つながる*noyama

剱岳への道  ④

e0307372_21480569.jpg


前回までの「剱岳への道 ④」は→こちらから♪



夢にまで見た剱岳の山頂
そこに居合わせた人たちは運命共同体
互いに登頂を喜びあう 






喜びをかみ締めながら山頂でのヒトトキを楽しむ


e0307372_21593843.jpg




e0307372_22003336.jpg

だいぶガスが湧いてきて
遠くまで見渡すことは出来なかったけれど
心の眼でみつめればそれで充分
さて・・・後ろ髪を引かれながらの下山である


登るよりも慎重になる下山
ザレた斜面に足をとられそうになりながら
慎重に下りていけばカニのヨコバイ



e0307372_10543817.jpg
ヘルメットの繋がりが丁度「くの字」のように見える
うまく説明出来ないが
「く」の字の出っ張り辺りが最初の一歩
そこへ足をおろす時が緊張を強いられるけれど
身体を山側に向け右下を見ると赤い印のついた足場になる岩が見える
慎重に足をおろす
私的には二歩目の方がよく見えなくて・・・
先行していたアメリカ人の青年が的確なアドバイスを
そして難なく通過
剱は2回目だと言う彼に

ダイジョブダイジョブ  OKOK~
タノシイデショー?

と緊張を解してもらって、こちらもリラックス
わたしたち 日米友好条約に一役買ってます




足を下の岩場に無事下ろした後は
岩と岩の隙間につま先を突っ込み
横に張られた鎖を頼りにソロリソロリと進んでいく
カニのヨコバイとはよく言ったものだ


高度感はどのくらい?

と言われても、実際の所良く覚えてない
一歩一歩進むことに神経が集中していたせいだろう



e0307372_11020166.jpg
ヨコバイから下りた位置から見上げた1枚
白いヘルメットの方が歩いてるのが
岩の隙間に足を突っ込んでソロソロリ・・・とカニ歩きな箇所である
こうやって見ると高度感ないけれど
写ってる方が歩いている所の下はスッパリ
そのまま落ちたら・・・運良ければ重体?そんなところだ。
通過してしまうと、それほど長い区間ではなく
一瞬のような気もするが

何が怖いって

タテバイも同じだけれど
渋滞で先へ進めず
身体が宙に浮いたような状態で待機することである。



e0307372_11261350.jpg



ヨコバイが終わるとすぐに梯子をおりていく
尤も焼岳の3段梯子に比べれば高度感はあっても
真新しいガッチリ設計の梯子だからく怖くない

その後も鎖場が連続
一服剣へ着くまで飽きの来ないupdownのトレイルが続いていく




e0307372_11213471.jpg



e0307372_11220931.jpg
身体の全てを駆使して登っていく
神経を集中して下っていく


e0307372_16201346.jpg



その間もガスは湧いたり 消えていったり



e0307372_16210781.jpg





e0307372_16222055.jpg
秋色を感じると
剣山荘はもうそこだった

剱の懐にいつまでも包まれていたかったのに
下山は早いなぁ・・・

なんてことを思いながら剣山荘から剱沢へ向かっていく
やたらと登るな~こんなに登ったかなぁ
と疑いを持ち始めた頃、下りてくる方に確認したら
私達が向かってるのは剣御前方面

ガスで真っ白だった為に
分岐を見落としたらしい
ガスが切れてみれば剣沢のテント場が眼下に見えた・・・
無駄な脚力使っちゃったなぁ
なんて思いながら分岐まで戻っていく。
ふぅ・・・


e0307372_16325366.jpg

14:15 剱沢キャンプ場 着


鎖場の渋滞があったり 道間違えて引き返したり
CTより1時間程オーバーして我が家に到着
お疲れ様でした。



一休みしたら早めの夕食
まだ15時を回ったばかりだけれど





e0307372_16360832.jpg
お疲れ様のビールと一緒に
アボカド・プチトマト・胡瓜で簡単サラダで


ビール1本飲み終わらない内にポツポツ・・・
夕方近くなると今日も雨
そして今日の雨は本気な雨


寒くて寝袋に包まれてる内に眠りの世界へ





9月14日  sun 5:00 

今朝もいい天気
空には雲一つも無い快晴だ




e0307372_16421437.jpg




e0307372_16430763.jpg



まるで
舞台の緞帳がおりていくように
山肌の裾に向けて陽がおりてくる

e0307372_16434123.jpg





e0307372_16442353.jpg
この場に居られるのもあと数時間だと思うと
やたらと行動が遅くなる
何をやるにもノロノロ


剱岳へ向かう人たちが発ち テン場が静かになった頃、
ベーコン、トマト、チーズマフィンでのんびりと朝食を





e0307372_16515815.jpg

青空の下の剱岳を眺めて食せば
お腹いっぱい 











e0307372_16535950.jpg


e0307372_16541839.jpg




e0307372_16553252.jpg



e0307372_16555844.jpg

太陽がすっかり高くあがり
この沢筋のテント場も暖ためられ
滴に濡れた草花はキラキラと自らも光を放っている


目の前の山は険しいけれど
ここはなんて優しくて美しいんだろう
山の厳しさと美しさと優しさを
この場に ギュギュっと詰め込んだみたいだ





e0307372_16592394.jpg




e0307372_17001122.jpg



e0307372_17003121.jpg

もしも願いが届くなら
この美しさをどうかこのまま永遠に。




e0307372_21035689.jpg




e0307372_21043314.jpg

この地にサヨナラする代わりの挨拶は





e0307372_21061786.jpg



e0307372_21065106.jpg



じゃぁ 又ね




いつか逢えるその日まで



e0307372_21195464.jpg





e0307372_21203648.jpg





おしまい





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2014-10-03 21:25 | 山登り | Comments(21)
Commented by hiro_1957 at 2014-10-04 08:26 x
かわみん、おはよう♡
ブログの脱稿?お疲れ様(笑)

素敵で臨場感溢れる写真ばかり!
日本で山と云ったら、このエリアが一番だね??
いつか行ける日が来るまで、丹沢で足腰鍛えておくつもり??
次の山行の記録、愉しみに待ってるからね〜!

Commented by mt_kawamin at 2014-10-04 15:55
*hiroさん こんにちは♪

そそっ、脱稿だね♪
それとも校了?そんな感じ
長くなると、書くのが段々嫌になっちゃう
初めのモチベーションを維持出来ない
悲しいB型です(笑)

で、臨場感溢れてる?ヨカッた〜
自分だと写真選ぶにしても
そんなに上手くも撮れてないだろうな
とか
センスもイマイチだろうなあ
とかさ、色々思う訳です♪
でも、この立山連峰も劔もその場所が美しくて
カメラの性能も腕も関係なく
美しく撮られてくれるのが嬉しいね
大きなスケールであんなに美しい山に逢えて
ほーんとに嬉しかったー♡
hiroさんもいつか行けるといいね♪
次のBlogは山じゃないんだけど
その次は山かな?(笑)
待っててねー(´・∀・`)ゞ

Commented by inouewood at 2014-10-05 00:47
こちら、今年も行けませんでした剱岳・・・。
3年連続中止です。
でもかわみんさんのキレイな写真で行った気にさせてもらいましたよ!
なので来年は予定すら立てないかも!笑
Commented by cyu2 at 2014-10-05 13:01 x
かわみんさん、こんにちは。
写真ありがとう!
くの字?の写真かな?あのアングルだと行けそうな気分になりますけどね(笑)
いつか行く気になったらやっぱり平日を絡めて行こうと、かわみんさんのアドバイスでそう思いました。
本当に天気の安定した良い時期に行けて良かったですね(v´∀`*)
Commented by くっきー at 2014-10-05 15:33 x
お天気に恵まれた剱岳登山よかったですね~♪
いまはヘルメット装備が当たり前になったんでしょうか?
かぶってる人が多くてびっくりしました!
ワタシのときは前後にほとんど歩いてる人
いなかったからなぁ。。。
去年行ったお友達が剱岳の一般ルートで
ハーネスつけてるひとは渋滞つくるだけだから
やめてほしいって言ってたけど、これだけ人が
大勢登るときは考えてほしいですね。

秋のお花がキラキラしててほんとにきれい!
澄んだ空気がこっちまで伝わってきそう。
あぁワタシもいきたーい!!!!
Commented by しまこ at 2014-10-05 17:49 x
当たり前だけど、山頂からの景色は山頂に立った人しか見えないんだよね。。山頂からの写真を見て心の底からうらやましい〜と思ったよ。何だかお山に関してこんな感情は久しぶりかも。どーしてもまだ、自分が剱に立てる気がしないけど←ご縁もナインだねまだきっと…(´ω`;)
朝露に輝くお花のカットが素敵すぎて、またまたじわじわ込み上げてきてやばかったよ〜♡
Commented by ゆず at 2014-10-05 21:17 x
こんにちは。劔岳お疲れ様でした(^^♪

ほんと、岩岩岩ですね!
怖そう~でも、行ってみたいな。。。

それにしてもかわみんの山ごはんは美味しそう!
私もこんなのできたらいいのに~って、いつもお腹を鳴らしながらみています。

今度の尾瀬で少しがんばってみようと思います。
今日もきれいな写真ありがとうございます。

それではまた。。
Commented by ゆず at 2014-10-05 21:20 x
↑うわぁ、かわみんさんごめんなさい~
私、”さん”書き忘れてますー!
Commented by sho at 2014-10-06 13:03 x
命がけ。
とはまさにこんな場所で使う言葉なんだろうね。

でも山を知らない人が見たら・・・
母親の不治の病の薬でも取りに行くために険しい山道を
登っているかのような。

あぁ 人生のなかでこんなに神経を集中することなんて
果たしてあるのだろうか・・・なんて自問自答しちゃうよね。

あぁ やっぱり山は凄いね!
下山したあとも強烈にその印象を残してくれる。
こんな趣味は他にあるだろうか・・・

地球の骨がにゅきにゅきと肌を突き破って出て来た様な
ごつごつの岩山、剱岳。
だけどもその周りには優しい花々・・・
その花々も、皆、かわみんちゃんに可愛く写真を撮ってもらいたいかのように、
ほんと輝いて選ばれるその時を待っているみたいな。


動と静。
が素敵に切り撮られたブログでしたん♬

山のスキルも上がって
ますます岳女に磨きがかかってきたね。
さぁー北アルプスのあちこちからかわみんちゃんがやって来てくれるの
待ってるわよん✰:*⋆:.。✯.✰:*⋆:.。


Commented by mt_kawamin at 2014-10-06 16:24
*ウッドさん
にゃんですとー?3年連続で劔中止と?
それはあきまへん…
こーなったら晴れの劔さまに会うまでは
とことん計画たてねば!
んで、何故に3年も流れちゃいました?
台風のせい??
是非、劔沢で眺めて登頂しない
って言う、勿体無い登山をやっちゃってー(笑)
究極の勿体無いな気がする
だって、扇沢から往復、約一万円(笑)
Commented by mt_kawamin at 2014-10-06 16:30
*cyu2さん こんにちはー♪

そうなんですよ、「くの字」の画像見ると
ちょちょいのちょいで登れそうですよね
もしかしたら本当にちょちょいのちょいなのかも?だけど
ヨコバイを下から見上げてる写真の場所は
身体が宙を浮いてる様な気分で
あはあはあはははははは??
な感じでしたよ(笑)
でもcyu2さんなら全く問題なく歩けると思います。
想像より短いんですよね、距離が

是非是非、晴れを狙って行って下さい!
劔沢は時期狙えばお花畑です♡
そして一服劔から全く飽きないUPダウンですよー♪是非に
Commented by mt_kawamin at 2014-10-06 16:40
*くっきーさん こんにちはー♪

もーくっきーさんの仰る通り!
ハーネス付けて、カラビナ付けて
団体さんを待つのはちょっとな感じです。
尤も、私達が登った日は土曜日で、しかも登山者がはけてから歩き始めてるので
普通よりは断然少ないと思うんですけれど
それでも…
岩場鎖場に慣れてない方が居たら
自力で登れないなら劔に来ちゃ行けないと思うんですけどね…
タテバイ、ヨコバイだけじゃなくて
同じ様な鎖場幾つもありますもんね??
ま、私もヘタレなんでとやかく言えませんが…

劔沢のお花は盛花の季節を過ぎたと言っても
露を付けて光を浴びる草花は
劔の厳しさと裏腹に優しくて美しかったーー
くっきーさんが休みGET出来ますよーに✨
Commented by mt_kawamin at 2014-10-06 18:52
*しまちゃーん お疲れ様です♪

山頂…
しまちゃんなら私みたいにヘロヘロすることもなく劔沢に着き
もしかしたら別山超えて劔沢入りかな?(笑)

3時にはテン場を出て、日の出を山頂から眺めることが出来るのに♪
来年はきっとその頂きに立てる筈だよ♪
槍ヶ岳も特別な山だったけど
なんて言ったらいいか…
劔は…その地へ赴くのすら遠くて厳しくて
とても神聖な場所って気がしてならないんだよね
だから
咲いてる花さえも
他の山とは違って見えたりしてさ

しまちゃんも滴のついた
キラキラ光を放つ花達を見に行って〜
山の険しさと対照的な劔沢が大好きになったよ♡
Commented by mt_kawamin at 2014-10-06 18:58
*ゆずさん こんばんは〜✨

剱岳…はい、岩の殿堂ですからね
岩岩岩…鎖、鎖、鎖…ですよ〜
ちょっとやそっとじゃ近寄れない
畏れ多くて側に行けない山だけど
時には優しくて楽しませてくれると思うんだ
いつか、是非、ゆずさんもその足とその目と身体で
劔を楽しんできて♡

山ご飯ね〜
最近はほとんど作らなくなっちゃったんだけど、
今回もこの朝だけと前日の夕方に作ったサラダだけ(笑)
重くなること考えると中々ねぇ〜
尾瀬はもう行ったのかしら??
今週末かな?
ステキな秋に逢えるといいね??

「さん 」無し かわみん(笑)
ぜーんぜん問題ないですよー(´・∀・`)ゞ
嬉しいでーす♪
Commented by mt_kawamin at 2014-10-06 22:36
*shoちゃん ご機嫌よう♡

命懸け
そうよ、不治の病の母の為に薬草を摘みに劔へ行ったの
山を幾つも越え、雪が降っても沢の流れに逆らいながら…
って、ちょっと何だかおしんみたいじゃないのー(笑)

この山へ来るまで本当に長かったよ
自信も無かったし、高度感に耐えられない気もしたし…
けど、やっと劔さまからお許しを頂いて
その懐の中へ入ることが出来たの
踊りたいくらいに嬉しかった♡

そしてその険しい山容とは裏腹の
花が豊富で美しい劔沢
簡単にお側にいけないところが
こっちの気持ちをそそられてしまう。

うわーダメだ
もう眠い
続きはまた明日
Commented by キリシマ at 2014-10-18 20:18 x
ここでははじめまして
どの写真も見入るくらいキレイです。
剱は写真で見るだけでもすごさが伝わってきますね
スキルアップしたら行ってみたいです☆
Commented by mt_kawamin at 2014-10-20 00:00
*キリシマさん こんばんは♪
ようこそいらっしゃいました
コメントもありがとうございます

中々思うように写真は撮れませんが
そう言って頂けると嬉しいーです♪

劔は満を持して!
な感じで行ってまいりました
やっと、やっとです
なので感激もひとしお
ステキな山ですのでいつか是非☆

Commented by 弱足ジュリア ① at 2014-12-30 21:59 x
かわみんちゃん・・・・・

あははははは・・・とうとう30日だよ。
小学校の夏休み、毎年最終日に泣きながら宿題やってた頃と何も変わってないね、私。
でも ギリギリでもちゃんと期限までにはできるの、私。

さて、尾瀬やら甲武信やら丹沢やら山友さんたちとのお泊り交流会?やら
毎回素敵な写真と文章で楽しませてもらっているけれど
やっぱりこの記事にコメントさせてもらいます。

今年はびっくりするほどちょっとしか山には行きませんでした。
これが、数年前ならすっごく悔しかったと思う。
皆さんの山レポ見て、地団駄踏んでたと思う。
でも、今年は全然平気な自分がいます。
きっと平地での毎日が忙しくてそれどころじゃなかったから。
忙しい=充実してる  これ。
大変だけど、達成感、これは山も平地も一緒なのね。
来年ももっと忙しくなりそうだけど、きっとその向こうには、やったぜ!の気持ちが待っていると信じて。

Commented by 弱足ジュリア ② at 2014-12-30 22:00 x
つづきです・・・


さて・・・一日違いで同じ山域に居たってことが嬉しいです。
別山からパパが持っていった双眼鏡で剱を見てました。
その日とはズレていたものの、その観ていたルートをかわみんちゃんも歩いていたんだね。 すごいなぁ。
ほんと、すごい。心の底から崇めたい。あなた、すごいよ。

二度目の立山でした。7年前のリベンジでした。
7年の月日はとても正直に自分の体力と精神力を実感させてくれました。
きつかった~。 今のかわみんちゃんには笑われそうだけど、ほんときつかった。
でも、リベンジは達成できたし、もう満足。そして行って良かった、って思います。

山レポ、なんとかしないといけないんだけど、PCの前に座っても全然やる気にならなくてね。
困ったもんだ。
今後はゆる~~い山に たま~~に行けたらいいな、って思ってます。
隊長も以前ほど山に固執してなくて。それがいいのか悪いのかわからないけどうるさく言われないので助かってるのは事実。
でも一人で富山とか日帰りで行ってるの。心配の種が増えたわ~~。

バラとか季節の行事とか、ハッピーにコメントありがとね。
とっても嬉しかった。
月イチの里帰り、最近は大船から湘南ラインで帰っているので
いつもかわみんちゃんの事思ってます。ホントだよ~
なかなか会えないけど いつかまたそんな日が来るかもしれない。それまではブログで。

2015年もかわみんちゃんに山の神様がいっぱい幸せをくれますように。
ありがとう。
引き続きヨロシクデス♪
Commented by mt_kawamin at 2015-01-07 16:37
*ジュリアちゃん
明けましておめでとうございます
こちらもお返事遅くなってしまいました??

さすが!やるときゃやるジュリアちゃん
ちゃんと年内に訪問してくるところ、やるな〜笑
そして記事の中から劔を選んでくれてありがとう
去年、私にとっての一大イベントはこの劔岳山行だったから。

皆のレポ見てもなんとも思わない
いいな〜私もそんな風になりたい!
地団駄踏むのは充実してない証拠だよw

いいね♪
やったぜ!の充実感達成感はどこで感じてもステキなことよね
私ももうすこし真面目に生きないと
きっと後悔ばかりになってしまうかも
Commented by mt_kawamin at 2015-01-07 16:50
*ジュリアちゃん 続きます

そっか立山は7年前のリベンジだったのね
7年。大きいよ。
だって一昨年より去年の方が断然つらかったもの
テント泊装備のザックが重くて重くて
雷鳥坂を あーーもーーやだーー
なんて内心思いながら歩いてたし(笑)
丹沢歩くのだって毎年ペースは落ちてるし同じだってば♪
それでもちゃんと立山のリベンジ果たしたんだもの
素晴らしいと私は思うよ

それからジュリアちゃん達が見つめてた先を歩いてた私を
そんん風に言ってくれてありがとう♡
素直に嬉しいです。
でも、歩いてればいつか着くし(爆)
劔、本峰への登りより
テント泊装備で歩いた雷鳥坂の方が断然辛かったし

ただ
ずーーっと温めて
劔へ登る為に色んな山登ってきたから
この岩場を越えたら山頂ってところでは
登頂してないのに感動でウルウルだったんだよ
本当に嬉しかった。こんな私でも劔が受け入れてくれたんだ〜って。

ところで隊長さん、あんまり山に固執しなくなっちゃったの?
あれだけ山山山〜〜〜だったのに
大人になったのかしら?

私は体力ある内に歩きたい山が幾つかあるので
今年はなんとしてでもそこ歩こうかなって思ってます。
テント担いで縦走あとどれくらいの間できるカナ

大船から湘南新宿ライン乗る時
いつかお茶しましょーよ
ルミネのスタバでちゃちゃっと♪
また会える日を楽しみに毎日頑張るね

ジュリアちゃんに沢山の幸せが降り注ぎますように♡
来てくれてありがとう
本当に嬉しかった♪