つながる*noyama

白峰三山を歩く -後編-

e0307372_22152970.jpg

西農鳥岳から見る 正面 間ノ岳 左奥に仙丈ケ岳 右奥は北岳



北岳山頂から間ノ岳へと向かう

これまでの話 前編はこちらから♪
雨でも風でも嵐でもど~~~んと来やがれ~~~

と、大口叩いた私であったが勿論本音は降ったら困る。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

北岳山頂を後にし、北岳山荘へ向かう
一寸先は闇ならぬ、一寸先はガス まぁこれはちょっと大袈裟だけどw
お陰でもうちょっと長いかな?と思った吊尾根分岐までの道のりも
あっけなく歩き、
でも、北岳山荘までの道のりは何故か思ったより遠く感じた。
だって・・・
お先真っ白なんですもん。


e0307372_1419069.jpg


こんなんですよ?テンションさがるわぁ・・・・


余りにも遠く感じて、まさか北岳山荘通り過ぎちゃった??
なんて疑いだしたりして・・・そんな訳ないんだけども
ちょっぴり不安になって 前から来る登山者に聞いてみたりした
そしたらなんのことはない、すぐ傍だった・・・ガスで見えないと不安になるもんだ


北岳山荘では簡単にカップうどんでお昼を済ませ、
今日の宿泊地である水場の無い農鳥小屋へ向かうため、
今夜のご飯の分、明日の飲料水確保の為、北岳山荘で水を大量買い

私は約4リットル、夫は5リットルを背負い、いざ、農鳥小屋へ・・・
いやぁ、この4キロが少しづつ効いてくる訳です


e0307372_22371012.jpg


北岳山荘を出ると目の前にどーんと聳えてるのが中白根山
ちょちょいのちょいで登れると箍を括っていたが、なんのなんの、そうは問屋がおろさない


そこがピーク?
と思っても、にせピークだったりで中々着かないのだ。
ガスガスで眺望も無い 背中に背負ったザックの重みがジワリジワリと肩と腰に効いてくる。
白根御池小屋から北岳山頂まではハイペースで歩けたのに
北岳山荘からの歩みのノロさったら・・・…。(´д`||i)
そんなこんなで中白根山


e0307372_22394147.jpg



ジミ~~~・・・笑

中白根山の標高は 3055m
3000m峰なのに、何故かTOP10に入れて貰えない可哀想な山。
確かに、特別目立った山容でもないし、お花畑がドバッとある訳じゃない・・・
けど・・・3055m
立派なモンじゃございませんか!

そんな中白根山を後にしてお次は百名山、間ノ岳でございます。

いやいや、これも中々着かない。
ザックは重い、トラバースは下に落ちそうで怖い。。。ガレ場 岩場  の連荘だ。


間ノ岳山頂へ行く間、東側の崖っぷちとその斜面はお花畑


e0307372_13375884.jpg



ガスっててわかりにくいけれど、深山金鳳花・ハクサンイチゲ・イブキジャコウソウ・チシマギキョウ等等
色とりどりの花が咲き乱れ




e0307372_13294921.jpg



雨に濡れ、しっとり。  なでしこ科のタカネツメクサ






e0307372_13411183.jpg




周りは相変わらずのドヨ~ン




e0307372_13454297.jpg


こんな感じとか




e0307372_13475538.jpg



こ~んな感じの岩稜帯だのザレ場だのがずっと続きます。

あぁ・・・・晴れてれば・・・・ね。


そんなこんなで中白根山から約1時間


e0307372_13512256.jpg


日本百名山  間ノ岳 GET~♪


さぁ、ココまで来れば農鳥小屋まではあと少し!
降ったり止んだりだった雨も、もう上がった?気がした・・・そう気がしただけ。



間ノ岳山頂を後にして農鳥小屋へ
ここからはザレた斜面をひたすら下る。


行く先を教えてくれるように時折ガスが切れるとこんな風景



e0307372_14235841.jpg




遠くにチラッと赤い屋根



e0307372_1426307.jpg




農鳥小屋のオヤジさんが間ノ岳を下山してくる登山者を見てるって言うのは有名な話
足元おぼつかないような歩き方したら、きっと何か言われてしまう・・・
なんて空想を頭の中でグルグル
疲れなんて全くありませ~~んと思わせるために、一歩一歩しっかりと歩く・・・


あの辺りで見ているに違いない・・・


・・・・・・

雨が降り出した中、気をつけて歩き農鳥小屋、到着。


噂のオヤジさんは小屋の外に・・・   居ないんですけどぉ・・・
あたしの努力って。。。( ̄▽ ̄;)!!


さてさてテント泊の受け付けに行きます。

テント張る前に小屋で受付してください

って注意書きがあるので、言われた通り小屋へ。
雨が降ってるからなのか「先にテントを張っておいで」となんだか親切
あらあら?今まで聞いた噂とはちょっと違う?

e0307372_1437551.jpg



言われた通りテントを張り、再度受付へ
一通りの説明を受ける
愛想が無いと言えばないけど、別に怖くともなんともない。普通~~のオヤジさんだ。
構えて行っただけに、ちょっと拍子抜け。いや、まぁ、それで良かったんだけども。


そうそう。ここは水場がないけれど、水1リットルは頂けるとのことだった。それ以上は有料とか。
小屋泊の方がどうかはわからないけど、テン泊の人については述べた通り。
ちょっと嬉しい情報だった。


そうそう、皆が知りたいでしょう、農鳥小屋のトイレの話。
噂に聞くとおり、なかなかワイルドだ。
木で建てられた単純な作りのトイレ。でも、男女別棟になってる所は有りがたい。
そして中に入ってみると、おぉ・・・・なるほど、こういうことですか。
丹沢表尾根を歩いた方なら入ったことあるでしょう 烏尾山荘のトイレと作りは一緒。
くり抜いた下部にトタン板が斜めに取り付けられ、排泄した物はそこを流れる(落ちるw)仕組み。
強風の時はテン場に霧になって届くんじゃないのかなぁ?なんてことも思ってしまう。笑
でも、トイレの中に何かが溜まる事は無いので、意外にも臭いはない。勿論、虫も皆無。



雨は相変わらず降ったり止んだり。
止んだタイミングで簡単に夕飯を済ませ、早々就寝・・・・
テントを叩く雨音は相変わらずだった・・・



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

三日目

8月6日(火) 雨のち曇り



2時過ぎに 星が綺麗だと夫に起こされる
テントから顔を出して空を見上げると、空には満天の星!
やった~~~三日目にして晴れをGET???
期待を胸に二度寝w


3時過ぎに起こされると、空は真っ黒。な~んにも見えやしない。
結局、同じ天気かぁ。。。 期待しちゃっただけにテンションはMAXに下がる。




e0307372_14572877.jpg


東の空がじんわ~りと赤く燃える
が、頭上には真っ黒な雲が居座ったままだ。


夜が明ける

簡単に朝食を済ませ、手早く撤収したつもりでテン場を後にする
結局なんだかんだと出発は5時

西農鳥岳への登山道に取り付く。
東側は明るいのに、西から流れる雲が辺りを覆い、不思議な空間が出来上がる



e0307372_159523.jpg



神秘的~



e0307372_15192386.jpg




黄金色の光のシャワーが山々に降り注ぐのを堪能したら、さぁ行こうか




e0307372_15243033.jpg



振り返って間ノ岳。 




まずは西農鳥岳GET!!



e0307372_15391142.jpg





お次は農鳥岳へ・・・



e0307372_1541952.jpg



農鳥岳がもうちょいのところで、先行していた単独女性に雷鳥がいた情報を聞き、その斜面へ。
ヒナが5~6羽位いて、母さん雷鳥はピーピー呼び寄せるのに忙しい様子でした♪


さ~て、雷鳥さんにサラナラすると農鳥岳はすぐ


e0307372_15483247.jpg




やりました~~☆  白峰三山、踏破です!!
さぁ、ココから後は延々と続く下山路





e0307372_16461972.jpg


心して歩きましょう・・・・

農鳥岳から下降点方面へ歩き出し、山頂直下をトラバースする場所に来て見ると
辺り一面お花畑~♪♪♪


e0307372_1551810.jpg


ハクサンイチゲの斜面や・・・




e0307372_15514046.jpg



ミヤマキンポウゲの斜面~~♪♪


そう言えば農鳥岳の東側がお花畑だって 何かの雑誌に書いてあったっけ~




e0307372_15572974.jpg




お花畑を堪能したら、奈良田方面へと下山する、下降点まで・・・



e0307372_15593622.jpg


道標から降りていくと、直下の山肌や窪地がまたお花畑♪



あと数週間早く歩いていたら、どんなに凄かったんだろう??
盛花の頃に歩いてみたいなぁ。と妄想むふふ♪



e0307372_16101161.jpg




そして視界の中に下降点が見えてきた。



最終章へ続く   ごめんね、まだ続きます<(_ _)>
by mt_kawamin | 2013-08-18 16:52 | 山登り | Comments(12)
Commented by やぎ at 2013-08-18 22:26 x
白峰三山のお花畑はすごいですね^^
いろいろな種類の花があっておもしろいです。
鳳凰三山はタカネビランジばかりでちょっと退屈でした^^;
Commented by meruchichy at 2013-08-19 00:59
こんばんは、、、
素晴しいお花畑ですね~。私だったらそこに留まって動けなくなってしまいます。
朝焼け富士山もとても素敵です。こういう所に何日も滞在して、星や夜明けの写真撮ってみたいです。
それにしても水が4kgとか6Kg背負っての縦走は凄いですね。
素敵な山レコをありがとうございます。
Commented by yu-yu-sansaku at 2013-08-19 09:55
(*・д・)ノ*:゚★おはようございます☆・゚:*:゚
今回も素晴らしいレポですねぇ~
2度読みしちゃった(*'‐'*) 笑^^
昔は日帰り登山しかしていないので夜明けの山もイイですね。
高原植物も多く見られて羨ましいです。
応援ポチッ☆彡
Commented by pallet-sorairo at 2013-08-19 12:27
こんにちは
下山路に向かうかわみんさんと富士山のコラボの写真素敵です。
で、最後の橋々々…は (^^ゞ
続き首を長くして待ってま~す。
Commented by コロネ at 2013-08-19 15:56 x
こんにちわ! 白根三山制覇おめでとう!!

天気がちょっと残念だったね… でも凄いや。(´∀`)

北岳山荘~間ノ岳の状況は、うちの時と全く同じ…

たしかに晴れてる時に歩きたかったねぇ~

かわみんさんのレポ読んでたら、また行きたくなっちゃったよ!(^^;)


それと脳鳥(笑)の『空中トイレ』、経験したのですね…

いいなぁ…(*´-`)
Commented by mt_kawamin at 2013-08-19 22:36
*☆ やぎさん♪こんばんはーコメントありがとう♪

白峰三山、ですね~百花繚乱とまではいかなかったけれど
北岳は花の山で有名だし、農鳥岳までの間も色とりどりの花が咲いてて綺麗でしたよ♪

鳳凰三山は、そっか、タカネビランジばっかりでしたか。
私が歩いた時は、むしろタカネビランジはまだ咲いてなくて
ハクサンイチゲとかイワカガミだとかが咲いてました♪

やぎさんも次は是非、鳳凰三山の目の前の山を縦走しちゃってください(*^^*)
Commented by mt_kawamin at 2013-08-19 22:42
*☆meruchyさん、こんばんはー☆コメントありがとう♪

そうですね~素晴らしいお花畑です♪
とは言っても、盛花の季節はちょっと過ぎてしまっていて
北岳付近に咲いているチョウノスケソウは既に終わってましたね~
オダマキがとても綺麗だったんだけど、上手く撮れなくて残念だった。
縦走となると、そこに留まっているいる訳にもいかないけれど
それでも花の綺麗な場所では中々立ち去りがたく、結構な時間を費やしてしまいました。

そうそう、レタッチしてくださってありがとうございました<(_ _)>
TOPにしようと思ったんですが、やっぱり山の写真に変えちゃった( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
meruchyさんは素敵な写真撮られるんですもん、是非是非
山の中で朝焼けと夕焼け・・・そしてお花の写真を撮って貰いたいです♪
Commented by mt_kawamin at 2013-08-19 22:46
*☆彦星さん♪こんばんは~☆彡コメントありがとうございます♪

で?で?素晴らしいレポ??きゃ~~ありがとうございます~
お世辞でもなんでも褒められると嬉しい~です♪

私も普段は日帰り登山ばかりですが、やっぱり泊まらないと撮れない写真もあるので
たま~に泊まらないと!(*^^*)
今回はお天気があまり良くなく、残念な写真ばかりですが
お花は雨の滴がついてるとより可愛く撮れるのでそれはそれでよかったです♪
彦星さんも是非!泊まりで山へ~~~♪
Commented by mt_kawamin at 2013-08-19 22:48
*☆palletさ~ん、こんばんは☆コメントありがとうございます♪

最後の丸太橋レポ(?)UP致しましたよ~~
参考になるかどうかわかりませんが、是非、どうぞ~(*^^*)

稜線歩きの写真、ありがとうございます♪
夫に撮ってくれ~~って頼んだ1枚なんですよ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
Commented by mt_kawamin at 2013-08-19 22:52
*☆コロネさ~ん、こんばんはー☆コメントありがとう♪

ありがと~~♪はいっ!やっとリベンジ出来ました!
白峰三山縦走~やりました~~ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

そーだそーだ、コロネさんちの間ノ岳の写真も真っ白けでしたよね?w
でも北岳の写真は綺麗だったんじゃなかったっけ?
1日でも晴れてくれると嬉しいですよ~~羨ましいw

そして農鳥の空中トイレw
あれね、丹沢にも同じ仕様のトイレってあるんですよ~w
で、経験済みなので、それほどショッキングではなかったかなぁ?w
コロネさんも是非是非、体験してみてくださいね
ほら、間ノ岳も晴れの時行かなくちゃならないし~~( ̄∀ ̄*)イヒッ
Commented by くっきー at 2013-08-23 15:47 x
白峰三山登頂おめでとーございます♪
農鳥のオヤジさんは視力4.0あるとか。
あそこで見張ってると思うとドキドキしますよねー!
やっぱり名物オヤジさん引退のまえにワタシも行ったほうがいいかな。
きっとかわみんさんは、非常識な登山者じゃないから
優しかったんじゃないですか?

雷鳥さん、ヒナがそんなにいっぱいなんですか!
すごーい!ワタシMAXでも4羽しか見たことないです。
ガンバレ!母さん!!って感じですね。

Commented by mt_kawamin at 2013-08-23 22:28
*☆くっきーさ~ん♪コメントありがとう(*^^*)

>白峰三山登頂おめでとーございます♪

むふっ♪ありがと~♪嬉しい~~です(*^。^*)
で??にゃに???
農鳥小屋のオヤジさん、視力4.0???すごーー!
それは間ノ岳から下山してくる人の足取りもはっきりみえるよね
いやぁ、ホントに、絶対見てると思ってたから
メチャ緊張して歩いてきたのに、だ~~れもいないんだもんw
緊張して損したわw

で・・・そうそう非常識な登山者。うん、確かに。普通のヒトにはな~んも言わない
愛想はないけど、淡々と話してる。
無愛相=イヤナヤツではないですもんね。くっきーさんも絶対行かなきゃ
オヤジさんの世代交代しちゃったら、ぜ~ったい後悔するって~

雷鳥さんの母さん、ピーピーお忙しそうでしたよ~
稜線の上の方に行っちゃう雛とか、こっちの登山道へ向かっちゃうヒナもいたりして
ピーピー鳴いてててんやわんやww
もっと近くで見れたらもっとよかったな~♪