つながる*noyama

紅葉と草紅葉の尾瀬へ  Ⅰ

e0307372_22404850.jpg



10月4日~6日 2泊3日で尾瀬をまったり楽しんできました


1日目 富士見下~富士見峠~皿伏山~尾瀬沼ヒュッテ
2日目 尾瀬沼ヒュッテ~燧ケ岳雨で中止~見晴キャンプ場
3日目 見晴~竜宮十字路~ヨッピ吊橋方面~牛首分岐~山ノ鼻~鳩待峠~アヤメ平~富士見小屋~富士見下



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


気づけば尾瀬から帰って2週間  全くタイムリーじゃない情報発信です。



さて、私達が尾瀬へ向かったのは相方(うちのダンナ)のたっての希望
秋の尾瀬を満喫したい・・・ってことから



尾瀬への旅立ちは富士見下の駐車場から・・・



e0307372_23112467.jpg



生憎の雨

雨が上がったら歩こう・・・と車の中で空を見上げてたけれど 結局雨はあらがらない・・・
霧雨の降る中 歩き出そう




e0307372_231543100.jpg



秋の匂いをそこかしこに感じながら




e0307372_23183212.jpg




冷たい空気を存分に吸い込む




e0307372_23204090.jpg








e0307372_23234138.jpg





霧が立ち込める中での 赤や橙・・黄色の葉ってとても優しい色



e0307372_1620346.jpg




まるで公園の様に整理させてた場所

霧が煙る




e0307372_2326265.jpg


虫たちが作り上げた芸術作品
切り絵にしたら素晴らしい出来栄えだと感動した朴葉の葉






e0307372_1643349.jpg



富士見小屋までの道中、水場はココと富士見小屋から少し下がった右カーブ?にある2箇所
その先は暫らくないので、水分を補給する方はどちらかで





e0307372_16225436.jpg


富士見下から富士見小屋まで 標準CT3時間となってたけど
着いてみれば2時間で到着
CT甘めに書いてあるのかなぁ?


小屋番さんと小屋の前でちょっと会話を交わし 
先はまだまだ長いので腰を上げて歩き出す




e0307372_1625551.jpg


尾瀬沼まで7.5キロだって・・・長っっ





e0307372_16274742.jpg



峠から歩き始めはふかふかの絨毯の上





e0307372_205287.jpg




緩やかな林道を歩いていくと やがてマイクロウェーブの反射板がある台地へ




e0307372_208653.jpg



山の中でちょっと不釣合いな反射板



そこを過ぎると登山道へ



e0307372_20111998.jpg



小さな湿原に出たり




e0307372_20142957.jpg



尾根に出たりを約40分 白尾山 2003mへ


特別眺望もないし、先へ進む
ここを過ぎた辺りから下って行くんだけれど



e0307372_2019087.jpg




一歩が大きくて下りにくい  雨上がりの岩 苔のついた岩 で歩きにくいったらない

笹の藪漕ぎしたり・・・



e0307372_20313523.jpg



一番怖かったのが苔のついた木道




足を置いた瞬間に滑っていく・・・



e0307372_2038334.jpg



皿伏山まで・・・兎に角荒れてます

因みに富士見小屋からここまで会った登山者は3人。
その3人は同じパーティーの方だったので、その他会った人はゼロ




e0307372_2039943.jpg



倒木もあり、手前の樹の下をくぐり

更に向こうに見える横たわった樹の下もくぐる・・・
デカザックが引っ掛かってくぐるのも一苦労





そして富士見峠から2時間半ほどで 皿伏山へ 1916.8m

e0307372_20544133.jpg


またまた眺望もなんにもないのでスルーで先へ進む
ソコからは広い樹林帯の中を緩く下り




e0307372_20551541.jpg


これと同じ表示が何回も出てきてなんだかさっぱりわからなかったり。。。





e0307372_20562234.jpg



苔と落ち葉の木道・・・  





e0307372_2161379.jpg



小さな湿原・・・   樹林帯・・・・





e0307372_20574460.jpg




樹林帯の中を下って下って・・・・

その後は当然登り返し・・・・



ひょこっと飛び出すように出てきたのが


e0307372_2173449.jpg




大清水平だ




e0307372_2182972.jpg



後を振り返って・・・



だだっ広~~~い大清水平の湿原
私たち2人以外、だ~~れもいない


とぼとぼ



e0307372_21143334.jpg



樹林帯の入り口に吸い寄せられ下ること約20分






e0307372_21161143.jpg



尾瀬沼が見えてきた

これで荒れた登山道とはサヨナラできる・・・


と木道を歩き始めたら
木道の下が崩落したらしく、迂回路へ・・・




e0307372_21191322.jpg



今年の台風の爪あとはココにもあったのね。
てくてく木道を歩くこと30分で三平下へ

ここでやっとトイレ休憩・・・ふぅ。
あとは尾瀬沼ヒュッテまでの木道歩きだけ




e0307372_21222197.jpg






e0307372_2123086.jpg



三平下から約15分




e0307372_2126461.jpg



尾瀬沼ヒュッテ 到着♪




e0307372_21274629.jpg


My homeが建ったら 早速夕飯の準備
空模様が怪しく、いつ雨粒が落ちてきてもおかしくはない

急いで準備する

と、言っても今日はうちの相方が作ってくれるのだ。


ミネストローネ  との話だったけど

e0307372_21321426.jpg



出来上がってみたら トマトシチューだった・・・。



食べ終える前からポツポツ・・・
また雨が降ってきた


それぞれテントに潜り込み、 1日目は早々と就寝

眠りにつくまで雨音は消えなかった。


Ⅱへ続く・・・♪
by mt_kawamin | 2013-10-20 21:36 | 山登り | Comments(8)
Commented by sho at 2013-10-21 11:33 x
天気は雨。
けっして最高とは言いがたいけど、でも、決して最悪でもない。
それが尾瀬。秋の尾瀬だね。

かわみんちゃん!
雨が、一番似合う山って、尾瀬って言っても過言じゃないよね。
(かわみんちゃんの描写力がまたそう言わしめているよ♫)

いやーぁー、どの写真も雨だからこそ、生き生きしてる。
美しいね♡
人間にとっては不快な雨も、自然にとっては嬉しい雨なんだって
ことが、一枚一枚の写真に素敵に閉じ込められてるね。
好きだなー。

このコースいつかトライしてみたいなぁ。
やっぱり秋が良いね。

♡愛方さんとの別居テント。
またなんとも哀愁の距離感。着かず離れずのちょうどいい距離。
却って萌える?食事もおいしそうだね。

......愛されてるね。

Commented by cyu2 at 2013-10-21 12:40 x
パキッとした鮮やかな紅葉ももちろんいいけれど、
こういうしっとりした紅葉もいいですよね、とってもキレイ。
なんとなく日本の「雅」という感じがします。

夫婦でそれぞれのソロテントってゴージャスですね~♪
担げる体力がホント、羨ましい。

・・・木道の画像を見ただけでいまだにオシリがズキーンと痛くなる私です(^^;;
Commented by はなねこ at 2013-10-21 22:10 x
しっとりとした静かな尾瀬もいいですね。
こんなお天気に出かけていく人は、ほんとに尾瀬好きさんなのでしょうねー。
濡れた木道、苔のついた木道が出てくるたび、写真で見るのも怖い
かわみんさんは滑らなかったの?
私は夏山で滑って転んで、少々痛い思いをしてるんです。(^^;
Commented by akko-kornblume at 2013-10-22 22:40
かわみんさん、こんばんは~♪

尾瀬は濡れててもいいところだなぁ~って思いました。
でも、木道がちょっぴり怖い(*_*;
へっぴり腰で歩くから、私は余計に疲れるんだもん。

別居テントが向き合っているのがいいねェ。
トマトスープもおいしそうだなぁ、体が温まりそうね。
寒い季節には濃度があるスープっていいよね。
Commented by mt_kawamin at 2013-10-23 22:01
*☆shoちゃん こんばんは~
返事がとっても遅くなってしまってごめんね<(_ _)>

雨の尾瀬・・・
そうだね、特に尾瀬沼は雨が似合うかも
勿論それはザーザー降りではなくて シトシト・・と。
霧雨なんかがGoodかな?
いつも言ってるんだけど、
 尾瀬ヶ原が「動」 なら尾瀬沼は「静」
だと私は思ってるんだ。 靄が良く似合う。

とは言え、富士見峠から尾瀬沼までの木道歩きは酷かった。
登山道が荒れているのもあるけど(人があまり歩かない?)
木道は、足を一歩置いただけで、そのままツルゥ~~~って滑ってく
雨と苔と、朽ちそうは古い木だからなのか、木道に足を置くことすら出来ないの
雨の木道は怖いよね~~なんて今までも言ってたけど
苔のついた古い木道は凶器だね(笑)

でもね・・・
年月が経っている苔がついた木道に
ハラリ・・・と真っ赤な楓が一枚・・・
悔しいかな、これが絵になるんだよねぇ・・・・

美しいものと危険はいつも隣り合わせ?笑

shoちゃん、いつも褒めてくれてありがとうね♪
でもアナタの写真とキャプの素晴らしさの足元にも及ばないな。

続きもよろしくね♪
Commented by mt_kawamin at 2013-10-23 22:09
*☆cyu2さん こんばんは
返事が遅くなってしまってごめんなさい <(_ _)>


尾瀬沼にはやっぱりしっとりした雰囲気が似合いますよね。
尾瀬なら雨でも行くのは、靄や霧がかかるのもまた美しいし
違った楽しみがありますもん

紅葉も紅いのが少なくて、褪せた感じの黄色が多かったせいもあって
より素敵に見えたのかも?

ソロテントね~。2枚も迷惑な話ですよね。
でも・・平日絡めていったのでお許しを・・・

担げる体力・・・cyu2さんもあると思うんだけどな~
だって、わたし、酒は入れてないもん(笑)
ソロテント1.5キロくらいだもの、ビールロング缶3本で同じくらいじゃない?
体力は年々衰えてて、アミノバイタル無しじゃ歩けないです^^;;

Commented by mt_kawamin at 2013-10-23 22:14
*☆はなねこさん こんばんは~
せっかくコメント頂いてたのに、返事が遅くなってすみません。

今回の尾瀬行きは夫のたっての希望だったんです。
私的には10月のこの時期の連休、アルプス歩きたかったです。
でも昨年、私は一人で3回も尾瀬行ってしまって
彼を置いてきぼりだったので、『ズルイ』って言われてしまって~
で、この時期に合わせて行った訳です。

本当は次の週に行く予定だったんですけれど、休みがどうしても取れなくて
盛りの紅葉には早いかな?と思ったんですが
恐らく、丁度よかったように思います。
他の地域はわかりませんが、今年はあまり紅葉は良くなかったんじゃないかと。。。
色づく前に落ちてる葉っぱが沢山ありました。

何はともあれ・・・
雨でも・・・ううん、霧雨降る尾瀬沼は とっても美しかったです♪
Commented by mt_kawamin at 2013-10-23 22:19
*☆矢車草さん こんばんは
お返事が遅くなってしまってごめんなさい・・・

そうなんですよね
尾瀬は雨でしっとり濡れてる方がより美しいんです。
でも、そう!兎に角滑るんだよね。
尾瀬沼とか原の木道はいいんだけど(いや、それもよくないけど)
富士見峠から尾瀬沼間の荒れた木道・・・苔付き・・・
ほんとう~~~に凶器の様に滑りましたよ
だって、両足乗った途端、つるぅぅぅ~~~~だもん。
両足がそれぞれ両側に落ちて、木の側面に足の至る所を打ちつけ
涙でました・・・・いやぁ・・・あの恐怖を味わって欲しいw

トマトスープ。
はい、本当はミネストローネの予定だったのに
トマトの水煮が思いの外量が多く、捨てる訳にいかないし。って
ドバドバ入れたらすっかりトマトシチューに(笑)

美味しかったけど・・・・量が多すぎて苦痛でしたわ。
矢車草さんが作る、美味しい山ご飯が食べたいです♪♪