つながる*noyama

晩秋の尾瀬へ -Part 5 -



e0307372_21092952.jpg
2014.10.12 ( Sat )

5:00 起床 
三日目の朝は寒さと周りの音で目が覚めた
寒いはずである
テントはバリバリに凍っている。冬はもうそこまで来てるんだなぁ
なんて思いつつ
写真を撮りに竜宮まで行ってみようか、どうしようか悩む
だって・・・寒いんだもん





結局寒さに負け、
もう一度ヌクヌクのシュラフに包まれる
いつまでもヌクヌクしたいけれど、そうはいかない
すごすごとシュラフから這い出て、冷たい空気に触れると
すっかり目がさめる
今日は三条の滝まで行く予定だ。そろそろ朝食の準備しなくては



e0307372_21104011.jpg
準備と言うほどのことはない。
昨日と同じメニュー。
ソーセージチーズマフィンとロイヤルミルクティーで。

サクサクっと済ませて出発といきたいが
私の準備のノロさは今に始まった事ではない。段取り悪くいつもノロノロ
そしてKさんの体調が今ひとつの様で、昨夜怪我した足の裏も痛いらしい。
三条の滝まで行けるかどうか、このまま鳩待へ戻るか
様子を見ながら決めようとなった。

足の裏はカット綿も当ててテーピング
念のために鎮痛剤も飲んでもらって

8:12 見晴 出発

e0307372_11273274.jpg


歩いても痛くないとのことで
取り敢えずは東電小屋分岐まで行ってみることにする。



e0307372_11281882.jpg
真っ青な空とポカポカ陽気に癒されたのか
足の痛みも体調も大丈夫そう
ならば三条の滝までGo


こちらから先は私は未踏。ワクワクなのである
先ずは温泉小屋まで東電小屋分岐からノンビリ20分

e0307372_11305353.jpg



e0307372_11321518.jpg


e0307372_11352837.jpg
緩くカーブした先に見えてきたのが温泉小屋、その奥には元湯山荘が。
燻したような木造の渋い建物の温泉小屋も
ログハウス風?な明るいイメージの元湯山荘も
想像以上に素敵なのだ。

茅と菅の草紅葉の向こうに佇む小屋は
風情があって映画のロケーションに使ってもいいんじゃないの?と思うほどだ


二つの温泉小屋を通り過ぎ三条の滝方面へ足を進めると
2軒の無料休憩所が


e0307372_11442800.jpg

荷物預かってくれるって!
テント泊装備のデカザックを置いて空身で歩けるのは願ってもない
有難くザックを預けまして出発




e0307372_11470757.jpg


e0307372_11545737.jpg

先ずは平滑ノ滝まで
無料休憩所から20分弱の距離である
落ち葉に埋まりそうな木道を少しづつ緩く下っていく

しばらく歩くとゴツゴツの岩の上を歩くようになり、
階段やら鎖を抜けると平滑ノ滝展望台へ




e0307372_12014694.jpg


e0307372_12025283.jpg


文字通り 平らに滑らかに流れていく滝
漆黒にも見える川の流れに真っ白な飛沫が飛び
川を縁取るかのような針葉樹の緑と山肌を覆う黄色や橙の秋色
そのコントラストがとても綺麗だ。


展望台は狭いので写真撮り終えたら後から来た方へバトンタッチ
三条の滝へはここから更に下っていく
階段を降り、沢を渡渉し湿った岩と土の歩きにくいトレイルをどんどんと


e0307372_13291727.jpg





e0307372_13340000.jpg


e0307372_13345115.jpg

大分下ってきた
水の流れる音も大きくなってきた
そろそろかな?
と思ったところでチラリと三条の滝の滝壺が見える
なかなかの迫力!
そこから進み木製の急な階段を降りるといよいよ三条の滝は目の前だ


e0307372_13414783.jpg


飛沫をあげて激しく流れていく様はなかなか立派な滝である
滝の周りを紅葉した葉が彩りを添えている
三条の滝は水量もすごいし迫力満点だけれど
私の好みから言うと
静かに流れ落ちていく平滑ノ滝の方が素敵だし好きだな。


さ〜て、戻ろうか





e0307372_13475840.jpg



e0307372_13493233.jpg


e0307372_13503589.jpg


e0307372_13512682.jpg

森の散歩はゆっくりと
無料休憩所までは約1時間程度
滝へ降りるまではなんとなく急ぎ足だったけれど
なんだかゆっくりな足取り



e0307372_14021395.jpg

無料休憩所へ到着
コーラで喉を潤す。今日も暖かい
ゆっくり休憩したら
重いザックをまた背負って歩き出そう



e0307372_14031359.jpg

東電小屋分岐 ここは東電小屋方面へ
ちょっと広くなっていて休憩するにはいいところ




e0307372_14072431.jpg


e0307372_14094196.jpg
左を向くと今朝までいた見晴の小屋群が遠くに見える
故郷を去るようなそんな寂しい気持ちになったりして


e0307372_14175658.jpg

e0307372_14184409.jpg
只見川を渡り
明るい森の中の木道を歩いていけば東電小屋はすぐ
お昼は東電小屋の中で またもキノコ蕎麦
長蔵小屋のと違ってこちらのキノコは舞茸がメインでした。
どちらも美味しかったけれど、
平茸や他のキノコも色々入っていた長蔵小屋の休憩所の方が好みかなぁ





e0307372_14270500.jpg
東電小屋を後にすると
いよいよ旅の終盤


e0307372_14294083.jpg



e0307372_14303804.jpg

その終点まであと少しだと思うと
一歩一歩を大事に
カメラにおさめる風景も一枚一枚丁寧に



e0307372_14333073.jpg

東電小屋から15分程でヨッピ橋
これを渡ると私の大好きな中田代の池塘に逢える



e0307372_14354444.jpg

e0307372_14381683.jpg


中田代の池塘が大好き
池塘越しに見える燧ケ岳が大好き




e0307372_14392062.jpg


e0307372_14400492.jpg

そして・・・
季節ごとに違う顔を見せてくれる未草が大好きだ






e0307372_14425185.jpg

下ノ大堀まで来ると山の鼻から見晴までの木道を歩く人が遠くに見える
つまり・・・そろそろ向こう側の木道と合流するってことだ。

牛首まで行ってしまうと山ノ鼻は本当にすぐで
山ノ鼻まで行ってしまったら・・・

巻き戻しをして1日目からまだ始めたい
そんな気持ちになる


e0307372_14472740.jpg


e0307372_14564852.jpg

竜宮からの木道と合流して
山ノ鼻へ向かう
逆さ燧が見える池塘では
水面は静かに燧ケ岳を写していた


e0307372_14491319.jpg


2泊3日の尾瀬の旅もそろそろ終点
いつだって旅の終わりは寂しいものだ




e0307372_13471408.jpg





 雪解けの季節にまた逢いましょう


 
おしまい


これまでの話

by mt_kawamin | 2014-11-10 19:02 | 山登り | Comments(6)
Commented by きりしま at 2014-11-10 23:17 x
かわみんさん こんばんわ
水面に映し出される山とか憧れです
画像はどれもキレイ
もちろん実際もキレイなんだろうけど
何ていうかセンスが違うんですよね
軽い嫉妬です(笑)
行ってみたくなる
そんなブログありがとうございます
語彙が少なくてうまく伝えられなくてごめんなさい
Commented by mt_kawamin at 2014-11-11 07:45
*きりしまさん おはようございます♪

水面に写る山は素敵ですよね
槍ヶ岳や他の山もこれも撮りたいんですが
尾瀬ほど頻繁に足を運べないから
チャンスは中々巡って来なくて…

写真の事、ありがとうございます(*´ー`*)
まだまだカメラを使いこなせてないし
レンズも変えてみたいんだけれど
レンズ交換するのが面倒クサイです(笑)
でも「軽い嫉妬」だなんて
最高の賛美ですよ、嬉しいです♪
これからも精進しよーっとって思わせて頂きました。
いつも来て下さってありがとう♪

Commented by hiro_1957 at 2014-11-11 18:27 x
かわみん、お疲れ!

Part5もいい写真ばかり??
感動を覚えるくらいの写真と文章は読者を
その場所まで連れて行ってくれる気がする。
2泊もして切り取った素晴らしい景色を
何と読者はタダで見れちゃうんだから有り難いんだけど…。

この景色見たかわみんに、
やっぱり、やっぱり妬けてしまう??

また次回、俺を未だ見ぬ山に連れて行って!
ヨロシクね〜!??
Commented by mt_kawamin at 2014-11-11 23:04
*hiroさん こんばんは⭐︎

>感動を覚えるほどの

って褒めすぎだー(笑)
そして天狗になりますよε-(´∀`; )
でも旅して気分になってくれるなんて
そんな風に思って貰えるなんてブロガー冥利に尽きるよ
ありがとー♪
なかなかね〜思い描く写真って撮れないけど
その中でもセレクトして載せてるよ

おーしhiroさんをまだ見ぬ山へ連れてっちゃる!
次は丹沢山の記事だけど??
いつも来てくれてありがとー♡
Commented by Koheii at 2014-11-27 10:57 x
かわみんさん、こんにちは(^^)/

素敵な写真と文章に引き込まれて、
今回の尾瀬、何回か読み返しちゃいました♪

全編を通して、
何枚も気に入った写真を見つけちゃいました。
とっても良かったです(^^)

こんなとっておきの場所、
Kさんはおそらく、
尾瀬大好きになったんじゃないかと思いますよw
Commented by mt_kawamin at 2014-11-27 22:51
*koheiiくん いやっほーーい♪
初コメだね?うりうり♪♪
なぁんて ようこそいらっしゃいました
ずっと待ってたよん

>写真と文章に引き込まれて・・・
何回か読み返しちゃった

あら♪嬉しいこと言ってくださる(^^)
尾瀬をどんな風に感じてどんな風に思ってたのか
本当のところどうなのかな?
と思ってたからそんな風に言ってもらえると素直に嬉しいよ♪

>何回も気に入った写真

そーゆー時はね
『これとこれが好き』
って言うんだよ笑
わぁーー私ってばイケズだね〜笑

Kさん、尾瀬好きになってくれてたらいいな♡
帰る前夜に怪我しちゃって
帰る日に体調悪くて
〆の日がイマイチだったからつまんなくなっちゃってたらヤダなって
実はコソ〜〜リと心配だったのです
でも・・・きっと大好きになってるはずだよね
だってさ、ガイドしたのわたしなんだから!(^_−)−☆

今日は来てくれてありがとう
とっても嬉しかったよ♡
またのご来店お待ちしてます笑