つながる*noyama

初冬の八ヶ岳へ 


e0307372_10593353.jpg

凍えそうな風が吹き荒れる八ヶ岳へ

えぇタイトル通り 敗退の巻です





* * * * * * * * * * * * * *

11月11日(月) Twitterで仲良くさせて頂いているMちゃんと赤岳へ。

元々の予定は10月の終わりに鹿島槍ヶ岳へ1泊2日のテン泊で登ろうとの計画
しかしながら皆さんもご存知の通り、10月には台風が幾つも日本列島を暴れまくり
私達が計画した日程でも台風が接近していた
高山では冬を迎えてるその頃、台風が来るのわかってて登れるはずもなく鹿島槍は見送りに

そして次の狙いが11月10日~11日だった。
が、この時期の鹿島槍の雪はどんなもん?当然小屋は営業してないし・・・などなど問題は山積
ならば仙丈ケ岳ならどーだ?と仙丈ケ岳に10~11日の1泊2日のテン泊の予定に
しかしながらまたここもドカンと低気圧がやってきて荒れる模様・・・

Mちゃんがバスがどうなるか調べてくれたけれど、一番天気の悪い10日にドカッと雪が降ると
11日の月曜はバスが運休になる恐れがあるとか・・・
そうなると北沢峠から6時間、雪道をえっちら歩いて仙流荘まで戻らねばならず・・・


そんなこんなで悩んだ挙句、天気が快復しそうな11日に日帰りで赤岳を登ることに


* * * * * * * * * * *


八ヶ岳PAで仮眠をとり、明け方にPAから東を見ると美しい朝焼け
これなら今日はいいだろう
と思ったが 八ヶ岳を見上げると山頂には重そうな雲の塊が・・・

車を走らせ前方を見ると、西側もどっぷり灰色の雲の中
モヤモヤな心のまま待ち合わせの南諏訪IC下りたすぐのコンビニへ
天気が心配ではあるけれど、行ける所まで行ってみようと美濃戸口まで向かう
私の車は美濃戸口へ置き、Mちゃんの車で赤岳山荘まで


いつも駐車出来るか心配でドキドキの赤岳山荘の駐車場も
シーズンオフの平日とあってか先客は1台
車から降りると肌を刺すような冷気に包まれる
寒いーー寒いーーと騒ぎながら準備をして南沢へと足を踏み入れる

e0307372_11283730.jpg


空は青い。うんうん大丈夫そうだ




e0307372_11294743.jpg


カラマツの黄葉もすっかり落ちた樹林帯の中を緩やかに登っていく


e0307372_11313777.jpg


何度も何度も空を見上げて天気を確認
そう、いつ天気が崩れるか不安で仕方なかったからだ


どのくらい歩いただろうか?1時間ほどかな?
辺りのシラビソを見るとその葉先に滴が光っていた
それはそうだ。夜中まで雨が降っていた筈だから


e0307372_11375235.jpg


近づいてよく見てみると滴は氷の粒だった


e0307372_11384644.jpg


葉先に付いている滴 その全てが凍りつき
Xmasのイルミネーションさながらの光を放っていた
それはそれは美しい 自然が作るクリスマスツリーだった


初冬の森をわくわくしながら高度をあげていく
20分程歩いただろうか?倒木の下に下がって光るもの

e0307372_11415448.jpg


ツララだった
今季初めて見るツララ


e0307372_11420279.jpg


木から伸びるように出来るツララは樹液の香りがする
と聞いたことがある。Mちゃんがツララを口に含むのを真似て私もポキっと

口に含んだツララはあっと言う間に口の中で解け 身体の中に沁み込んでいく
残念ながらツララは木の香りはしなかった
無味無臭・・・八ヶ岳の天然水の味 ってところだろうか


e0307372_11483988.jpg


それからも足元の粉雪が巻かれた枯葉に喜び


e0307372_11484888.jpg


粉砂糖をまぶしたような苔にワクワクしながら歩いていく
頭上で唸るような音を立てながら吹く風の音を聞かない素振りで・・・



e0307372_12223011.jpg


広い河原に出て空を見上げる
いつもなら横岳の大同心を眺められる場所だ。なのに真っ白け



e0307372_12244362.jpg



この時、心の中ではある程度諦めがついてたかもしれない
唸る風と真っ白なガスに包まれた山頂




e0307372_12263949.jpg


ほどなく行者小屋に到着
見上げた山はガスに包まれ何も見えない。
先へ進むか撤退するかしばし相談。
土も水溜りも全て凍りつき 悩む間にも吹き付ける風にあっと言う間に体温は奪われていく


e0307372_12311200.jpg


雪がついてない凍った岩場を下るのは危険だろうと
今日はこのまま下山することに決まった。
ならば営業している赤岳鉱泉まで行って屋根のある下でお昼をとることに


歩いている間も後ろ髪は引かれるばかり
折角ここまできたのにな~と思いつつも、トイレに入る為 手袋を外した数分だけで
手が全く動かなくなり『凍傷』の二文字が初めて脳裏を過ぎる
無論、この程度の気温で凍傷はないだろうが
ちょっとした気の緩みが危険な事に繋がっていくんだろうと思った
Mちゃんに教わった通り、手袋の中でグーパーを繰り返してるうち
やっと指先も動くようになった頃、赤岳鉱泉に着く


赤岳鉱泉は改修工事中らしく、工事の方が忙しく働いている
水場も外のベンチも撤収されていたので
屋根のある囲いの中で、こじんまりと昼食

e0307372_16003347.jpg


この日は2人とも鍋焼きうどん♪
寒いこんな日にはぴったり。 ハフハフしながら頬張ると
心なしか身体もポカポカと温かくなってくる

Mちゃんの相方さんから硫黄行ってくれば?とアドバイスを貰ったが
寒い上に 灰色の雲がどっぷり被ってるあの山へ行く気がしない
身体が冷える前に下山するとしよう

e0307372_16050937.jpg


一歩外へ出るといつもの場所には赤岳鉱泉名物
アイスキャンディーが建設中だった。
水色に輝くアイスキャンディーが出来るのはもう少し先かな?


歩き出すと空から白い粒が舞い降りてきた

e0307372_16084278.jpg

風から 雪から逃れるように見慣れた登山道を下っていく

雪は降ったり止んだり・・・
美濃戸山荘まで辿り着き、西側を見ると青空が
毎度の山の法則にガックリ肩を落として山を振り返ると
山頂方面は相変わらずの灰色の雲に覆われ、何故かホッとしたりする
と、同時に雪が激しく降ってくる。なんだかなぁ~


e0307372_16142958.jpg


麓に下りると今までの初冬の景色から秋に逆戻り
まだまだ綺麗な紅葉が八ヶ岳山麓を染めて綺麗だ
冬と秋を行ったり来たりで得してるような何だか不思議な感覚に

赤岳は登頂できず残念だったが
雪山の装備について、今後の雪山の練習の話を沢山出来たし
これはこれでヨカッタんだ・・

早く雪が沢山降ってしっかりついてくないかな~
と 雪山に想いを馳せつつ赤岳敗退の巻は終了


おしまい


追記
寒い寒いと連発する私に「もしかして寒さに弱いのかもね~」
と言われ、そうなのかなぁ?と思いつつ帰路につく
車を走らせてる車内でもダウンを脱げないワタシ
こんなに寒がりだったっけ?と思ってるうちに喉に違和感・・・
どうやら風邪をひいていたらしい・・・

その後、風邪が完治するまで1週間もかかりました。
風邪が流行っております。皆様もお気をつけて

                          にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                          にほんブログ村 


by mt_kawamin | 2013-11-24 16:50 | 山登り | Comments(6)
Commented by pallet at 2013-11-25 11:52 x
氷の粒がまるでダイアモンドみたい!
と言うより、ダイヤモンドが枝の先にぶら下がってる!!
かわみんさんの写真、ほんとに素敵♪
こんなお天気じゃ、敗退(と言うより勇気ある撤退ね)正解でしたね!
Commented by mt_kawamin at 2013-11-25 19:54
*☆palletさん、こんばんは♪

こんな撤退記事で面白くないのに
コメント下さって恐縮です(;^_^A アセアセ・・・
でも嬉しいです。ありがとうございます♪

氷の粒。
最初まさか凍ってるとは思わずに見てたんですけど
良く見ると凍ってて、しかも、葉先に付いているもの全てが。
お天気は悪くて思いを遂げることは出来なかったですが
初冬の森の中の様子が伺えてそれはそれで収穫でした。
この時期は難しい時期ですね。
にしても、とても寒くて手が動かなくなったのはこれが初めてでした。
風邪もひいちゃってたし、撤退で正解だったんだと思います(*^^*)
写真、褒めてくださり嬉しいです。ありがとうございます♪♪♪
Commented by yu-yu-sansaku at 2013-11-27 11:55
(*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
1枚目のショットが凄くイイですね。☆ъ(*゚ー^)v♪
昔!樹氷を撮りに登っていたなぁ・・・(*'‐'*) 笑
応援ポチッ☆彡
Commented by mt_kawamin at 2013-11-29 22:07
**彦星さん、こんばんは♪

1枚目、いいですか?やった!
この時、風が強くて寒くてブルブルしながら撮りました。

で…おぉ…彦星さん、樹氷撮りに雪山行ってたんですが?
すごーい!モンスターすごいですよね。
モコモコ。私も撮ってみたいなぁ♪

いつも応援ありがとうございます♡
Commented by 井上ウッド at 2013-12-04 00:20 x
わたくしは3枚目のショットが好きですねぇ。
石の感じ、ゾワゾワします。笑
天気は残念でしたが、なんだか静かなトレッキングといった印象ですね。小屋巡り、いいなぁ。
Commented by mt_kawamin at 2013-12-04 23:06
**ウッドさん♪ご無沙汰です☆

この地味な記事を見付けてくださって
感謝感激であります(`・ω・´)ゞ

ところで3枚目の岩とカラマツの落葉の写真ですか?
なんか、嬉しいです。
南沢を表してる写真なんです。
秋の終わりを告げる風景なんです。
さすがウッドさん、目の付け所が違いますね♪

もったいない登山をモットー(なんだろうか?w)としてる
ウッドさんには気に入っていただけましたか?
開いてない行者小屋と営業ちゅうの赤岳鉱泉の旅。笑♪
何が何でも歩くぞ!と言うのは私の性に合いません笑♪
潔い決断をモットーとしております。
季節ハズレの人の居ない静かな八ヶ岳でした♡