つながる*noyama

晩秋の尾瀬へ −Part 3−

e0307372_10335270.jpg
2014.10.11 ( Sat )


夜明け前に目を覚ます
テント場は静かだ。
尤も、昨日からここで一夜を過ごした人も少ないのだから静かなのは当たり前か。
テントの外が白々と明るくなった5時半過ぎ起床






6時になってカメラを持って弥四郎小屋脇のデッキの方へ


e0307372_10421328.jpg
湿原を朝靄がゆらりゆらりと帯状に流れている



e0307372_10473744.jpg



空は既に夜から朝へと移り変わり
置いてきぼりをくった月だけが空に残る


下田代には池塘がないからか
竜宮小屋前の中田代と違って朝靄がイマイチだなぁ
なんてことを思いながら写真は諦めてテント場へ


今日は尾瀬沼までのピストン
ソーセージ&チーズマフィンとスープで。
食後の珈琲もしっかり頂き朝ごはんをゆっくりと


e0307372_10555888.jpg



7:35 出発 


e0307372_11011212.jpg

まずは朝陽が当たり始めた下田代へ
再びやしろ小屋脇のデッキへ



e0307372_11020954.jpg
草燃ゆる・・・
どこかで聞いたことがあるフレーズだなぁ

太陽の暖かさに追いかけられ
帯状に流れる朝靄も消えかかるところ



e0307372_11035264.jpg

下田代を後にして尾瀬沼へ向かう木道へ




e0307372_11074175.jpg
太陽に向かって木道を歩く
樹々の間から射し込む陽が眩しい





e0307372_11102771.jpg


e0307372_11110641.jpg
尾瀬ヶ原の木道と違って
こちら側の木道の整備は遅れがちだ
尤も歩く人の人数も違うのだから仕方ないけれど
尾瀬のしっとりとした森を演出するには
寧ろ 朽ちた木道だったり 
木道に枯れ葉がたっぷり積もっている方が
雰囲気が増していい。




e0307372_11164418.jpg


e0307372_11171602.jpg


e0307372_11253299.jpg

光と影の織りなす森の空間が心地よい




e0307372_11261859.jpg



e0307372_11270106.jpg

歩く人の少ない尾瀬沼までの木道
木道を歩く音と乾いた葉の擦れる音
遠くで聞こえる沢の音
じんわ〜り沁みてくる尾瀬の空気



e0307372_11305580.jpg



e0307372_11323849.jpg

枯れ葉の積もるトレイルを緩く登り緩く下る
ガレた少し急な上り坂を登り詰めると白砂峠




e0307372_11354171.jpg
濡れた岩と木道を慎重に下りて行けば
尾瀬沼まではあと少し



e0307372_11365144.jpg


e0307372_11373272.jpg

先の森を抜ければ
そこは沼尻だ




e0307372_11383653.jpg





e0307372_11404698.jpg
雲一つない青空
うひょーーー
なんて奇声を発したい位綺麗な風景
来てよかったなぁ


e0307372_11504307.jpg


e0307372_11511534.jpg
お食事に忙しい鴨君たちを右目に
沼尻からは時計回りで長蔵小屋方面へと進む




e0307372_11563495.jpg


浅湖(あざみ)湿原辺りまで来ると
対岸には長蔵小屋が見えるほどに

長蔵小屋無料休憩所のトタン屋根はさながら鏡の様に
陽をたっぷり受けて光っている
遠くからでもその眩しさがわかるほどその姿を水面にも写して。




e0307372_12033884.jpg



e0307372_12040913.jpg




e0307372_12061595.jpg
沼尻から歩く事約40分
三本カラマツを見下ろす丘へ



e0307372_12115649.jpg




e0307372_12185370.jpg
沼山峠への道を左に分けて右へ
長蔵小屋の無料休憩所についたらお昼にしようか







by mt_kawamin | 2014-11-09 12:30 | 山登り | Comments(2)
Commented by sho at 2014-11-13 15:32 x
ふーっ
疲れた眼に、心に、もう息抜にはぴったりの場所「つながるnoyama」。

もうここまでくればかわみんちゃんの描く「尾瀬」
は職人芸の域に達してるよね。
まさにアートの世界だね。

その尾瀬を語る視線たるや、もう友だち以上、恋人以上、夫婦以上・・・
もう嫉妬どころじゃない、神の領域(って、何のこっちゃだね)!
季節を変えての熱愛っぷりが毎度伝わって来るんだ。

もうボクなんかが拙いコメントするまでもなく
全国23万5000人のステキなかわみんちゃんファンが賞賛の声を
贈る理由がこのblogを読めば一発でわかるね(って、何のこっちゃだね)!


それにしてもこのメルトンウールのような質感、キャメル色、もうすりすりしたくなる。たまんないわねー。
その景色ひとつひとつをボクの宝箱にもいれて冷凍保存して
心がささくれたった時にはそっと解凍して暖まりたいよ。
ほっこり度120デニール(って、何のこっちゃだね)。

写真一枚一枚ももちろんだけど、かわみんちゃんの言葉
の一つ一つにもまるで色があるみたいに美しくて・・・
どれをとってもステキな・・・
ダメだ、言葉で伝えられないや。


来てよかった!を連発するような気持ち。
この旅がほんと最高だったってことがずっきゅんずっきゅん
心に訴えて来る。

こんな冬待ち色した美しい尾瀬・・・
出来ればやっぱりステキな人といきたもんだよね^^

あっ、勿論、ガイド料はKさんから頂いたよね。笑。
Commented by mt_kawamin at 2014-11-16 21:15
*shoちゃん ご機嫌いかがですか?

きっといいに決まってるけどw(って、何のこっちゃだねw)

ところで・・・
ちょっと褒めすぎでしょうw
職人芸ってアートって!!w
あ、そっか!ここはウケるところだったり?
いかんいかん、危うく間に受けるところだったわ♪
なぁんてね

尾瀬を語る・・・
どうなのかな?神の領域にはまだまだ遠いけど
(近づくつもりなんかい!)
恋人以上であることは間違いない
だって愛してやまないもの。
尾瀬を素敵に見せてようって
尾瀬を素晴らしい場所だって教えなきゃって
その気持ちは負けないよっっ(誰に?って話だけどw)

全国23.5人程のわたしのファンが賞賛を送ってくれてるかどうかさえ疑問だけれど
1〜2人位はいる!多分・・・と思いたいw

晩秋の尾瀬の景色は
ほ〜んとにピュアWoolだよ
いや、もしかしたらアルパカ?いやカシミアのふんわり感にも増して
柔らかで心を優しく包み込む風景なんだと思うな♪
ほっこり度120デニール
どっかのヒートテック下着にゃ〜負けないよw


尾瀬はいつの季節も好きだけど
尾瀬を心に沁み込ませるには晩秋が一番なんじゃないかなぁ?って思うな
水芭蕉や日光黄菅が咲いて湿原を彩らなくても
草木だけで尾瀬を彩る・・・だなんて素敵だよ

あ、ガイド料?Kさん?
そう言えば1円も貰ってないわ!!
請求書回さなくちゃ!