたしも大好きで、毎回ここの写真をTOPに、もってきてると思う(笑)
気があって嬉しいーイェイイェイ

そうそう
Blogは色んな人が見るんだから気をつけなきゃ
やさしーくそーっと教えてくれてありがとね、ヒロさん♡
Commented by くっきー at 2014-12-01 11:54 x
かわみんさん歩くのはやーい!
なのに写真いっぱい撮っててスゴイ!
ワタシは塔ノ岳まで2時間半じゃ歩けませんでした。

塔ノ岳から丹沢山の稜線はワタシも大好き♪
気持ちいいですよね~♪
この前ウチの会社の後輩山ガールが
鍋焼うどん食べに鍋割山デビューをしました。
こんどは丹沢山をおすすめしようと思います。
Commented by mt_kawamin at 2014-12-09 07:50
**くっきーさん
おはようございます♪

すすすみません!お返事が遅くなってしまいました!

で…歩くの早い?いえ本当は早くないんだけど
この日はすっごく頑張りました!
だって丹沢山まで行きたかったから
塔ノ岳まで3時間切って歩かないと丹沢山ピストン出来ないし
って。
因みに2時間40分w
さすがに2時間半じゃ歩けないです。
写真もゆっくり構えてピント合わせてってやってないです
大倉から塔ノ岳までは構図も何もなくパシャリですもん笑
そうそう、
私、休憩しないので(何だよどっかで聞いたような言い回しw)

塔ノ岳から丹沢山までの稜線は気持ちいいですよね〜
私も大好き!
表尾根も好きなんだけど
この時期、霜が下りてるとぐっちゃぐちゃなんだもんw
蛭ケ岳までの笹野原を縫うように歩くのもいいですよね♡

あー山欠でどこでもいいから行きたい!
くっきーさん最近お山はどこ行ってます?
覗きに行きますね♪
Commented by 紅葉 at 2014-12-23 14:33 x
こんにちは!かわみんさん♪

先日の大倉~塔ノ岳の山行を思い返しながら読みました!
花立山荘直下の階段…辛さが甦ってきましたw
大倉尾根を登りながら写真を撮るなんて、私にはそんな
余裕は皆無。。まだまだ経験不足な私です。

いつも素敵な写真でイメトレさせていただいています!
次回の更新も楽しみに待ってまーす♪


Commented by mt_kawamin at 2014-12-25 22:25
*紅葉さん こんばんは♪
お返事遅くなっちゃってゴメンなさい??

大倉から塔ノ岳まで
下るのイヤだなぁと思いつつ
アクセスの良さから手軽に選んでしまう、このルート
登りもキツイけど、下る時が更に地獄なんですよね(笑)
花立からの下り、私もだーい嫌い!
あと、駒止茶屋から見晴茶屋の間も何気に嫌いですよー(笑)
それでも行っちゃうって言うのは
ただのドMでしょうか?(^^;;
塔ノ岳から丹沢山までの稜線を歩きたい為に
いつも頑張っちゃいます。

写真撮りながら歩くって
実はそこでコッソリ休憩してる訳ですよ(笑)
写真撮りながら肩でハァハァ(爆)なんてね♪
そのうち紅葉さんとも丹沢辺りでバッタリする予感♡
その日を楽しみにしてよっと♪

初コメ、物凄ーく嬉しかったです
ありがとうございました❤︎