つながる*noyama

紅葉と草紅葉の尾瀬へ Ⅲ

e0307372_1622972.jpg



朝靄が流れる 早朝の中田代


紅葉と草紅葉の尾瀬へ Ⅰはこちらから♪

紅葉と草紅葉の尾瀬へ Ⅱはこちらから♪



* * * * * * * * * * * * * * *


10月6日(日)


まだ真っ暗な3時半起床
高校生山岳部員達は既に撤営完了して出発するところだった。
君たちはエライッッ!!

心の中で拍手をして送り出す

私たちも負けじと?ササッと朝食を済ませ 撤営を始めたが
相変わらず段取り悪い私がモタモタして
出発したのは結局4時50分



見晴地区の山小屋群から下田代の木道へ


e0307372_171134.jpg



下田代の木道まで進み 振り返ると
小屋に灯る明りがぼんやりと光っている

そして燧ケ岳の向こう側がうっすら明るい藍色へと




日の出前までに竜宮には着かないと・・・
大急ぎで歩いて竜宮小屋を過ぎ


e0307372_1717796.jpg



竜宮十字路の辺りで振り返ると 夜明けはもう近い

今回私がどうしても見たかった風景
それはヨッピ吊橋から牛首分岐の間にある 池塘越しに見る日の出だった

相方は竜宮辺りの池塘から見れるある現象らしかった・・・
こういう時、2人の意見合わないって困る
一人で先へ行ってもいいけど、夜明け直後は熊の目撃情報多いって言うし・・・



e0307372_17111999.jpg


しかも・・・
竜宮の池塘の 藍色の世界もカメラにおさめたい・・・


ちょっぴり諦め気分でひとしきりレンズをあちこちに向けヨッピ吊橋方面へと急ぐ



e0307372_17144827.jpg



ヨッピ吊橋まであと半分位・・・と歩いた木道で
山の向こう側が輝きだした






e0307372_204132.jpg


周りも次第に明るくなり 尾瀬ヶ原が朝の光に包まれる






e0307372_2043477.jpg






e0307372_204433.jpg



なんて幻想的で美しい瞬間なんだろう?

山裾は白いヴェールをまとい 
池塘の水面は静かに辺りの木々を映し出す



e0307372_2048880.jpg


その一瞬を見逃すまい・・・と
夢中でシャッターを切るワタシ




e0307372_20501674.jpg





山の神様に感謝*



ところで・・・うちの相方の見たかった現象
それは 白い虹 
尾瀬の早朝で見られると言う


ヨッピ吊橋への分岐に着く前から 相方は薄っすら見える!って言うけど
私にはさっぱり
見える気がしてるだけなんじゃないの?
なんて・・・そっけない返事をしてた・・・そう。この日見られるとは思ってなかったから



e0307372_20535092.jpg





    ん???

    あれれ???



薄っすら見えていた白いアーチ状のもの
時間が経つに従い陽の光が降り注げば  それははっきりしたものへと・・・


e0307372_2056408.jpg




わぁぁ・・・  白い虹だ



後から知ったんだけれど、ナニコ◎珍百景でも取り上げられてたらしいですね。
あと、NHKの日本風土記でも流れたそうで。
勿論、尾瀬の本などには載っております。


※ 白い虹

虹は空気中の水滴に太陽光が当って出来る。水滴がプリズムの役割をする為に7色に見えるのだが、水滴が小さいと色が分かれずに白い虹に見える
尾瀬では湿原に立ち込めた霧に朝陽が当たったときに、白い虹を観察出来る事がある。
霧を作り出しているとても小さな水滴によってこの虹が見られることが多いので、「霧虹」とも呼ばれている。

          山と渓谷別冊 尾瀬ブック2010より







さて・・・今度は私の番
池塘越しに燧ケ岳とお日様を・・・勿論日の出じゃぁないけれど。


東を振り返ると光のシャワーが

e0307372_2174776.jpg







e0307372_2184914.jpg



池塘と朝陽

日の出直後の絵ではないけれど それでも充分に
ううん。。。充分すぎるほど美しいね




e0307372_21123285.jpg



ゆらゆら揺れる池塘の水面




e0307372_21161278.jpg




白い帯になっている朝靄は




e0307372_2118079.jpg



まるで巨大なバキュームで吸われてるかの様に


どんどん流れていく



e0307372_21183681.jpg



それは湿原の上を走り



e0307372_21193534.jpg



木道の上を流れ



e0307372_21203445.jpg



やがて山の向こうへと消えていった







e0307372_21234831.jpg


さぁ 歩こう





牛首分岐までくると、静かだった今までのルートとは変わって
早朝だというのに木道を歩く沢山の登山者に会う


e0307372_21263938.jpg



見慣れた風景を切り取りながら歩いていく





e0307372_21272997.jpg




山ノ鼻へ着くと、更にそれまで以上の人で賑わっている
私たちはトイレ休憩だけして出発


鳩待峠には9時少し前に到着する
見晴のテン場で摂った朝食が早い時間だったので ここでお昼?朝?ご飯の大休憩


食事が終わったら出発だ。
ここ、鳩待峠が終点ではなく、これからアヤメ平を経て富士見下まで歩かなきゃならないからだ




鳩待山荘の裏側よりアヤメ平方面へと登り始める




連日の雨で登山道はかなり荒れ気味だが
空を見上げると

e0307372_21345994.jpg



青空に紅葉した葉が映え ドロドロの足元なんて気にならなくなる



e0307372_21364453.jpg



尤も 朝からずっと顔を見せてた青空も
この写真を最後に この後どっぷりグレーな空へ・・・





e0307372_21374814.jpg


 真紅の絨毯は楓製





ずっと鮮やかな色彩の中にいたが
横田代に着いて見れば・・・



e0307372_21412169.jpg


大好きな横田代も どんよりガスの中



e0307372_21525943.jpg



e0307372_21421363.jpg






勿論 アヤメ平も


e0307372_21471435.jpg




晴れていれば池塘の向こうには燧ケ岳を望むことが出来るんだけど・・・
まぁ、それはまた来年のお楽しみにとっておこう




e0307372_2148512.jpg



さて・・・ あとは富士見小屋を経て 



e0307372_21492438.jpg



森の紅葉を楽しみながら歩いて 車のある富士見下へ戻るだけだ






PM2:00 富士見下 着



e0307372_220024.jpg




2泊3日で尾瀬を巡る 時間を贅沢に使った紅葉と草紅葉の尾瀬歩き
三日間で青空を仰ぐことが出来たのは最終日の早朝からの約4時間ほど
あとはグレーの世界か霧雨降る もやっとした景色だった

それでもこれだけの充実感が残るのは 尾瀬に雨が似合うこと
雨が降ったおかげでより美しい風景に出会えたこと

何よりも 最も秋の尾瀬らしい 幻想的でドラマチックな風景に立ち会えたことだ


毎回違う景色で飽きることなく そして更に尾瀬に惹かれていくんだろうな
そしてまた来年も・・・






おしまい


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by mt_kawamin | 2013-10-26 22:16 | 山登り | Comments(23)
Commented by m-kotsubu at 2013-10-27 00:02
かわみんちゃん、どもども♪
朝靄に包まれた尾瀬、ステキだよね~
私はこの週末にほんとは行きたかったのだけど残念!><
秋が深まっていく尾瀬の美しさ 堪能させていただきました。
白い虹は 聞いたことあって見たいと思ってたんだ。いいなぁ~
真っ赤な紅葉も印象的だね。
尾瀬はやっぱりステキなところ。
来年は 絶対秋の尾瀬に行くぞ~^^
Commented by mt_kawamin at 2013-10-27 00:29
*☆kotsubuちゃん こんばんは♪
なんだか変な感じだけどもwコメントありがとー(*^^*)

この日の尾瀬ヶ原はと~っても素敵だった。
雨上がりってことも手伝ってるんだろうけど
言葉では上手く表現出来ない美しさがあった

初春の尾瀬も夏の尾瀬も初秋の尾瀬もいいけど
私はやっぱり晩秋の尾瀬が一番好き

白い虹、有名だったんだね~
私はうちの相方から聞くまで興味なくってさw
IGのフォロワーさんからはTVでも放映されてたとか聞いて
わー全国区なんだ~~って驚いちゃいました
偶然にも白い虹も眺めることが出来て2日間の雨も帳消し?w

この週末はお互いに残念だったよね。
来年は是非秋の尾瀬を堪能してね♪
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-10-27 12:32
尾瀬の二文字につられてブログトップから来ました。
「白い虹」
これに出会える方は本当に幸運なんです。
この季節に出会えるチャンスが多いのですが、通常粒子の大きい場合虹色に見える「虹」も粒子が霧のように細かいと七色にならず、白く見えるようです。
紅葉も終わった晩秋の尾瀬をkotsubuさんにもお勧めしていたところですが、この週末は台風の影響で残念ながら尾瀬行きを断念したところです。
こちらで素晴らしい尾瀬を見れて良かったです。
ありがとうございました。
Commented by meruchichy at 2013-10-27 14:59
こんにちは、、、
素晴しい雨上がりの尾瀨の朝を堪能させて頂きました。ありがとう!
やっぱり動かないと素敵な写真は撮れないね! 急に尾瀨に行きたくなってしまいました~!
Commented by mt_kawamin at 2013-10-27 19:38
*☆sakusaku_fukafukaさん 初めまして
ようこそいらっしゃいました。

尾瀬の二文字で訪問してくださるとは、嬉しい限りです。
尾瀬、お好きなんですね♪
どの季節でも尾瀬は素晴らしいですが、私はやっぱり晩秋の尾瀬が一番好きです。
一番輝いて見える時なんでは?と思っています。

ところで白い虹、出会えるのは幸運なんですか?
まさかこの日に現れてくると思わなかったんですが
白いフワフワの靄みたいなものが少しづつアーチに成って行きました
この日その場面に立ち会えたことは感謝しないといけませんね♪

そうそう、kotsubuさんはこの週末、尾瀬へ行くつもりだったと
ご本人からも聞きました。
sakusaku_fukafukaさんのお薦めだったんですね~~(*^^*)
あっ!来週末まで竜宮小屋営業してますよ?

秋の尾瀬をちょっとでも感じて頂けて嬉しかったです。
またどうぞお寄りください♪


ところで尾瀬お詳しいんですね。
Commented by mt_kawamin at 2013-10-27 19:43
*☆meruchyさん こんばんは

尾瀬はやっぱり雨上がりが美しい
そして晩秋の頃が一番好きです。
今年は秋が駆け足だったように思います。
散ってる紅葉も多く、私が訪れた10月初旬で
既に晩秋の装いに近かったです。

来週末まで竜宮の公衆トイレはまだやってます。
お泊りなら竜宮小屋営業してますよ?w

カメラ好きなmeruchyさんが何を仰ってるんですか~
出掛けないと素敵な風景には出会えないですよ~~♪
って上高地行ってきたのに。笑♪
Commented by sho at 2013-10-28 17:06 x
ボクも晩秋の尾瀬が一番好き。
そうさせたのはキミのせいだよ、かわみんちゃん♡
正直に言いますね。
青空に輝く尾瀬も勿論、綺麗だね。
でも、なんか、照れちゃうんだよ、ボクは。笑。なんでかな、明る過ぎちゃうっていうか・・・
もう、多分、幻想的な尾瀬にすっかり魅せられたっていうか・・・・
うん!全部、キミのせいだよ。笑

ホント、歩くのが勿体ない光景が目の前に広がってるね。
立ち止まってる時間の方が長いってくらいに。
でも、なんだろー?
霧にむせぶ尾瀬よりも、ラストカットの楓の共演が一番好きな写真になっちゃった・・・
ああ、でも、夢の時間たっぷりと堪能させてもらったよ。

なんか、このままここから立ち去るの寂しいから、
もう1回、最初から眺めてみよっと♡
Commented by yu-yu-sansaku at 2013-10-28 21:15
(*・д・)ノ*:゚★こんばんヮ☆・゚:*:゚
白い虹見られて良かったですね。☆ъ(*゚ー^)v♪
私もテレビで幻想的な瞬間を見ました。
かなりの条件が揃わないと見られないとか・・・
素晴らしいショットの数々を拝見させて頂きました。

応援♪ポチッ☆彡
Commented by koruko-yuki at 2013-10-28 21:38
いつもながらホレボレする写真満載ですね。
雨が降っても、日が照っても、かわみんさんの写真はステキ。
「尾瀬大好き」が伝わってきます。

それに…ほら、やっぱり二人がいいんじゃないですか。
ちょこんと別室テントが、可愛くって可笑しいけど。
Commented by mt_kawamin at 2013-10-28 21:53
*☆shoちゃん こんばんは♪

晩秋の尾瀬、好きになってくれたの?
私の計画通りだ・・・ふふふ
そうだね、青空の下の尾瀬もいい。
でも青空の下で見たいのは横田代~アヤメ平の間
横田代の傾斜湿原が緑の絨毯の頃は、それはそれは美しい。
水芭蕉の頃も青空の下がいいかな?雪の残る至仏山を遠くに見て
湿原に色が無い季節だからこそ青空が似合う。
でも晩秋は・・・特に晩秋の尾瀬沼には霧雨が似合う。
この時期になると空の青さも落ち着いてこの日の様に
薄いミズイロに♪

ホントに、前に進まなかったよ。
朝靄の中の尾瀬ヶ原なんて・・・神がかってたもん

で?にゃにーーー?
結局ラストの楓ですかいっっ!!ヤダも~~笑
Commented by mt_kawamin at 2013-10-28 21:55
shoちゃん追伸

夢の時間だなんてありがとね♪
メチャ嬉しいです(*^^*)
沢山見てくれてありがとう~
Commented by mt_kawamin at 2013-10-28 21:59
*☆彦星さん こんばんは♪

わっ!彦星さんもご存知でしたか?白い虹♪
結構みなさん、TVでご覧になってるんですね~~
わたし、尾瀬の本でしか見たこと無くて
全国区で知れ渡ってるほど、認知度高いなんて思ってもなかったです。

色んな条件が重ならないと・・・と言う割に
今回あっさり見れちゃって、次回も見れるかも?
なんて図々しく思ってます(*^^*)(←こーゆー人は2回見れないw)

いつも応援ありがとうございます♪
雨と晴れと靄の尾瀬は素敵でした~~~
Commented by mt_kawamin at 2013-10-28 22:06
*☆ゆきさ~~ん♪こんばんは♪

うひょ♪ホレボレする写真・・・だなんて
も~~~嬉しくって木に登っちゃうじゃないですかww
でも、これは私の腕じゃなくって景色そのものが素晴らしいからなんですよね。

で・・・
「尾瀬大好」が伝わってくるって・・・・
嬉しい~~です!!!一番嬉しい言葉です。

ところでやっぱり2人がいい??
テントが横並びだから??
いえいえ、わたくし、一人だって行っちゃいますよ~
ま、2人で行けば運転もしないで済むので便利です♪♪
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
Commented by pallet-sorairo at 2013-10-29 16:19
ほんとにほれぼれ♪
なんて素晴らしい朝!
なんてやわらかなミルク色の霧、そして池塘と朝陽!
かわみんさんの写真、尾瀬の魅力があふれています。
尾瀬LOVEなかわみんさんじゃないとこんな写真撮れないな♪
で、妻LOVEの夫でなければ、あんな写真も撮れないな(^^ゞ
そうそう、白虹、私は昨年の槍~南岳の間で初めてお目にかかりました。
それはそれで幻想的だったけど、
湿原に架かったほうがずっと素敵だなあと思いました。
Commented by negaiboshi1120 at 2013-10-29 21:12
いや~、ホントに美しかったです。
溜め息ばかりですよ。
やっぱり泊まらなきゃいけませんね。

いつか・・・
Commented by mt_kawamin at 2013-10-30 00:24
*☆palletさん こんばんは♪
コメントありがとうございます♪

いやぁ・・・ほれぼれだなんて(〃∇〃) てれっ☆
嬉しくなっちゃうじゃないですか!!
なんて軽いご挨拶はこっちへ置いておいて・・・
「尾瀬の魅力」感じて頂けたらそれだけで嬉しいです。
私が撮るから・・・と言うより
尾瀬の自然が素晴らしいんですよね。
(↑そんな事わかってるって感じですよねw)

優しい水色の空もミルク色の霧も
うっとりするような場面ばかりでした。
陽が燦々と降り注ぐ日中も美しいですけど
やっぱり夜明け直後の朝靄がかかる湿原にはかないませんよね

ところで、槍~南岳の間でも白い虹ですか??
ほえぇぇ・・・そうなんですか
湿原だけに現れる訳じゃないんですね~~
でもでも、palletさんにも尾瀬ヶ原にかかる白い虹を見て頂けたらな~
と思います♪
Commented by mt_kawamin at 2013-10-30 00:27
*☆negaiboshiさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

わぉぉぉ。。。。
negaiboshiさんに美しいなんて言われちゃったら
わたし、空を飛べるかもしれないなんて錯覚しちゃいます!w
しかも溜息・・・だなんて・・・
あ、そうですね、泊まった方が絶対よいと思います♪
いつも美しい写真とるnegaiboshiさんの尾瀬、見て見たいなぁ・・・
Commented by cyu2 at 2013-10-30 08:10 x
かわみんさん、おはようございます。
写真家さんの写真展でも見ているような素晴らしい写真の数々、うっとり拝見しています。
白い虹も初めて知りました。
狙っても出会えるものじゃない自然のドラマの瞬間に立ち会えると、言葉を失うほど感動しますよね。
かわみんさんは文才があるからより尾瀬の幻想的な写真たが引き立っていますね。
よい日に行ってよかったですね♪
Commented by mt_kawamin at 2013-10-30 22:48
*☆cyu2さん、こんばんは♪
コメントどうもありがとう♪

ところで・・・写真家さんの写真展だなんて・・・
過分なお言葉♪
でも、素直に嬉しい~です♪♪
尾瀬自身が美しいんですから、誰が撮っても同じように綺麗に撮るのは間違いないんですけど
上手く撮れて、素敵な瞬間をお届けできてヨカッタです♪

白い虹は最初あまり興味がなくて・・・夫がずっとみたいと言っていたんですけど
綺麗なアーチ状になったのが見えた時は、ちょっと感動しました。

それから・・・文才・・・
ないないない~~(>▽<;; アセアセ
文才が私にある訳ないじゃないですかww
でも、そんな風に感じて頂れるなら正直嬉しいです
尾瀬の写真と、文章で尾瀬を感じてもらえたってことですもんね♪

こんな風景見せられたら、また来年も行かなくちゃ・・・
って思います♪
Commented by ゆきお at 2014-02-22 09:27 x
いかん!
これはいかん!
行きたくなる!
でもこの風景に会うためには、泊まらないと行けないですよね〜現状はそんなスキルないんです。でも見たいです〜
Commented by ゆきお at 2014-02-22 09:28 x
白い虹なんか最高〜!!見たいけど、見たことないw
Commented by mt_kawamin at 2014-02-23 12:19
*☆ユキオさん おはよーございます

尾瀬は(燧ヶ岳、至仏山除く)老若男女誰もが歩ける所
歩行困難な方じゃなければスキル云々ないので
いつでも(真冬は除く)行けますよ♪
泊まりも小屋泊にすればよいんだから。
夜明け前の湿原にはカメラマン(プロアマ問わず)
が木道にずらり!
正直、メッチャ迷惑だけどwその一瞬を切り取る為に
息を殺してその時を待ってます
ユキオさんも是非
なんならご案内しますよ?w
Commented by ゆきお at 2014-02-23 13:11 x
おはようございます^^
こんど、相談させてください!見たいです^^