つながる*noyama

シロヤシオの季節に ~檜洞丸~

e0307372_21261321.jpg

蝶ヶ岳の記事が終わってないのですが
丁度今、見頃(な筈)なシロヤシオの記事を・・・

絹の様な純白な花びらのシロヤシオを探しに
檜洞丸を歩いてきました






2014年5月18日(日)

シロヤシオの見頃には少しばかり早いこの日に西丹沢 檜洞丸を歩いてみることに
今回の行程は
西丹沢教室~箒沢~石棚山~檜洞丸~犬越え路~用木沢出合~西丹沢教室
このグルリップである
ルートやその他の詳細については後ほど記するとして
先ずは花の開花状況から・・・


e0307372_22040332.jpg


箒沢から登り始め紆余曲折ありながらも板小屋沢ノ頭へ
この辺りでは遭難滑落事故多発地帯。良く見てみれば北側はすっぱり切れ落ちている崖
陽も射し難いのかちょっと薄暗い。
この辺りにもシロヤシオは生えていたけれど花は全て落ちた後
標高1200m以下では既にシロヤシオは終盤もしくは落花済みだった


板小屋沢ノ頭からヤブ沢ノ頭へ

e0307372_22410858.jpg



この辺りへ来るとシロヤシオは満開に。頭上も西側の斜面にも
シロヤシオとトウゴクミツバツツジの競演がそれはもうウットリ



e0307372_22442734.jpg




シロヤシオで囲われた登山道は夢見るような道


e0307372_22453323.jpg


シロヤシオと富士山



e0307372_22480086.jpg





シロヤシオとトウゴクミツバツツジの競演

e0307372_22485057.jpg




玄倉(西丹沢県民の森経由)と檜洞丸との分岐までは


e0307372_11284865.jpg





緩くアップダウンを繰り返して歩いていく散歩道



e0307372_23090304.jpg



このトレイルの陽だまりが心に潤いを与えてくれるのです


e0307372_23105794.jpg

足元に咲く小さな花の群生地を縫うように進んでいきますと



e0307372_23125281.jpg





稜線に乗り 石棚山稜を歩くように
玄倉方面への分岐を右に分け、檜洞丸方面へ



e0307372_16145114.jpg


鍋割山稜の雰囲気にも似た石棚山稜



e0307372_16240307.jpg


急いで歩いちゃ勿体無い






e0307372_16245095.jpg



若い芽の匂いを感じながら
ゆっくりと足を進めて行くのがここでの歩き方のセオリー





e0307372_16270881.jpg



石棚山山頂の標識をすぎると標高1350mを超える





e0307372_16302713.jpg


この辺りになるとシロヤシオの花はほとんど咲いていない



e0307372_16325662.jpg



開いたばかりの五枚の葉に 少しばかり膨らんだシロヤシオの蕾
風当たりの強そうな場所では葉も開いていない蕾も固い
1400m以上はこの週末か来週末が満開を迎えるのかな?


e0307372_16385286.jpg



近年 西丹沢のブナの立ち枯れが目立ち、その被害が多いと聞く
ここまで歩いてる中でも何度も倒木を跨ぎ横目で見てきたが
それでも何十年、百年?長くここに佇んでるであろうこんな桂の巨木を見上げると
生命の力強さを感じないではいられない


e0307372_16480415.jpg

そんな想いを抱きながら 遠くに南アルプスなどを眺め




e0307372_17054963.jpg





テシロの頭 ユーシンへの分岐を過ぎると山頂はもうすぐだ




e0307372_16492732.jpg


シャリバテ状態で登頂





e0307372_16504113.jpg

お昼はマメザクラの下で
マメザクラは散る寸前の美しいお姿



珈琲も淹れてゆっくり休憩しながらルートミスの反省会
えぇ。実は取り付から間違えておりまして
完全におかしいだろう・・・と気づいた時は既に稜線にのる直前
足元の地面はいつ崩落してもおかしくないような、転んだら下まで落ちていきそうな
そんな斜面を歩いて行きました。
歩いている時、南側に見える尾根をずっと見ながら確認しながら
それは最後には今歩いている尾根と合流すると確信しつつ
結果的に板小屋沢ノ頭へ出て行ったのですが、
ツイッターのフォロワーさんにも下りでルートミスをして滑り台を降りるかのように下った
と仰る方がいました

赤いテープを全面的に信用してはいけません
道標があれば遠くでも必ず確認を
地図で確認を!
 ←自分



e0307372_17000632.jpg

10時を過ぎた頃から雲に隠れていた富士山の姿が見え始め
すっきりとした山容が出たところで下山開始
帰りは犬越路方面へ




e0307372_17022272.jpg

マメザクラの下をくぐり 急な下山道をおりていこう







e0307372_17091954.jpg





ここ下るの実は苦手なんです




e0307372_17034302.jpg


冬期、凍っててヘッピリ腰で下りた記憶が・・・
アイゼン持ってきたのに車に置いてきたという大失態しでかした訳で・・・





e0307372_17120171.jpg


そんなことを思い出しながら





e0307372_17141802.jpg


犬越え避難小屋までまでは富士山を山並の向こうに眺めながら





e0307372_17170801.jpg





何度も登ったり下ったりを繰り返していきます



e0307372_17161697.jpg


熊笹の峰を過ぎ 神ノ川分岐までのシロヤシオは蕾も固く
風当たりの強い場所では葉も固く閉じてる状態



そんな場所では

e0307372_17222689.jpg

自然が創るアートを探して




e0307372_17233132.jpg





e0307372_17492359.jpg




自然が作り出すオブジェを堪能して歩きます



ゆったり歩いてた所からアップダウンも激しくなり
鎖場が出てきたところで岩の間に薄桃色の花



e0307372_17282997.jpg

岩場にひっそり咲いていたのはコイワザクラ
この花、丹沢で今年会いたかった花の一つだったけれど
時期が過ぎてると諦めてただけに嬉しかった


浮かれ気分で鎖場を下りていくと  今までの気分を吹き飛ばすほどの光景

e0307372_17312904.jpg



目の前には光り輝くばかりのシロヤシオとミツバツツジの乱れ咲き!








e0307372_17321134.jpg






e0307372_17325553.jpg







e0307372_17333755.jpg


午後の光に照らされて尚一層美しく見えるツツジの競演


圧巻

の一言

e0307372_17451092.jpg


五葉の葉までが美しいシロヤシオ

今年も幸せな気持ちで花の山巡りが出来そうな予感です






e0307372_17472135.jpg





おしまい




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2014-05-24 21:14 | 山登り | Comments(6)
Commented by hiro_1957 at 2014-05-25 13:27 x
こんにちは☆
檜洞丸までのシロヤシオは下から見上げる感じが多いけど、鎖場から犬越路の稜線は見ていて嬉しくなるね(^o^)

vol.4のアップも期待してるよー‼︎ ??
Commented by mt_kawamin at 2014-05-26 15:47
*☆ヒロさん こんにちは♪

いつもありがとう(*^^*)
ところで、よく気づいたね!
檜洞丸までのシロヤシオは見上げて
犬越路へのルートはそうじゃないって♪
言われるまで気にも止めてなかった!さすが!
犬越への稜線は歩いてて本当に気持ちいいよね
熊笹の道も岩場も全部好き!

ふふふ
忘れてませんでしたね、vol4(笑)
はいっ!頑張ります(*-∀-*)ゞエヘヘ
Commented by koruko-yuki at 2014-05-26 17:48
かわみんさん、大正解。
PCを捨てて、山を歩こう!
レポは遅れても大丈夫だけど花の命は短いです。 
今年のシロヤシオはことのほか見事なようで、
それをちゃんと残してあげなきゃ。
でも蝶が岳の続きも…ね。待ってま~す。
Commented by mt_kawamin at 2014-05-28 15:51
*☆ゆきさん こんにちは
お返事遅くなりましたm(__)m

今年は噂によると10年に一度の花付きらしく
すごいんですってー!ゆきさんは行かれましたか?
ほんとに蕾が枝っていう枝にびっちりついてましたよ!

そして…
へへっ♪覚えておいででしたね
蝶ヶ岳の記事(笑)ありがとうございます
いえ、私も勿論チャチャっと書く所存でございます。
はい。もう少しだけお待ち下さい

あ、どうでもいい話ですが
私、この週末人生初のハーフマラソンへエントリーしてます

ふぃ…ではまた(〃∀〃)ゞ
Commented by sho at 2014-06-03 15:40 x
*・゜゚・*:.。..。.:*・☆. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・☆. .。.:*・゜゚・*
*・゜゚・*:.。..。.:*・☆. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・☆. .。.:*・゜゚・*
まるで春の天使が舞い降りて来たような
どれも、可愛らしい花ばかり。
って、意味もなく星降らせたりして。笑。

思わず
いのち短し 恋せよ乙女♪あかき唇 あせぬ間に♬
なんて唄を口ずさみながら、見ちゃったよ。

それにしても、ほーんと、いつも乙女視線を持つ
かわみんちゃんならではの美しい切撮り方に、
いつもの様に、軽く嫉妬^^

どの写真もそのまんま
ポストカードになりそうだね。
花がみんなウレシいそうだもん。
中でも16番目の子が好きかな。


Commented by mt_kawamin at 2014-06-04 16:37
*☆shoちゃん こんにちは
来くれてありがとう♪

shoちゃんが私に嫉妬って
それは逆よね。
私がいつも嫉妬してる方
私には無い、shoちゃんの世界観に。

あ、でもここは私のBlog何だから遠慮なく褒めて貰おうっと♡

乙女目線?美しい切り撮り?
お世辞でも嬉しいな〜
気に入ってるpicなんてこの中ではほんの数枚しかないけど
16番目の子は私もお気に入り
あとは陽だまりの小径に咲く
苔と小さな花達のpic

なかなか難しいよね

お家帰ったらshoちゃんのニリンソウworldへ飛び立ってみよっと♪

忙しいのに来てくれてありがとう(*^^*)