つながる*noyama

残雪の蛭ヶ岳へ

e0307372_202636.jpg



丹沢山から不動ノ峰までの快適な笹の原トレック



2013年3月9日(土)


丹沢山~蛭ヶ岳を歩いて来ました。


夫がずーっとずーっと虎視眈々と狙っていた(?)ルート
塩水橋から入り、堂平~丹沢山を経て蛭ヶ岳への日帰りメニュー。

はぁ?冗談じゃないってば。何時間歩くの?


蛭ヶ岳まで歩くならアタシは1泊2日のんびり主脈縦走で歩きたい。
だって歩き通せる自信はナイ。
ここんところ体力減退中だもの、登ったはいいが下山出来ないなんてヤダヤダ。

と、蛭ヶ岳日帰りメニューはお断りなワタシだったのに、出した答えは

いいよ


アホか、ワタシ。こういうのを身の程知らずと言うんだ。
まーそんなこんなで不安を抱えつつ朝を迎えた。



* * * * * *


現在、塩水橋のゲート近くは前の様に簡単には路駐出来ないようになってる。

e0307372_204965.jpg



橋近くのちょっとしたスペースに車を突っ込み、準備完了。


e0307372_20494518.jpg

ゲートの近くの状況 2013/3/9 現在



さて、堂平までは長い林道歩き。
途中わさび沢出合方面へのショートカットへ折れる。

e0307372_20532934.jpg



左にカーブするカーブミラーの所を入って行くんだけれど
舗装路を歩いても10分しか変わらないらしい。
急登を選んでたった10分の短縮を選ぶか、
10分なら舗装路でのんびり歩くのを選ぶかはアナタ次第w



雨量観測所に着けばやっと登山道へと変わる。
ここから天王寺尾根との合流地点までは長い樹林帯歩きだ。


e0307372_20588100.jpg



途中、堰の辺りで下山して来た方にアイゼンした方が良いかどうか聞いてみる。
雪がない場所もあるが、氷と雪がミックスした状態なのでアイゼンした方が良いとの事。
そう聞いて無視する人はいるまい。当然アイゼン装着♪




e0307372_2164439.jpg



ここ1年位寝不足だと必ず調子悪くなる。
今日も目眩と吐き気。
当然、この標高で高山病ではない。無論、おめでたでもないw
おもーい身体に鞭打ちつつ、やっとこ天王寺尾根との合流地点。

ここからは快適な尾根歩き。



e0307372_219207.jpg



ブナとツツジ、あせびの林を抜け鎖場を過ぎれば毎度の階段地獄だが
どーよ?この空と真っ白の世界。
こんな天気だと早く先の景色が見たくなるじゃない?
さっきまで吐き気と目眩でフラフラのワタシだったが、
足も自然と前に出るってもんだ。



e0307372_22415753.jpg



宮ヶ瀬方面からの稜線に出ると尚一層の銀世界。
時折、ズボッと踏み抜く雪に注意だけど。


丹沢山頂に着き、トイレ休憩。よくココまで我慢した(色んな意味でw)
予想以上に雪が多かったのでココで今更ながらのゲイター装着。

ここでも夫にトイレ休憩が長いだの、こんなんじゃ蛭ヶ岳まで行けない等々
毎度の文句の嵐が吹き荒れる。
しかしそんな言葉をまともに聞くワタシじゃーありやせん。

行ける所まで歩けばいいじゃん。


どこ吹く風のワタシである。

蛭ヶ岳方面へと下りて行く


e0307372_22494561.jpg


前方には団体様のお通りだ。


どこ見てんのよ~~


と言ってるのかどうか・・・チラ見されまくり。
団体様を見送って又歩き出す。




e0307372_22555636.jpg


富士山ドッカーーン

鹿さん達が歩いてた辺りへ来て見たら、この景色



e0307372_2355991.jpg



登り返せばさっきまでの不機嫌な夫もご満悦。


e0307372_2331566.jpg

中央のピークは不動ノ峰

ここから先のトレッキングが素晴らしい~の一言。
お天気との相乗効果でそりゃも~ビューティフォー♪



e0307372_2310581.jpg



苦しくったって~悲しくったって~こんな景色なら平気・・・なの。


  

e0307372_2314224.jpg





大好きな牧歌的な風景



e0307372_23152646.jpg


しばし美しい風景をお楽しみください・・・



そして不動ノ峰に着いて前方を見渡せば、
これまた涙が出そうな程の素晴らしい景色が広がっている。



e0307372_23181798.jpg



西丹沢の峰々、富士山、そして南アルプスの山々のナイスビュー♪



e0307372_23221691.jpg


蛭ヶ岳までへ至る稜線



e0307372_23294523.jpg



笹の原を縫うように歩く快適な登山道

けど・・・思った以上にupdownが激しい(汗)



e0307372_23342556.jpg




e0307372_23354799.jpg


棚沢ノ頭から
蛭ヶ岳が目の前に見えてはいるが、これが見た目の感覚より近くない。




e0307372_2347294.jpg



けど富士山に励まされ、目の前の風景に励まされる。


e0307372_2349382.jpg



さて蛭ヶ岳はもう目の前。そう、ここは鬼が岩



e0307372_2356453.jpg


ずっと心配な箇所だったが思ったより怖くなかった。ふつーの岩場って感じ。
高さは低いが、むしろ行者岳の方が怖いくらいだ。



e0307372_235828100.jpg



もうすぐ・・・



e0307372_0273418.jpg




蛭ヶ岳山荘の屋根もチラリ♪



e0307372_01339.jpg



あとちょっと・・・



e0307372_021560.jpg


蛭ヶ岳山頂~☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
思いが遂げられて良かったねー


さーて、昼食を急がねば・・・なんせ既に12時半。
ここを1時には出ないと5時過ぎに下山出来ない・・・
ってことで、おにぎり頬張るだけで下山開始。
が・・・やっぱりトイレ行く。って私がトイレへ。
これが時間かかった。
何故なら・・・トイレ行くには靴脱ぐんです。


e0307372_0151085.jpg



もたもたしながら外に出たら案の定、旦那は不機嫌。
身体が冷え切っちゃったじゃん  と文句言われる。

アタシだってわざと時間かけた訳じゃないのにさーブツブツ・・・
大体アンタが蛭ヶ岳まで行こうなんて言わなきゃ・・・etc
と、まーこれは心の声ですがね。疲れはより一層人を不機嫌にするものです。


さーて四の五の言ったところで早く歩き出さないでは帰れない。

e0307372_016149.jpg


e0307372_0172732.jpg


丹沢山まで・・・遠い



夫には先を行って貰います。



e0307372_029568.jpg



夫にどんどん離され、豆粒ほどの姿しか見えなくなり・・・

そして・・・消えたw


歩いて来た道を戻るだけだけど





e0307372_0315546.jpg


一人ぼっちで歩けば、また違った風景を見せてもらえる


しかーし!午後からは物凄い強風。
だ~れも居ないこの笹の原の中をぽつねん・・・と歩くのは
いささか寂しい。
そして目の痒みも酷い・・・(汗)


e0307372_0343163.jpg


時折振り返り・・・




e0307372_036653.jpg


目の前のなが~い登る道を辿れば




e0307372_0374052.jpg



丹沢山頂へと戻ってきた

ここで夫と合流。大福を夫から半分貰いエナジーチャージ完了。




e0307372_043680.jpg


帰りは天王寺尾根経由で

相当な疲労なのに、長く歩き難い急な下りを何故選択したんだろ?

登山道から本谷林道へと合流し
全行程、約11時間に及ぶながいながーい1日が無事終わった。
(休憩。写真撮影の時間含む)




e0307372_1102428.jpg



歩き始めは足がもつか不安だった蛭ヶ岳への日帰り山行も
なんとか怪我もせず戻ってこられてホッとする。
しかしながら体力使い果たして山歩きはするべきではない。
いつ怪我するかわからないんだもの。常に余力を残すことを考えなきゃ。
毎度ながらの強行軍に反省しきりである。



さて、今日はあの震災から丸2年。
『もう』なのか?『まだ』なのか?それぞれ思いは違うのだろうが
復興が思うように進んでいないと皆感じてる所ではないだろうか?
被災地の一日も早い復興と
被災された方々に1日も早い本当の笑顔が戻る事を願うと共に
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。




おしまい

※ ↓ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村
by mt_kawamin | 2013-03-11 18:30 | 山登り | Comments(15)
Commented by はなねこ at 2013-03-11 22:20 x
かわみんさんたら すご~い!!
なんていう脚力体力なんでしょう。
塩水橋から丹沢山までなら私も行けると思っていましたが
さらに蛭ヶ岳まで往復しちゃったんですね。
恐れ入りました。主脈縦走も一日でできそうですね。
  
そして、私が歩いた二週間前と同じ山とは思えない様子に、これまたビックリでした。
でも、笹原のトレイルも伸びやかで気持ちいいですね。
かわみんさんのテンションが上がった様子が、よくわかりました。
丹沢は階段が多いのが難ですが、癖になりますね(^-^)
Commented by pallet at 2013-03-11 22:20 x
こんばんは~
蛭ヶ岳日帰りピストンですか!すごいなぁ。
それにしてももう雪がずいぶん少なくなっているんですね。
鬼が岩も楽勝だったみたいで案ずるより産むがやすしでしたね♪
かわみんさんご夫妻の会話がテンポよく聞こえてくるようなレポ
いつもながらとっても楽しかったです。
大福半分分けてくれるって、いい旦那様だこと!
ご馳走様でした~(^^ゞ
Commented by かわみん at 2013-03-11 22:54 x
❈ はなねこさん♪こんばんは*☆
コメントありがとーございます(●^o^●)

お褒め頂き嬉しいんですが、凄いと言えるのかなぁ?
だって、所持金三千円しかなかったら(せこーw)
歩けなくなっても泊まることすら出来ないし
だから何が何でも下山しなくちゃいけなかったんですもーんw
でもね、キツくてキツくて大変でした。
ホンマモンの健脚さんは、爽やかな顔でスタスタっと歩ける人てす。
蛭ヶ岳からほぼ同時に丹沢山方面へ歩き出したソロの女性は
(恐らく檜洞丸から来たと思われる)
あれよあれよと、言う間にとーくに行ってしまいました。
どうやったって、そんな早く歩けません。
アタシなんて息も絶え絶えですよ(;・∀・)

でも山は一日で沢山歩くのではなく、じっくり山の中を楽しみたいです。
次はもっとあの笹の原をゆっくり歩きたいなー

で、そうなんですー!雪の量は、はなねこさんが歩いた日の半分以下じゃないのかなぁ?
低山だから仕方ないですね(^_^;)
Commented by かわみん at 2013-03-11 23:10 x
❈ palletさーん♪こんばんは*☆
コメントありがとう〜です\(^o^)/

蛭ヶ岳日帰り、本当はしたくなかったんですって〜
夫には、はなねこさんと同じルートで、
で、みやま山荘泊で歩きたかったんですが
夫がどうしてもこの計画で歩きたかったようです。
だったら一人で行けや!って感じてますが(笑)
で、雪は相当減りましたね。ここのところ暖かい日が続いてたし当たり前なんでしょうけど、
先日の鍋割山の時が凄かったので、その半分もなかったように思います。
しかも、もうグズグズで、踏み抜かない場所を探すのが一苦労。
鬼が岩は、拍子抜けでしたw

夫との会話・・・うーん?テンポよくと言うか
グチグチ言われてただけなんですけども(笑)
まー、私聞かないですけど(`・∀・´)エッヘン!!
大福は、行動食がもうそれしかなくて仕方なく。です(笑)
低山でも、もっと携行しなきゃダメですね
ご馳走様って・・・(汗)そんな仲良しではありません(・∀・)
Commented by 矢車草 at 2013-03-12 11:24 x
かわみんさーん、こんにちはー!

毎度のことだけど楽しくて面白くて笑っちゃうけど、なんだか涙が出ちゃうレポ素敵だったよ!
丹沢はホントなかなか行くチャンスがなくてかわみんさんのところで
楽しませてもらってばかりだけど、超いい感じのとこだねー!
って、でも、本当は11時間も歩くなんてキツイよね、よく頑張りました!

眺めがホントいいね!富士山やっぱりいいなぁ。
旦那さんとの会話も心の声もいつもながら噴出しちゃう。
夫婦それぞれ色々面白いね!

WCを待つのは我が家ではいつもわたし(^^ゞ
相棒の長いWCを待つのはもう慣れました(笑)
このところ丹沢をしっかり歩いていたから体力ついてきたのかもね?

こんな素晴らしい天気ってなかなか無いよね!
やっぱりヒルの出る前に丹沢行きたくなったよー(^^♪
またどこか一緒に歩こうね~♪ もちろんランチでもOKですが(笑)
Commented by cyu2 at 2013-03-12 20:32 x
いや~ぶっ飛んじゃいましたよ、TL見たとき。やっとコメに来れました。
蛭ヶ岳日帰りだなんて!凄すぎます!はなねこさん同様体力脚力がすごい!
身体は完全に20代だね♪(あれ?へんな意味じゃないですよ)

かわみんさんのところはご主人も健脚なんだね、夫婦揃って素晴らしいです。
塩水橋からのルートは知らないけど、丹沢山~蛭の間だって相当なもんですよね。
ウチならどう頑張っても蛭でビールで終了です。ダンナもこんなに歩けない。
そして蛭から同じだけ戻るんだもの・・・もう表現に困るくらい体力もそうだけど精神力も凄いです。
このペースなら雲~新穂高2泊3日で行けますって。
こないだの鍋割、かわみんさんの足取りめっちゃ軽かったもんなぁ~。
ぐいぐい行っても息も切れてなかったし。アタシはあのスピードで歩けないーー。

やっぱりかわみんさんは本物だと思います、はい。かっこいいぜ!
Commented by かわみん at 2013-03-12 23:04 x
❈ 矢車草さーん♪こんばんはー☆
コメントありがとう♪

>楽しくて面白くて笑っちゃうけど、なんだか涙が出ちゃうレポ

笑って頂けてありがとー♪
でも涙出る所、あった?w泣かせる文章書けないんだけどなぁw
で、丹沢。私が語るのはおこがましいけど
一口に丹沢と言っても色んな顔があるでしょう?
私はずっと表尾根が1番!だと思ってたけど、丹沢山~蛭ヶ岳の美しさと言ったら
素晴らしかった。ホントに。
是非、皆に知ってほしいな~と思ったよ。
で、歩行時間が11時間じゃないからね(;^_^A
トイレ休憩とかetc入れて・・・ねw正味9時間位じゃないかなか?

>丹沢をしっかり歩いていたから体力ついてきたのかもね

恐れ入りますwお陰様でちょっとは脚力ついたのかも?
ランしたり雪山やる矢車草さんの脚力には到底及ばないけど
1ヶ月に2回歩けると違う気がします♪でも、まだまだ。
そろそろ春山になっちゃうね~嬉しい様な寂しい様な♪
Commented by かわみん at 2013-03-12 23:16 x
❈ cyu2さ~ん♪こんばんはー*☆
コメントありがと~♪

>蛭ヶ岳日帰りだなんて

ネ♪アタシも当初は冗談じゃないと思ってました(汗)
ただのバカなんじゃないかなー?私ら夫婦w
根性試し的山行?どこまで行けるのか?!みたいな?
身体は20代?ボンキュボン?って意味ちっがーう!w

因みに塩水橋からのルートは、丹沢山への最短ルートなの。
だから、仮にcyu2さんちがマイカー派だったら普通~に難なく登れるルート。
むしろ大倉尾根の方が大変だと思うもん。
確かに丹沢山~蛭までは見た目よりも距離があって、歩いても歩いても着かないのが凹みそうになった。
でも天気ってこういう時後押ししてくれるんだよね~
水田並みの泥道には閉口したけど(;^_^A アセアセ・・・

鍋割の時?足取り軽く見えた?うーん・・・
じゃーそういうことにしとくーwありがと♪
cyu2さんより、少しだけ体力あるのかもしれない(*^^)v

>かっこいいぜ!

へへっ♪この言葉は素直に受け取っておくぜぃ!w


Commented by meruchichy at 2013-03-13 22:47
こんばんは、、、初めまして!
ご夫婦で山歩き羨ましいです。富士山 を見ながら歩く丹沢山系も素敵ですね。
私は学生時代にはハードに登っていたのですが、それから
長~いブランク、、、ちょっと前から数十年ぶりにカメラ担いで
時々一人山散歩をしています。
天気が良い日を選んで、出来れば夕暮れか夜明け前の
富士山を山頂から見たいのですが、、、
ご迷惑でなければ、また寄らせて下さいね。
Commented by mt_kawamin at 2013-03-13 23:16
❈ meruchichyさん♪わぁぁ~~初めまして~~
と、言うか私はこっそりなんどもお邪魔してるのですが
来て頂けて感激です~~~嬉しいーーっ(´;ω;`)ウッ…

ところで山ですが、今はほとんど夫と二人で登る事が多いです。
北アや南アの華々しい山だと息子も一緒に行ってくれるんですが
丹沢だと「ん~~?今日はいいや」と言われてしまいますw
meruchichyさんは学生時代はがっつり登ってた派だったんですね~
羨ましいです。私も若い時から山登りが好きだったらなぁ~と今更ながら思っています。
だって、やっぱり・・・体力が年々。。。ネ(笑)

meruchichyさんの写真、大好きです。PCに取り込んで壁紙にしたい位!(*^o^*)
ステキな写真、いつも楽しみにしています。
夕暮れ時も夜明け前の富士山、美しいでしょうね。

ご迷惑だなんてとーんでもない!
飛び上がってお迎え致します(笑)
拙いブログですがいつでもwelcomeです♪
今日は来て頂いてありがとうございました(*´ェ`*)ポッ
あーーハートマークつけられないのが悲しいw
Commented by 井上ウッド at 2013-03-14 01:18 x
笹の原を縫う道を上から見おろした写真で
「ホーーー!!」と声に出して唸ってしまいました。笑
あーいう道、わたくしも大好物です。
でも歩行時間9時間くらいか・・・僕にはギリギリアウトかな。笑

まずい・・・。丹沢、行きたいとこ多すぎる・・・。
Commented by mt_kawamin at 2013-03-14 10:14
❈ ウッドさーん♪こんにつわー
コメントありがとーございます\(^o^)/

笹の原を縫うように歩く道、いいですよね〜
だって、これ神奈川ですよ?ありえなーい!
こんな美しい場所が神奈川ですよ?
県民として誇らしい程、美しい場所でした。

歩行時間はヘタレな私の足でなので、ウッドさんなら
あと1時間は短縮するんじゃないかな?
ウッドさんちからだと日帰りキツイかも?なので
一泊でヤビツから表尾根満喫して、塔から丹沢山の笹の原も満喫
みやま山荘で夕暮れと夜明けの富士山を愛で
蛭ヶ岳までの笹の原をまったり歩くなんてどうでしょ?
ほーら、来たくなったでしょ?ウリウリ(・∀・)
Commented by pallet-sorairo at 2013-03-19 11:19
こんにちは~
ブログスキン迷ってますね(うふふ)。
迷いますよね。
私も一時は自分で編集できるように頑張ろうかなと思いましたが…
なんだか難しそうで…やっぱりあきらめました(^^ゞ
Commented by かわみん at 2013-03-19 13:36 x
❈palletさん、こんにちは♬

迷ってます(笑)
でもこのタイプだと(前のも含め)写真は大きくないし、
サイドバーの位置は出来れば右が良かったり・・・
一度、自分で編集してみたんですけれど
そしたら写真が歪んでしまって、うーん・・・て感じです。
シンプルなところがexciteの良い所なんですけれど
ここをこーしたい・・・これがこーできたら?
とおもうこともしばしば(笑)
素人では簡単にいじれないのに困っておりますです。
Commented by 藤田 at 2013-03-20 11:13 x
はじめまして!
神戸にオフィスのある
『デザインスタジオはやるよ本舗』の
藤田と申します(≡^∇^≡)

当事務所ではただいま、
あなたの「おいしい投稿」を募集中です☆

このブログは、
おいしい投稿満載につき、
このイベントにノミネートされました(≡^∇^≡)

あなたの書いた
「おいしそう!行ってみたい!」
っていうグルメなブログ記事で
賞金1万円と iPad mini が当たりま~す(≡^∇^≡)

くわしくはこちら↓↓↓
http://www.hayaraseya.com/award/a2013.htm

大賞めざしてぜひチャレンジしてください!!